2010年11月23日

2010年秋・冬の幸せなドルチェ

fondente_castagna.jpg bavarese_cantucci.jpg strudel_cannella.jpg


ほんとうによく降る雨ですねぇ。昼間さーーーっと青空が広がったので、なんだかハッピーな気分になったのに、リトアナの家でパソコン教室して出てきたらまた雨。。。ほんとうはやることあったんだけど、びしょぬれになったんでそのまま家に帰ってきちゃいましたよ。どうも先週までの雨とは違って、氷雨のように冷たいし。もしかしたらほんとうに金曜には雪なのかしら???

となんだか気のめいりそうなこんなときには、ベルコーレでドルチェだけでもいかが?ということで、幸せになるドルチェをご紹介。(笑)まず冬の定番「ラム酒ソース入りチョコレートスフレと栗のアイスクリーム」。オーダーを頂いてから10分強かかりますけど、ふわふわのチョコレートのスフレの中にはトローリラム酒のクリームが。ま、でも、あたしが食べても平気なのでお酒はそんなに強くありません。自家製栗のジェラートがあつあつの口の中をさっぱり冷やしてくれます。そして次は「カントゥッチのババロアとビンサントのアイスクリーム、キャラメルソース」。何気にこれがむちゃくちゃ美味しかったりしました。「え、カントゥッチ(いわゆるビスコッティ・ディ・プラートのこと。このへんではカントゥッチっていいます)のババロア?意味不明じゃ。。。」などと思っていたんですけど、大変失礼しました。(→サスライシェフ殿)ババロアの中に入った砕いたカントゥッチの食感がとってもいいんですよー。こちらも自家製ヴィンサントのジェラートを添えてありますけど、酔っ払いませんのでご心配なく。そしてこちらも冬によくデザートにのぼる「りんごと干しぶどうのストゥルーデルとシナモンのアイスクリーム」。ドイツやスイスがオリジナルですよね。ドイツで習ったシュトルーデルはパン生地みたいなのでまいていましたけど、今回のベルコーレバージョンは「え?春巻き?」ってのりです。(爆)パイ生地みたいな薄くのばしたサクッとした生地で巻いてあって、食後にもペロリと食べられちゃうあっさり味。デザートはあまり食べないからと、かたくなに他ではドルチェもジェラートも拒否されていたお客様がこれだけは一人前オーダーされてました。(笑)こっちはシナモンの自家製ジェラートつき。


あと、定番チーズケーキ、クリームブリュレ、マハレビ(お米のプディング)も常備しております!他でCENAしちゃったけど、ドルチェだけ食べたいのよ。。。ってのもありだそうですよー。



posted by yossy at 04:09| ローマ ☔| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。