2007年07月23日

Hey You

あたしはMadonnaが好き。賛否両論極端にある人だとは思うけど。こんかいのLive Earthのための"Hey You" は、その歌詞もメロディーラインもあたしの心にまっすぐ入ってきた曲のひとつ。

live_madonna.jpg

Madonna : "Hey you" / 2007 Warner Bros. Reords Inc.


Hey you,
Don't you give up, its' not so bad
There's still a chance for us

Hey you,
Just be yourself, don't be so shy
There's reasons why it's hard

Keep it together, you'll make it alright
Our celebration is going on tonight
Poets and prophets will envy what we do
This could be good, hey you

Hey you,
Open your heart, it's not so strange this time
you've got to change

Hey you,
Remember this, none of it's real
Including the way you feel

Keep it together , we'll make it all right
Our celebration is going on tonight
Poets and prophets will envy what we do
This could be good, hey you

Save your soul, little sister
Save your soul, little brother

Hey you, save yourself
Don't rely on anyone else

First love yourself,
then you can love someone else
If you can change someone else,
then you have saved someone else

But you must first love yourself,
then you can love someone else,
If you can change someone else,
then you have saved someone else
But you must first

Hey you,
There on the fence, you've got a choice
One day it will make sense
Hey you,
First love yourself, or if you can't,
Try to love someone else

Keep it together, we'll make it alright
Our celebration is going on tonight
Poets and prophets will envy what we do
This could be good, hey you


First love yourself, then you can love someone else
If you can change someone else,
then you have saved someone else
But you must first love yourself,
then you can love someone else
If you can change someone else,
then you have saved someone else
But you must first




彼女のことを好きな理由、それは下の言葉に集約されてるかな。

I'm tough, ambitious,
and I know exactly what I want.
If that makes me a bitch, okay.


私はタフで、大きな野心があるし、
自分が欲しいものは何かはっきりわかっているの。
それでビッチと呼ばれるのなら、かまわないわ。

( Madonna )



posted by yossy at 19:57| ローマ ☀| Comment(0) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

PENSA (prima di dire!!!)

音楽続きで。。。。


今年のサンレモ音楽祭で新人賞をとったFabrizio Moro(ファブリツィオ・モロ)。賞を取ったこの「Pensa」っていう曲もものすごく耳に残る曲。

この曲は1992年7月19日、イタリアのマフィアの犠牲になったイタリア検事長パオロ・ボルセリーノについての歌なの。彼は親友であった検事長ジョバンニ・ファルコーネがパレルモでマフィアに暗殺された後、彼の仕事を引きつぎ、マフィア撲滅に奔走し、そして最後は車に仕掛けられた爆弾によって家の前で暗殺される。イタリアでは毎年彼らの命日のころにはこの事件を追ったドキュメンタリーが放映される。ちなみにファルコーネは1992年5月23日、空港からパレルモ市内へ向かう途中、車ごと爆殺された。その現場のガードレールは赤く塗られているが、それは事件を風化させないためにだそう。

今でもマフィアと警察の戦いは続いているけど、そのマフィアと政治家がつるんでいたりするわけで。。。。そういえば去年つかまったマフィアのボスで42年間も逃亡生活を送っていたプロヴェンツァーノがこの二人の暗殺を指図したらしい。いわゆるコルレオーネ村にひっそりと羊飼いのようにして質素な暮らしをしながら逃亡生活を続けていた彼はイタリアマフィアのボスの中のボスといわれていて、ものすごく原始的な方法をつかってマフィアを束ねていたわけ。写真で見た限り普通のそのへんにいるしわくちゃなじーさんだけど、敵対者の足元の芝を刈り尽くすことから、「ビーニュ・ザ・トラクター」の愛称で知られたんだって。ま、このじーさん、42年間そんな穴倉生活していたわけは無くて、持病の治療に自家製飛行機かなにかでフランスまで行ったりしていたわけなんだけどね。そういえば捕まった時期がベルルの政権交代の時期で、なんだか妙に納得してしまったんだな。(笑)


さて、そんなことはさておき。

この歌、途中のリフレインのところでこんな歌詞が出てくるの。


Pensa prima dì dire e di giudicare prova a pensare

「口に出す前に、判断する前に、考えようよ」



そう、口に出す前に、脳みそ通そうよ、イタリア人!(っていいたいのは、あたしだけでしょうかねぇ。。。。)まじで、この歌詞をきいて、ちらっとでもそう思った人、いると思うんだけど、どうでしょう?

とにかくついつい、毎日口についてしまう歌詞なのよね。(爆)



PENSA

Ci sono stati uomini che hanno scritto pagine
Appunti di una vita dal valore inestimabile
Insostituibili perché hanno denunciato
il più corrotto dei sistemi troppo spesso ignorato
Uomini o angeli mandati sulla terra per combattere una guerra
di faide e di famiglie sparse come tante biglie
su un isola di sangue che fra tante meraviglie
fra limoni e fra conchiglie... massacra figli e figlie
di una generazione costretta a non guardare
a parlare a bassa voce a spegnere la luce
a commententare in pace ogni pallottola nell'aria
ogni cadavere in un fosso

Ci sono stati uomini che passo dopo passo
hanno lasciato un segno con coraggio e con impegno
con dedizione contro un'istituzione organizzata
cosa nostra... cosa vostra... cos'è vostro?
è nostra... la libertà di dire
che gli occhi sono fatti per guardare
La bocca per parlare le orecchie ascoltano...
Non solo musica non solo musica
La testa si gira e aggiusta la mira ragiona
A volte condanna a volte perdona

Semplicemente
Pensa prima di sparare
Pensa prima di dire e di giudicare prova a pensare
Pensa che puoi decidere tu
Resta un attimo soltanto un attimo di più
Con la testa fra le mani

Ci sono stati uomini che sono morti giovani
Ma consapevoli che le loro idee
Sarebbero rimaste nei secoli come parole iperbole
Intatte e reali come piccoli miracoli
Idee di uguaglianza idee di educazione
Contro ogni uomo che eserciti oppressione
Contro ogni suo simile contro chi è più debole
Contro chi sotterra la coscienza nel cemento

Pensa prima di sparare
Pensa prima di dire e di giudicare prova a pensare
Pensa che puoi decidere tu
Resta un attimo soltanto un attimo di più
Con la testa fra le mani

Ci sono stati uomini che hanno continuato
Nonostante intorno fosse [tutto bruciato
Perché in fondo questa vita non ha significato
Se hai paura di una bomba o di un fucile puntato
Gli uomini passano e passa una canzone
Ma nessuno potrà fermare mai la convinzione
Che la giustizia no... non è solo un'illusione

Pensa prima di sparare
Pensa prima dì dire e di giudicare prova a pensare
Pensa che puoi decidere tu
Resta un attimo soltanto un attimo di più
Con la testa fra le mani
Pensa.


曲を聴きたい方はこちらから。下のほうにあるYoutubeで聞けるよ。
posted by yossy at 06:07| ローマ ☀| Comment(2) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

夏の始まりとトランペット

natunohajimari.jpg

夏が来た!昨日からね。
空気の密度が一昨日とは100倍くらい違うんだな。
湿気と熱気のまざった暑い塊、みたいな。
心なしか日差しも強く感じるし。何よりも朝っぱらから暑いし。。。

夏の夜に聞きたい曲もみつけたことだし。

ファブリッツィオ・ボッソ

ブルーノートに移籍したばかりのイタリアの若きトランペッター、ボッソ。あたしの好きなセルジオ・カマリエレのコンサートでもひいている彼。トランペットの高い音が夏の長い夜の始まりに溶け込んでいくようで。


今年も夏の到来。なんだかウキウキしちゃうね。




posted by yossy at 18:29| ローマ 🌁| Comment(0) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

Simone Cristicchi

昨日のお昼過ぎ、とあるチェントロの本屋さんに併設しているカフェで一昨日フィレンツェに到着した、お友達で東京でお料理教室を主宰するシニョーラKayoとコーヒーを飲んでいたんですけど、たまたまそのときにかかってきた電話を取るために席をはずして少し移動したら。。。。。。。


下の階に、なんと

cristicchi.jpg

Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ)がいた!!!

びっくり。。。だって何の案内も無かったし、みんな普通だし。。。

彼は今年のサンレモ音楽祭で優勝したイタリアの若手シンガーソングライター。"Ti regalerò una rosa"(君にバラを贈ろうって題名ですね。)のこの曲は毎日かならず耳にする。この曲はいわゆる「精神を病んだ人々」や「彼らを収容していた施設」(イタリアでは精神病院という隔離施設は公式には廃止されています。)についてふれた歌なの。
彼はあるきっかけで、精神病を患う人達を収容していたこの施設について調査をはじめ、施設に働いていた看護婦や、医者、病院関係者、患者などにインタビューをするためにイタリア中をまわり、それをもとに"Centro di igiene mentale"というお芝居をつくったの。そして、それをもとに本も出版して、これから夏に向けてはイタリア全土でこのお芝居を講演する予定だそう。

この取材の中で、フィレンツェにも存在した精神病院、サン・サルビの関係者にも三日間にわたってインタビューをしたと語っていました。

ものすごく物静かな、そして、ほんとふつーのにいちゃんで。。。みんなで彼のビデオクリップ見ている間に、ふとポッケから携帯電話を取り出したんだけど、それもむちゃくちゃ昔のNOKIAの携帯で。(笑)で、携帯メッセージとか打ってるし。。。

どうも昨日の夜はある劇場でこの芝居があったみたいですね。でもこんな風に普通に歌手と向き合う時間があったりするイタリアっていいな、と思ったひとときでした。




Ti regalerò una rosa

Ti regalerò una rosa
Una rosa rossa per dipingere ogni cosa
Una rosa per ogni tua lacrima da consolare
E una rosa per poterti amare
Ti regalerò una rosa
Una rosa bianca come fossi la mia sposa
Una rosa bianca che ti serva per dimenticare
Ogni piccolo dolore

Mi chiamo Antonio e sono matto
Sono nato nel ’54 e vivo qui da quando ero bambino
Credevo di parlare col demonio
Così mi hanno chiuso quarant’anni dentro a un manicomio
Ti scrivo questa lettera perché non so parlare
Perdona la calligrafia da prima elementare
E mi stupisco se provo ancora un’emozione
Ma la colpa è della mano che non smette di tremare

Io sono come un pianoforte con un tasto rotto
L’accordo dissonante di un’orchestra di ubriachi
E giorno e notte si assomigliano
Nella poca luce che trafigge i vetri opachi
Me la faccio ancora sotto perché ho paura
Per la società dei sani siamo sempre stati spazzatura
Puzza di piscio e segatura
Questa è malattia mentale e non esiste cura

Ti regalerò una rosa
Una rosa rossa per dipingere ogni cosa
Una rosa per ogni tua lacrima da consolare
E una rosa per poterti amare
Ti regalerò una rosa
Una rosa bianca come fossi la mia sposa
Una rosa bianca che ti serva per dimenticare
Ogni piccolo dolore

I matti sono punti di domanda senza frase
Migliaia di astronavi che non tornano alla base
Sono dei pupazzi stesi ad asciugare al sole
I matti sono apostoli di un Dio che non li vuole
Mi fabbrico la neve col polistirolo
La mia patologia è che son rimasto solo
Ora prendete un telescopio… misurate le distanze
E guardate tra me e voi… chi è più pericoloso?

Dentro ai padiglioni ci amavamo di nascosto
Ritagliando un angolo che fosse solo il nostro
Ricordo i pochi istanti in cui ci sentivamo vivi
Non come le cartelle cliniche stipate negli archivi
Dei miei ricordi sarai l’ultimo a sfumare
Eri come un angelo legato ad un termosifone
Nonostante tutto io ti aspetto ancora
E se chiudo gli occhi sento la tua mano che mi sfiora

Ti regalerò una rosa
Una rosa rossa per dipingere ogni cosa
Una rosa per ogni tua lacrima da consolare
E una rosa per poterti amare
Ti regalerò una rosa
Una rosa bianca come fossi la mia sposa
Una rosa bianca che ti serva per dimenticare
Ogni piccolo dolore

Mi chiamo Antonio e sto sul tetto
Cara Margherita son vent’anni che ti aspetto
I matti siamo noi quando nessuno ci capisce
Quando pure il tuo migliore amico ti tradisce
Ti lascio questa lettera, adesso devo andare
Perdona la calligrafia da prima elementare
E ti stupisci che io provi ancora un’emozione?
Sorprenditi di nuovo perché Antonio sa volare
posted by yossy at 05:46| ローマ ☀| Comment(3) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

ヘビロテJAZZ

只今ベルコーレでヘビロテ中のJAZZは三枚。今回日本に帰ったときにたまたま見つけた名盤。


Red Garland's Piano   
Art Tatum: Ben Webster Quartet +3
Kenny Drew Trio



銀座でVinobiancoさんと待ち合わせだったのだけど、ちょうど待ち合わせ場所の銀座三越の向かいの山野楽器の入り口でJAZZ名盤の特売していたの。そのときかかっていたCDがものすごく気に入ってしまって。それが一番上のRed Garland's Piano。3枚で4000円くらいだったので、他にも二つ選んでみました。残りの二枚は自分の好きな曲の入っているものを、ということで、下の二枚の中には「NIGHT AND DAY」と「IT'S ONLY A PAPER MOON」が入っております。もちろん一枚に一曲なのですけどね。この一曲だけのためにこのCDを買った!みたいな。

でも他の曲もいいよ。ピアノのJAZZって軽快で聞いていて心地よい。BIG−BANDののりも大好きだけど、冬にはこんな小粋な感じのほうがよろしいのでは?


posted by yossy at 08:44| ローマ 🌁| Comment(3) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

正統派ナポリカンツォーネ

工房へ行く前に郵便局によって、そのあとたまたまちょっとだけ寄った本屋でみつけたCDをお買い上げ。


Roberto Murolo(ロベルト・ムーロロ)のCD。


彼は90歳を過ぎてなお現役で、2003年に91歳で亡くなった。ちょうどそのころラジオで彼の歌を聴いて、もっと彼の歌を聴いてみたいと思ったのだけど、そのままになっていたんだよね。(そういうことはよくあることなんですけどね。。。何事もすぐに手に入らないもので、そのうち忘れちゃったりして。。。)そして今日、たまたまCDコーナーで6,5ユーロという超破格値でみつけた彼のCD。めぐり合わせってあるのかしら。

すぐにベルコーレコレクションへ追加しました。
やさしいギターの調べにあわせたやわらかな歌声に、あまりに心地よくてなんだか眠くなってしまう。。。(笑)


彼のプロフィールについてはこちら
試聴したい方はこちら

posted by yossy at 07:07| ローマ ☁| Comment(2) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

CDとPizza

この前の月曜日半ば強引にAlbero4さんを誘いまして、Pizzaを食べに行ったんだけど、その前に時間があったので中古CDを物色。

駅からドゥオモに抜けるバス通り沿いにある新しくできた本屋には中古CDコーナーがあって結構便利。JAZZやクラシックもけっこうそろっている。

で、結局買ったのがかわり映えのあまりしないこの二枚。(笑)

Natalie Cole Unforgettable

これはちょうどというか、やっぱりというか、あたしが大学の頃にでたCDだと思います。ナタリー・コールはかの有名なナット・キング・コールの娘。彼女の伸びやかな声が好き。そして、このアルバムの中にある「Unforgettable」という曲は父親の死後26年目にナタリーが父親の歌に重ねて唄っているの。亡きナット・キング・コールとのデュエットというだけでなく、輪唱になったり、ちょっと驚きのもの。そしてPVの中ではナタリーがアルバムをめくり、そのなかにいる父親と一緒に歌う、っていう設定なんです。(ここで見られます。)若くしていなくなった亡き父とのデュエット、そして忘れないというタイトルにすごく心が動いたのを覚えてる。そして、このアルバムにはあたしの大好きな「L・O・V・E」も収録してあるのです。


そしてもう一枚は、
Stan Getz-vol.2 1950-1952

またStan Getz。やめられないですな。。。見つけると買ってしまうの。

ということで、ご機嫌のベルコーレ時間です。



あ、ピザ食べにいったって話だったよね。


pizza.JPG


ナポリピッツァ協会認定のピザだっただけあって、うまかったっす!(^○^)


posted by yossy at 08:33| ローマ | Comment(2) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

JAZZYな夜に

なんだか最近音楽のことをよく書いているのでカテゴリーを増やしてみました。自分で整理できてないから、もうちょっとカテゴリー細かくしてみようか、と。

ってことで今夜もJAZZYな夜です。


ラジオでさっきかかっていた曲、スタンダードなJAZZのナンバー。

「L-O-V-E」


MOSSANさん、懐かしいでしょ。(笑)


NAT KING COLEのが代表的ですがいろんな人が歌っています。大好きだった映画「スイング・ガール」でも使われていたんだよね。
この歌の歌詞が好きなの。
自転車こいでいくときに歌っちゃうみたいなかんじかな。
どんな曲か興味のある方、ここからちょっと聴けます。

それからCole Porterの楽曲。彼のことは知らなかった。去年日本に帰ったときに見た映画「五線譜のアイラブユー」で初めて彼が偉大な音楽作家で、私の大好きなスタンダードのほとんどを彼が作ったことを知ったの。
生涯で約870曲を作曲したそう。その中には「ビギン・ザ・ビギン」「Night & Day」「You'd Be So Nice To Come Home To」もあるのです。彼自身は母方のおじい様が裕福な方で、かなり恵まれた生活をしています。エール大学時代にすでに300曲もの作曲をしています。でも、お金に困らない上流階級のお坊ちゃまがそのまま大きくなったようで、魅力も能力もとてもあったけれども、破天荒というか、派手で、プライドが高く、同性愛者でもあったといわれているみたい。

でも、彼の曲はとてもステキ。そのほとんどのラブ・ソングは奥さんのリンダのために作ったんだって。彼らは、コールのわがままで別居していくんだけど、本当に心を許していたのはリンダにだけだったのね。

私が今一番気に入っている彼の曲はI've got you under my skin(あなたはしっかり私のもの)。フランク・シナトラの数ある名唱のなかでもこの曲は彼の十八番だったそうです。そう、シナトラも最近見直しているところ。日本だとなんだか加山雄三さんの「マイ・ウェイ」を思い出しちゃうんだけど。(笑)改めて聴くと彼のスィングはほんとに素晴らしいと思う。



深夜のJAZZ探訪はまだまだ続く。。。




posted by yossy at 10:02| ローマ | Comment(0) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

Lovin' You

昔大好きで、ちょっと忘れていた曲がもう一つあった。

「Lovin' You」By Minnie Riperton

ミニー・リパートン。
彼女の透明な声が大好きだった。
これもあの頃の曲だな。
彼女の歌を聴きながら吸うタバコは格別だというオトコのことがものすごく好きだったなぁ。。。
あの頃は本当にたくさんのことを教えてもらった。

彼女もそんなに多くの曲を残しているわけではない。乳癌だった。彼女の人生についてはここに詳細に書いてある。ぜひ読んで欲しい。彼女はとてもポジティブで、いつも「ミニー・リパートンのグラスは、いつも半分からっぽ(ハーフ・エンプティー)ではなく、半分いっぱい、(ハーフ・フル)」と言っていたそう。そして死を前に、今を、この時を大事にせいいっぱい生きようと語っている彼女。

私が持っているのはカセット。ほんとうに毎日毎日聴いていた。

こんどはこれを買おうと思う。

Perfect Angel/Adventures In Paradise
posted by yossy at 10:04| ローマ ☀| Comment(0) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

Music

実に2週間ぶりにお休みの日でした。ホッ。。。っとしたかったのに、マエストロとケンカしまして。(爆)かなりイライラしていたのですが、家に帰って「チャーリーとチョコレート工場スペシャルエディション」を堪能して、今はとてもハッピーな気分。(しかし、ほんとマエストロのあの超いいかげん&他人任せな性格だけはかなり我慢の限界なのだが。フゥ。芸術家だからといって、許される枠を越えすぎだわ。。。)

さて。そんなことは置いといて。
最近昔の思い出に浸っているワタクシです。というのも、音楽のせい。
ベルコーレでかける音楽はもっぱらJAZZやボサノバ。たまにソウルとかもあるけど、とにかくそんな感じなのですね。ほとんど私のプライベートCDをもっていっているの。前はどうもジェニファー・ロペスとかかけていたらしいんだけど。。。J.Loも嫌いじゃないけど、でも、音楽とお食事があまりマッチしないし、私が一番長く時間を過ごす場所だから、自分の居心地のいい音楽をかけたいな、と。(←あたしが一番ジコチューだったりもする。)

ということなわけ。でも、思いのほか好評でウレシイ限り。この前もブラジル人の男の子に「これ、僕の国の音楽なんだ!」って嬉しそうに言われちゃって、なんかHappyな気分だったの。

いま持っていっているCDは

HOLLY COLE TRIO
NAT KING COLE
ANTONIO CARLOS JOBIM
STAN GETZ
HERBIE HANCOCK
ELIS REGINA
ONO RISA
FRED ASTAIRE
LEILA PINHEIRO
FAIRGROUND ATTRACTION


その他JAZZのコンピレーション。

最近はほとんど買わなくなっちゃったけど、昔はよくHMVとか行ってた。こういう楽曲が初めから好きだったわけじゃなく、その前はロックにむちゃくちゃはまっていたこともあったんだよね。でもいつからかこういうのが居心地のいい音楽になっている。きっとそれは大学のとき一番大きな影響があったんだな。

リストの最後にあげたFAIRGROUND ATTRACTION。スコットランドのバンドで、大好きなんだけど、この一枚だけリリースしてすぐ解散してしまった。他にもライブ版とかはあるけどね。彼らが活動していたときに知っていたわけじゃない。たまたまあの頃いつも入り浸っていた場所でかかっていた曲。あの夏はとても暑くて、長い長い夏の夜に聴いていた曲。
ボーカルの人がソロでCDを何枚か出しているみたい。買ってみようかなと思う。

そしてさっきネットで買ったCDがこれ。
ORIGINAL LOVE EARLY COMPLETE

これもあの頃のだ。あのとき毎日聴いていたTHE FLIPPER'S GUITARは全部持っているのに、ORIGINAL LOVEはカセットしかない。明るくなった夕暮れに自転車を走らせていたら、急に聴きたくなったの。夏の風に触れたような気がして。なんでだろ。

EARLY COMPLETEはここから試聴も可だよ。

それとまだ持っていないけど、次に絶対欲しいのがMichael Buble。いつも聞いているMontecarlo Nightsでもヘビロテだった。
彼の声も大好き。ベルコーレにもよさそうだと思うのだけど。

さて、そろそろ寝ます。明日は髪の毛を切る予定。
posted by yossy at 08:21| ローマ ☀| Comment(3) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ラジオ好き

私、けっこうなテレビっ子なんですが、実はテレビがなければないでも平気。あると一日中テレビの前にいちゃうんですけどね。意味もなく。。。。。

今の家にはテレビがない。テレビがない生活も、もう4年!!!!
過去にも一回テレビがない生活をしていたことがあるけど半年だったもんな、あのときは。大学に入りたての頃、一人暮らしを初めて、テレビ依存症になるといけないからということでテレビ設置しなかったんだけど、そのあとすぐにバイトしていた塾の子にテレビもらっちゃったりしたんだな。アハッ。

さて、夜はいつもいないんだけど、今日みたいな日にいつもつけているのがラジオ。うちはいつもラジオのついているうちだったもんね。今でもそうだけど。台所のラジオは生活の必需品!

今聞いているのは「ラジオ・モンテカルロ・ナイト」。この番組、ニックというイタリア語のめちゃうまいアメリカ人?がDJしていて、JAZZが主流のシブメの番組。木曜はミラノにあるブルーノートからライブしたり、ライブしにきた人が逆にラジオにでてきたり、となかなか私の好みなんですよ。ブルーノート、福岡にいたときはたまにいってもんな。ブルースブラザーズバンドとか、毎年見に行ってたし。(そういう時代もあったなー。)

今はギターの調べが流れています。ここ、ネットでもきけるのでぜひ視聴あれ。


posted by yossy at 06:18| ローマ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

残念な訃報

さっきネット見ていたらBUENA VISTA SOCIAL CULB のボーカルだったイブライム・フェレール氏が亡くなったとのこと。
78歳。決して短い人生ではないけれど、とても惜しい方をなくしたと思う。2000年の夏、ルッカであったコンサートに行ったんだよね。ちょうど彼らの映画を見た後だった。いい年のとりかた、というのはこういうことだな、と体中で感じさせる音楽に酔いしれた夏の日だった。

なんだかしんみりしてしまったな。でも、きっとステキな人生だっただろうな、と思う。
posted by yossy at 09:06| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | Musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。