2010年09月19日

学校が始まったらしい。。。

repubblica.jpg corrieredellasera.jpg

秋も一雨ごとにだんだんと深まっていっているフィレンツェ。山ではポルチーニ茸がかなり豊作らしいです。今週末朝5時過ぎからポルチーニ茸狩りにいっているリトアナ夫妻とマエストロ。火曜日は最近恒例のリトアナのうちで茸三昧の予定♪♪♪


さて閑話休題。

そのリトアナ夫妻、この死ぬほど暑かった8月になんと徳島へお遍路さんをしに行ったの。バカンスには必ず海外に出る彼ら。でもいわゆる普通のイタリア人がやるリゾートバカンスは興味なし。中国のゴビ砂漠横断とか、グランドキャニオンをジープで周遊とか、ヨーロッパの巡礼の地サンチアゴ・コンポステーラまで200KM歩くとか、そういうのしかやらないわけなのですよ。ま、なので、イタリアに戻ってきてからも一ヶ月は工房に来ませんがね。。。(爆)で、日本にいってみたいリトアナとアドベンチャーがなければ旅行じゃないと思っているダンナさんにあたしが「日本にも仏教の巡礼地があるんだよね」なんて軽く教えたもんだからさぁ、大変。20日間の毎日の細かい日程をあたしが全部たてる羽目になり(爆)おかげで夢にまでお遍路さんがでてきちゃったのよねー。でも前にモザイクの工房にいて、現在日本にいる仲間のおかげでなんとか無事23箇所巡礼して、15日には徳島の阿波踊りにも参加、京都を堪能して帰ってきたんですけども。


で、またまた話は変わるようだけど、冒頭の写真。これはこの前の休みのときにフィレンツェ散策していて撮った新聞のトップ記事。
「学校、初日は開校されないかも」
「学校、初日は先生がいないかも」


そうなんですよ。イタリア、学校が始まる初日に先生達のストがあったりしてですね。というよりも、みんないつ学校が始まるか知らなかった。これ、毎年のことなんですがね。日本みたいに9月1日に始業式があるわけじゃないんです。なんというか究極にアバウト。「たぶん来週から?」とかいつもみんな言っていますよね。(爆)気になって学校へ聞きにいっても「来週にはわかります」なーんて返事で9月も半ばまで過ぎちゃったり。しかし9月というのは日本と違って新しい学年が始まるときなのだから、教科書も新しくしないといけないし、準備がいろいろあるはずなのですが、どうもイタリア、教科書がそれぞれのクラスで違うみたいなの。受け持つ先生が決めるらしくて、だからそれすら購入できず、ひたすら待つのみ。。。。

Googleでこの件について調べてたら、下のようなトピックがでてきましたよ。(爆)

***************************************************
Quando inizia la scuola quest'anno (2010)? - Yahoo! Answers29 lug 2010 ... Più dettagliatamente in Campania? ... la scuola inizia il 15 settembre in campania http://www.comuni-italiani.it/15/calendario.html ...
it.answers.yahoo.com/question/index?qid... -
Sapete quando comincia la scuola?‎ - 4 ago 2010
Quando comincia la scuola quest anno?‎ - 31 lug 2010
Raga sapete quando comincia la scuola alle superiori????10 pti al ...‎ - 19 lug 2008
Quando cominciano le scuole superiori regione x regione?‎ - 30 ago 2007

毎年同じ様な質問がネット上で飛び交っているようで。。。(汗)しかも、ちょっと前の新聞の記事で(はっきり覚えてないんだけど)また教育文化費が削られたイタリア、学校が始まっても机すらない、先生のお給料を払えないということで人員削減、一クラスに詰め込むだけ詰め込む、見たいなことを読んだような気がするのですよ。と、ここまで書いてもう一度調べたらありましたよ。パレルモ(シチリア)みたいですけどね。

とまあ、こんな感じでいちおう始まった学校ですけど、次のストは10月15日だそうです。


こんなイタリアの学校ですけど、なんと14歳までは親が送り迎えしないといけないそうなの!!!!そういう法律があるらしくて。学校の送り迎えの責任は親にある、みたいな。。。なので全員そうとはいわなくても学校が終わる時間に誰かが迎えにいかないと子供は帰れないらしいんです。イタリアってそんなに危ないのか?80年代とかくらいの誘拐事件が多発していた時期の法律がそのままずっと適応されているのか、その辺はよくわからないですけど、とにかく働く親は大変。うちのアブデルも小学校3年生の長男を迎えにいくのにいつもバタバタしています。幼稚園からほぼ一人でバス通学していたあたしからすれば???の世界。しかも学校と自宅はなんと歩いて2分だそうで。(爆)でも当たり前のように話していましたよ。まあ、100歩譲って小学生だからといっても、中学生になっても調子なわけですよ。。。しかも良く見る風景なのだけど、親が子供の荷物をぜーんぶ持ってあげる、みたいな。とあるブログで「子供は一人で通学するのが怖いらしい」ということが書いてありましたが、夏の夜とか深夜をまわりそうなくらいの頃に子供達だけでうろるろ遊んでるガキンチョもたくさんいますからね、この矛盾。。。(汗)

件のリトアナたちが驚いていたのはこの点。彼らは特に徳島のそれも田舎のお遍路道を歩いていったので、たくさんの小学生などをみてるわけ。道を聞いたり。彼らは自分達で登下校し、道を聞かれてもきちんと教えることができて(まあ、もしかしたらこっちが特殊なケースかもしれませんけどね)それがものすごく印象深かったようで。京都に行っても電車とかに自分達で乗っている小学生くらいの子供(通学)に驚いていました。まあ、そりゃ、そーだろーね。日本ではこれが普通なんだけども、かなり大きくなるまで手とり足とりのイタリアではそんなのは親の育児放棄か、子供のしつけの奇跡的な高さと思われるのではないのかな。。。(笑)


ま、だからって日本よりイタリアが劣っているとは考えませんけどね。日本には日本のたくさんの弊害がありますから。。。これはまた今年の夏に日本へ行った別のイタリア人から見た日本人の話、と言うことで次回に!




posted by yossy at 19:48| ローマ ☀| Comment(3) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い!
そっか・・・
イタリアってそんなに子供に手がかかるんだったんだ。
そっか、面白い!
私のイタリア語がもっとマシだったなら
色々な面白い違いが聞けたのになぁ〜
残念・・
面白い話しの続き、待ってます♪
リトアナ夫妻にも宜しくね
Posted by たっち at 2010年09月20日 11:49
先生とクラス削減で一クラスに押し込むだけ押し込むのはここローマもそうよー。

去年からは障害のある子供の補助教員まで削減されちゃって、クラス人数は増えるは障害があるコが何人もいるのに補助教員はいないはで、うちの相方、俺は教員であって、介護士じゃないっ!!!!って言っているうちに足の骨にひびいれましたけどね。
情緒障害のある生徒たちが騒いでいるのを押さえようとして彼らが倒した長椅子が足の上に倒れたんだけど。

給料もひどいものよ。
支払いがあっても、税金引かれたら1ユーロほどの給料になってたりして(笑)
今年はここ鉄の丘はさらに大混乱の始業式になってます。
校長先生をしていた友人が2日に急死してしまって、学校にはなにもわかっていない事務員と先生たちが右往左往しているだけです。
Posted by MIKA at 2010年09月21日 01:14
>たっちさま
そうなのよ。手がかかるっていうか、大変なのよ。。。今日も新聞で「自分の子供の将来に絶望する親」みたいな見出しの記事が出ていたけど、学校にお金がない(国が教育費をものすごい勢いでカットしているから)から机もない、トイレは使えない、壁が崩れ落ちている、障害者のための施設がない、などなど、問題は山積みで解決する見通しはないばかりか、悪化するでしょうね。先生達も薄給で契約すらしてもらえない、みたいな感じだからストばかりするし。。。高校無償化していったいどっからお金出すんだっていわれてる日本と比べると、あまりにもひどい状況かもしれないです。国としては国民に負担を強いるけど、子供に教育はきちんと受けされるわけだからねぇ。

>MIKAさん
相方さんの話はブログで知っていて、この記事を読んでMIKAさんのこと思い出したわよ。先日のブログに書いてあったなくなったお友達の高校の校長先生のこともね。。。
ほんとに教育現場ってひどいわよね。でも、たとえばイタリアの大学の正教授って、それくらいのレベルになると学校にすら来ないのに月8000ユーロ保証されてるんだってよ。でも実際授業しているのはRicercatoreとかでしょ。なのに政府はRicercatoreが教授になる道を閉ざしちゃったらしいのよね。教授の数が多すぎるって。。。(汗)でもって、ピサ大とかではRicercatoreがその件でボイコットしているから実質学校が始まらないとか。。。

一方政府は誰が別荘のオーナーかでもめてるし。。。アリエナイ。。。

Posted by yossy at 2010年09月26日 06:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。