2013年11月27日

イタリアの深まる秋と伝統を味わう。。。

すっかり暖房をいれ、クリスマスの飾りつけもしちゃいましたよ。。。もう12月だから寒くて当たり前ですよね。(笑)イタリアから帰ってきてからもう一ヶ月だし。早っ!!!

さて、早いのは今回の【イタリアの深まる秋を感じる】夜☆チプメニューは終了なんです〜!!!!(OωO; )生みの苦しみ最中のサスライシェフ、今回のイタリア旅行の思い出から、次回はもっとディープなイタリア伝統料理の世界へ皆様を誘う予定。。。なんですがそのまえに、今回のメニューをチラリとご紹介。とりあえず今週、木曜日と日曜日以外でしたらまだ最後の最後にイタリアの秋を体中で感じることできますよ〜♪♪♪

carne avvolta.jpg

まずは前菜のひとつで大人気の「カルネ・アヴォルタ」。超シンプルだけど感激の味♪これ、トスカーナ南部にあるトレクワンダという町のニッチな郷土料理。見学にいった超有名ワイナリー、ドナテッラ・チネッリ・コロンビーニのオーナー、ドナテッラ夫人からの直伝です。貴族の流れを汲む彼女は郷土料理の研究もされていて、ワインとお料理、守るべき伝統を伝えているすばらしい女性でした。ちょうどその話を聞いていたとき白トリュフのパスタをいただいていたので、白トリュフのソースであのランチの思い出に。。。

tortelli tofu.jpg

で、意外な人気だったのが、このイタリアンカラーのビビッドな色も元気になる【お豆腐とエビを詰めた小松菜を練り込んだパスタでつくったトルテッリ】、イタリアで買ってきたリコッタの薫製を削って」。前回のアンチエイジング☆ナイトからのメニュー昇格の一皿♪♪(≧∇≦*)リコッタチーズの代わりにつかった鹿児島の濃厚な大豆で仕上げた美味しいお豆腐は、畑のチーズといわれるだけあってイタリアンでも最大においしさが引き出せちゃうんです〜!!!\(^o^)/そしてさらにびっくりなのが、サスライシェフがこれを探すためにイタリアに行ったパート1、リコッタチーズの薫製が薄ーーーーーーーーーく削っただけなのに、すっごーーーーーーーーーーーく薫るんです♪♪♪

maiale finocchio.jpg

さすらいシェフがこれを探すためにイタリアに行ったパート12(笑)【フェンネルの粉 】をふりかけてグリルした熟成ひなもりポークの肩ロース!!!(≧∇≦)bこれに青森から届いたリンゴのスライスとイタリアでチーズを食べるときによく使う【モスタルダ(フルーツのマスタードシロップ漬け)】を添えてちょっとスイートとハーブ、かすかなマスタードをアクセントにした味わい深いお料理です。そしてソースはなんと【沖永良部の黒糖焼酎】を使っているんですよ♪豚肉のコクや上質の脂がとろけます〜!!!ウフフフフ♪♪♪

caramari veneziana.jpg ossobuco.jpg

そしてこのイカスミ料理はチプレッソコースのお魚。錦江湾であがったプリプリのミズイカとイカスミのヴェネツィア風♪今回の旅行でサスライ両親と行ったベネチアの思い出をぎゅっと詰めたお料理です!!!イカの下には白いポレンタ。これは「BIANCO PERLA (ビアンコ・ペルラ;白い真珠)」と呼ばれる北部イタリア固有でスローフード協会でもとりあげている真珠のような光沢のあるトウモロコシを乾燥させ粉にしたものをお湯、オリーブオイル、塩をいれて火にかけ、とろ火でもったりするまで混ぜるんです。そしてヴェネツィアではこれをイワシとかイカとかの魚介とあわせるんですよね♪他のイタリアの大部分では普通の黄色いトウモロコシのポレンタをお肉とあわせるのが一般的。チプでもよく、黄色いポレンタをカリッと揚げてお出ししていますよね!(^_-)-☆そんな地方性の濃い〜ものが鹿児島で食べられるってシアワセ♪(≧∇≦)b
チプレッソコースのお肉は今回ヴェネチアとどっちに行く!?で行かなかったミラノの伝統料理。オッソブーコ。仔牛のすね肉の煮込みなんですよね♪オッソ(骨)+ブーコ(穴)で、すねの骨の真ん中にある髄の部分も食べちゃうと穴が開いちゃうわけ。そこまで美味しいのよー!っていうお料理です。ミラノだとこれにサフランのリゾットを添えたりするんだけど、ここで面白いエピソード「ミラノ風は黄金色に仕上げた料理につけられ、それがイタリア経済(金→黄金)の中心都市であるミラノと結びつけられたと言われています」。。。

ほんと今回はいろんなイタリアを感じられるラインナップ、しかもサスライシェフも初めてのレシピもたくさんあったから、こんなイタリア料理食べたことないよ〜!!!っていう声もたくさんいただきました。イタリアって地方地方だけでなく、村が違えば郷土料理が違うもんね。さて、次回はいったいどんなイタリアを魅せてくれることやら。。。みんな、お楽しみにね〜♪♪♪
posted by yossy at 08:51| 鹿児島 ☀| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

AMEDEI。。。驚きのトスカーナ産チョコレート!!!

今回のイタリアは里帰りでもありますが、いろんな食材のリサーチ、見学ももちろん兼ねていましてね。市場はもちろん、日本から予約をしてトスカーナの有名チョコレートメーカー「AMEDEI(アメデイ)の見学にも行ってきました!!!

AMEDEI01.JPG

フィレンツェからピサへ抜ける道の途中にある、白トリュフで有名なサンミニアート近くのポンテデーラという町にあるこのチョコレート工場、ほんとうに田舎の田舎の田舎の(笑)思わず見落としてしまった、そんな場所にありました。でもなんだかおとぎの国のチョコレート工場みたいな外観でウキウキ☆度UP!!!

AMEDEI02.JPG AMEDEI03.JPG AMEDEI04.JPG AMEDEI05.JPG AMEDEI06.JPG AMEDEI07.JPG

もともと家業がチョコーレート用のプラリネを作っていたのですが、その後世界で初の女性メートル・ショコラティエというチェチリアさんが24年前に起こしたのがこのアメデイ。女性のチョコレート会社の経営者は世界でも彼女だけなんだとか。しかも、業界で「チョコレートのロマネ・コンティ」といわれるほどの素晴らしいものを作っているこの工場、なんと社員は30人くらいという、小さな小さな町のチョコレート工場なんです。しかもそれぞれのレシピはすべてチェチリアさんが生み出し、管理しているんだって!!!

ここのチョコレートがほかと違うのは、ほんとうに純粋にチョコレートだということ。カカオ、精製していない砂糖、バニラ、カカオバター以外には何も入っていないんです。彼女たちは「大地が生み出してくれるものに対して最大限の経緯を払う」ことを一番に考えているから。そして世界のトップクオリティのカカオをこれまたチェチリアさんが探し出し、ほんとうに昔ながらの極力人の手を介しながらのチョコレート作りをしているんです。そしてその単一の畑のカカオから作られているチョコレートにはワインと同じ様にCru(クリュ)がつき、またチョコレートのオスカーを受賞したことのあるBLANCO DE CRIOLLOというチョコレートは年間20,000個の板チョコになるんです。その一つ一つに手書きでナンバリングしていくという、なんとも職人的なチョコレートメーカーなの!!!

AMEDEI08.JPG

豆はマダガスカルやジャマイカ、そしてヴェネズエラなどのトップクオリティのものだけを選別してトスカーナへやってきます。それをなんとコーヒー豆を焙煎する昔の機械を使って焙煎。どれくらい焙煎するのかチェチリアさんがこれまたチェック。なんとこの焙煎機100年は経っているドイツ製なんですって!!!もう世界でここにしかないから、壊れないように、そして修理が出来るようにメカニックも育成しているのだそう。焙煎できるのは1回に100kgのみ。そしてそれをエアーコンプレッサーで皮と実に分離し、口の中に入れたときのとろける為に最低限の細かさまで挽かれて、ペーストになるわけなんです。

AMEDEI09.JPG AMEDEI10.JPG AMEDEI11.JPG AMEDEI12.JPG AMEDEI13.JPG

彼らの持っているチョコレートはカカオ50%(いわゆるミルクチョコ)、そしてスタンダードがカカオ70%、マックスが75%。それ以上は苦味の占める割合が大きくなり、そうなるとチョコレートを食べる喜びがなくなってしまうといいます。チョコレートは喜びであり、幸せを運ぶ、そういうものでなければならないと、レクチャーをしてくれた女性が話してくれました。そして良い品質のチョコレートは光沢があり、割ったときにパリンという音がして、割ったときの屑がでない、というのが鉄則。

あたし、実はそんなにチョコレートが好きってわけじゃなかったんです。(笑)それよりはお饅頭とかのほうが好きだったりして。チョコレートって香りは好きだけど、食べるとなんとなく口の中にいつまでも甘さというか、なんか残っている感じがして、それだからコーヒーを一緒に飲む、みたいな、そんな感じだったんだけど、ここのチョコレートは全然違ったの!!!!!なんというか、とってもエレガントで口の中がさっぱり、それでいてチョコレートの濃厚さははっきり感じるという。。。一番初めに飲ませていただいたホットチョコレートがまさにそれを全て表していました。だってホットチョコレートって結構もたれたりする感じじゃない?でもここのはサラリとしていてコクと旨みが口の中に広がって、そして品良く消えていく、という素晴らしいチョコレートだったの。さすがチョコレートのロマネコンティと言われるだけあります。今回1時間半のコースでしたけど、ものすごい数の試食と丁寧な説明に大満足、質問しすぎてなんと1時間オーバーという(爆)ことになってましたけど、ほんとに行ってよかった!このコース英語とイタリア語しかありませんが、料理人やパティシエの皆さんでフィレンツェに行かれる方、ぜひオススメですよ〜♪♪♪

そしてこのアメデイのチョコレートを1kg買ってきているので、来年あけたら、サスライシェフがチョコレート三昧☆ナイトを計画中♪♪♪ドルチェだけじゃなくって、前菜からすべてチョコレートやカカオをつかったお料理を楽しんでいただく予定。ムフフフフ。。。楽しみにしててね〜!!!
posted by yossy at 09:59| 鹿児島 ☀| Comment(2) | イタリア里帰りの旅2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

クリスマス&年末年始の営業のお知らせ 2013

natale2013.jpg

あっという間に11月も半ばになりまして、もうイタリアから戻ってきてから一ヶ月になろうとしている。。。なのに相変わらずブログは滞っておりますが。。。(爆)とりあえずクリスマス&年末年始の予定が決定いたしました!(笑)まずチプスペシャル☆クリスマスは12月21日(土)から24日(火)のディナーで、1万円(消費税別)となります〜!!!イタリアの伝統クリスマス料理をベースに一年に一回、いやほんとに毎回一回きりのスペシャル☆ディナーとなっております。すでに22日は満席ですが、ほかはまだご予約可能ですわよ♪♪♪そして25日、26日はお休み、今年ラストは29日(日)となりました。年明けは1月4日ランチから営業します!!!d(⌒o⌒)b それとご予約状況で、11月最後の週から12月の第2週にかけてはわりとゆっくり気味です。仲良しグループの忘年会などのお問い合わせ、ご予約もいただいております。なにせ小さいお店ですので、埋まってしまうときはあっという間です。とくに貸切をお考えの場合はご予約状況お早めにチェックしていただけると助かります♪よろしくお願いいたします〜♪♪♪

VINO HAYASHI.jpg BULICHELLA.jpg DONATELLA COLOMBINI.jpg

そしてイタリアの余韻の残る今回と次のチプ☆ディナーメニュー&クリスマスや今年を締めくくるディナーにあわせて、【yossyのリスト外ワインコレクション(笑)】も充実してきました!!!今回イタリアから持ってきたのがあったり、いろいろ試してみたかったり、ワイン好きなお客様の顔を思い浮かべてみたりと、なんとなくリスト外(一本しかないとかだから)が増えるような気がして、さすらいシェフに「(そう理由があるんだけど)今更ながらうちにワインリストいると思う?」って聞いたら「やっぱ、一応作ってくれ〜!」との返事。理由はリスト見たい人(明確にわかりたい人)も絶対いるだろうし、なによりワインの説明をいちから始めたら、今にもましてさらにあたしのトークが長くなるから。。。(爆)いや、でもね、イタリアって葡萄の品種もめっちゃ多いし、栽培されてる地方での特色も大きいからリスト見たって有名どころのない、うちのワインリストじゃ、今もかなりの割合で結局まかせます、的になってるんだけどね。。。(^◇^;)とりあえずワインリストは印刷してみました。。。が、スポットで一本しかないワインなどはやっぱりリスト外→この写真のワインはほとんどリスト外(爆)となっておりますので、ぜひぜひ「秘密のワイン、だしておくれ〜♪」とご用命くださいませ。。。

posted by yossy at 10:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

今週は【伊佐ジビエのサグラ】なのだ〜!!!!!!!!!

今週は“第4週は地場食材”をキャッチコピーにしたかごイタ「サグラ」ウィークがやってきます!!!そして今回のサグラは伊佐市にご協力を願いましての【鹿児島ジビエ】のスペシャル☆企画!!!

鹿.jpg ragu di cinghiale.jpg

この時期イタリアをはじめとするヨーロッパでは狩猟シーズン、野山で獲れる動物のお肉をいただくことが多いんです。鹿児島でもイタリアンだけじゃなくフレンチでもこの時期レストランでメニューに出てきますよね。でね、そのジビエ肉、この鹿児島県内で獲れるお肉でもめちゃくちゃ美味しいんですよ〜♪♪♪かごイタのモットー、地産地消、0キロメートルのものを使おう!にバッチリ合うわけなんです!フィレンツェではまさにこの時期は「イノシシのラグー始めました!」的な貼り紙がレストランや食堂の入り口に貼られます。あぁ、冬が来るなぁ。。。という風物詩的なお皿。きっと今回の参加店舗でもやるはずですよ〜!!!

ジビエのサグラにご協力いただきました伊佐市を含め、鹿児島県内では鳥獣被害が深刻です。でもただ駆除するのではなく、そのあともその命を大事に美味しく頂くことができたら素晴らしいことだと思うんです。ただ、猟友会の方たちの抱える問題もたくさんあり、それを伊佐で聞く機会がありました。過去記事に書いたことがあります。ぜひ皆さまにもご一読いただきたいと思います。かごイタ☆メンバーのポポラーレ、ヒデシェフが「わたしたちレストラン側ができることは鹿児島イタリアンの会の主旨と同じく食材の素晴らしさを多くの人に伝えていくこと」。まさにそのとおり!!!

今回のかごイタサグラの参加店舗はおなじみの7店舗です♪♪♪
すでにいろいろと仕込も始まり、イタリアの冬を鹿児島で感じられる準備が着々と進んでますよ〜!!!v(゚▽^)v各店舗にもきっといろんなジビエ料理の写真がUPされるはず、要チェックやなっ!!(笑)

********************************************

南イタリア食堂 カンパーニャ
鹿児島市鷹師1-4-7
099-258-3750

ロロ・ディ・ナポリ
鹿児島市中央町16−3−2F
099-254-6117
https://www.facebook.com/LorodiNapoli2007

鹿児島育ちのイタリアン mottina モッティーナ
鹿児島市紫原4丁目32-12-2F
099-258-1171
https://www.facebook.com/mottina2013

リストランティーノ イル・チプレッソ
鹿児島市東千石町8-9(グルメ通り)
099-222-1713
https://www.facebook.com/IlCipresso

オステリア ポポラーレ
鹿児島市永吉1-10-8
099-252-6922
https://www.facebook.com/osteria.popolare

il Felice 慈眼寺店
鹿児島市上福元町6380-9
099-268-8910
https://www.facebook.com/pages/il-Felice慈眼寺店/371849426276076?fref=ts

リストランテ・ウチダ
鹿屋市寿4丁目9−5コーポ大寿3−100
0994-44-6820
https://www.facebook.com/risutoranteuchida

posted by yossy at 12:44| 鹿児島 ☀| Comment(0) | かごしまイタリアンの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

満月にはポルチーニ、ないんだってさ!!!

やっとぐーーっと寒くなってきましたね♪今日こそは衣替えしないと。。。(笑)さて、先月行ったイタリアはこれぐらいの気温でした。そしてそんな中、この時期に来たんだから絶対いかなきゃ!!!と思っていたのが。。。


ポルチーニ茸狩り!!!!!!!!!

マエストロといっつもこの時期キノコ狩りに行っていたリトアーナの家にずっと泊まっていたので、彼女にお願いして行ってきたんですよ。イタリアに出発する前、FBでお友達がポルチーニ、今年も豊作だわ〜♪♪♪って言っていたから、その日の夜ご飯はポルチーニ三昧かしら〜!!!(∇≦d)(b≧∇) なーんて思いながらの朝5時の出発!途中、なぜか道に迷いーの、いったい着くんだろうか???と少々ビビり気味ながら一時間ちょっとで山道へ。っていうか、ひどいひどい方向音痴だったマエストロもいないし、車にはナビも着いているのに、なぜか迷うという。。。(爆)

funghi01.JPG funghi04.JPG funghi03.jpg

なんというか、ここだ!!!っていう場所に車を停め(もちろん路肩)そのまま籠を背負って(笑)山へガンガン登っていく。。。傾斜は30度以上はあるんじゃないですかね。。。しかも、もちろん道なき道を草木を掻き分けながら。。。(爆)といっても、まぁ、イタリアの山、ここは栗の木がほとんどでしたけど、木と木の間もきちんと間引いてあり下草も藪になっていなくって、歩きやすく、光もどこからでも入ってきていて、すごく手入れがされているなぁという感じでした。日本だったら、つる草が絡み付いてて、こんな風には入っていけないんじゃないかなぁ。。。

funghi06.jpg

ポルチーニを探して歩きまくっていきましたけど。。。。。全然ないし〜!!!Σ( ̄ロ ̄lll) でもだんだん朝日があがってくると、木々の隙間から見える山々の美しいこと!!!

funghi05.JPG funghi07.jpg funghi08.JPG funghi09.JPG

ということで、このあたりは子供のころの「庭」だった!!!と豪語するリトアーナのパートナー、パオロの言葉に従って、まったく道も道しるべもないこの山道をほんとに大丈夫なのかね???と思いながら(笑)ポルチーニを探して彷徨ったのだけど、あったのは「トロンベッタ・ディ・モルテ(死者のラッパ)」という黒いキノコと同じ形の「ガレッティ」という黄色いキノコ。これも美味しいキノコらしく、斜面に張り付くように所狭しと生えているこのキノコたちを一心不乱に(爆)とっていくリトアーナとパオロ。。。籠もかなりいっぱいになってきて、どうも、もうないではあろうポルチーニはあきらめたころに、でーーっかい白いカサの「マッツァ・ディ・タンブーロ」というキノコを発見〜♪♪♪ヽ(^◇^*)/ ワーイ こちらもソテーで美味しいんだそうですぐにGET!しかし、食べられないキノコもたくさん生えてましたよ♪食べられないなんて残念至極だけど、キノコはやっぱり絶対大丈夫なのじゃないとダメだからね。。。命に関わるし。。。

funghi11.jpg funghi10.JPG funghi12.jpg

お腹もすいたことで(というか、もうポルチーニないし、食べられるのは同じキノコしか採れないからすでにもうかなり飽きてきている。。。爆)パニーノを食べ、そろそろ下山。そのころになってリトアーナが一言「あー、たぶん今日は満月だからダメなのよ。ポルチーニって満月では採れなくって、満月に向かってじゃないと〜!」と言うではないか!!!マジッスカ???ガ━━━━━━━(゚□゚*川━━━━━━━━ン!

でも確かにリトアーナたちも2週間くらい前にキノコ狩り行ったときはポルチーニ結構とってるし、FBのお友達たちもあとでFBをみたらこの日はあたしたちが採ったのと同じ種類のキノコしか採れてないし。。。恐るべし、月の満ち欠け!!!っていうか早く気がついて欲しかった。。。(笑)このあとどうやったって、ほんとに元に戻れるのかという緊張気味のあたしたちをそっちのけで急斜面をガシガシ降りていったパオロにヨロヨロと(笑)ついていくと。。。ちゃんと車のある場所に戻るではないか!!!!!さすが、年季の入り方がちがうわけですね。あ、でも、マエストロはいつまでたっても、何度同じ山にはいっても道には迷っていましたがね。(爆)ということで、このキノコ、マッツァ・ディ・タンブーロだけはあとでサスライ氏にリゾットにしてもらって美味しくいただき、残りはリトアーナが乾燥キノコにしているみたい。

チプレッソでは今の夜☆チプメニューでポルチーニの伊佐米リゾットしているけど、それにフィレンツェの中央市場でみつけたガレッティの乾燥したのも混ぜています。口の中がトスカーナの山ってかんじよ〜!!!12月の初旬までなので、ぜひぜひ味わいにいらしてね♪♪♪(*^-゚)vィェィ♪

posted by yossy at 09:11| 鹿児島 ☁| Comment(1) | イタリア里帰りの旅2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

なんだか胃袋だけは日本人に。。。www

文化の日も終わり、日本晴れの鹿児島♪今日はイレギュラーで夜にパーティーが入っているので、昨日仕込、午前中のんびり(さすらいシェフは昼寝中)してるとこ。イタリアから戻ってきてから10日くらいが過ぎ、チプレッソも秋深まるメニューが好スタートでほっとした一週間でした♪♪♪

で、そのイタリア!さぞかし美味しいものばかりたらふく食べてきたのか、と思いきや、戻ってきてから会う人、会う人に「痩せた???」と聞かれます。(笑)もしかして、そ〜の〜とおり〜!!!!!なんか、この2年半ですっかり胃袋は日本人並みになっていたみたいなのよーーーー!

prosciutti esagerati.jpg

もともとイタリアってポーションが日本よりも多いんだけど、知ってるレストランに行ったら、お・も・て・な・し(笑)でやたらドドーーーーーーンといろんなものがでてきたりした最初の何日かでヤラレちゃったかんじで、前菜からドルチェまでしっかり食べていたのが嘘のよう。。。ドルチェなんか2回くらいしか食べられず、ジェラートも入らずという、今回のイタリア滞在でした。

risotto al tartufo nero.jpg vinsangiusto.jpg kei@Belcore.jpg

でも、季節的にやっぱりイタリアも食欲の秋、ポルチーニやトリュフなど秋の味覚を満喫♪♪♪そしてこの半年くらい飲むとなんだかおなかの調子の悪かったワインも、あたしにしてはかなり飲みまして。(笑)おかげさまでなんともなく、満喫させてもらいましたよ〜!!!

林ソムリエ.jpg 鈴木君.jpg
degustazione dei vini a firenze.jpg

しかも、鹿児島で5月にスペシャル☆ワインディナーとワイン試飲会をしてくださった、VINO HAYASHIの林ソムリエが偶然フィレンツェにいらっしゃることがわかり、彼とシエナにアル国立エノテカ「エノテカイタリアーナ」の鈴木さんが開催したワイン会に偶然に参加させていただきました!!!イタリア中のレアなワインを12本しっかり勉強しながらのワイン会、最高に素晴らしかった〜♪♪♪ほんとにイタリアワイン、その地方性や葡萄の種類の違いにいつまでたってもびっくりです!!!林さん、来年1月にまた日本に戻っていらっしゃるみたいでしたけど、鹿児島でのワインディナー、またやりたい♪っておっしゃってくださっています!ムフーー!!!絶対企画しちゃおう♪♪♪もしかしたら2days必要かも。。。(笑)

abdel_friends.jpg carlo_yossy_kei.jpg kei_salvatore.jpg

ワイナリーやチョコレート工場の見学、山へキノコ狩りに行ったり、市場へ食材リサーチなどチプレッソ関連以外は、久しぶりの再会を楽しんだ今回の里帰り。鹿児島で知り合ったイタリア人、カルロともフィレンツェで再会したり!!!さすらいシェフは久しぶりの彼のシェフ、サルバトーレに会えて涙目でした。(笑)あたしもマエストロのお墓参りできてほっとしたしね。

mercato01.jpg mercato02.jpg mercato03.jpg formaggi01.jpg

ということで、次回はちょっとずつ、いろいろ見学に行ったところへ皆さんをご案内します〜♪

posted by yossy at 14:46| 鹿児島 | Comment(0) | イタリア里帰りの旅2013 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

ジョバンニがチプレッソのこと好きだって!!!

BUONGIORNO!!!この週末は3連休、そして鹿児島はおはら祭りと賑わいそうですね〜♪でもちょっと曇り空。。。雨、終わるまで待ってくれたらいいんだけどなぁ。。。無事に秋深まる夜チプ☆新メニューがスタートしました♪♪♪今回はイタリアでのエピソードやら、伝統料理の云われやら、いろんなことをトークする「必要(笑)」があるのであたしの話がやたら長いですが。。。(^◇^;)イツモデスカネ?昨日もイタリア話でめっちゃ盛り上がったチプレッソ。。。初めてのお客様に「すごいですね〜、シェフ自らサービスしてくださるなんて〜!!!!(≧∇≦)b」とおっしゃって頂きましたが、実はいつにもまして喋りすぎのyossyにすっかりしびれをきらしたシェフ(爆)が出てきてくれたという。。。(;^_^A

giovanni01.jpg giovanni02.jpg

さてビッグニュース〜!!!!イタリア滞在中のある日、小銭が必要だったさすらいシェフ、帰ってからの新しいメニュー作りのためにも必要なので買った【LA CUCINA ITALIANA】♪昔からある料理の雑誌。何日か経ってから時間が会ったときにゆっくり読んでいたら、偶然一番最後のページにジョバンニ・アッレヴィ発見!!!(*^^*)インタビュー形式のこのページをじっくり読んでいたら。。。。なんとっ!「あなたの一番好きなレストランは?」の質問に「日本の南の鹿児島にあるリストランティーノ イル・チプレッソ」って書いてあるではないかっ!!!(OωO; )全然知らなかったからびっくり仰天!なんか感激〜!!!!(≧∇≦*)

giovanni03.jpg

ジョバンニとはあのコンサートのあと全然連絡とっていなかったので、まさかこんなインタビューをしていたなんて知らなかったし、そしてそれを偶然買って読んだという事実にもびっくりでした〜♪♪♪あぁ、ほんとに嬉しかった。感謝です。。。思わず5冊くらい買ってきちゃいました。(笑)

ということで、チプレッソですが、11月からすでに年末パーティー☆モードなのですね♪チプレッソにも、貸し切りのお問い合わせやご予約のお電話をいただいております。小さなレストランですし、間取りの関係上入る人数なども限られる場合があります。チプ☆ジャックしたいっ!とか、貸し切らないけど10名くらいで美味しいもの食べて今年をHAPPYに締めくくりたい♪って思っていらっしゃる方がおいででしたらお早めにご連絡くださいませ!!!ちなみに今年のスペシャル☆クリスマスは12月21日から24日までの4日間(OωO; )となりますよ〜♪

posted by yossy at 09:03| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。