2014年04月10日

今週で終わっちゃうんだけど。。。(笑)とりあえずセーフ???

すっかりまた初夏の日差しがまぶしい鹿児島です。でも夜は結構冷えるんですよねぇ。。。でも今年は早くあたたかくなったので例年になく桜の開花も早かったのだけど、意外に花冷えも長くて雨も降ったのに桜はけっこう持ったような気もします♪♪♪そうこうしているうちに、夜☆チプ春のメニューも今週で終わり!!!今週はサスライシェフ、かなり切羽つまっての初夏メニューを考え抜いておりましたが、なかなか面白そうな食材も見つかり、とりあえずセーフ!(笑)ということで今回は期間中にあたしも今の春メニューをちゃんとUPしなくっちゃっ!!!とこちらもセーフで♪(爆)冬メニューはすっかりUP忘れちゃってたもんね。。。(滝汗)今回も鹿児島の旬の食材を縦糸、イタリア各地の郷土料理を横糸にしたかなり面白い織物のようなメニューができてたんですよね♪今回は春休みなどもあったりしたからか、県外から、そしてなんとシンガポールからのお客様、それに、鹿児島にいらっしゃる外国人のお客様、などなど、いろんなバックグラウンドを持つ方たちにチプレッソのかごしまイタリアンを楽しんでいただけました!

rambasicci.jpg cram impanato con erbe e crema brulee` di fave.jpg

さて、今回のアンティパスト、1つは「ランバシッチ」という呪文のような名前のトリエステの縮緬キャベツを使った所謂ロールキャベツ!トリエステはヴェネチアの北側、東の端っこになり、アドリア海の一番奥に位置し隣はスロベニアなんです。歴史的に軍事的にも重要な町であったトリエステはかつて第一次世界大戦までは長らくオーストリア=ハンガリー帝国の統治下にあり、そのごイタリアに帰属したけど、、第二次世界大戦後はイタリアとユーゴスラビアとの間で帰属をめぐる紛争もおこったんです。ということで、様々な文化が交錯したこの場所ではスラブ料理も伝統料理の一つして残っているわけ。ロールキャベツってスラブの国(旧東欧)が起源なんですね。今回はいつもお野菜を作っていただいている近所の方が縮緬キャベツをたくさん作ってくださって、そこから決まったメニューでした♪♪♪感謝ですね〜!!!中にはひき肉、イタリアのサルシッチャ、パルメザンチーズに赤いパプリカが入っていてかなり濃厚!これだけでもメインになっちゃうかもっ!!!!という感じでした。そしてもう1つは「ハマグリの香草パン粉焼き、ソラマメのクリームブリュレとパルメザンチーズのジェラート」今の時期、イタリアでもソラマメよく食べますよね♪♪♪イタリアの場合はスーパーでもさやつきでがさっと売っていて、それをそのままゆでずに食べちゃいます。そのときに必ず家にはあるであろうチーズの塊をだしてきて(トスカーナだとペコリーノ)一緒に食べるのがイタリア流!!!たぶん日本のものよりも灰汁がすくないのと、薄皮がもっと薄いような気がしますが、先日の食彩の王国のときに朝採りのソラマメを生で食べたんだけど、熟成させたペコリーノチーズはほんとに、マエストロとフィレンツェの工房で食べまくったソラマメの味だったよー!!!!!!実はチプ☆ディナーのためにホテルをとって遠方よりいらっしゃったお客様に、これを食べて「この前行った指宿で見た空豆畑がうわぁ〜っと脳裏に蘇ってきたよっ!!!」とおっしゃっていただきました♪(≧∇≦)bその土地の食材を、歴史を、伝統を重んじ、そしてファンタジスタであることを大事に。。。まさにこれこそイタリア。サスライシェフの13年のイタリア生活のフィルターを通して鹿児島を表現できる、それが今のチプレッソの目標とするお料理。だからこそとっても嬉しい感激の言葉でした!!!キャンティクラシコの重鎮カステッロ・ディ・アーマの醸造家もテロワールの話をしたときに同じことを話してました。そのワインを口に含んだときに目の前にトスカーナの丘やブドウ畑が広がるようなワインを造りたい、と。。

ということで、とりあえず今日はここまでっ!!!夜の営業もがんばりま〜す♪♪♪


posted by yossy at 17:25| 鹿児島 | Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。