2011年04月11日

フィレンツェ

昨夜は先日サスライ氏の故郷伊佐で農業をしている二反田君に誘われたワイン会へ行ってきました。この前畑を見学に行ったときに「ワイン会やるんでいらっしゃいませんか?」なーんて気軽なお誘いだったので、どんな趣旨かも分からずに、楽しそうや!って行ったら。。。なんとあたしらが主賓になってました。(滝汗)でもとにかく楽しく、美味しいお料理をいただいて、うんちくなしにワインをいただくという、とってもいい夜でしたよー。ちなみにワイン会が開かれたのは鹿児島のイタリアンレストランの老舗であるリストランテ松本さん。シェフも奥様もとっても素敵な方です♪ そして今回は東北大震災の被災地の1つ、宮城県山元町にある桔梗長兵衛商店の「わたり」というワインもいただきました。実はこのワイナリー、海岸線から2kmの場所にあり、津波に飲み込まれてしまったんです。。。点在しているブドウ畑が無事なら、いつか再開できるかもしれないという小さな希望はあるようですが、今のところはすべてが無くなってしまったそうです。その大惨事に巻き込まれたワイナリーをいたわるような優しい優しい可憐な味のワインでした。


さて、フィレンツェの町を最後の最後でちょこっとだけ堪能したあたくし。荷物をだしてからフィレンツェを出るまでの3日くらいをお世話になったのが、DUOMOとアカデミア美術館をつなぐ場所にあるレジデンス「PICCOLO」このレジデンスは少し長い滞在をされたい方に超おすすめ。オーナーはフィレンツェに長く住んでいらして、PICCOLOの前にもフィレンツェにあるいくつかのホテルを経営なさったことのあるサキコさん。あたしの知り合いがフィレンツェに2週間ほど滞在することになり、3人でのんびり過ごせる滞在先をリサーチ中にここを見つけ、お世話になったご縁で仲良くさせていただいているんです。レジデンスなので3日に一回ほどのお部屋のクリーニングになりますが、広々とした浴槽つきで、キッチンがあり、なによりテーブルやソファーがあってのんびりできるスペースがお部屋にあるので、外食ばかりになってしまう旅行中にお部屋でご飯をいただけるのが何よりも嬉しいんですよね♪ 近くにスーパーもできてるので、お水とかも無理なく買ってこれるし!そして町の中心地だからちょっと疲れたらすぐにお部屋に戻ってきて休憩できるの。これ結構大きなポイントなんですよ!!!


このレジデンスの近くにはロビリオというフィレンツェでは老舗のバールがあり、2日間そこでのんびりフィレンツェ最後のカプチーノをいただきました。イタリアを離れて何が一番残念かって、イタリアのコーヒーを飲めなくなること。コーヒーだけはどのヨーロッパの国と比べてもイタリアは話にならないくらいおいしいんですから。。。(笑)

firenze_ultimo08.JPG


そして今回これだけを堪能したジョットの鐘楼からのフィレンツェの眺め。DUOMOに上ろうかと前々から思っていただのだけど、1月に来ていたYUKKYたちに「上からDUOMOのクーポラをいれたショットがすごいよかった!」と言われていたのでそちらを採用。下から見るのと上から見るのだと印象がやっぱり違うクーポラ。上から見るとまるで雑誌の切抜きのようだわねー。

firenze_ultimo01.JPG firenze_ultimo03.JPG firenze_ultimo09.jpg firenze_ultimo13.jpg


そしてそこから眺めるフィレンツェ。これは大きくしないといろいろわからないので、それぞれの写真をクリックすると別窓で大きな写真を見られます。ちなみに一番目の写真の白い塔は、フィレンツェで(郊外を除く)一番高いマンションといわれてました。8階建てなんだけどね。そのすぐそばがあたしが住んでいたところです。

firenze_ultimo04.JPG firenze_ultimo02.JPG firenze_ultimo05.JPG firenze_ultimo06.JPG firenze_ultimo07.JPG firenze_ultima14.jpg


ほんとうに赤いレンガのおもちゃの世界のようなフィレンツェ。遠くから見ると(笑)素晴らしく美しい町並みだと思うのよね。きっと10年後に訪れてもきっと変わっていないであろう、変わっていないことを祈る町。いろいろと不便でも、それを文化遺産として守るために時間をとめる事をよしとする場所。500年という歴史の長さを一瞬と思える場所。いいか悪いか別として、だからこそ守っていけるものもあると身に沁みた11年でした。

そして昨日のワインのワイナリーは、Google Mapsで見るとまったく瓦礫とそれ以外に何もないのだけど(現在被災地である北関東、東北地方はGoogle Mapsで見ると、震災後の航空写真になっています)いつか、また、緑の美しい、そして青い海を望む大地に人々が戻り、生活を始められることを祈っています。

posted by yossy at 21:12| ローマ 🌁| Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【PICCOLI】♪
あの立地で、バスタブ付きであの広さなのに
お手頃価格で嬉しいお宿ですよね♪
わが家も今年もお世話になる予定です。
ご近所にそんなバールがあったなんて・・・
探してみよう♪
(シェフの前職場にお泊り&食事に行って
みようかと思ったら「ワンコNG」マークが
ミシュランにバッチリと・・・ちょっと残念でしたm(_ _)m)

津波の被害は、今後の作物に影響するみたい
ですね・・・
仲のイイお花屋さんに聞いた話だと「塩害」でお花農家も廃業する方が結構いらっしゃる
とか… 土を入れ替えてもなかなか「塩害」
ってぬぐいされるものではないみたい。
いつになったら余震もおさまって復興の
第一歩を踏み出せるのかしら???ってカンジ
ですね。
Posted by Perla at 2011年04月12日 07:31
写真を拝見していて、つられてコーヒーが飲みたくなりますね。

本場ものをのんだことがないので比較ができませんが・・・(笑)



Posted by らだっち at 2011年04月16日 17:30
>Perlaさま
ピッコロは、ほんとうにいいですよね。落ち着くというか、ロケーションが最高にいいですもんね。2、3泊じゃちょっと満喫できないかもしれないですけど。我が家のようにくつろいじゃいましたよ。パトリアルカはワンコだめだったんですね。残念。。。夜じゃなくて昼に車でゴハン食べに行くだけなら、下のトラットリアはありなのかも。聞いてみます。

>らだっちさま
おいしいですよー。まぁ、全部が全部とは言いませんが。。。でもイタリアに戻ってくると、まずエスプレッソです!

Posted by yossy at 2011年04月21日 12:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。