2006年05月22日

田中一村

世の中「ダ・ビンチコード」で頭が一杯なようだけど(もちろん、あたしも行くけどさ。。。)今一番みたい映画はこれ。

「アダン」


画家、田中一村の生涯を描いたものだ。

田中一村の絵は小さい頃からよく目にしていたように思う。何回も展覧会に行ったし、たぶん実家に図録もあるんじゃないかとおもう。

彼は鹿児島出身の画家ではない。生まれは栃木だ。50歳を過ぎてから鹿児島県奄美大島に移住し、そこで生涯を終えている。私が知っているのはその奄美大島での自然を絵にしたものだ。画家としては不遇の生涯だった。しかし、絵に対する純粋さ、崇高さ、ストイックさは生涯変わらなかったといわれる。

田中一村展のオンラインギャラリーのサイトを見つけた。

彼の描くアカショウビンがとてもとても印象的だった。

奄美大島には記念美術館もある。生まれは違っても鹿児島を描いた画家として知られている。のにもかかわらず、鹿児島では上映しないんだよね、この映画。なんだかなー。しかも、主役一村は鹿児島出身の俳優榎木孝明さんなのに。彼は画家でもあり、心温まる水彩画で鹿児島を描いている。「榎木孝明の鹿児島スケッチ」というサイトでその一部を垣間見ることができるけど、やっぱふるさとはいいなーと思うんだよね。ここのサイトは絵だけではなく、それにまつわる土地のエピソードなどもエッセー風に載っていて、なかなかよい。


ってことで、鹿児島県も、もうちょっと力いれればいいのになー。こういうことが県庁から見える櫻島よりも大事だと思うわけよ。






posted by yossy at 08:23| ローマ | Comment(2) | Cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

ありがとうございます。良い事教えていただきました。
この夏は、奄美へ行きたいと思っていましたので、益々その気になりました。
Posted by framegmjp at 2006年05月22日 10:20
それはよかった!
ちょうどKBCではやっています。こういうとき、やっぱり福岡はいいなと思ってしまいます。

奄美大島にいかれるのですね。実は私はまだ未体験ゾーンなのです。なので、ここのサイトをみて楽しんでいます。

奄美大島☆撮影日記 http://amami.exblog.jp/

奄美の自然は大きいです。
Posted by yossy at 2006年05月22日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。