2008年02月11日

天璋院篤姫

sakurajima2006_03.jpg

今年の大河ドラマは「天璋院篤姫」だそうで。
ああ、見たい。。。というか、父にDVDに録画して貰う様に前回帰ったときにDVDを買い込んだのだ。

だって、舞台は鹿児島、いや薩摩。
そして篤姫の生まれ育った場所はそのころ武家屋敷が建ち並んでいた上町。そう、あたしのテリトリーなわけ。(笑)いえ、あたしんちは山のほうですけど、小学校から高校まではそのへんだったもんで。島津家の菩提寺である福昌寺のあった辺りで育ったので、維新の志士たちの生家や、ゆかりの場所にも小さなころからなじみがあるわけなのよ。(あたしの血のたぎりやすい性格もそのせいか???)桐野利秋や別府晋介が幼少のころに遊んだ橋とか、なんだかすごく身近に感じる場所がうちからすぐちかくにあったりして。なんというか、飛び込むにはむちゃくちゃ浅い川ではあるんだが。。。そういう小さなエピソードがまわりにいっぱいだったんだよね。
今になって、学校がやってくれていた社会科見学と称する歴史探訪はよかったなぁと思う。ほんとうちらの地区って凄い。あそこから歴史が作られたと思うと、ドキドキ・ワクワクするよ。今更だけど。

ああ、DVDが待ち遠しいわ。。。







posted by yossy at 20:59| ローマ ☀| Comment(3) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>社会科見学と称する歴史探訪
そうなんだよねー。
私もそれは、今更ながらありがたかったと思う。
あの多賀山とか、南洲神社とかを駆け回ったりね、
今思うと本当に最高でしたわ。
最近あそこら辺(特に多賀山)すっかりきれいに整備されて、
少し寂しい気もしつつ・・・。
あの時期に小学生でいられて良かったと、
つくづく思う次第です。

整備のおかげで東郷平八郎像が目立つようになったのは、
良いことなのだけれども。

>あたしの血のたぎりやすい性格
最近わたくし「竜馬がゆく」を読んでますが、
改めて自分にも薩摩の血が脈々と流れていることを
実感しております。
Posted by yukky at 2008年02月12日 01:43
でしょ、でしょ。
ほんとあたしらって今更ながら恵まれてたよね。多賀山とかずっといっていないけど、今度帰ったら久しぶりに登ってみようかな。
なんか、薩摩人であることにえらく誇りを持つ今日この頃。(笑)そういえば、街道を行く、読んだ?
Posted by yossy at 2008年02月16日 21:14
>そういえば、街道を行く、読んだ?
うん。読んだ、読んだ。
今度帰ったら、またお墓参りに行かなくちゃと思って。
(ちなみに鹿児島県民は全国一お墓参りを良くするらしい。確かにそうだよねぇ。うちも良く行くもんね。大切なことだと思うわー。)
Posted by yukky at 2008年02月17日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。