2013年12月13日

ローマとフィレンツェのディープで壮大な歴史もあるお料理

BUONGIORNO〜♪♪♪今週はお休みの夕方に「花を束ねる」というイベントにサスライシェフと二人で参加、クリスマス☆リースを作りました!!!グリーンの爽やかな香りでリフレッシュ♪こういう手で物を作る時間ってやっぱり大事ね。意外とリースのどこに何を配置するかで手間取ってしまって、夏に参加の花輪のときよりもけっこう時間ギリギリだったけど、来年はサスライシェフがドラキュラ対策用ニンニクとイタリアでは魔よけとして知られる赤唐辛子のリースを作ってくれるそうです♪楽しみっ!!!

リース.jpg

さて、クリスマスが近づくとともにすっかり寒くなっちゃいましたね。鹿児島でも空気が凍りになりそうな雰囲気がします。。。で、そういう時期だからこそ、暖かくなる、しかもローマとフィレンツェのディープな歴史をバックボーンにもつこの2皿をご紹介っ!!!

carabaccia.jpg

これ【カラバッチャ】というオニオンスープはなんとルネッサンス時代までその歴史を遡ります!!!♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!ルネッサンス時代の料理研究家メッシブルゴというひとの本にそのレシピが書いてあるの。トスカーナにはチェルタルドという玉ねぎの一大産地があり、きっとそこの出身で世界史には絶対出てくるボカッチョ(ほら、デカメロンの!)も食べたに違いないというこのオニオンスープ、その当時はルネッサンス時代には料理によくつかっていた砂糖やシナモン、そしてたくさんのアーモンドを刻んだものがはいっていたみたいなんです。。。(汗)それが現代ではその甘みを感じる余計なものを省いて、玉ねぎの自然の甘みだけで作る優しい味♪d=(´▽`)=b ヨカッタ。。。チプの今回の【カラバッチャ】はアクセントで鰹節ののうに薄くスライスしたスモーク☆フォアグラをのせていますよ〜!!!ヽ(*^∇゚)o
そして、なぜトスカーナに起源を持つこのオニオンスープがフランスの(特にパリの)冬の名物になったかというと、1533年にフランス王家に嫁いだ、フィレンツェ・メディチ家のカテリーナ・デ・メディチによってもたらされたから、といわれています。。。イタリア人はほとんどのフランス料理やテーブルマナーはカテリーヌとその妹マリアが嫁いだからもたらされたということでイタリアが起源だと思ってますもんね。。。(笑)料理のことでフランスにとやかくいわれたくない。。。という典型的なイタリア人の反応が下の番組で見られます。(爆)イタリア語だけど。。。



coda alla vaccinara.jpg

そしてもう1つ、そんな寒いときにハフハフ食べたいのがローマの伝統料理【コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ】、牛テールの煮込みをご紹介!!!ローマの下町で生まれたこのお料理、【なめし革職人の牛テール】といわれる理由は、その昔ローマの下町でなめし革職人として生計をたてていた人たちが皮をもらい受けてくるときに必ずついていた尻尾の部分で煮込みをしていたのが郷土料理としての始まり。トスカーナもそうですが、伝統料理として庶民に親しまれ、愛されている料理は、貧しい人たちのお料理なんですね。その当時、肉の部分は貴族などの特権階級しか食べることができず、だからこそこういうテール、また内蔵料理がイタリア中で伝統料理ろして残っているわけ。そしてこのローマの牛テール料理、カカオと干しぶどうが入るのが特徴なんですよ〜!!!(≧∇≦)bこれにあわせるのは、セモリナ粉のローマのニョッキ!!!ニョッキってジャガイモだけじゃないんだよね。カリッと焦げ目のついたニョッキと一緒にフ〜フ〜しながら食べてくださいませ♪♪♪(^_-)-☆

さてさて、お知らせで〜す♪♪♪\(^o^)/チプレッソのスペシャル☆クリスマスディナー、23日と24日がそれぞれ1テーブル(MAX4名様)さまのご案内が可能です。21日、22日は満席です。それ以外の通常営業につきましてはディナーに限ってですが、年内は28日、29日がそれぞれあと1テーブル(MAX2名様)のみご予約可能で、ほかは全て満席となっております。新年は1月4日からです。よろしくお願いいたしま〜す!!!(^_-)-☆


posted by yossy at 09:07| 鹿児島 ☔| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。