2012年09月02日

第一回(笑)伊佐十曽こどもの森 チプレッソ☆キャンプ

CIAO!9月ですね。天高く、馬肥ゆる秋!空の澄んでいる具合がほんとうに秋を感じさせてます。少しだけ朝晩も涼しくなり、眠りやすくなって、朝起きるのがつらい。。。(爆)さて、十曽のキャンプから2週間がたちました。はやいなぁ。実は冒頭部分だけ4回も書き直しているこの記事。。。(汗)なかなか書き終わらなくってね。気がついたら、キャンプ翌日の伊佐でのダラダラ具合から、一週間たって台風で今年最後の海にいけなかったことから、もっと大きな台風が接近してものすごい雨だったこととか、全部結局却下になってしまった冒頭部分。。。ま、そんなことはさておき、キャンプ、ほんとに楽しかったなぁ。と、参加の公式(!?)カメラマンの方からいただいたみんなの素敵な写真を見ながら、すでに懐かしい気分。。。(笑)ということで、その気持ちがまだ残っているうちにUPです。

まず15時ごろについたこどもの森、天気もものすごくよくて、いや、良すぎて暑い!!!!そうなんです、鹿児島県の最北端に位置する伊佐は、冬はマイナス10度近く気温の下がる「鹿児島の北海道」ですが、夏は鹿児島で一番気温が高いこともあるんです!!!!ただし、朝晩は涼しいんですけどね。。。それが救い。。。ということでカンカン照りにみんな驚きの暑さ!その中で一服の涼をいただいたのが「カフェのような森の家」

十曽チプレッソ☆キャンプ01.JPG

ここは以前管理棟というか、倉庫のように使っていた古い建物で、あまり古いから伊佐市では取り壊して新しい建物を建てようとしていたのを、わらの家を作るプロジェクトにかかわった方たちが「壊すことはすぐできるけど、それではこどもの森のやろうとしていることと相反するのでは?」とボランティアで、綺麗に朽ちてしまった内装をやすりをかけ、色を塗りなおし、木目の素敵な自然に溶け込む、こんなセンスのいい場所に変えてくれたんです!!!そしてこの日、伊佐農林高校の地域応援団の生徒さんたちが、キャンプ場へいらしてくれた方たちへのおもてなしということで、冷たい飲み物や手作りのスイーツをふるまってくれました。これにはあまりの暑さにくらくらしていたゲストのかたも感激!!!ほんとうにありがとうございました!

十曽チプレッソ☆キャンプ03.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ04.JPG

入り口にはハンモックもかかっていて、和と洋、自然と手作りの暖かさが混在する、ほんとうに素敵な場所でした。このおもてなしサービスは夏休みの間だけだったそうですが、今後にも期待☆ですね♪

そしてそのあと、子供たちは「わんぱく広場」というすぐ近くの、水辺で遊べる場所へ!

わんぱく広場.jpg

水がとっても綺麗なこの場所で、川遊びしたり、なんと川海老を捕まえたり、大自然を満喫。

Cipresso伊佐キャンプ05.JPG

大人は大自然の中でのヨガ教室。一時間みっちり体を自然の声を聞きながらそのリズムにゆだね、体をほぐしていきました。ちょっと雷がなってどきどきしたけど、びっくりするくらい体の変化があって、大満足。来年は朝日を浴びながらの朝ヨガもしたいなぁ

十曽チプレッソ☆キャンプ11.JPG

そして主催者のあたしがヨガに没頭している間に、着々と夜ご飯の準備など、細かいケアをすべてしてくれていた窯じぃこと前畑くん、5月のときもお世話になった中島さん、そして写真には写っていないですが、子供たちをわんぱく広場で遊ばせてくれた森(たかし)さん、にシェフ。この笑顔のまんま、ずっと次の日に解散するまで、至れり尽くせり、ほんとうにお世話になりました。彼らがいなかったら、このやりっぱなしのあたしのずさんな計画では無理が多かったはず。。。(苦笑)ほんとにほんとに感謝です!

十曽チプレッソ☆キャンプ14.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ15.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ21.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ25.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ24.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ23.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ18.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ35.JPG

ヨガの後は、それぞれ役割分担で自主的に夜ご飯の準備に。ママ&ガールズは野菜の切り出しなど、パパチームはBBQの火を起こし。。。今回は肉もりもりのBBQ、羽釜で炊いた伊佐米のカレーライス、子供たちの作るわらの家特製ピッツァ!!!もちろんビールも泡もワインも冷え冷えで、飲みながらのスタート!こども達は普段見慣れない竈でのご飯焚きに興味津々!そりゃ、そうだよね。くいっとひねるガス代と違って、どうやって火を調節していくんだろう!!!!お湯をどうやって調節するのかを考える五右衛門風呂だって同じ。ここは、そういうところも学べる場所なんです。こういうこと、今の子供はまったく触れることないだろうし、下手すれば、大人だって、結構な年を重ねた方たちも、あんまりにも便利な家電やオール電化のシステムに慣れすぎて、ぴっとすればちょうどいい温度が出たり、ぴっとしたら蓋が開いたり、ぴっとしたら。。。って、そういうのが当たり前の日常を過ごしすぎだからね。

Cipresso伊佐キャンプ15.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ27.JPG lingua.jpg 十曽チプレッソ☆キャンプ28.JPG Cipresso伊佐キャンプ40.jpg

今回の食材の目玉は牛タン!!!お肉屋さんにお願いして一本丸ごと持ってきました。こんなのレストランの厨房じゃないと見られないかもね。ということで、みなさん興味津々!!!!牛の舌がこんなに大きいってびっくり仰天の様子でした。ちょっと気持ち悪いとか思うかもしれないけど、でもね、自分たちが食べるもののことを知ることは大事だと思っています。命をいただくわけだから。それを美味しいねって思うわたしたちは、ほんとうに罪深いのかもしれませんが(だって、仔羊や仔豚だって、乳飲みなんだから。)でも、それを美味しくいただく、感謝をして大事にいただくことを学ぶことが、食育のひとつなんだと思っています。肉だって、魚だって、野菜だって同じこと。そういうことも子供たちに伝えていけたらいいな、と思います。

子供の森ピッツァ.jpg

そして子供たちのピッツァ作り!ほとんどのちびっ子が二回目のピッツァ作りだったので、生地の伸ばし方もトッピングのチョイスもお手の物!!!!さすが、チプレッソ☆ジュニアたち!!!と窯じぃたちもびっくりしてましたよ♪そしてその焼きたてピッツァの美味しいこと。。。お父さんたちのビールやワインもさらにすすむ(笑)一品になりました。これに味を占めたサスライシェフ、9月6日のチプレッソ☆一周年パーティでは石窯じゃないですけど、ピッツァ焼くんだそうですよ。イエイ!!!!

Cipresso伊佐キャンプ34.JPG

レンブラントの絵のように浮き上がる肉焼き人。。。(爆)わらの家の前には灯りがなかったので、急遽卓上の電灯をコードでつないで、肉が焼けたか確認していたり。そしてその向こうにはでっかい、でっかいキャンプファイヤー!!!!!実はこれ、市役所経由でシルバーさんにお願いしたんだけど、これがまた、思いがけずでっかく、しかも竹がはいっていて、花火大会顔負けの音と火の粉の競演に驚きと歓声が!!!!子供たちの胸にはしっかり焼きついたようで、夏休みの宿題の絵にもしっかり描かれていたみたい。(笑)しかしちょっと危なかったかも。。。そしてそして、この夜のメインイベントと急遽なったスイカ割り大会!!!パフパフパフ♪♪♪

Cipresso伊佐キャンプ36.JPG Cipresso伊佐キャンプ38.JPG
スイカを食べる.jpg.jpg

純粋に食べるために買ってきた(笑)スイカを見つけた、ちび鉄パパ(YOSSY同級生。笑)が「これ、使っていい?使っていい?????」と率先して子供たちとスイカ割りをしてくれました!これが、もう、大人気!ちび鉄パパは「おっさん、おっさーーーーん!!!!」と子供たちにお尻を噛み付かれるほどの(爆)大人気となっちゃいました!!!!実はここには大きなミッションがありましてね。ちび鉄パパが子供たちをひきつけている間に、シェフがとある準備を。。。。

十曽誕生日ケーキ準備.jpg 十曽誕生日ケーキ準備2.jpg.jpg

窯じぃと伊佐の竜馬が8月生まれだって聞いてたので、バースデーケーキの準備&子供たちがスイカ割りに没頭している間に、ほかにバースデーがいないか、パパ&ママに聞き込みしてたんです!(笑)準備したのはフルーツ一杯のふわっふわっのロールケーキ。生クリーム一杯挟んで完成っ!!!!

こどもの森バースデー.jpg

サプライズの5名まとめてのバースデーパーティも大成功!さっきスイカを貪り食ってた子供たちより、パパ&ママのほうがケーキに釘付け!(爆)2本ペロリとなくなっちゃいました!!!そして子供たちはこのあと、花火大会もし、サッカー好きの少年たちは、イタリアサッカー大好きのN先生とナイター照明つけての、深夜のサッカー大会まで!!!!ほんとに大人も子供も良く食べ、よく遊んで、よく飲んだ(笑)一晩でしたよー。そしてこのあと、みんなが解散してお休みタイムになってから、窯じぃとサスライシェフで翌朝のパンの仕込みに!野次馬も集まって楽しいおまけの時間。。。満天の星を見上げながらバンガローに戻りました。

十曽夜中のパン.jpg

そーしーてー、翌朝!6時に起きて顔を洗ってわらの家に行ってみると、すでにパンの準備ができているではないかっ!!!!!すごい、すごすぎる。。。窯じぃは、どうも、車中泊だったみたいだし。ま、みんなと楽しく飲んだからね。(笑)そしてこの3人、いつみても、どこで会っても優しい、爽やかな心からの笑顔なの!うーん、見習わなければ。。。そして、この魅力が伊佐の、十曽こどもの森の魅力になってるんだよね。

十曽チプレッソ☆キャンプ48.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ47.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ50.JPG 十曽チプレッソ☆キャンプ52.JPG

この焼きたてのパンを持って、前日におもてなししていただいた「カフェのような森の家」に移動。サスライシェフがせっせとソーセージや卵料理をだしてくれて、しかも今回ご参加いただいた、コーヒー専門家のKISSACO満田さんが、なんとなんと挽きたて、淹れたてのコーヒーをご馳走してくださったの!!!!!朝のコーヒーの香りはなんだか幸せを運んでくれるのよねぇ。皆さんにはそれを堪能していただきました。なんて贅沢な朝ごはんタイム!!!夕べの残りの伊佐米の焼きおにぎりや、サラダ、伊佐のブルーベリーをたっぷりヨーグルトにかけたり、なんだかホテルのビュッフェよりも素敵な朝ごはんタイムになりました!
あ、満田さんの美味しい美味しいコーヒーは、市役所の金生町方面バス停前にあるレトロフトの一階奥でいただけますよ。KISSACOとは「喫茶去」。意味は「ちょっと上がって、お茶でも飲んでいきませんか?」 という禅の言葉なんだそうですよ。おいしいケーキの裏メニューもあるそうなので、ぜひぜひいってみてくださいませ!

IMG_0062.jpg IMG_0214.JPG IMG_0216.JPG Cipresso伊佐キャンプ41.jpg

と、まあ、ほんとに長くなりましたけど、これで解散。みなさんにそれぞれ、北薩を楽しんでいただく日曜日となりました♪そしてこのあと、あたしたちはなぜか来年のチプレッソ☆キャンプについての案を検討したり。。。(笑)それにしても、ほんっとにいい夏の思い出、素敵な一晩を過ごせました。参加の皆様、サポートしてくださった方々、お茶を入れてくださった伊佐農林の地域応援団の子達、ほんとにほんとにありがとうございます!!!こんなにキャンプして、多くの方々から喜んでいただけるなんて、それもこれも、ご協力いただいた方々がいらっしゃったから。そして参加してくださった皆さんが快くいろんなことをお手伝いしてくださったからですもんね♪♪♪
あのわらの家を初めて見たときに、あぁ、ここで何かできたら!と思っていたことが、ピザ&パスタ&ソーセージ体験に続き、キャンプまですることができて、とっても幸せです。サスライシェフはこのキャンプ、毎年恒例の夏のイベントにしたいそうなので、皆様、今後とも末永くよろしくお願いしますね!!!来年は隣のお花屋さんのAKI先生も連れ込んで、お花のレクチャーをしてもらう予定なのよ、すでに。。。うふっ♪


〜おまけ〜

IMG_0180.jpg 十曽チプレッソ☆キャンプ45.JPG

すいかが足りなくなって、なんとトマト割りまでしていた子供たちと、夜パンをこねる前に、救急車が来たこどもの森。単に場所を間違って出動したらしかったのだけど、倒れているはずの人がいない(情報では人が倒れているといわれたらしい)真夜中の救急隊出動はこどもにとってはドキドキものだったらしいのだけど、この人、事件解決はまかせなさいとか、なんとかいって、子供をフルハタです〜♪とか騙したりしてました。(爆)しかも、名刺出して本気で信用させてたし。ほら、古畑(コバタ)って名刺に書いてあると普通はフルハタって呼ぶじゃない?だから「フルハタですぅーーー。」って。。。(呆)子供ちゃんはかなりマジで信じてました。その後窯じぃ(前畑君)とごっちゃになって大変なことになってしまいました。(笑)







posted by yossy at 01:13| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 薩摩の国から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。