2014年10月09日

サルデーニャ☆ランチ&ナイト♪♪♪

sardegna night&lunch.jpg

9月から鹿児島大学に技術者としてきているサルデーニア人のマルコと偶然チプレッソで知り合い(ほんとうに偶然入ってきたの!笑)意気投合、イタリアで独自の文化を持ち、夏は世界中からVIPがバカンスにくるサルデーニアのお料理とワインを楽しもう、そしてマルコからそのサルデーニャについていろいろ聞いてみよう!というスペシャルな企画をさっそく作っちゃいました♪♪♪英語は堪能、日本語も若干わかるイケメンなマルコに聞いたレシピに、なかなか日本では馴染みが少ないサルデーニャの土着の葡萄のワインをあわせます。そして何より、イタリア本土とは言葉も違うサルデーニャについて聞けるチャンス!!!

pane carasau.jpg

このパンはパーネ・カラサウという薄い紙みたいなパン。別名カルタ・ムージカ(楽譜)っていいます。プワーってこういう風に膨れたものを半分に切って、上から重ねて行って押しつぶして紙みたいにしちゃうの。一回焼いただけだと結構ふにゃふにゃで丸めることも可能。食べるときにはもう一度オーブンや火であぶってぱりぱりにして食べたり、この間にトマトソースやミートソースを挟んだりしてラザーニャみたいにして食べることもあるんだって♪♪♪

実はサルデーニャって行ったことないのよね、あたしたち。。。フィレンツェで仲良かった友達とかは、サルデーニャの夏の2か月でがっぽり稼ぐってやってたなぁ。世界のVIPが集まる北部のエメラルド海岸とかはビル・ゲイツとかが60m級のヨットでやってきて、接岸できずにニュースになったこともあったっけ。(爆)そんなサルデーニャは羊飼いの島。上のパーネ・カラサウも羊飼いたちが持っていきやすいように(くるくる丸められるから)こういうのになったとか。そして羊のチーズ、ペコリーノチーズがとっても美味しいんですけど、その中で絶対島からは出ない、そして今では衛生上問題があるとかで、党内の市場にもほぼでない有名なチーズが「カース・マルツゥ」っていうやつ。なんとですね、チーズ蠅という蠅の幼虫で熟成させるチーズ。。。(滝汗)いやぁ、イタリア人に鶏肉を生で食べる習慣があるって言ったら、そんなのありえないーーー!って言われたけど、あたしゃ、こっちのほうが信じられない。。。ま、イタリア人的には、そんなのサルデーニャ人のやることだから、って言われそうだけど。あ、でも、トスカーナでもハーブや塩が混ざっているはずとはいえ、豚のソーセージを生で食べることあるけどね。あ、豚といえば、サルデーニャでもう一つ有名なのが子豚の丸焼き〜♪♪♪皮をパリッと焼き上げるのはお祭りの日には欠かせないご馳走なんですよね!!!

カース・マルツゥ(wikipedia)

さて、そんなサルデーニャ☆ランチ&ナイトでは奇抜なものはもちろん出ませんが(笑)なかなか普段食べられないサルデーニャの伝統料理をマルコにチョイスしてもらって、楽しんでいただく予定です。しかもワインもこの日はサルデーニャワインのみ!!!ランチはなかなか飲めないかもしれませんので、1ドリンク込で4000円(税別)、夜はがっつりサルデーニャの土着品種のワインを満喫する8000円(税別)となっています。実はすでにFBなどで募集したところ、ランチはあと残席2つ、夜は1つとなっております。(汗)普段なかなか知ることのない、独自の文化を持つサルデーニャ発見にいらっしゃいませんか?

【サルデーニャ☆ランチ&ディナー】
9月19日(日)ランチ  12時スタート 1ドリンク込4000円(税別)
        ディナー 19時スタート ワイン込み8000円(税別)

posted by yossy at 10:17| 鹿児島 ☀| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

フィレンツェで始まりフィレンツェで終わるアチェロコース

なんだか秋が加速しているみたいで、肌寒い、でも気持ちの良い先週でしたけど、今週はまた蒸し暑さが戻ってきましたねー!さすらいシェフが青空を見上げて一言、「海日和だねぇ〜!」まさかの、まだ海を狙ってるし。。。(爆)先日、とある方から鹿児島県北部長島の先にある「獅子島」という小さな、でも地中海に浮かぶようなステキな島を紹介いただきまして、次はそこを狙っております。。。( *´艸`)

さて、この前もちょっとお話ししましたが、9月はあたしもさすらいシェフもイタリアに移住したときのこと(とはいえ、その時はそんなに長く居座ると思わなかったけど。。。笑)を思い出す月なんですよね。あたしなんか、ちょうど10日後があのNYのツインタワーが崩れ落ちたテロだったもんで、余計印象深いというか。。。そして9月になるとブドウの収穫、ポルチーニ狩り、あちこちで開かれる収穫祭、そしてカボチャの彫刻大会、といろいろなイベントも始まるワクワクな季節。イタリアでも秋は天高く馬肥ゆる秋なのかも〜♪♪♪

lampredotto.jpg schiacciata con uva.jpg

そんな初秋の夜☆チプのアチェロコースはアンティパストとドルチェでばっちりフィレンツェを感じていただいちゃいますよ〜!!!(^_-)-☆アンティパストは【ランプレドット】!!!これってトリッパと並ぶフィレンツェのB級グルメ・ソウルフード的モツ煮込みなんですけども、実はレストランでは普段絶対でてきません。いや、家でも食べないんです。じゃあ、どこかって?なんと屋台!!!町のアチコチにランプレドットの屋台があって大鍋に煮込んだやつを切ってパニーノで食べるの。これがまた美味いんだな〜♪♪♪ずっとフィレンツェにしか住んでいなかったあたしは、ランプレドットって当たり前に存在すると思っていたんだけど、先日偶然9月から鹿児島に仕事で引っ越してきたというイタリア・サルデーニア人の男の子と話していたら、ランプレドットはフィレンツェ以外ではありえないんだって!そういえば、同じトスカーナにいたさすらいシェフは知らなかったもんなぁ!!!ほんとイタリアって食のバリエーションは町ごとに違うくらいあるんだけど、と同時に、その閉鎖性もすごい!日本みたいに美味しかったからって、別の町に出店とかしないもんね。。。フィレンツェに引っ越してきてからその旨さにはまったさすらいシェフが再現した、今回のチプのランプレドットはそのイタリア人君も感動の激ウマですっ!(*^m^*)

そして〆のドルチェは【チプレッソ風・葡萄のスキャッチャータ】♪♪♪(≧∇≦)bイタリアはワイン用の葡萄の収穫真っ最中。トスカーナではその収穫された葡萄を使ったこの時期だけのドルチェを味わう季節でもあるんです。それがSCHIACCIATA CON L'UVA(スキャッチャータ・コン・ウーヴァ)。カナイオーロというトスカーナの土着の葡萄を使うことが多いんだそうです。普通トスカーナでスキャッチャータっていうと、いわゆるフォカッチャのことを指すんですけど、これは葡萄パンみたいなもの。でも収穫された生の葡萄をまるごと練り込むから外側はオーブンでその果汁がちょっと飴のようになり、内側は潰れた葡萄でジューシーなの♪ちょっと種でガリってするけど、とにかくこの季節にはパン屋さんとかの入り口に貼り紙がでるんですよ〜!!!!!!そんな葡萄のスキャッチャータ、チプではちょっとタルト風に仕上げました。(*^^*)そして焼くときに入れたりするローズマリーはジェラートに。。。一口ごとに広がるトスカーナの秋の始まりを感じてくださいね♪♪♪

さて、今週は連休の谷間だからか、とーーーーってものんびり♪♪♪YOSSYとさすらいシェフのイタリアをゆっくり聞いてみたい方、あたしたちを捕まえて根掘り葉掘り聞けるチャンスかも!!!(笑)ぜひ突撃チプレッソ、してみてくださいねー!(^^)/
posted by yossy at 08:44| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

3周年ありがとう♪&改めて4年目もよろしく〜!!!

CIPRESSO TERZO ANNIVERSARIO.jpg

無事に昨日はチプレッソ3周年☆ぱーりーを終えることができました。皆さま、ほんとうにありがとうございました♪♪♪50人を超える参加していただいた方、メッセージをいただいた方、そしてFBにいいね!していただいている皆さまの応援とチプレッソを大好きでいてくれる気持ちで4年目スタート始められました。ほんとにX1000感謝です♪今回も勝手に楽しんでね、のイタリアンスタイルに、いろんな出会いが生まれ、飲んで食べて笑っての最高のひと時を過ごせました〜!!!一人参加の方も楽しめるってのがチプ☆スタイル♪レストランだけど、そうやって、あそこに行ったら誰かに会えて、なんかワクワクできるって場所になったらうれしいですよね♪

10665142_10203366561418792_8176719028421570539_n.jpg

で、パーティーが終わったら体調若干不良のさすらい父のかわりにちょっとでも畑仕事しようと伊佐に帰ってきました♪小型耕運機で空いた場所の土作りから!!!

10603471_10203367145873403_3741652628876922606_n.jpg

半日に分けて、土を耕し、そして肥料を混ぜて、冬野菜に向けての土作りしたんですけど、昨日はめちゃくちゃ暑かったこともあり、シャワー浴びても吹き出る汗がとまらないさすらいシェフ。(笑)

10629703_10203367146433417_2609735600642384746_n.jpg 10523932_10203367146233412_1816493745628996817_n.jpg

バジリコだけじゃなくってナスも糸瓜も豊作♪(≧∇≦)bほんとうに、この畑と中島さんの畑のおかげで美味しくって新鮮な野菜がチプを支えてくれているんです。大事に大事にこうやって野菜をつくっていただけることに心から感謝と、改めてその仕事のハードさにさらに感謝を重ねました。。。

さ、今日は仕込みやらいろいろと大忙し!!!!明日からまたチプも4年目をはじめます♪皆様、4年目も一歩ずつゆっくり、もっともっとイタリアらしく、そしてさらにディープな鹿児島のすばらしさを伝えていけるお料理と空間をつくっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!
posted by yossy at 08:40| 鹿児島 🌁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

3周年〜!!!!!!!!!( *´艸`)

cipresso_treanniversario.jpg

チプレッソ、本日3周年を迎えました〜!!!!!!\(^o^)/

今朝はオープンのあの日と同じ青空!ほんとうにお客様がいらしてくださるのか、喜んでいただけるのか、めちゃくちゃドキドキしながら迎えた朝でした。ちなみに前の日の夜はまったく準備が終わらず、いろんな人がお手伝いに来てくれて、でも、ドルチェの仕込みを始めたのは0時を回ってから。。。さすらいシェフが家に帰ってきたのは朝4時でした。(笑)でも、その疲労が吹き飛ぶオープン初日の皆さまの笑顔、ほんとうに鹿児島に戻ってきて良かったな〜と感謝した一日でした。あれから3回目の9月6日。こうやって変わらず、お店を開けることができるのはたくさんのチプ☆ファンの皆さまのおかげです〜!!!!!!m(_ _)mほんとうにX100ありがとうございます!この3年でたくさんご縁をいただき、たくさんの方のご協力を得て、いろんな鹿児島の面白い食材にも巡り会え、おかげさまで鹿児島の食材メインでちゃんとあたしたちの13年のイタリアを再現できることができることの幸せ。。。(≧∇≦*)やりたかったことが、少しずつ形になっていけるのはスゴいことだなぁ、とやっぱり日々感謝。

COMPLEANNO.jpg 1622123_10202017918463561_525769735_n.jpg

ここでこうやって、イタリアから帰ってきて少しずつ根を張ることができていること、それってすごいことなんだと思います。だって鹿児島から出て20年、確かにお友達はいるけれど、飲食店をもともとやっていたわけでもなく、右も左もわからないままに帰国を決め、でも、そうやっていろんな方たちのご縁があったから、グルメ通りという場所で口コミだけでこうやってお店に来ていただける。。。ほんとうにたくさんのたくさんの方たちの支えと、さすらいシェフの惜しみないチプへの愛情と、スタッフの子たちががんばってくれるから続けられています。といってまだひよっこの3年だけどね。(笑)この紅葉みたいに、コンクリートの隙間からでもちゃんと緑の葉っぱを繁らせることができるように、感謝をしながらお昼ねタイム〜!!!!!!

明日は16時からいつものパーティーやっちゃいます♪参加はチプレッソにこの一年お食事にきてくださったお客様とさせていただきます!もしかしたら、あの伝説のカレーもあるかも!!!(笑)もしおいでの方は、手ぶらできてくださいね♪

posted by yossy at 15:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

【夏の終わりと秋の始まり、さすらいシェフの原点ローマとyossyの原点フィレンツェを感じる夜☆チプメニュー】

カボチャのあとは、ほんとはチプ☆キャンプだったんだけど、台風の進路が今一つよくわからず、しかもゲリラ豪雨なども多い最近の状況も考慮の上、ギリギリでキャンプ中止に。。。(涙)でも転んでもただでは起きないあたしたち、ちゃんとチプでカレーと焼肉室内遠足!?(笑)やっちゃいました♪♪♪20人ほどでしたけど、ってことは場所はどこでもいいのか!?(爆)と思うくらい食べまくり、飲みまくりのめちゃくちゃ楽しい時間を過ごしましたよー!!!でもって、その翌週はフィレンツェのリトアナとパオロが台風の中で激動の高知でのお遍路を終わらせて来鹿。仕事で鹿児島に来ていたやっぱりフィレンツェ仲間の陽一君とアンドレア、そのマンマに熊本に帰省中だった鞄のパタンナーえりちゃん、今月末からエノテカ・ピンキオーリの本店でパティシエとして働くミネコさんも来てくれて、まさにフィレンツェ☆ナイト!!!そして先週末はサスライ弟の結婚式、サスライばーちゃんの白寿のお祝いも無事におわりまして、今年の夏の大きなイベントの終わりとともにチプレッソもちょっとずつ秋模様♪♪♪

ってことで今週から【夏の終わりと秋の始まり、さすらいシェフの原点ローマとyossyの原点フィレンツェを感じる夜☆チプメニュー】がスタート!!!

初秋のメニュー.jpg

2001年の今日はイタリアに住むために戻った日。前の年一年のつもりでフィレンツェ滞在して、どうしても一年という区切りを諦められず、いろんな人にたくさん迷惑をかけて、でもこの日にフィレンツェに戻り、結局それから10年住んだ大事な場所。さっきさすらいシェフが今日からの夜☆チプ新メニューでやるランプレドットの煮込みを作ってて、このフィレンツェ下町のソウルフードにちょっぴりノスタルジー。(笑)ドルチェにはこの時期に食べる葡萄のスキアッチャータもしてるし。秋になる頃の日差し、空の色、雲の形、エスプレッソを飲みに歩いた道、いろんなことが頭をよぎる一日。。。さすらいシェフにとってもこの時期は特別で、98年の9月にすべてをうっぱらって(笑)辿り着いたローマでの、初めてのイタリアを思い出すんだって。だからローマの手打ちパスタトンナレッリを作ってます。今月はあたしたちの思い出のスタートを記念したお料理が多いかなぁ。。。

menu autunnale.jpg

お互い、一年でと思っていたイタリア生活が10年以上に及ぶなんて思ってもみなかったわけだけど、そうやっていたことが今ここでチプレッソというレストランをやっていることにつながっているわけだし、あたしもサスライ氏と出会った元はそこだから、ほんとうに運命ってわからないよね。ということで、そんなことを思い出しながらローマやフィレンツェを味わっていただこうというメニューができてます♪♪♪ローマはトンナレッリというちょっと太めの手打ちパスタ、ブロデットというオランダソースのような卵を使ったソース、そしてラムで。フィレンツェは下町の味No1のランプレドットにこの時期必ずたべる葡萄のスキャッチャータ。。。なんか、あの場所のあそこで食べたな、とか、そのときの風景や香りが蘇ってくるみたい!

あ、そうそう【天文館はちみつ】もポークフィレのソースにしたり、カボチャとマリアージュさせたドルチェにしたりしてますよ♪♪♪(*´▽`*)bこのメニューは10月の第一週まで。あたしたちのイタリアの原点をぜひ味わいにいらしてくださいませ!!!
posted by yossy at 23:16| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

リーデルで焼酎!?

台風11号、のろのろと勢力もそのままに鹿児島方面へ上がってきちゃいましたねぇ。。。最終的には宮崎沖から高知のほうに抜けるので、ぎりぎりなんとかできるんじゃないかと、最後までねばっていたキャンプ開催。でも大型だし、台風ってほんとどういう動きをするかわからないし、ここんとこが肩すかしだったからって、今回も大丈夫とは絶対言えないということでやっぱり中止にしました。(涙)ほんとにかえすがえすも残念。。。もっと絶対危ないってキャンプ場が閉鎖とかだったら思い残すことはないけど、キャンプ場は開けるそうで。(笑)ただ高知方面、先週の台風からずっと雨で、その中をお遍路さんしているリトアナとパオロが心配なんだけどね。。。とりあえず徒歩、バス、そしてレンタカーまで駆使してがんばってるみたいです。

ということで、キャンプに行かなかったこの時間を利用してブログアップ!!!(笑)ほんとずーっとイベント続きだった7月から先週日曜日なんでね♪

リーデルグラス会.jpg

ということで、4月にも開催した【リーデルジャパンの講師を招いてのグラスとワインの関係を知る会パート2】をワインバーしろさん主催でチプレッソで開催!!!今回は泡や白ワインをメインになんと焼酎や日本酒まで使って、魚を主題に、出汁や鰹の腹皮など鹿児島ならではの食材をさすらいシェフのスペシャル☆イタリアンとして、びっくりおいしさであわせていきました。なんと城下さんの熱が入りに入りまくって打ち合わせも4回。。。あふれる城下さんのアイデアでワクワクが爆発しちゃいそうなくらい面白い企画となりましたよ!!!

リーデル用パスタ01.jpg リーデル用パスタ02.jpg

今回は2種類のパスタを使って、夏と鹿児島をテーマに心行くまで食べていただく予定だったのですが、人数分を保存できないということで、なんと打ち立てになりました。よーくお代わりしたいっ、と大絶賛のさすらいシェフのドレープが美しい薄くのばした生地でつくるタリオリーニ。(≧∇≦)bということで朝2kg、夕方2kg、休憩なしでがんばりました。。。

リーデルグラス会03.jpg

まずはこれがワインのラインナップ。シャンパーニュ、オーストリアの白グリューナーフェルトリーナ、オーストラリアの赤シラーの発砲ワイン、そしてドイツのリースリング。
暑い夏ということでテーマはシャンパーニュ、白、そしてほんとはロゼとデザートワインというグラスに沿ったワイン会になる予定が、それにあう素材ということで魚をいろいろな方法で調理したのですが、試食の段階でどんどんそれが展開、なんと白の後に焼酎と日本酒が続き、赤のスパークリングにドイツのリースリングで〆、それに鹿児島産のベニフウキ茶と黒麹でつくるプーアル茶をマリアージュさせちゃったり!!!いらして味わった方じゃないとわからない、ものすごい組み合わせでした♪♪♪

リーデルグラス会02.jpg リーデルグラス会04.jpg

まずはリーデル講師の庄司さんにグラスとワインの関係をしっかりレクチャーしていただきます。今回は実はお寿司屋さんにも何人か来ていただいたりして、面白いご意見もたくさん伺えました!そしてスタートは「マグロとフエダイときびなごの刺身仕立て」赤身、白身、光物、それぞれのグラスに注いだシャンパーニュと、その生臭みやうまみの変化を味わってもらいます。オリーブオイル、塩二種類、バルサミコ酢を煮詰めたものでさらに味の変化を楽しみました♪次はその手打ちのタリオリーニで作る「激ウマの冷製バジリコのパスタ」!!!久美さん絶品の夏の味に、なんととあるグラスをつかって焼酎の炭酸割りを合わせると、めちゃくちゃさわやかなマリアージュ!しかもバジリコを一緒にいれるとモヒートに負けない美味しさ♪♪♪

リーデルグラス会06.jpg

今回使った水はスルジーバ。これはイタリアの軟水の炭酸水なんです。なので味わいもユニュートラル。そして真ん中は以前一度ご紹介したことのある紅富貴。ダマスクローズの香りがつけてあるこのベニフウキ茶のプーアル茶は炭酸で割ってシャンパーニュグラスで飲むとそれだけで薄いロゼのシャンパーニュを味わっているような風情!!!飲めないかたにはめちゃくちゃおすすめですよ。そして右は伊佐錦。ジェノベーゼのパスタと一緒に炭酸割りで飲んだ皆さん、全然伊佐錦って気が付かなかったです。。。(笑)

リーデルグラス会05.jpg

この二つのパスタ、見た目には全然わからないけど、違うんですよ〜!!!右は普通のカツオのパスタ。パスタは手打ちでカツオは軽く燻製してあります。それだけでもめちゃくちゃ美味しいんですけど、左側はそのパスタをちょっと塩を入れたカツオ出汁で茹でてあるんです!これがね、もう驚きの旨味と美味しさ!!!!!!来年の初ガツオの季節にもう一度夜☆チプでお出しいたしますので、みなさん首をながーーーーーーくしてお待ちくださいね♪そしてここで日本酒をだしちゃいます。。。( *´艸`)

リーデルグラス会07.jpg リーデルグラス会08.jpg

そしてメインはフリット2種類。素材は同じですが揚げ方が違います。左は普通に天ぷらのような感じで揚げるフリット、右はパスタを打つときに使うデュラムセモリナ、いわゆる硬質小麦なんです。セモリナ粉でフリット、うちはよくやりますが、それぞれにその素材をひきだしたり、うまく包み込んだり。。。面白いですね〜!!!ドルチェもスペシャル。紅富貴でつくったクリームブリュレ、グラニテとジュレにシフォンケーキ。これには温めた紅富貴を一緒におだしいたしました。これがまたそのふわっと香るバラの香りに癒される〆となりましたよ〜!!!

ほんと今回も盛りだくさん過ぎて、みなさん盛り上がっちゃいました♪♪♪♪♪♪いらしてくださったみなさま、庄司さん、久美さん、ほんとうにありがとうございました!!!また新しい発見の連続、感動でした〜!秋にはなんと「肉」がテーマのVol.3もあるんだとか。。。あぁぁぁ、ワクワクだなぁ。。。



posted by yossy at 10:31| 鹿児島 ☔| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

エスプレッソ☆スーパーフェア♪♪♪

台風もすぎ、鹿児島市内はおかげさまで特に被害もなく、グルメ通りに至っては、台風ってほんとに来てるの???ってくらいな風で、結局連日お店はオープン、お客さまにもきていただきました。ありがとうございました〜!!!水曜日の夜は雨で帰りちょっと大変だった方たちも多かったかもしれませんが、こんなときにふらっと寄っていただいた方たちがいらっしゃる幸せ!!!

さて、忘れないうちに横山さんとの熱い2日間を書いとかなくっちゃ!!!(笑)ということで。。。

横山さんエスプレッソ01.jpg

横山千尋という人は、日本のバリスタチャンピオンとして世界で戦った経験があるだけではなく、今はイタリアのエスプレッソ協会の講師もしています。そしてなんと、イタリア人以外では彼しかもっていない「マエストロ(師匠)」という称号も持っているんです。そんな彼に鹿児島に着いた翌朝からきっちり調整してもらいましたからね♪♪♪これでおいしいエスプレッソが飲める〜シアワセ!(笑)

espresso_pane.jpg 横山さんエスプレッソ02.jpg 横山さんエスプレッソ04.jpg 横山さんエスプレッソ03[.jpg 横山さんエスプレッソ05.jpg 横山さんエスプレッソ06.jpg

ほんとうは水曜日の昼に鹿児島入りだった彼から、急きょ予定が前倒しになって1日に入れるよっ♪ってことだったから、水曜のランチもスペシャル☆ランチすることになったんですけど、おかげさまで満員御礼!!!みなさん、コーヒーとお料理の関係に興味津々だったみたいですね。まず、前菜はエスプレッソが香る5種盛りで。「玉ねぎの濃厚なスープにエスプレッソの豆をちらして・エスプレッソの抽出した後の残り滓を使った自家製パンをブルスケッタで・錦江湾で上がったフエダイをエスプレッソでマリネして・エスプレッソのソミュール液でマリネした夷守ポーク自家製ハム・エスプレッソとバルサミコ酢でマリネした24か月熟成パルメザンチーズ」そしてプリモは「伊佐農林高校のお米を食べさせた鶏の卵は黄身がクリーム色。それを使ってイカとコーヒーの香りのクリームのカルボナーラを!コーヒー豆をガリガリ挽いてかけると最高でした!もうひとつはベシャメルにエスプレッソをまぜたラザーニャ!緑の生パスタはホウレンソウで。そして形が丸いっ♪♪♪」ほんっとみなさん、横山さんがめちゃくちゃびっくりするくらい食べるの早かったです。。。(笑)セコンドは「鹿児島県産鶏肉の香草とコーヒー豆カリカリロースト」これが皮目がパリッとしたさすらいシェフのスペシャリテな焼き加減のチキン!結構大きめだったのに、もちろん皆さんペロリ!!!さらに早いし。。。(爆)お食事をしながらのエスプレッソの話、へぇーーー!!!っていうことがすっごく多かったですよね。イタリアのエスプレッソと一般的なそれの違い、そして抹茶との共通点。ゲストの皆さんがなにが一番へー!っだったかっていうと、砂糖をいれるからこそ美味しくなるってこと!!!!ほんと、そうんですよ♪あたしはスプーン2杯はいれるもんね。ということで、この日はカプッチーノもチョイスに入れていたくせに、やっぱり彼の淹れるエスプレッソがどんなに美味しいか純粋に味わってもらいたい!!!ということで、ほぼ強制的に皆さんにエスプレッソを楽しんでもらいました。まずその前に「さすらいシェフの大得意で大好きなチプ風ティラミス」を。。。エスプレッソのデザートといえばやっぱりこれは外せないですもんね!!!

横山さんエスプレッソ09.jpg 横山さんエスプレッソ10.jpg

そしてディナーのスタートは、ランチで前菜にご用意した「玉ねぎのスープと夷守ポークのコーヒーの香りのハム」をアペタイザーにした後は、「コーヒーの香りのするフォアグラに、エスプレッソ豆で燻製したカモの胸肉」。このカモが「定番にしてください!!!」ってリクエストありという美味しさでした♪
そしてプリモの1品目「赤エビの伊佐米のリゾット」は、コーヒーリキュールでフランベしたんだけど、エビの味がめちゃくちゃ濃すぎて、普通に美味しいリゾットって感じだったので、2日はリゾットの色がこげ茶色になるくらい、こっちがドキドキしちゃう苦味がでるまでエスプレッソを入れてみたら、赤エビの香ばしいのとマッチしてびっくりするくらい美味しくなりました!!!にしても、赤エビの威力、すごすぎるーーーーー!!!!!

横山さんエスプレッソ11.jpg

そしてもう一つのプリモは昼のカルボナーラの逆バージョン!「さすらいシェフのスペシャリテ、なかにふんわりカルボナーラクリームの入ったラビオリ」。クリームを閉じ込めちゃうさすらいシェフのお得意なこのラビオリは、クリームにエスプレッソの香りをもちろん効かせてます♪♪♪そしてこのカリカリにしたグァンチャーレ(豚ほほ肉の塩漬け)の美味しいことっ!こちらもガリガリ挽きたてエスプレッソの粉をかけて。。。この粉がやっぱりポイントだね〜♪

横山さんエスプレッソ12.jpg 横山さんエスプレッソ13.jpg 横山さんエスプレッソ14.jpg 横山さんエスプレッソ15.jpg

そしてセコンドはコーヒーとは相性のいいに決まってるカカオ、ということで、「エスプレッソの豆を挽いたものとカカオニブをまぶしてじっくり火を入れた夷守ポークのスペアリブ」!!!脂のぶぶんがエスプレッソとカカオニブの苦味ですっきり、骨までキレイにしゃぶっちゃいたくなるお味でした!!!ここまで来ると夜の部はワインも進んで、ほんとうにイタリアのサグラみたいな、隣の人たちともワイワイ仲良くトークがはずむ。。。が、弾みすぎて横山さんへの質問とかが若干少なかったかな。。。(爆)彼も普通にサービスしてくれちゃったりして。。。(゚Д゚;)そしてドルチェは「ラングドシャーでカップを作ってそのなかに、エスプレッソのスプーマとチョコレートのジェラートを入れて、最後はエスプレッソのゼリーで蓋、それにカプッチーノの泡をのせたドルチェ☆カフェ」!!!エスプーマでプチプチっとする触感とエスプレッソとチョコレートのジェラートが絶妙すぎて大絶賛のドルチェになりました♪♪♪普段あまりドルチェに重きを持たない男性からほめられると余計嬉しいですね〜!(*^^)vそしてディナーも、やっぱり食後はエスプレッソなのよ!!!しかも、こんなに美味しいんだから、カプチーノのミルクでそれを隠してしまったらめちゃくちゃ持ったいない!!!!ということで、ほぼ皆様にエスプレッソを存分に楽しんでいただきました。。。(笑)あ、そうそう、イタリアだとね、ドルチェの後でコーヒーとか出てくるのよ。日本は一緒にくるじゃない?ま、うちもとりあえず一緒に出しちゃうけど。。。でも、イタリアはドルチェの後って認識があるから、ドルチェ食べないとコーヒー出てこない。だから、日本の方がイタリアでコーヒーを一緒に飲もうと思って待ってると、ウエイターの人も、なんで食べないんだよっ、コーヒー持ってこれないじゃんか!!!ってことになるらしい。。。(爆)ですので、その場合は一緒に飲みたいって言うことですよ♪

横山さんエスプレッソ.jpg

最終日の最後はめっちゃ盛り上がりました。。。何にって???横山さんの羊羹の話にっ!(笑)なんで?って思われる方、ぜひ10月の山形屋のイタリアフェアで本人に直接聞いてください。。。www

横山さんエスプレッソ16.jpg

クレーマがほんとうに美しいエスプレッソ。ほんとうのイタリアのエスプレッソはこの上の泡状のクレーマが何回混ぜても消えないんですっ♪♪♪イタリアフェアで来てるイタリア人が毎回鈴なりになる東京のデパートの横山ブース。これを飲むとイタリアにいる錯覚になるんだよねぇ。。。あぁ懐かしいなぁ。。。

ということで、ほんとうにほんとうに素晴らしい2日間でした。いろんな話をさせていただき、そして何気ないところをよく見てる!(笑)何よりうれしかったのは、またやろうね!!!って言ってもらえたこと。次は横山さんにもキッチンにちょっと入ってもらって、スペシャルなお皿をひとつ作ってもらおうと思っています。そしてもう一つ、駅で別れ際に話した、大人の男のイタリア人流食事とコーヒーの楽しみかたってやつ、ほんとうにやっちゃいたい〜♪♪♪みなさま、楽しみにしててねっ!!!!( ̄▽ ̄)v


posted by yossy at 08:48| 鹿児島 ☔| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

上半期イベント尽くしも終了、そして真夏の夜チプ☆メニューが始まるよ〜!!!

横山さんエスプレッソ17.jpg

いやぁ、終わりました!下半期一発目のめちゃくちゃ楽しい2日間!!!大好きな大好きな横山さんと一緒にいられた2日間は、あたし個人的にすごく刺激的で、コーヒーのこと、イタリアのこと、これからのこと(笑)もいろいろとお話しさせていただきました。ゲストの皆様もそれぞれになんだかイタリアのような知らない人たち同士で盛り上がっちゃう感じでしたもんね♪♪♪コーヒーって飲むだけとかドルチェだけでなくって、いろんなことができるんだなってチョコレート☆ナイトのときと同様感じていただけて、そして何より、横山さんの淹れるエスプレッソは、ほんとにめちゃくちゃ美味しいってことがわかっていただけて、すごく嬉しい2日間でした!!!この味がずーっとチプレッソで飲めるようにがんばりまーす♪♪♪そしてTREDUNOカフェにいらしてくださった皆さま、ご協力いただいたオーナー&スタッフの皆さん、ほんっとにありがとうございました!!!相も変わらず主催のあたしが一番楽しかったかも〜!!!!(笑)詳しい内容はまた次回改めてUPします♪

真夏の夜☆チプメニュー2014.jpg サンマルツァーノ緑のジャム.jpg

そ〜し〜て〜♪♪♪台風も近づいていますが、いよいよ夏本番、イタリアもバカンスの時期になりました!!!!(≧▽≦)b夏の暑さを吹き飛ばし何よりも楽しんじゃう、そんなメニューが完成でーす♪♪♪まず前菜は、ナポリの家庭料理の定番ナスとモッツァレラチーズ、トマトソースのパルミジャーナに鱧を使って。もう一つはさすらいシェフの十八番、鶏肉のガランティーナを今回は無花果とゴルゴンゾーラを挟んでいただきます。なんともワインがすすんじゃうスタート!!!(笑)そしてプリモはトスカーナの伝統料理パッパ・アル・ポモドーロを詰めた手打ちの薄い生地のラヴィオリをさすらいシェフ実家のバジリコで作った最高に美味しいジェノベーゼを添えて。細麺は炒った玄米の粉のタリオリーニを、錦江湾の赤エビを桃と合わせて冷製で。そこにミントの香りをまとわせて、夏の蒸し暑さを一掃しちゃいます!!!大人気鹿児島県産米あきほなみのリゾットはリードヴォーとエミリア・ロマーニャ州の定番、カボチャで仕上げて。。。お魚は一つは金目鯛を鹿児島でも定着しつつあるサンマルツァーノ種のトマトを緑のうちに収穫して作ったジャムと緑の野菜をグリルにして。金目の皮の赤と身の白、そして緑のソースでイタリアのトリコロールが完成なんです♪♪♪そしてもう一つは伊佐のチョウザメを久しぶりに使って、そこにさすらいシェフが9年働いたパトリアルカでよく使っていたザリガニを合わせてあるんです。さすが湖がある地方にいただけあっての食材!そこにさらに夏のイタリアの定番麦のサラダでさっぱりといただきます。お肉はやっぱり牛のタリアータと夷守ポークの自家製サルシッチャ!!!夏が来るのを待っていたんだっ!!!!っていうこの2つは夏のバカンスのBBQをイメージしています♪(笑)ドルチェはさすらいシェフ実家で大豊作の予定のブルーベリーをイタリアでは幸運の印、コルヌコピアに詰めて。。。もう一つは横山バリスタのアイデアをいただきで、マジックなアッフォガードを!なんだか想像するだけでバカンス中の素敵な夜を感じちゃう〜!!!

今週の夜☆チプご予約は新メニュースタートにつき、やや押さえ気味でとらせていただきます。そして13日から16日までお休みをいただきます!(16日が仕込みになります)半年めちゃくちゃがんばったさすらいシェフたっての希望で、実は今までのメニュー替えのあとのリフレッシュ休日プラスが貯金してあったの。(笑)そして7月後半から8月は、キャンプを始めチプの外でやるイベントが多くなります!そっちもお楽しみに〜!!!!!!(≧∇≦)b
posted by yossy at 21:29| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

バリスタチャンピオン横山千尋さんとのスペシャル☆エスプレッソコラボ

ほんとにイベントの連続で大丈夫か???って感じですが(笑)実は来週、めちゃくちゃすごい企画やっちゃいます〜!!!FBや鹿児島のフリーペーパー「リビング鹿児島」にも告知したのでご覧になっている方いらっしゃると思いますが。。。。

yokoyama_del sole.jpg

なんと、あのバール・デル・ソーレ横山バリスタとの念願のコラボレーション♪♪♪(≧▽≦)bイエーイ!!!

実はあたし、横山さんと10年来の友人なんです!!!六本木バールデルソーレのバリスタで、バリスタ日本チャンピオンに二度も輝いた経験を持つ彼が、さすらいシェフとイタリアンエスプレッソコーヒーを使ったスペシャル☆コースでコラボを、彼のスケジュールがぽっこり空いた7月2日、3日でやることになりました♪

大好きな鹿児島でぜひやろう!というイタリアらしいのりで決まったこの企画。自家製パンから前菜、パスタにメイン、そしてデザートまでのすべてをコーヒーをいろんな形でアレンジした2日間限りのスペシャルなお料理。すでに2日のランチ以外はすべて満席となっておりますのでご注意ください!!!

そして横山さんのたくさんの皆様にきていただきたいという思いから、3日のお茶の時間にTredunoカフェでスペシャルデザートとイタリアンコーヒーを心ゆくまで味わっていただく時間も設けました!!!いずれも限定ですのでご予約はお早目に〜♪♪♪もちろんyossyも横山さんとTredunoに移動!イタリアのあんなこと、こんなこと、お話できたら嬉しいです♪

ま、なにより一番の目玉は(笑)横山さんのトーク!!!yossyが完敗するほど(爆)しゃべり倒してもらいます♪♪♪エスプレッソの話、バールの話、イタリアの話、めちゃくちゃ楽しい夜になるに違いないっ!

7月2日(水) ランチ(限定18名)12時一斉スタート
       ディナー(限定16名)19時一斉スタート(満席)
7月3日(木) ランチ(限定18名)12時一斉スタート(満席)
       ディナー(限定16名)19時一斉スタート(満席)

3日は東千石町のTredunoカフェで15時から18時までデザートとイタリアンコーヒーを楽しむカフェタイムをご用意いたします。

ランチ 3500円 / ディナー 7000円
カフェタイム 2000円
※すべて税別となりますのでご注意ください。

ランチ・ディナーはグルメ通りのイル・チプレッソで。
カフェタイムはTreduno(〒892-0842 鹿児島市東千石町3-32 2F:http://www.treduno.co.jp/

ご予約お問い合わせはチプレッソまで(099-222-1713)

そしてさらに!!!!【コラボのコラボ!!!ガーデンズシネマさんも仲間に入れちゃえ♪】ということで、ちょっと告知しましたが、偶然10日違いでガーデンズシネマさんでコーヒーがタイトルについている映画がある!!!って聞きまして、それではぜひこちらもコラボ仲間入りしちゃおう♪ってことになりました〜♪♪♪3日のTredunoカフェのほうのイベントにご参加の方は、7/12公開のドイツ映画「コーヒーをめぐる冒険」の当日料金が300円割引(一般と学生のみ)に!鹿児島コミュニティシネマ会員の方は、会員証提示でイベント会費が以下の通り割引に!

☆鹿児島コミュニティシネマ会員価格1728円(20%引き)
☆会員のお連れの方お一人のみ1944円(10%)に 


さて、いまさらですが、横山さんって誰よ!?って方のために(笑)ご紹介。日本チャンピオンに二度輝いている彼は、その技術とか、そういうことではなく、あたしは彼といるとほんとうにイタリアをそのまま感じることができる、数少ない人の一人です。料理もそうだけど、バールっていうのはイタリアの大事な大事な文化の一つで、そこに人が集い、いろんなことが繰り広げられ、イタリア人の日常に絶対不可欠な場所なんです。コーヒーが飲めなくてもバールには行くもん!!!そしてそれを日本で感じさせてくれるのが横山千尋という人なんです。あたしはイタリアにいる頃、モザイクの仕事で年に1年はかならず日本のデパートのイタリア展に来ていました。日本橋三越のイタリア展ではまず朝礼と10時の開店のあいさつが終わると、イタリア人たちがワラワラとやってきて「チーロ(ちひろのナポリ名。笑。チーロってナポリ人に多い名前なの。。。)のところにコーヒー飲みに行こうぜ!」って誘われるわけですよ。で、みんなでバンコ(カウンター)に並んでまるでほんとにイタリアみたいな喧々諤々なおしゃべりを楽しむ。。。あぁーーー、懐かしい〜!!!そんなイタリア人が集うような場所を作るのが彼なんですよ♪♪♪

ぜひこちらのリンクをご覧くださいませ!!!その@そのA

あぁぁ、大好きな彼と一緒に過ごせるなんて、めちゃくちゃ幸せ〜!!!チプレッソで本物のイタリアをバンバン感じちゃいましょう!!!!!!!(笑)
posted by yossy at 10:19| 鹿児島 🌁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

もう終わっちゃったんだけどね。。。(爆)

めっちゃ気持ちのよい火曜日。。。しかし今日は怒涛の仕込DAY♪明日からチプレッソも夜☆メニューが変わります!!!ということで、間に合わなかったね、前回のメニューのUP。。。(爆)ということで、気を取り直して続きのプリモから。。。

lasagna di pescatore.jpg ricotto con mini caramari.jpg troccoli con guancia di manzo.jpg

まずは【青さのリを練りこんでうった手打ちのパスタでつくるシーフードのラザーニャ】ちょうど2月くらいから4月の終わりくらいまで青さのりが、鹿児島の東シナ海側沿岸でとれるので、それをパスタの生地に練りこんで作ったシーフードのラザーニャはこれがまた大人気でっ!!!!!シーフードのラザーニャってすごく珍しいですね!ってたくさんの方に言われたのだけど、サスライシェフは結構お魚を使ってラザーニャをするんです。以前はマグロやカンパチを使ってってのもありましたよね。あとはあたしも今回初めて知ったんですけど、レオナルド・ダ・ヴィンチと同年代を生きた宮廷料理人メッシスブーゴはフェッラーラのエステ家の晩餐でシーフードのラザーニャをしているんです。内陸に位置するフェッラーラで豪華な食事といえば新鮮な魚介を使うことだったんですね♪そしてその次は【ホタルイカとモリーユ茸のあきほなみのリゾット】晩春の季語にもなっている蛍烏賊!その肝と醤油漬けをソースにして、ヨーロッパの春の風物詩モリーユ茸(仏)、イタリア語ではスプニョーロ(スポンジみたいな)というキノコと合わせて日本と南ヨーロッパの春をマリアージュさせてみました♪♪♪(≧∇≦)b実はこのあきほなみ、平成22年産なんです。イタリアで7年熟成のお米が売られていることを知り、JAさんを通じて探してもらったら種籾用の選別してある3年前のお米が管理されているとのこと、今回はそれをわけていただいているんです!!!古米の更なる可能性が広がってますよ〜♪♪♪そして最後はサスライシェフイチオシだった【黒毛和牛ほほ肉のストラコットと山菜のソースをつかったプーリアのトロッコリ】今回の長い手打ち麺のパスタはトロッコリというセモリナ粉と水だけの南イタリアプーリア州の伝統のパスタ♪(≧∇≦)bサスライシェフが試作の時から「めっちゃ旨いでっ!」を連発していただけあります。(笑)イタリア半島の踵に位置するプーリアは、サスライシェフの師匠サルバトーレの故郷。南イタリアのパスタは基本的に卵を入れず、セモリナ粉をメインにした小麦粉にあとは水と塩だけでつくります。歯ごたえがトスカーナのピーチに似てるかな。それに牛肉をホロホロに崩れるくらい煮込んだストラコットと山菜をラグーにしてたーーーーーっぷり♪♪♪(*^m^*)まるでメインのような(笑)プリモでした〜♪

orata primaverile con piselli e pancetta.jpg pesce con salsa San Bernardo.jpg

そして魚料理は【桜鯛のソテーとグリンピースのソースにパンチェッタを添えて】鹿児島の春といえばやっぱり桜鯛ですもんね〜!!!それに指宿産のグリンピースをソースにして、そのグリンピースと黄金の関係のパンチェッタを添えました。その組み合わせでオムレツもよくするイタリア、ということでフワットロッなグリンピースとパンチェッタのオムレツと、また皮目がパリっ、中がフンワリな桜鯛がめちゃくちゃあうんです!もう1つは【鹿児島近海で揚がった鰆をサンベルナルドソースで】これがまたシチリアの文化を知る面白いお料理だったんですよね〜♪♪♪シチリアって、昔からいろんな国に征服されてきたのでその様々な文化が色濃く残る場所なんですよね。その中で、カターニャのサン・ベルナルド修道院でつくっていたというソースが鍵なんです。ま、付け合わせのカポナータももちろんシチリアの野菜料理ですけど。さて、そのサン・ベルナルドというソース、なんとカカオがベースなんです!修道院で作られていたってことは、新大陸からコロンブスがカカオをヨーロッパに持ち込んだんだけど、広めたのはスペインの修道士だったんだって。そしてシチリアはその頃スペインの支配下にあったわけなんです。カカオにアンチョビ、ビネガー、砂糖、アーモンドの入る不思議なソースはそれぞれのフレーバーが独立もしていて意外な美味しさ♪♪♪(≧∇≦)bもちろんカポナータとの相性もばっちりです!!!!そしてこのお料理、魚ですけど赤があう〜♪なかなか人気でございました。

pollo ai mattonai 02.jpg maialino con gorgonzola.jpg

お肉料理はトスカーナ南部、サスライシェフが長年住んだあたりの郷土料理で【鶏のもも肉の粘土焼き(POLLO DEI MATTONAI)】本来はホロホロチョウに詰め物をしてそれを粘土質なそこの土地の土で所謂塩釜みたいに蒸し焼きにするお料理なんですっ!フィレンツェの南、ワインでも有名なキャンティ地方はテッラコッタと呼ばれる素焼きの陶器でも有名ですよね!テッラ=土、コッタ=焼かれる・料理される、という言葉が組み合わさったことでも分かるように、赤茶色の素焼きの焼き物はその土地の恵みなんです。そしてこのお料理にはとある言い伝えが。。。「ある家に泥棒が入って、そこで飼っていたホロホロチョウを盗もうとしたら火事になってみんなが起き出してきたので、そのホロホロチョウをそこに埋めてまず逃げた。火事が収まったところでホロホロチョウを取り出しにいったら、ちょうど粘土質なその土地で、上手いこと蒸し焼きになっていた上に粘土を剥がすときに羽もうまいこと抜けて一石二鳥だった」っていうんですよ。。。(笑)中華の乞食鳥と同じってことなんだけど。今回は一羽ってわけにはいかないので、もも肉をつかってイタリアの豚のベーコン、パンチェッタを巻き、野菜で詰め物をしてからじっくり焼き込んでありました♪♪♪トスカーナの赤のさわやかな酸味とジューシーな鶏肉が最高〜!!!!!(≧∇≦)b一緒に伊佐からの柔らかい瑞々しいサラダもいっぱい食べてもらいました。そして最後にこれがあたしの大好きな仔豚ちゃん〜!!!!!!!!!!!!【皮パリッパリの仔豚のローストと徳之島の新じゃが、ゴルゴンゾーラのソース】パリッパリの皮とジューシーなほんのり桜色のお肉が、ほんっと何ともいえない絶妙な美味しさなんです。。。あぁ、切れ端を食べられるだけで幸せだったなぁ。。。(爆)

と、こんな感じで、すっかりドルチェを撮るの忘れちゃいましたけど、こんな感じでほんとうに一ヵ月半めちゃくちゃ楽しませてもらいました!!!!ということで、明日から初夏を5感で感じる夜☆チプメニューが始まりますよ〜♪♪♪今週は週末以外はのんびりしています。すっごく面白いお料理が目白押し!またしても、これがイタリアンになるのかっ!!!の目からウロコなラインナップです。お楽しみに〜♪♪♪
posted by yossy at 17:55| 鹿児島 | Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

今週で終わっちゃうんだけど。。。(笑)とりあえずセーフ???

すっかりまた初夏の日差しがまぶしい鹿児島です。でも夜は結構冷えるんですよねぇ。。。でも今年は早くあたたかくなったので例年になく桜の開花も早かったのだけど、意外に花冷えも長くて雨も降ったのに桜はけっこう持ったような気もします♪♪♪そうこうしているうちに、夜☆チプ春のメニューも今週で終わり!!!今週はサスライシェフ、かなり切羽つまっての初夏メニューを考え抜いておりましたが、なかなか面白そうな食材も見つかり、とりあえずセーフ!(笑)ということで今回は期間中にあたしも今の春メニューをちゃんとUPしなくっちゃっ!!!とこちらもセーフで♪(爆)冬メニューはすっかりUP忘れちゃってたもんね。。。(滝汗)今回も鹿児島の旬の食材を縦糸、イタリア各地の郷土料理を横糸にしたかなり面白い織物のようなメニューができてたんですよね♪今回は春休みなどもあったりしたからか、県外から、そしてなんとシンガポールからのお客様、それに、鹿児島にいらっしゃる外国人のお客様、などなど、いろんなバックグラウンドを持つ方たちにチプレッソのかごしまイタリアンを楽しんでいただけました!

rambasicci.jpg cram impanato con erbe e crema brulee` di fave.jpg

さて、今回のアンティパスト、1つは「ランバシッチ」という呪文のような名前のトリエステの縮緬キャベツを使った所謂ロールキャベツ!トリエステはヴェネチアの北側、東の端っこになり、アドリア海の一番奥に位置し隣はスロベニアなんです。歴史的に軍事的にも重要な町であったトリエステはかつて第一次世界大戦までは長らくオーストリア=ハンガリー帝国の統治下にあり、そのごイタリアに帰属したけど、、第二次世界大戦後はイタリアとユーゴスラビアとの間で帰属をめぐる紛争もおこったんです。ということで、様々な文化が交錯したこの場所ではスラブ料理も伝統料理の一つして残っているわけ。ロールキャベツってスラブの国(旧東欧)が起源なんですね。今回はいつもお野菜を作っていただいている近所の方が縮緬キャベツをたくさん作ってくださって、そこから決まったメニューでした♪♪♪感謝ですね〜!!!中にはひき肉、イタリアのサルシッチャ、パルメザンチーズに赤いパプリカが入っていてかなり濃厚!これだけでもメインになっちゃうかもっ!!!!という感じでした。そしてもう1つは「ハマグリの香草パン粉焼き、ソラマメのクリームブリュレとパルメザンチーズのジェラート」今の時期、イタリアでもソラマメよく食べますよね♪♪♪イタリアの場合はスーパーでもさやつきでがさっと売っていて、それをそのままゆでずに食べちゃいます。そのときに必ず家にはあるであろうチーズの塊をだしてきて(トスカーナだとペコリーノ)一緒に食べるのがイタリア流!!!たぶん日本のものよりも灰汁がすくないのと、薄皮がもっと薄いような気がしますが、先日の食彩の王国のときに朝採りのソラマメを生で食べたんだけど、熟成させたペコリーノチーズはほんとに、マエストロとフィレンツェの工房で食べまくったソラマメの味だったよー!!!!!!実はチプ☆ディナーのためにホテルをとって遠方よりいらっしゃったお客様に、これを食べて「この前行った指宿で見た空豆畑がうわぁ〜っと脳裏に蘇ってきたよっ!!!」とおっしゃっていただきました♪(≧∇≦)bその土地の食材を、歴史を、伝統を重んじ、そしてファンタジスタであることを大事に。。。まさにこれこそイタリア。サスライシェフの13年のイタリア生活のフィルターを通して鹿児島を表現できる、それが今のチプレッソの目標とするお料理。だからこそとっても嬉しい感激の言葉でした!!!キャンティクラシコの重鎮カステッロ・ディ・アーマの醸造家もテロワールの話をしたときに同じことを話してました。そのワインを口に含んだときに目の前にトスカーナの丘やブドウ畑が広がるようなワインを造りたい、と。。

ということで、とりあえず今日はここまでっ!!!夜の営業もがんばりま〜す♪♪♪
posted by yossy at 17:25| 鹿児島 | Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

チョコレート☆ナイト!!!

昨日のKKBスーパーJチャンネル、いかがでしたか???テレビがないので、どんな感じだったのか全然わからないのですが、リゾットの作り方ちゃんとできてました?それを見て今日のランチにきてくださった方たちもいらっしゃって、とっても嬉しかったです〜♪♪♪が、リゾットはランチでやっていない場合もありますので、そのときはリクエストをご予約時にお願いしますね!そして早いもので2月も今日で終わり、夜☆チプの体に優しい冬のトスカーナ料理も今週で終わりです。。。やっぱりオンタイムではご紹介できなかったですね。。。(滝汗)

さて、気を取り直して!!!(笑)10月にイタリアに行ったときに買ってきたAMEDEIのチョコレートをメインに、カカオのパウダー、カカオニブ、カカオマス、カカオピール、ホワイトチョコレートなどなど、いろんな形のチョコレートをフリット、パスタの生地、生チョコ、ソースに変えて、鹿児島の旬の食材と組み合わせたスペシャル☆ディナー、新しい発見をゲストの方たちと楽しむことが出来ました。いやぁ、今回もへーーそれ!?!?なマリアージュにびっくりでしたよ♪♪♪

crema di rapa bianca e fritto di rombo tutto con cacao.jpg magnium cipresso.jpg tagliolini con cacao e gamberi e fave nostrane.jpg risotto con cima di rapa e pancetta con cioccolato fondente.jpg anatra con cioccolato amaro e gorgonzola.jpg mousse di fragole_cioccolata bianca.jpg

まずは【アミューズ】錦江湾のヒラメをカカオの衣でフリット&中島さんの畑のカブのポタージュにカカオピールを散らして。サックリちょっとほろ苦のカカオとヒラメが意外なウマさでした!そして【アンティパスト】ちゃんとチプレッソ印がついているブラック☆モンブラン、マリネしたフォアグラとバルサミコ酢&ビターチョコレートのマリアージュで♪うちの妹yukky夫妻がチプレッソのオープンのお祝いにくれたチプレッソのスペシャル刻印をやっとやっと使うことが出来ました!!!もう感激〜!次は当りを作らなくっちゃだわ。。。(笑)そして【プリモピアット・パスタ】カカオを練りこんだタリオリーニに錦江湾のアカエビと指宿産のソラマメで春の香りを。。。絶妙なこのコンビネーション、やっぱりサスライシェフの手打ちパスタは絶品です♪♪♪さらに感激の【プリモピアット・リゾット】あきほなみと菜の花、パンチェッタのリゾットはなんと苦い生チョコを最後の仕上げに使うバターの代わりに!!!こういう組み合わせもあるんだねぇ〜♪♪♪で、ここでセロリのシャーベットを口直しにお出ししてから【セコンド】鴨の胸肉のローストとチョコレート&ゴルゴンゾーラのソース。。。この組み合わせ信じられないくらい美味しかった!!!ヾ(≧∇≦*) 〃ということでこのゴルゴンゾーラのソースは今度の春の始まりを感じる夜☆チプメニューで、仔豚ちゃんとのマリアージュ決定!!!!!!!で、〆は【ドルチェ】ホワイトチョコレートとイチゴのムース仕立て、あまおうのチョコレートディップにトスカーナのもう1つのチョコレートメーカー【VESTRI】のなんとメディチ家のレシピで作られているというホットチョコレート。このホットチョコレート、お代わりのリクエスト続出でした。。。(笑)

いやぁ、ほんとちょっとだけ味見したけどめっちゃ美味しかった!!!ほんと、こういうサプライズに喜んでくださるゲストの方にこちらもすっごく嬉しくなっちゃうね〜!!!また来年やっちゃお〜♪♪♪(^m^)ムフフフフ あ、もしかしたら、夏にとあるスーパー☆スペシャルな方をゲストにコーヒーでのスペシャル☆ディナーの予定もありますのっ!ぜひぜひこちらもお楽しみに!!!
posted by yossy at 18:07| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

フィレンツェに、まさにいるみたいな冬メニューもスタート♪♪♪

viaggio toscano invernale.jpg

今回の夜チプ☆メニューは、なんというか、あたしにとってすごーーーーーーーーーくすごーーーーーーーーーーーーく懐かしいお料理が満載なんです!!!トスカーナの田舎をドライブして、ちらっと入った食堂で食べるような、そしてそれには絶対サンジョベーゼの赤があうっ♪ъ( ゚ー^)イェー♪ってかんじ!?ゆったりとした時間と素朴でシンプルだけど、マンマの愛情と伝統と歴史を食べる、そんなお料理を鹿児島でご用意できることに感謝ですよね!!!おかげさまで、冬になると畑の野菜も元気!!!伊佐のさすらい父の畑やいつもお世話になっているナカシマさんのすっごい畑、そして鹿児島に移住してイタリアのお野菜なども作っている坂本くんの野菜など、ほんとうに手間隙かけて愛情を注いだ野菜が大集合なんです。だから体にもめちゃくちゃ優しいんです!!!

orto di sig.Nakashima09.jpg orto di sig.Nakashima07.jpg orto di sig.Nakashima08.jpg orto di sig.Nakashima10.jpg orto di sig.Nakashima11.jpg orto di sig.Nakashima14.jpg orto di sig.Nakashima17.jpg orto di sig.Nakashima18.jpg

一昨日のお休みの日は、朝からナカシマさんの畑を見学に行ってきました。青空の下、みずみずしい野菜たちが、寒さにも負けずたくさんの愛情をうけて、グングン育ってましたよー!!!畑でちぎりたてを食べると甘みが口の中にぐわーーーーーっと広がって、そのあとにそれぞれの野菜の個性の味が追いかけてくるという、あぁ〜!めっちゃ幸せだーーーー!!!!って心のそこからその思いがわきあがってくる感じ。イタリアのお野菜も作っていらっしゃって、これから冬の間は、まさにイタリアのマンマの味をジャンジャンみんなに味わってもらえる最高の時期なんですよね。特にランチでは煮込みにサラダにパスタに、た〜っぷりいれてありますのでお楽しみにね〜♪♪♪(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

posted by yossy at 08:52| 鹿児島 ☀| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

ミセスに登場〜!!!!!!!

皆さん、新年一発目のビッグニュースです!!!!!!!!!

ミセス01.jpg

明日(1月7日)発売の全国誌【ミセス】に掲載されます〜!!!!!!\(^o^)/11月に取材がありドイツ料理研究家で鹿児島にご主人の実家がある門倉タニアさんがチプレッソに来てくださったんです。イタリアから戻ってきたばかりの、イタリアの風をビュンビュン感じる(笑)、極上の鹿児島の素材を使ったサスライシェフのお料理を短い時間でしたが堪能していただけました♪♪♪(*'▽'*)b

ミセス02.jpg

あたしたちも大好きな湧水町のイサオ・クチーナさんと一緒のページに仲良く載っててとっても嬉しい記念になりました。ほかにも鹿児島の歴史と革新の同居する割烹山映さん鹿児島のいろんな工芸品とデザインを融合させた素敵なものが見つかるマルヤガーデンズ のD&DEPARTMENT 、なくなってしまったので残念だけど中央駅朝市や、あたしたちも休みの日にはよく立ち寄る鹿児島の地元の食材がいっぱいのおいどん市場も紹介されています。この今回の九州特集、ディープで洗練された九州の粋な場所が盛りだくさん!ぜひぜひご覧くださいね♪♪♪
posted by yossy at 00:06| 鹿児島 | Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

お正月ですがまずはクリスマスへカムバーック!(笑)

明日から2014年の営業が始まっちゃいますのでね。。。(汗)とりあえずは2013年のクリスマスを振り返っておかなくっちゃ。。。(爆)

2013年のクリスマス☆スペシャルディナー、色と香りと味わいを五感を使って味わっていただくメニューでした。 ずーっと前からチプのクリスマスを楽しみ〜♪に待っていただいていたゲストの方たち、 気のおけない仲良しのかたたちやフォーマル正装で現れた高校の同級生がお母さまとの初クリスマス☆デートに来てくれたり。今年で3回目、定番のトルテッリーニと黄金のコンソメも3回目。これを食べないと新年を迎えられないと言っていただけるお皿になりました♪♪♪;・:\(*^▽^*)/:・;^やっぱりお店を休んでまで(爆)作ったトルテッリーニはしみわたる幸せの味なのね!!!たくさんの皆さまのそれぞれの美味しいを聞けて、幸せなクリスマス。。。ではそのラインナップをご紹介っ!v(*'-^*)b

tavola natalizie.jpg ricci_mare.jpg foirgras_mele.jpg tagliolini_granchio.jpg tortellini_consomme.jpg rombo_crema_ricotta.jpg anatora_cotecchino.jpg bianca natale.jpg

ということで、前菜から「雲丹のプティング、青海苔のジュレをのせて」雲丹の黄色とお花のコントラストが可愛らしい最初のお皿、口に入れるとふわーっと雲丹の香りが広がって。。。そして次は「フォアグラとリンゴのミルフィーユ、カカオ豆をちらして」今年はパイ生地と一緒にミルフィーユ仕立てにしたフォアグラ。何年か前のバルセロナでのバカンスで、バルのタパスで食べたフォアグラとリンゴが忘れられなくって(笑)今回は思い出をこんな形で再現してみました。

プリモは「手打ちの自家製タリオリーニ、ズワイガニとトスカーナ産ポルチーニのトマトクリームソース」これは王道でしょう、という組み合わせ。美味しくないわけがないじゃないですかっ!!!(笑)蟹の殻を大事に大事にとったアメリケーヌのトマトソースですからねぇ〜♪♪♪わんこそばみたいにお代わりくれっ!!!と催促されたパスタでした。(爆)そして「黄金のコンソメに浮かべたトルテッリーニ」。。。これはもう、毎年絶対食べてもらいたい一皿です!!!このためにクリスマスにいらっしゃる方もいらっしゃいましたからねぇ。ほんとうにお手伝いいただいた方たちに大感謝です!

セコンドは「ヒラメのポルケッタ風、リコッタチーズのクリームとケッパーの実を添えて」、これはフォーマルで来てくれたジロくんが感激したお料理。トスカーナで仔豚の丸焼きとかするときに使うフェンネルのハーブをちょっとふりかけたヒラメのローストと水牛のリコッタのほんのり甘いクリームが驚きのマリアージュ!続けて「鴨胸肉とコテッキーノの軽い燻製、レンズマメのスフォルマート、黒トリュフの香り」。エスプレッソの燻製の煙に「わぉ〜!!!」な一品。この軽い燻製が鴨の旨みを断然UPしてくれてました!そしてイタリアのクリスマスにはかかせないコテッキーノも、皆さん初めての方が多かったのですが、なかなかの人気者。それにお金が貯まるようにという縁起物のレンズマメで2014年に向けてバッチリなゲン担ぎしていただきましたよ〜♪♪♪(≧∇≦)b

そして〆のデザートは「ホワイトチョコレートとイチゴの“ホワイト☆クリスマス”」これが、サスライシェフの美の追求の結果、一体どうやって食べるんだろう!?!?(笑)という疑問の残るドルチェでして。。。(゚_。)?もちろん白いホワイトチョコレートの器も食べられちゃうんですよ。何はともあれ、テーブルに持っていったときのインパクトの大きさは絶大っ!!!もちろんこちらもお代わり欲しい。。。という声をいただきました♪♪♪ありがとうございました〜!!!YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!

ちなみにメインのお肉ででたコテキーノは脂身もはいった豚肉に香辛料や赤ワインなどを混ぜて腸に詰めた、モデナの伝統料理。モデナってフェラーリの聖地マラネッロとか、亡くなりましたけど3大テノールのパバロッティの故郷として有名ですよね。このコテキーノ、ただしか〜な〜りこってりめ。(^◇^;)ですので、ディープなイタリアを味わうためにちょっとだけお出しする予定。この中身を豚足に詰めると【ザンポーネ】という名前になります。詳しくはぜひ、こちらを読んでみてくださいねっ!!!

posted by yossy at 16:59| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

ローマとフィレンツェのディープで壮大な歴史もあるお料理

BUONGIORNO〜♪♪♪今週はお休みの夕方に「花を束ねる」というイベントにサスライシェフと二人で参加、クリスマス☆リースを作りました!!!グリーンの爽やかな香りでリフレッシュ♪こういう手で物を作る時間ってやっぱり大事ね。意外とリースのどこに何を配置するかで手間取ってしまって、夏に参加の花輪のときよりもけっこう時間ギリギリだったけど、来年はサスライシェフがドラキュラ対策用ニンニクとイタリアでは魔よけとして知られる赤唐辛子のリースを作ってくれるそうです♪楽しみっ!!!

リース.jpg

さて、クリスマスが近づくとともにすっかり寒くなっちゃいましたね。鹿児島でも空気が凍りになりそうな雰囲気がします。。。で、そういう時期だからこそ、暖かくなる、しかもローマとフィレンツェのディープな歴史をバックボーンにもつこの2皿をご紹介っ!!!

carabaccia.jpg

これ【カラバッチャ】というオニオンスープはなんとルネッサンス時代までその歴史を遡ります!!!♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!ルネッサンス時代の料理研究家メッシブルゴというひとの本にそのレシピが書いてあるの。トスカーナにはチェルタルドという玉ねぎの一大産地があり、きっとそこの出身で世界史には絶対出てくるボカッチョ(ほら、デカメロンの!)も食べたに違いないというこのオニオンスープ、その当時はルネッサンス時代には料理によくつかっていた砂糖やシナモン、そしてたくさんのアーモンドを刻んだものがはいっていたみたいなんです。。。(汗)それが現代ではその甘みを感じる余計なものを省いて、玉ねぎの自然の甘みだけで作る優しい味♪d=(´▽`)=b ヨカッタ。。。チプの今回の【カラバッチャ】はアクセントで鰹節ののうに薄くスライスしたスモーク☆フォアグラをのせていますよ〜!!!ヽ(*^∇゚)o
そして、なぜトスカーナに起源を持つこのオニオンスープがフランスの(特にパリの)冬の名物になったかというと、1533年にフランス王家に嫁いだ、フィレンツェ・メディチ家のカテリーナ・デ・メディチによってもたらされたから、といわれています。。。イタリア人はほとんどのフランス料理やテーブルマナーはカテリーヌとその妹マリアが嫁いだからもたらされたということでイタリアが起源だと思ってますもんね。。。(笑)料理のことでフランスにとやかくいわれたくない。。。という典型的なイタリア人の反応が下の番組で見られます。(爆)イタリア語だけど。。。



coda alla vaccinara.jpg

そしてもう1つ、そんな寒いときにハフハフ食べたいのがローマの伝統料理【コーダ・アッラ・ヴァッチナーラ】、牛テールの煮込みをご紹介!!!ローマの下町で生まれたこのお料理、【なめし革職人の牛テール】といわれる理由は、その昔ローマの下町でなめし革職人として生計をたてていた人たちが皮をもらい受けてくるときに必ずついていた尻尾の部分で煮込みをしていたのが郷土料理としての始まり。トスカーナもそうですが、伝統料理として庶民に親しまれ、愛されている料理は、貧しい人たちのお料理なんですね。その当時、肉の部分は貴族などの特権階級しか食べることができず、だからこそこういうテール、また内蔵料理がイタリア中で伝統料理ろして残っているわけ。そしてこのローマの牛テール料理、カカオと干しぶどうが入るのが特徴なんですよ〜!!!(≧∇≦)bこれにあわせるのは、セモリナ粉のローマのニョッキ!!!ニョッキってジャガイモだけじゃないんだよね。カリッと焦げ目のついたニョッキと一緒にフ〜フ〜しながら食べてくださいませ♪♪♪(^_-)-☆

さてさて、お知らせで〜す♪♪♪\(^o^)/チプレッソのスペシャル☆クリスマスディナー、23日と24日がそれぞれ1テーブル(MAX4名様)さまのご案内が可能です。21日、22日は満席です。それ以外の通常営業につきましてはディナーに限ってですが、年内は28日、29日がそれぞれあと1テーブル(MAX2名様)のみご予約可能で、ほかは全て満席となっております。新年は1月4日からです。よろしくお願いいたしま〜す!!!(^_-)-☆
posted by yossy at 09:07| 鹿児島 ☔| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

イタリアの深まる秋と伝統を味わう。。。

すっかり暖房をいれ、クリスマスの飾りつけもしちゃいましたよ。。。もう12月だから寒くて当たり前ですよね。(笑)イタリアから帰ってきてからもう一ヶ月だし。早っ!!!

さて、早いのは今回の【イタリアの深まる秋を感じる】夜☆チプメニューは終了なんです〜!!!!(OωO; )生みの苦しみ最中のサスライシェフ、今回のイタリア旅行の思い出から、次回はもっとディープなイタリア伝統料理の世界へ皆様を誘う予定。。。なんですがそのまえに、今回のメニューをチラリとご紹介。とりあえず今週、木曜日と日曜日以外でしたらまだ最後の最後にイタリアの秋を体中で感じることできますよ〜♪♪♪

carne avvolta.jpg

まずは前菜のひとつで大人気の「カルネ・アヴォルタ」。超シンプルだけど感激の味♪これ、トスカーナ南部にあるトレクワンダという町のニッチな郷土料理。見学にいった超有名ワイナリー、ドナテッラ・チネッリ・コロンビーニのオーナー、ドナテッラ夫人からの直伝です。貴族の流れを汲む彼女は郷土料理の研究もされていて、ワインとお料理、守るべき伝統を伝えているすばらしい女性でした。ちょうどその話を聞いていたとき白トリュフのパスタをいただいていたので、白トリュフのソースであのランチの思い出に。。。

tortelli tofu.jpg

で、意外な人気だったのが、このイタリアンカラーのビビッドな色も元気になる【お豆腐とエビを詰めた小松菜を練り込んだパスタでつくったトルテッリ】、イタリアで買ってきたリコッタの薫製を削って」。前回のアンチエイジング☆ナイトからのメニュー昇格の一皿♪♪(≧∇≦*)リコッタチーズの代わりにつかった鹿児島の濃厚な大豆で仕上げた美味しいお豆腐は、畑のチーズといわれるだけあってイタリアンでも最大においしさが引き出せちゃうんです〜!!!\(^o^)/そしてさらにびっくりなのが、サスライシェフがこれを探すためにイタリアに行ったパート1、リコッタチーズの薫製が薄ーーーーーーーーーく削っただけなのに、すっごーーーーーーーーーーーく薫るんです♪♪♪

maiale finocchio.jpg

さすらいシェフがこれを探すためにイタリアに行ったパート12(笑)【フェンネルの粉 】をふりかけてグリルした熟成ひなもりポークの肩ロース!!!(≧∇≦)bこれに青森から届いたリンゴのスライスとイタリアでチーズを食べるときによく使う【モスタルダ(フルーツのマスタードシロップ漬け)】を添えてちょっとスイートとハーブ、かすかなマスタードをアクセントにした味わい深いお料理です。そしてソースはなんと【沖永良部の黒糖焼酎】を使っているんですよ♪豚肉のコクや上質の脂がとろけます〜!!!ウフフフフ♪♪♪

caramari veneziana.jpg ossobuco.jpg

そしてこのイカスミ料理はチプレッソコースのお魚。錦江湾であがったプリプリのミズイカとイカスミのヴェネツィア風♪今回の旅行でサスライ両親と行ったベネチアの思い出をぎゅっと詰めたお料理です!!!イカの下には白いポレンタ。これは「BIANCO PERLA (ビアンコ・ペルラ;白い真珠)」と呼ばれる北部イタリア固有でスローフード協会でもとりあげている真珠のような光沢のあるトウモロコシを乾燥させ粉にしたものをお湯、オリーブオイル、塩をいれて火にかけ、とろ火でもったりするまで混ぜるんです。そしてヴェネツィアではこれをイワシとかイカとかの魚介とあわせるんですよね♪他のイタリアの大部分では普通の黄色いトウモロコシのポレンタをお肉とあわせるのが一般的。チプでもよく、黄色いポレンタをカリッと揚げてお出ししていますよね!(^_-)-☆そんな地方性の濃い〜ものが鹿児島で食べられるってシアワセ♪(≧∇≦)b
チプレッソコースのお肉は今回ヴェネチアとどっちに行く!?で行かなかったミラノの伝統料理。オッソブーコ。仔牛のすね肉の煮込みなんですよね♪オッソ(骨)+ブーコ(穴)で、すねの骨の真ん中にある髄の部分も食べちゃうと穴が開いちゃうわけ。そこまで美味しいのよー!っていうお料理です。ミラノだとこれにサフランのリゾットを添えたりするんだけど、ここで面白いエピソード「ミラノ風は黄金色に仕上げた料理につけられ、それがイタリア経済(金→黄金)の中心都市であるミラノと結びつけられたと言われています」。。。

ほんと今回はいろんなイタリアを感じられるラインナップ、しかもサスライシェフも初めてのレシピもたくさんあったから、こんなイタリア料理食べたことないよ〜!!!っていう声もたくさんいただきました。イタリアって地方地方だけでなく、村が違えば郷土料理が違うもんね。さて、次回はいったいどんなイタリアを魅せてくれることやら。。。みんな、お楽しみにね〜♪♪♪
posted by yossy at 08:51| 鹿児島 ☀| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

クリスマス&年末年始の営業のお知らせ 2013

natale2013.jpg

あっという間に11月も半ばになりまして、もうイタリアから戻ってきてから一ヶ月になろうとしている。。。なのに相変わらずブログは滞っておりますが。。。(爆)とりあえずクリスマス&年末年始の予定が決定いたしました!(笑)まずチプスペシャル☆クリスマスは12月21日(土)から24日(火)のディナーで、1万円(消費税別)となります〜!!!イタリアの伝統クリスマス料理をベースに一年に一回、いやほんとに毎回一回きりのスペシャル☆ディナーとなっております。すでに22日は満席ですが、ほかはまだご予約可能ですわよ♪♪♪そして25日、26日はお休み、今年ラストは29日(日)となりました。年明けは1月4日ランチから営業します!!!d(⌒o⌒)b それとご予約状況で、11月最後の週から12月の第2週にかけてはわりとゆっくり気味です。仲良しグループの忘年会などのお問い合わせ、ご予約もいただいております。なにせ小さいお店ですので、埋まってしまうときはあっという間です。とくに貸切をお考えの場合はご予約状況お早めにチェックしていただけると助かります♪よろしくお願いいたします〜♪♪♪

VINO HAYASHI.jpg BULICHELLA.jpg DONATELLA COLOMBINI.jpg

そしてイタリアの余韻の残る今回と次のチプ☆ディナーメニュー&クリスマスや今年を締めくくるディナーにあわせて、【yossyのリスト外ワインコレクション(笑)】も充実してきました!!!今回イタリアから持ってきたのがあったり、いろいろ試してみたかったり、ワイン好きなお客様の顔を思い浮かべてみたりと、なんとなくリスト外(一本しかないとかだから)が増えるような気がして、さすらいシェフに「(そう理由があるんだけど)今更ながらうちにワインリストいると思う?」って聞いたら「やっぱ、一応作ってくれ〜!」との返事。理由はリスト見たい人(明確にわかりたい人)も絶対いるだろうし、なによりワインの説明をいちから始めたら、今にもましてさらにあたしのトークが長くなるから。。。(爆)いや、でもね、イタリアって葡萄の品種もめっちゃ多いし、栽培されてる地方での特色も大きいからリスト見たって有名どころのない、うちのワインリストじゃ、今もかなりの割合で結局まかせます、的になってるんだけどね。。。(^◇^;)とりあえずワインリストは印刷してみました。。。が、スポットで一本しかないワインなどはやっぱりリスト外→この写真のワインはほとんどリスト外(爆)となっておりますので、ぜひぜひ「秘密のワイン、だしておくれ〜♪」とご用命くださいませ。。。

posted by yossy at 10:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

ジョバンニがチプレッソのこと好きだって!!!

BUONGIORNO!!!この週末は3連休、そして鹿児島はおはら祭りと賑わいそうですね〜♪でもちょっと曇り空。。。雨、終わるまで待ってくれたらいいんだけどなぁ。。。無事に秋深まる夜チプ☆新メニューがスタートしました♪♪♪今回はイタリアでのエピソードやら、伝統料理の云われやら、いろんなことをトークする「必要(笑)」があるのであたしの話がやたら長いですが。。。(^◇^;)イツモデスカネ?昨日もイタリア話でめっちゃ盛り上がったチプレッソ。。。初めてのお客様に「すごいですね〜、シェフ自らサービスしてくださるなんて〜!!!!(≧∇≦)b」とおっしゃって頂きましたが、実はいつにもまして喋りすぎのyossyにすっかりしびれをきらしたシェフ(爆)が出てきてくれたという。。。(;^_^A

giovanni01.jpg giovanni02.jpg

さてビッグニュース〜!!!!イタリア滞在中のある日、小銭が必要だったさすらいシェフ、帰ってからの新しいメニュー作りのためにも必要なので買った【LA CUCINA ITALIANA】♪昔からある料理の雑誌。何日か経ってから時間が会ったときにゆっくり読んでいたら、偶然一番最後のページにジョバンニ・アッレヴィ発見!!!(*^^*)インタビュー形式のこのページをじっくり読んでいたら。。。。なんとっ!「あなたの一番好きなレストランは?」の質問に「日本の南の鹿児島にあるリストランティーノ イル・チプレッソ」って書いてあるではないかっ!!!(OωO; )全然知らなかったからびっくり仰天!なんか感激〜!!!!(≧∇≦*)

giovanni03.jpg

ジョバンニとはあのコンサートのあと全然連絡とっていなかったので、まさかこんなインタビューをしていたなんて知らなかったし、そしてそれを偶然買って読んだという事実にもびっくりでした〜♪♪♪あぁ、ほんとに嬉しかった。感謝です。。。思わず5冊くらい買ってきちゃいました。(笑)

ということで、チプレッソですが、11月からすでに年末パーティー☆モードなのですね♪チプレッソにも、貸し切りのお問い合わせやご予約のお電話をいただいております。小さなレストランですし、間取りの関係上入る人数なども限られる場合があります。チプ☆ジャックしたいっ!とか、貸し切らないけど10名くらいで美味しいもの食べて今年をHAPPYに締めくくりたい♪って思っていらっしゃる方がおいででしたらお早めにご連絡くださいませ!!!ちなみに今年のスペシャル☆クリスマスは12月21日から24日までの4日間(OωO; )となりますよ〜♪

posted by yossy at 09:03| 鹿児島 ☁| Comment(0) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

3年目の重要なお知らせ!!!

menu secondometa autunno.jpg

BUONASERA〜!!!!\(^o^)/やっと(笑)夜チプ☆メニューが決まりました♪(≧∇≦)bイタリアで感じた深まる秋や、トスカーナのワイナリーのマダムから教わった伝統料理、いろいろな地方をまわって食べた郷土料理をさすらいシェフの感性で五感を刺激する、そのままイタリアを感じられるような料理のラインナップです。白トリュフやポルチーニの香りがしたり、さすらいシェフが1つ星だった「イ・サロッティ」のシェフだったときもこのシーズンに良くやっていた鴨のラグー、そしてイタリアから大事にもってかえってきたリコッタチーズの燻製をちょっと使ってみたり、フィレンツェの市場で仕入れてきたハーブを使ったり。香りを大事にした感じがすごくします。目を閉じたらきっとそこはトスカーナ!!!

で、ですね。 皆様に重要なお知らせがあります。イタリアから仕入れる食材の関係、また通常の食材の高騰で、これまでのようなお料理をお出しするのが難しくなってきております。イタリア滞在中も、戻ってきましてからも今日までいろいろ検討、さすらいシェフはいま、朝5時半に毎朝朝市に出かけ、とにかくよい食材をできるだけ安くいれるように努力しておりますが、今のままだと今後自分の納得する、お客様に心から喜んでいただけるお料理をご用意することがやはり難しいと判断しました。ということで、夜のコースのみ300円ずつお値段がアップします。やはり、技術はあたりまえのことですが素材の大事さには変えられません。その代わり、とびきりのお料理をご用意いたしますのでご了承くださいませ。よろしくお願いいたします!!!
posted by yossy at 23:39| 鹿児島 火山灰| Comment(1) | Cipressoの木の下で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。