2013年10月02日

改めましてチプレッソについて(笑)その2

桜島の噴火が運動会と競うように活発で毎日お掃除などが大変な鹿児島ですが、いよいよ10月、あと10日でイタリアへGO!となりました。ワォ!旅行者傷害保険にも入らないといけないし、レンタカーも手配していたほうがいいような気もするし。。。でも、とりあえずいろんなアポは取れてきたのでほっとしているところ。(笑)ということで、9日まではノンストップのチプレッソ、普段定休日の月曜、火曜もボチボチご予約いただいております。ありがとうございます♪いつも定休日で行けなかったの〜!!!とおっしゃるア・ナ・タ、今ならまだチャンスあるかも!!!

で、チプレッソのお料理についての続き。メインになるお魚、お肉、そしてさすらいシェフの得意技、ドルチェをご紹介いたします♪♪♪

pesce1.jpg

連日の灰の話をしましたが、桜島のおかげでたくさんの恵みもある鹿児島。町中に星の数ほどある温泉もそうですが(鹿児島だと銭湯=温泉よねっ♪)錦江湾の恵みもそれに帰属しているんだと思うんです。チプレッソでは魚料理にはほとんど錦江湾、または近海であがったものを使っています。その種類にびっくりするくらい、なんでもあがるんですよ!!!鹿児島って肉で有名ですけど、本当に【魚王国】なの♪♪♪魚って季節を感じられるから楽しいしね!さすらいシェフの魚料理は、普段お刺身とか和食では良く使うお魚をイタリアンにしっかり使っちゃうこと。鹿児島が誇るカンパチやきびなごを使ったり、今は旬のカワハギにタチウオ、ちょっと前はなんと鱧(鹿児島は鱧も獲れるのよ!)も使ってました。鹿児島って黒毛和牛に黒豚ってイメージだけど、ぜひイタリアンに変身した鹿児島の魚をぜひぜひ食べてみてくださいませ〜!!!きっと目から鱗よっ!(笑)

carne.jpg

そしてお肉!いわずもがな、お肉大国鹿児島。黒毛和牛、黒豚はもう全国区ですが、それだけではないんです。イタリアではこれからの季節当たり前にでてくる「いのしし」や「しか」も生息、というか、害獣として駆除されており、それをきちんと食肉として加工できる処理場が、さすらいシェフの地元鹿児島県伊佐市にはあるんですね。この夏くらいにもう一箇所、阿久根というところにもできたようで、今後鹿児島のジビエ料理がどんどん出てくれたら嬉しいなぁと思っているんです。特にしかはめちゃくちゃ美味しいんですもの〜!!!びっくりしますよ、ほんと。それにプラス、日本全国、また世界中の、鹿児島では普段見られないお肉も仕入れて、絶妙な火入れで肉の旨みをしっかり閉じ込めたお料理をお楽しみいただけます!ほんとにイタリアにいたときと全然変わらないお料理を作ることが出来るって幸せなことよね♪

dolce.jpg

さてさて、さすらいシェフの朝はめちゃ早いです。朝7時にチプにはいって、パンを焼いたりパスタをうったりしているんです♪♪♪早く起きるのは決して年なせいではありませんよ。(爆)9年間もホテルレストランで働いていましたのでいつも朝食用のパンやフルーツのタルトを焼いていたの〜!そしてお客様に美味しいっ!!!って驚かれるドルチェも実はドルチェ専門シェフとして、イタリアでほかの☆つきレストランからスカウトされたこともある腕前なんです♪♪♪ま、自分が甘いもの好きなだけあります。。。(笑)見た目のキュートさと美味しさはコースの〆には絶対欠かせないマスト・アイテムですからね。 d(゚∀゚)b たくさんのストーリーの詰まったドルチェたち、最後まで楽しんでいただけたら嬉しいです!!!

ということで、今回の夜メニューはこの休みまで。次はイタリアからいろんな食材をふんだんにそろえる予定ですので、お楽しみにしててくださいね♪


posted by yossy at 16:09| 鹿児島 ☀| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。