2014年10月09日

サルデーニャ☆ランチ&ナイト♪♪♪

sardegna night&lunch.jpg

9月から鹿児島大学に技術者としてきているサルデーニア人のマルコと偶然チプレッソで知り合い(ほんとうに偶然入ってきたの!笑)意気投合、イタリアで独自の文化を持ち、夏は世界中からVIPがバカンスにくるサルデーニアのお料理とワインを楽しもう、そしてマルコからそのサルデーニャについていろいろ聞いてみよう!というスペシャルな企画をさっそく作っちゃいました♪♪♪英語は堪能、日本語も若干わかるイケメンなマルコに聞いたレシピに、なかなか日本では馴染みが少ないサルデーニャの土着の葡萄のワインをあわせます。そして何より、イタリア本土とは言葉も違うサルデーニャについて聞けるチャンス!!!

pane carasau.jpg

このパンはパーネ・カラサウという薄い紙みたいなパン。別名カルタ・ムージカ(楽譜)っていいます。プワーってこういう風に膨れたものを半分に切って、上から重ねて行って押しつぶして紙みたいにしちゃうの。一回焼いただけだと結構ふにゃふにゃで丸めることも可能。食べるときにはもう一度オーブンや火であぶってぱりぱりにして食べたり、この間にトマトソースやミートソースを挟んだりしてラザーニャみたいにして食べることもあるんだって♪♪♪

実はサルデーニャって行ったことないのよね、あたしたち。。。フィレンツェで仲良かった友達とかは、サルデーニャの夏の2か月でがっぽり稼ぐってやってたなぁ。世界のVIPが集まる北部のエメラルド海岸とかはビル・ゲイツとかが60m級のヨットでやってきて、接岸できずにニュースになったこともあったっけ。(爆)そんなサルデーニャは羊飼いの島。上のパーネ・カラサウも羊飼いたちが持っていきやすいように(くるくる丸められるから)こういうのになったとか。そして羊のチーズ、ペコリーノチーズがとっても美味しいんですけど、その中で絶対島からは出ない、そして今では衛生上問題があるとかで、党内の市場にもほぼでない有名なチーズが「カース・マルツゥ」っていうやつ。なんとですね、チーズ蠅という蠅の幼虫で熟成させるチーズ。。。(滝汗)いやぁ、イタリア人に鶏肉を生で食べる習慣があるって言ったら、そんなのありえないーーー!って言われたけど、あたしゃ、こっちのほうが信じられない。。。ま、イタリア人的には、そんなのサルデーニャ人のやることだから、って言われそうだけど。あ、でも、トスカーナでもハーブや塩が混ざっているはずとはいえ、豚のソーセージを生で食べることあるけどね。あ、豚といえば、サルデーニャでもう一つ有名なのが子豚の丸焼き〜♪♪♪皮をパリッと焼き上げるのはお祭りの日には欠かせないご馳走なんですよね!!!

カース・マルツゥ(wikipedia)

さて、そんなサルデーニャ☆ランチ&ナイトでは奇抜なものはもちろん出ませんが(笑)なかなか普段食べられないサルデーニャの伝統料理をマルコにチョイスしてもらって、楽しんでいただく予定です。しかもワインもこの日はサルデーニャワインのみ!!!ランチはなかなか飲めないかもしれませんので、1ドリンク込で4000円(税別)、夜はがっつりサルデーニャの土着品種のワインを満喫する8000円(税別)となっています。実はすでにFBなどで募集したところ、ランチはあと残席2つ、夜は1つとなっております。(汗)普段なかなか知ることのない、独自の文化を持つサルデーニャ発見にいらっしゃいませんか?

【サルデーニャ☆ランチ&ディナー】
9月19日(日)ランチ  12時スタート 1ドリンク込4000円(税別)
        ディナー 19時スタート ワイン込み8000円(税別)

posted by yossy at 10:17| 鹿児島 ☀| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。