2010年10月23日

2010年秋冬メニュー・プリモピアット

風邪の具合はずいぶん良くなってきましたが、今日まではうちにいるように命令がでています。。。(笑)薬もさておき、お茶と塩でうがい続行と、カボチャコンクールの時に同じブースで売っていたプロポリスを喉に直接たらしてるのが効いたみたいで、昨日の朝は喉がものすごく痛くて目が覚めたくらいだったのに、今日は喉の腫れもひいてるし。プロポリス、イタリアでは結構この時期から普通に売っています。毎月第三週末にサント・スピリトであるビオの市場には必ずあるしね。小さなスポイトつきのボトルで売ってるよ。しかし今夜はちょっとお呼ばれがあったんだけど、そんなところに行っちゃったらきっと深夜まで大騒ぎで、また風邪ぶり返すのは必須→大目玉(爆)という図式ができているので、大人しく家にいる予定にしているとこ。

zuppa_porcini.jpg gnocchi_dentice.jpg ricotto_ostriche.jpg crespelle_spinaci.jpg tagliatelle_cinghiale.jpg


そんなことはどーでもいいので、さっさと秋メニューのプリモをご紹介。まずおなじみの「ポルチーニのパイ包みスープ」。スープって言いますけど、かなり具沢山です。イタリアはZUPPA(スープ)っていうと、中身のがっちり入った食べるイメージがあるんです。イタリア語でもZUPPAはMANGIARE(食べる)ですもんね。なのでアツアツを食べて心も体もあったまってくださいね♪ただこれ、出来るまでに15分はかかりますのでお気をつけて。お次は「鯛とニョッキ、カラスミとハーブ」。これ、ニョッキがフワン♪ツルン♪ってかんじでとっても軽い仕上がりです。鯛もデリケートなお味なので、意外とあっという間に食べ終わっちゃうかんじ。カラスミの塩味がやんわりきいていてオツでございました。お魚のプリモもう一品は「牡蠣とシャンパンのリゾット、カリカリベーコンとバルサミコソース」。牡蠣好きにはたまらないらしいです。プリプリの牡蠣は一個ずつ丁寧に殻からはずして、絶妙に火をいれているのですよ。けっこうな牡蠣がはいってるので贅沢ですよねー。さて、お肉のほうのプリモは、まず「牛肉とホウレン草のはいった全粒粉のクレープ」。これってちょっとフランスのクレープに似てるかも。あれはそば粉でやるんだけど、うちのは全粒粉。なので小麦の香りがすごくします。オーブンで焼いてあるからこれもホクホク!あたしも大好きな一品♪ そして最後はこの季節はこれがなきゃ始らない!の「カムット小麦のタリアテッレ、猪のラグー」。やっぱり秋から冬にかけては猪のラグーがないとねぇ。(笑)じっくり煮込んだソースは全然臭みもないし、フィレンツェにせっかくいるのならやっぱり食べとかないとね、ですよ。


いやー、またブログかいてたら、ランチの時間だわ♪(爆)ではさらばっ!


posted by yossy at 19:25| ローマ ☁| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。