2011年02月14日

お願いと予告

ちーっす。ご無沙汰でした。相変わらず咳は止まらないんですが、これ、風邪の名残じゃなくて、花粉症の始まりなんじゃないか!?と思っている今日この頃。やたら目は痒いし、目やには出るし、鼻水も出るし、鼻が詰まるから寝てる間口で息してるみたいで。しかも喉の奥もやたらざらざらしてて痒い。。。ううう。。。日本に帰ったらちゃんとアレルギーテストしないとな。


さて。どうもここんとこベルコーレにあたしを探してお電話をかけてくる方々がいらっしゃったようですが、アブデルがあたしはすでにいない旨を告げると「じゃ、いい」と電話をお切りになるようです。
あのー、もしも失礼じゃなければ、どこのどちら様か残しておいていただけませんか?
ベルコーレは一応やめましたけど、再来週は一週間仕事に入りますし、何はさておき毎日のように連絡も取り合ってる(スカイプもいつもつながってる。爆)ような感じなので、どなたなのかとっても気になるわけですよ。あたしじゃなければ、何か話が通じないようなことがあれば、いつでも連絡してきていただいて結構ですし、あたしよりサービス精神の塊のアブデルのほうが実は融通が利くんですよね。うきゃ。(爆)日本語の問題でしたら、ホールにはタマキ姉さんがいますので、彼女に代わってもらうといいと思います。

あともう一つ、これも皆さんご心配なさっているようですが、あたしとサスライ氏がベルコーレを離れても、ぜーんぜんベルコーレ自体は変わらない、と思うんですよ。ホールはすでにタマキさんにお任せですけど、お料理も引き継いだのはサスライ氏が安心してキッチンを任せられるベルコーレ歴7年のRyokoさん。そしてサスライ氏が一年目でみっちり仕込んだスポンジシェフことビール底なしイケメン(笑)のタクちゃんのコンビでの出発。試行錯誤はもちろんあるとは思いますが、基本今までの路線を踏んでいくことになると思います。なので、安心して食べにきていただけたら、あたしたちも嬉しいかぎり。

taku02.jpg taku03.jpg
この仮面ライダーの目のようなでっかいサングラスがモデルのようによく似合うスポンジシェフ。。。しかしいい意味でもそうじゃない意味でもしっかりサスライ氏の下で働いていたのがよくわかる→ここ。(爆)

以上お願い。そして予告はですね。あと3日でサスライ氏がシンガポールへ3週間仕事にいくんですけど、そのあと戻ってきてから、次に出発するまでに一度みんなで「チキチキ送迎会☆ベルコーレ」やろうかと思ってるの。というのも、うちはそのころカラッポだろうし、引越しやら何やらでバタバタだからそれぞれの仲良しのみんなと個別には会えないだろう、ということなのです♪いままでチキチキ参加した経験ありの方も、今まで機会を逃していた方もぜひどーぞ。

予定は3月13日(日曜)20時より 場所はベルコーレ。会費制で、ワイン込みで35ユーロにしようと思っています。いちおう予約制にさせていただきますので、メールなりSMSなり、電話なり、直接なりあたしのほうへ連絡ください。メニューはまだ決めていないですけど、お魚かお肉かのチョイスになります。ただし人数が多くなる可能性もあるので、予約の時点で魚か肉決めてもらえるととっても助かります。ちょうど15日がサスライ氏のバースデーで、仲良し彫金師Y氏もその翌日16日が誕生日、それ以外にも3月のお誕生日の人たちがいるようなので、一緒にバースデー祝っちゃおう!って目論見もあり。もうちょっと伸ばして4月までにしてもらいたいが、それはちょっとやりすぎなんで、あたしのは日本で祝ってもらうことにするけどね。(爆)



bagnoregio07.JPG

先週は、今週で我らが愛車を手放すことになっていたので、最後にサスライ氏の旧職場VILLA PATRIARCA(ヴィッラ・パトリアルカ)に宿泊しながらその周辺で働く彼の以前の同僚やシェフ、そしてあたしの仲良しCOSMOに挨拶に二泊三日でトスカーナ、ウンブリアそしてラツィオ州の県境をウロウロしていました。ちなみにこれはオルビエートから南に少し下ったところにある天空の城ラピュタのモデルとなったといわれている「CIVITA DI BAGNOREGIO」。実は「死にゆく町」とよばれているこの不思議な場所へ行ってきました。以前の(mstk)a.itさんのブログにもこの町へ訪れたときのことが書いてありましたが、遠くの周りの土地が360度CIVITAと同じ高さで、CIVITAの周りだけが谷のように陥没、これは長年の風雨や地震のせいらしいですが、浜辺でやる砂の城を崩す遊びで取り残された部分のようで、それでも、風前の灯でもまだ住んでいる人たちがいるというのは、夕日に照らされて浮き上がる天空の城を見ながら豊かさとか、生きていくこととか、そういうことを感じながらその現実離れした場所と普通の人間生活をおくる現実の場所をつなぐ橋をわたってきました。続きはサスライ氏が出発する明後日以降にUPしますのでお楽しみに♪
posted by yossy at 10:14| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

大晦日だぜ、ベルコーレ はじけっぷり編

すっかり風邪引いて、声がとうとうでなくなっちゃったあたくし。。。今日しゃべりすぎたな。(爆)あしたから口にガムテープを張らなきゃだめかも。。。

ということで、ちょうどお肉を出し終わったところで、0時まであと5分。冷え冷えのシャンパンを出し、友達のテーブルには配って、一緒に明けてもらう準備をして待機。時刻が分かるようにラジオを大音量でかけているんだけど、いつまで経っても音楽が終わらず、あたしの腕時計はすでに0時をまわりつつあり。。。(汗)ええ、ほんとにこれで大丈夫なの?もしかして過ぎてない!?!?とあせったそのときラジオから「おっと、10秒切りました、7、6、5。。。。1、AUGURIIIIIIIIIII!!!!!!」と同時に、シャンパンを一斉に抜きましたよ。ちなみに放送局によってずれがあったらしく(爆)キッチンは5秒くらい過ぎてから「うぉぉぉ!!!」と叫んでました。そのあとはお客さんとシャンパングラスを乾杯、みんな席をたって新年のご挨拶。これがやっぱりうれしいんだよねー。キッチンにもシャンパンを持っていって、シェフに遅ればせながら開けてもらいました。

sansilvestro201009.jpg sansilvestro201011.jpg

そのころ、店内はスタッフもお客様も入り乱れてのあちこちで記念撮影。。。(笑)

sansilvestro201012.jpg

sansilvestro201014.jpg

sansilvestro201016.jpg

つーか、一人くらい仕事しないとまずいだろ、みたいなかんじで。このあと皆さんにドルチェを食べていただくために一応キッチンチームには仕事に戻ってもらいましたけども。しかし、お客さんが半分くらい帰ったところで、思い出したようにアブデルが花火を持ち出し(笑)チャンポンで飲みまくっている友達軍団が店の中で花火を始めるし。。。ま、こういうの、結構普通みたいですね、イタリア。もう、上の写真のピエロのうつろな目がね、物語ってるでしょ。ほら、これだもんっ!↓

sansilvestro201020.jpg sansilvestro201024.jpg

この人も今日はシャンパン飲んだ後に、なぜか先日差し入れにもらったキリンビール飲んでごきげんだったようでして。。。よい子は真似しちゃだめですよ。ま、イタリア最後の大晦日の大仕事が終わったわけですから、ネジの一つや二つ緩んでも、いいってことで。(爆)

sansilvestro201019.jpg

結局このあと店内にはラジオがガンガンかかり、最終的にはみんな着替えた後に偶然かかったシャキラの「WAKA WAKA」で踊りまくる!って夜になりました。そこにたまたまトイレを借りに入ってきたイタ人の女の子二人も、トイレから出てきたら一緒にWAKAWAKA!みたいな。。。

sansilvestro201022.jpg sansilvestro201026.jpg

最後まで残ったピエロ夫妻と。酔っ払うとうるさくて、結構迷惑なひとたちだけど(笑)、ワールドカップのときは本気で日本を一緒に応援してくれたり、ほんとうに心の温かいというか、ステキなカップルです。サスライ氏の料理をこよなく愛し、ミシュランの星ではなくて、ピエロのpalle(パッレ;玉という意味。でも俗語では男性の玉という意味。爆)を文字通り星の数ほどサスライ氏にあげていました。なんの得点があるんか!?ってところでしたがねー。でもこういうのって嬉しいことだもんね。ピエロのところは小さなB&B「Relais Florence」をベルコーレの近くでやっています。フィレンツェでピエロのところに泊まるときは、ぜひ、yossyとkeiから紹介してもらったと言ってください。よくしてくれると思いますよ♪

sansilvestro201023.jpg

そしてオーナー・アブデルと。なんだかまだ実感わかずですが、ここで働けてあたしはすごくよかった。あのとき、この店がひろってくれなかったら、実際問題滞在許可証の問題があったわけだから、イタリアにいられなかったかもしれないし。ま、いろいろあったし、アブデルとも何度もぶつかったけど、今はものすごく信頼してくれて、彼がいなくてもあたしがいればレストランがあけられる状態にまでなりました。あたしなりに、どうにかレストランが前へ進めるように、できることを探し、時間をさいてみたつもりです。結果、微々ものですが、少し日本人のお客様たちが増え、日本の旅行会社との仕事なども増えました。これからも、あたしのできることがあったら、家族のような彼らだから、お手伝いできたらと思っています。ので、みなさまぜひベルコーレを今後ともよろしくお願いしますね♪♪♪

ちなみに、明日の夜はあたしはまたお客さんでいくのだよっ!(爆)





posted by yossy at 09:16| ローマ ☀| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

大晦日だぜ、ベルコーレ 料理編

IMG_0500.JPG IMG_0499.JPG IMG_0498.JPG sansilvestro201000.jpg

IMG_0501.JPG

こんな感じで予定されていた大晦日のディナー。今年は不況のせいか、去年よりも少なめの予約でスタート。かのエノテカ・ピンキオーリのディナーは飲み物別でお一人様350ユーロくらいだったそうですが。(アラカルトもOKだけど、最低でも一人3皿は頼まないといけなくて、この日に限っては一皿100ユーロだったそうです。すごっ!)


sansilvestro201001.jpg

そんなこんなのベルコーレでの最後の大晦日ディナー。仕込みの買い物が押しに押して、メインの子豚ちゃんが大晦日当日に入ったり、いろいろと予定の狂った今回でしたけど、休憩なしのベルコーレキッチン組み、うまそーーな(いや、おいしかったそうですが。笑)ディナーを用意してくれました♪

sansilvestro201003.jpg sansilvestro201004.jpg sansilvestro201005.jpg sansilvestro201006.jpg sansilvestro201007.jpg sansilvestro201008.jpg sansilvestro201002.jpg

左上から前菜が「海老とホタテのキッシュ、大根のクリーム添え」「牛タンのスモーク、ポテトのブルステンゴとトスカーナのグリーンペースト」。プリモは「シーフードカルボナーラのラビオリ、マグロのスモーク」「カモとタジャスケオリーブのソース、手打ちのキタッラスパゲティ」。セコンドはお魚が「スズキのフィレのロースト、ヘーゼルナッツ、根セロリのピュレと野菜」。お口直しのレモンのスグロッピーノをはさんでお肉料理は「骨付きポークロースとザンポーネ、レンズマメ」。そして午前0時の乾杯をはさんでドルチェが「オレンジ・シブーストのチョコレートケーキ」

実は今回、あたしたちにまでは試食が回ってこなかったのですよ。(涙)切れ端とか、この後まかないに出たりするんでしょうけど、あたしは仕事に6日までいかないので食いっぱぐれっす。ああ、悲しい。。。(笑)

ということで、どんなにおいしかったかというのは知らないのです(爆)。。。ただ、お客さんがあちこちで、いろいろとおかわりを所望していたので、むちゃくちゃうまかったんだろうっ!と想像するのみ。。。つーか、おまいら、これだけ食べて、まだ食べるかっ!?胃に穴でも開いているんですか?でしたけどね。イタ人のこういうときの食欲はすごいです。さすがクリスマスに延々と食べ続けるだけの胃袋を持っています。(爆)食いしん坊ピエロのところなんか、子供二人(女の子、9歳、13歳)もほとんど全部食べてたし。いや、ピエロがお代わりしたラビオリの皿にも手を伸ばしてたし。。。といっても二人とも割りとスリムなのよ。イタ人の子供ってわりと甘やかされているというか、結構好き嫌いも多いし、トマトのパスタしか食べなかったり、お肉の付け合せはポテトのフライだけとか多いんだけど、ここんちはまず何でも食べさせる主義で、子供もちゃんとお食事ができる、ただの酔っ払いピエロとーさんではないんですよ。(笑)


ま、次回はこのピエロとーさんとサスライシェフのはじけっぷりをリポート!こうご期待っ!!!!
posted by yossy at 23:35| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

2010年の締めくくりはBELCOREでっ!

大晦日のメニューができました!やっぱりイタリアも不況だからか、クリスマスの飾りつけもなんと11月の半ばからはじめてるし、大晦日のメニューの問い合わせもすでにちらほら。。。みんないろいろ調べて厳しく検討するのねー。こんな冬は11年にして、みたことなかったなー。だってクリスマスの飾りつけなんか、え、もうあと10日でクリスマスじゃないの?まだネオンないよっ!(汗)みたいなかんじだったと思うんだよね、昔は。。。


そんなことより今年はですね、一年間の厄落としに飲めるだけ飲みたい!というアブデルの仲良しタクシー運転手軍団の希望により(爆)ワイン飲み放題値段ってのをつくりました。つーことで、メニューはこんな感じです。去年の雰囲気はこちらからどーぞ。


SAN SILVESTRO(大晦日)ディナーメニュー
12月31日 21時半より


アンティパスト

海老とホタテのキッシュ、大根のクリーム添え

牛タンのスモーク、ポテトのブルステンゴと
トスカーナのグリーンペースト



プリミピアッティ

シーフードカルボナーラのラビオリ、マグロのスモーク

カモとタジャスケオリーブのソース、
手打ちのキタッラスパゲティ



セコンディピアッティ

スズキのフィレのロースト、ヘーゼルナッツ、
根セロリのピュレと野菜


レモンのスグロッピーノ


骨付きポークロースとザンポーネ、レンズマメ



ドルチェ

オレンジ・シブーストのチョコレートケーキ


85ユーロ
食前酒、ミネラルウォーター
乾杯用のグラスシャンパン込み

110ユーロ
食前酒、ミネラルウォーター、
ワイン、シャンパンすべて込み



インフォメーション、予約
tel 055.211198
email info@ristorantebelcore.it



また、広場で年を越したい方のために早いお時間からのお食事もご用意しております。18:30よりご予約を承りますが、21時までのお席とさせていただきます。
メニューにつきましては、上記メニューのお魚かお肉をチョイスしていただきます。
この日はアラカルトはございませんのであらかじめご了承くださいませ。


クイックディナー 45ユーロ
食前酒、ミネラルウォーター込み



メニューをイタリア語でご確認されたい方はこちらからどうぞ!

ちなみにこの夜はもちろんあたしもサービスではいります♪
posted by yossy at 18:53| ローマ | Comment(6) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

MICHELIN&GAMBERO ROSSO 2011

gambero_michelin2011.jpg

日本もミシュランの東京、関西版がでたようですが、こちらもミシュランイタリア版がでて、今年のレストラン評価本が出揃いました。ベルコーレも、イタリア版のミシュランのようなガンベロロッソとともに、ミシュランも星は有りませんが去年と同じくフォーク・ナイフマークが二つついてましたよ!


gamberorosso2011.jpg

今回のガンベロロッソも名前は間違っていませんでした。よかったねぇ、サスライ氏。。。(笑)点数の割り振りが去年までとずいぶん変ったガンベロロッソのようですが、全体としては1点あがりました。批評もわりと良かったです。Degustazione(いわゆるテイスティング・メニュー)も価格とクオリティーにボーナスがひとつついてましたしね♪

michelin2011.jpg

ミシュランも、メニュー構成が「理想的」って書いてありました。ま、ミシュランってわりとそっけない書き方なのよねー。ちなみにフィレンツェでは星がついてるのは三ツ星の「エノテカ・ピンキオーリ」だけ。ガンベロ・ロッソではピンキオーリと料理の点数で同点だった「Ora d'Aria」も星はなし。ま、でも赤マークついてたから来年は一ツ星の可能性ってことね。そして去年はフォーク・ナイフマークが三つだったチブレオがひとつマーク落としてました。

でも、やっぱり全体的に見て、イタリアの評価は厳しいのかしらね。日本は地域限定なのにあーーーんなに星つきレストランがあるのに、イタリアでは全国でも三ツ星はたったの6軒!!!二つ星でさえ37軒なんですよね。いずれしても、この2つ、大事といわれているわりには、これを見てレストランに来る人たちはそんなに多くないような気がするんですよ、イタリア人。まぁ、ないよりは載ってたほうが良いし、載ったら褒められたほうが嬉しいので良かったということで。。。その程度のもんです。あははははは!!!
posted by yossy at 07:19| ローマ ☀| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

2010年秋・冬の幸せなドルチェ

fondente_castagna.jpg bavarese_cantucci.jpg strudel_cannella.jpg


ほんとうによく降る雨ですねぇ。昼間さーーーっと青空が広がったので、なんだかハッピーな気分になったのに、リトアナの家でパソコン教室して出てきたらまた雨。。。ほんとうはやることあったんだけど、びしょぬれになったんでそのまま家に帰ってきちゃいましたよ。どうも先週までの雨とは違って、氷雨のように冷たいし。もしかしたらほんとうに金曜には雪なのかしら???

となんだか気のめいりそうなこんなときには、ベルコーレでドルチェだけでもいかが?ということで、幸せになるドルチェをご紹介。(笑)まず冬の定番「ラム酒ソース入りチョコレートスフレと栗のアイスクリーム」。オーダーを頂いてから10分強かかりますけど、ふわふわのチョコレートのスフレの中にはトローリラム酒のクリームが。ま、でも、あたしが食べても平気なのでお酒はそんなに強くありません。自家製栗のジェラートがあつあつの口の中をさっぱり冷やしてくれます。そして次は「カントゥッチのババロアとビンサントのアイスクリーム、キャラメルソース」。何気にこれがむちゃくちゃ美味しかったりしました。「え、カントゥッチ(いわゆるビスコッティ・ディ・プラートのこと。このへんではカントゥッチっていいます)のババロア?意味不明じゃ。。。」などと思っていたんですけど、大変失礼しました。(→サスライシェフ殿)ババロアの中に入った砕いたカントゥッチの食感がとってもいいんですよー。こちらも自家製ヴィンサントのジェラートを添えてありますけど、酔っ払いませんのでご心配なく。そしてこちらも冬によくデザートにのぼる「りんごと干しぶどうのストゥルーデルとシナモンのアイスクリーム」。ドイツやスイスがオリジナルですよね。ドイツで習ったシュトルーデルはパン生地みたいなのでまいていましたけど、今回のベルコーレバージョンは「え?春巻き?」ってのりです。(爆)パイ生地みたいな薄くのばしたサクッとした生地で巻いてあって、食後にもペロリと食べられちゃうあっさり味。デザートはあまり食べないからと、かたくなに他ではドルチェもジェラートも拒否されていたお客様がこれだけは一人前オーダーされてました。(笑)こっちはシナモンの自家製ジェラートつき。


あと、定番チーズケーキ、クリームブリュレ、マハレビ(お米のプディング)も常備しております!他でCENAしちゃったけど、ドルチェだけ食べたいのよ。。。ってのもありだそうですよー。

posted by yossy at 04:09| ローマ ☔| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

遅くなりましたが、2010年秋冬セコンド・ピアット

pescatrice.jpg pesce_giorno_verdure.jpg piccione_prugna.jpg cervo.jpg filetto_gamberi.jpg

すっかり秋メニューに変わってから一ヶ月以上も経っているのに、まだ全部のメニューご紹介していませんでしたよ。。。(汗)パソコンの調子が悪かったり、写真が一枚足りないのをお願いしていたり、いろいろあって、ここにUPするのは遅れましたけど、この間あたくし、びっくりするくらいベルコーレでお食事しておりますの。(爆)賄いじゃなくてね。。。なんせ、ベルコーレでご飯食べたいの、YOSSYちゃんいらっしゃる?→いえ、いないんですよ。。。→じゃあ、一緒に食べましょう!サスライシェフのお料理食べたいからベルコーレで!!!という図式が入れ代わり立ち代り続きまして。。。

ということで、遅ればせながら皆様にもご紹介!

左上からまずお魚 「コロンナータ産のラードを巻いたアンコウ、ほうれん草のソテーとトリュフソース」大理石のとれるカッラーラ地方にあるコロンナータ村で熟成されるこのラード。ほんとうに口にいれるととろけてしまう、大理石の箱の中で熟成されたラードなの。冬は焼いたトーストにのせて食べると最高ですよね。そこに冬の味覚あんこうとのコンビネーション。あんこうが真っ白で大理石みたいです。お次は 「本日のお魚のオーブン焼き、焼き野菜とマッシュルームクリーム」皮目のパリっとした本日のお魚(だいたい鱸が多いですね)と焼き野菜。マッシュルームのあったたかいクリームで寒い夜もホカホカです。この魚の火の入れ具合が絶妙なんですよねー。お肉の一品目はあたしがもう3回も食べて、もう一回は食べたいともくろんでいる(爆)「鳩肉のソテーとプルーンジャムをサンドしたミルフィーユ」実は、鳩、なんども食材として使っているんですけど、ちゃんと食べるのはこれが初めてでして。。。あたし、鴨より鳩のほうが好きかも!?と思ってしまいましたよ。ジューシーでとっても柔らかくて、間に挟んであるプルーンがちょっと甘くてそれはそれはおいしゅうございましたよ。現在やっているビエンナーレメニューの鳩のほうは一羽丸ごとという、なかなかインパクトのあるものですけど、それも大絶賛。やっぱりこの辺の人たちは冬になるとこういう肉になじみがあるのね。そしてもう1つジビエといえばの「鹿ヒレ肉のロースト、生姜とブラックチョコレートのソース」ただし現在鹿のヒレ肉がなかなか手に入らずに、猪をつかっていることもありますのでご了承くださいませ。今年は雨が多いからみんななかなか狩りにいけないからなのか、うちの工房の猟人カジーニさんからの鹿肉のラグーもなかなか届かないのよね。(涙)でも、これも中が綺麗なピンク色の柔らかい鹿のヒレですよ。こういうのを食べると「ああ、やっぱりトスカーナ人は肉食だ。。。」と思っちゃいますね。そしてこういうのにはやっぱり重めの赤ワインがあうわけです。あたしはほとんど飲めませんけど、やっぱり1杯は欲しくなっちゃいますねぇ。。。(笑)そして最後は「牛ヒレ肉とリードヴォー、海老、白いんげんの煮込みトスカーナ風」ヒレ肉はもちろんおいしいんですけどね、このシェフの白いんげんが絶妙に歯ごたえがあってめちゃウマなんですよ。って、どんな紹介だ?ですけど。ヒレ肉とエビってどんだけ豪華にするのだ!?ですけど、リードボーの塩加減がヒレ肉の風味を上手にひきたてていました。しかしこれ、お腹いっぱいになりますね。。。(爆)


ということで、秋深まり、来週はなんと雪雪マークの出ていたフィレンツェ。皆様、風邪にまた気をつけてね。


posted by yossy at 19:45| ローマ ☀| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

2010年秋冬メニュー・プリモピアット

風邪の具合はずいぶん良くなってきましたが、今日まではうちにいるように命令がでています。。。(笑)薬もさておき、お茶と塩でうがい続行と、カボチャコンクールの時に同じブースで売っていたプロポリスを喉に直接たらしてるのが効いたみたいで、昨日の朝は喉がものすごく痛くて目が覚めたくらいだったのに、今日は喉の腫れもひいてるし。プロポリス、イタリアでは結構この時期から普通に売っています。毎月第三週末にサント・スピリトであるビオの市場には必ずあるしね。小さなスポイトつきのボトルで売ってるよ。しかし今夜はちょっとお呼ばれがあったんだけど、そんなところに行っちゃったらきっと深夜まで大騒ぎで、また風邪ぶり返すのは必須→大目玉(爆)という図式ができているので、大人しく家にいる予定にしているとこ。

zuppa_porcini.jpg gnocchi_dentice.jpg ricotto_ostriche.jpg crespelle_spinaci.jpg tagliatelle_cinghiale.jpg


そんなことはどーでもいいので、さっさと秋メニューのプリモをご紹介。まずおなじみの「ポルチーニのパイ包みスープ」。スープって言いますけど、かなり具沢山です。イタリアはZUPPA(スープ)っていうと、中身のがっちり入った食べるイメージがあるんです。イタリア語でもZUPPAはMANGIARE(食べる)ですもんね。なのでアツアツを食べて心も体もあったまってくださいね♪ただこれ、出来るまでに15分はかかりますのでお気をつけて。お次は「鯛とニョッキ、カラスミとハーブ」。これ、ニョッキがフワン♪ツルン♪ってかんじでとっても軽い仕上がりです。鯛もデリケートなお味なので、意外とあっという間に食べ終わっちゃうかんじ。カラスミの塩味がやんわりきいていてオツでございました。お魚のプリモもう一品は「牡蠣とシャンパンのリゾット、カリカリベーコンとバルサミコソース」。牡蠣好きにはたまらないらしいです。プリプリの牡蠣は一個ずつ丁寧に殻からはずして、絶妙に火をいれているのですよ。けっこうな牡蠣がはいってるので贅沢ですよねー。さて、お肉のほうのプリモは、まず「牛肉とホウレン草のはいった全粒粉のクレープ」。これってちょっとフランスのクレープに似てるかも。あれはそば粉でやるんだけど、うちのは全粒粉。なので小麦の香りがすごくします。オーブンで焼いてあるからこれもホクホク!あたしも大好きな一品♪ そして最後はこの季節はこれがなきゃ始らない!の「カムット小麦のタリアテッレ、猪のラグー」。やっぱり秋から冬にかけては猪のラグーがないとねぇ。(笑)じっくり煮込んだソースは全然臭みもないし、フィレンツェにせっかくいるのならやっぱり食べとかないとね、ですよ。


いやー、またブログかいてたら、ランチの時間だわ♪(爆)ではさらばっ!
posted by yossy at 19:25| ローマ ☁| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年秋冬メニュー・アンティパスト

結局あっためるだけの豆のスープを食べたyossyです。(爆)いや、これが最近リトアナの家で食べたんだけども、Esselungaの野菜コーナーにある出来合いの豆とFarro(スペルと小麦)のスープで、なかなか美味しいのよ。お豆のスープは具たくさんで大好きなんだけど、準備が面倒じゃない!?なので、忙しい時とか今日みたいに体調不良の時にストックがあると嬉しかったりするわけですよ。

ってことで、お腹も満腹、喉は痛いけどまあ気分もいいということで(笑)2010年秋・冬の新メニューをご紹介!

torette_melanzane.jpg triglia_ricotta.jpg baccala_radicchio.jpg prosciutto_maialino.jpg coniglio_terrina.jpg

まずベジメニューは「ナスとペコリーノチーズの重ね焼き、クルミ添え」。しつこいですが寒くなりましたからねぇ。オーブンで直前まで焼いたアツアツの重ね焼きは嬉しいものです♪個人的にはクルミも大好きなのでさらに嬉しい限り。このクリーミーなペコリーノとカリカリのクルミがいいんですよねー。そしてお魚一品目は前回ちょっとご紹介した「軽く焼いたひめじのソテー、リコッタチーズのムースと野菜のモザイク」。ちょっとスープ仕立てのひめじ。したにホウレン草のソテーもあるのでお野菜もしっかりたべられます。ひめじはほんとに火の入り具合が絶妙。かるーい仕上がりでとっても美味しいんですよ。ピンク色の皮目がとってもかわいいよね♪しかしひめじ、いつも日本人のお客様にシメジと間違われます。ひめじっていうお魚は全国区(日本で)ではないのかしら?イタリアではトリリア(Toliglia)といいますけど、けっこうポピュラーよね。お魚二品目は「干し鱈と赤キャベツ、トミーノチーズ」。一口大のほくっとする干し鱈とあわせてあるのは、ラディッキオ・ロッソという赤いキャベツのような野菜です。日本ではチコリになるのね。ちょっと苦味のあるこの野菜は沢山種類があるようですが、ラディッキョ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ(radicchio rosso di treviso)やラディッキョ・キオッジャ(radicchio chioggia)がとくに有名なんですね。トレヴィーゾ、キオッジャともに北イタリアベネト州です。そしてトミーノはトリノのあるピエモンテのチーズ。ヤギのミルクでできたチーズで、焼いて食べるのが一般的。カマンベールにちょっと似てるかしら。そして州がちがうのにこの二つはよく一緒に食べられるんですよねー。そしてお肉の前菜一品目はこちらでお話に出ていた「自家製子豚のハムとちり緬キャベツのソテー」。ほんのりピンクの子豚ちゃんの自家製ハムですが、あまりにも売れてしまって在庫不足。。。今週は牛タンに差し替えになってました。(涙)一週間は仕込みにかかるので来週明けくらいには準備できてるかも!?そして最後は「ウサギのテリーヌとピノ・ノワールで煮た洋ナシ、シナモンのソース」。これもシェフの十八番で何回かメニューにでてきてますけども、いやー、美味しい。どれくらい美味しいかというと、現在京都からトスカーナ州との交流事業でやってきている職人さん2人組みが2日連続で食べたくらいおいしいのです。(笑)ありゃ、帰る前にもう一度食べるな。。。


ということで、どれもオススメのアンティパスト。次回はぜひ自家製ハムを食べるぞ!

posted by yossy at 05:29| ローマ ☀| Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SERATA DI CASTAGNA

みなさままたまたお久しぶり。PCのACアダプターは無事月末に日本から届くことになりました。とりあえずそれで問題が解決するように祈るのみ。。。(笑)ということで、サスライ氏のPCを間借りしていますがなかなかブログを書く時間がとれず、そうこうしていたら風邪ひいちゃって寝込んでました。(爆)今日は朝からものすごい量の鼻水と格闘しています。フィレンツェ、すっかり寒くなって、風邪をひいている人も急増中みたいなので、みなさまお気をつけてね。


さて、新しいメニューも先週の栗の夕べの写真もUPの予告だけして放置していましたが、今日は一気にやってしまいますよっ!まず、先週の日曜日に企画した「栗とワイン」の会。おかげさまで毎度の事ながら大好評でおわりました。今回はもしかして、食べにいけるかしら!と期待していたら「けっこう予約があるから手伝いに来て」とアブデルに淡い望みを撃破されましたよ。。。(涙)


porpettine.jpg taliatelle_cintasenese.jpg anatra_castagna.jpg mousse_castagna.jpg

前菜は「牛肉のミートボールとベーコンをまいた栗の串焼き」。これが一番難産だったメニューなのよ、実は。。。栗の粉とか、ソースに絡めるとか、そういうのはわりと一般的なのですが、やっぱりほんのり甘い栗を、それも食欲を刺激しないといけない(ので、どちらかというと酸味のあったほうがいい)前菜にというとあまりないもので。すでに栗の粉をプリモで使っているから、栗をそのまま使って。。。とかなり頭をひねったサスライ氏のようでした。結局は栗に塩気のつよいイタリアのベーコンをまいて焼いたら美味しいだろっ!とビールのつまみ感覚でひねり出した案に(笑)ミートボールをつけてアペリティーボ風にアレンジ。これがいくつでもいける!っていうなかなかオツな前菜になりました。プリモは王道というか、「栗の粉でうった手打ちのタリアテッレに、トスカーナといえば!のチンタ・セネーゼ(トスカーナにいる首の周りが白い黒豚)の白いラグー。」トマトを入れないこのあっさりラグー、野菜の甘みが優しくて結構な量でもペロリ。(爆)みんなよく食べるな、しかし。。。そしてメインは「鴨」!蜂蜜でマリネした鴨に栗を刻んでトーストしたものを添えてカリカリ感をだした一品。ま、これはハズレなしですわね。。。あたくしも端切れをいただきましたよ。あー、幸せ♪そしてデザートは「栗のムースとチョコレート」。これはねぇ、がんばったんだけどーーーー!と呪文を後ろから唱えてたらホール組みにひとつずつ出してくれました♪ あは、言ってみるもんだわ。ふんわりムースとチョコレートのサクサク具合が最高においしかったですよ。上のマロングラッセもやっぱりおいしかったし。。。

アブデルは11月にもう一回くらい企画ものをやりたいみたい。次回はいったい何のお題なのか楽しみだわ。次回こそ、食べにいかなければっ!その日にベルコーレでヘルプをしてくれる方を募集しちゃおうかしらっ!(爆)



ああ、思い出したらお腹がすいてきた。。。病人ですが食欲はとってもあるんです。(笑)ということで、秋メニューはまた後ほどっ!

posted by yossy at 03:50| ローマ ☀| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

ベルコーレよりお知らせ!栗とワインの会っす

ベルコーレより緊急のお知らせっ!!!!秋になりまして、一気に街路樹も黄色く色づいてきた今日この頃、ってことでこの次の日曜日に「栗とワインの会」をやることになりました♪♪♪ 


"Castagne e Vino"

Le castagne sono ormai pronte ed il vino nuovo viene spillato mentre, dopo il giusto riposo nel buio delle cantine, le bottiglie più cariche di anni vedono la luce .Tutto è pronto per trascorrere, magari chiacchierando con gli amici, una serena e piacevole serata in un ambiente tranquillo ed ospitale come “Belcore” il cui Staff vi propone per la sera del un menù nel quale Castagne e Vino svelino tutto il loro “charme.



MENU' per DOMENICA 17 OTTOBRE

Polpette di manzo con castagne e pancetta

Tagliatelle di farina di castagne con ragù di cinta senese

Petto d'anatra al miele con cous cous di castagne e patate duchesse

Mousse di castagne e cioccolato


Vini

Muller Thurgau FAZIO Sicilia 2009
Pinot nero TERLANO Alto adige


35Euro
Prenotazione entro Venerdi 15 Ottobre


マロングラッセ食べたいっ!(あたしも食べたいっつ!!!)というご要望があったのですが、今回の栗の会にはちょっと間に合いません。。。マロングラッセ作るのってそりゃ、手間と時間がかかるのね。。。普通に買うと一粒で3ユーロくらいするもんね。。。今回はワインも二種類、ぜーーんぶ込みで35ユーロだそうです。メインは秋メニューにはないシェフのカモだし、日曜は休める予定だったから食べにこようかと思ったらアブデルから「お前も仕事じゃ!」と釘を刺されてしまいました。。。(涙)これから手を回して半人前くらい余計に仕込みを頼もうかしら。

予約は15日の金曜日までです。ま、土曜日でも大丈夫じゃないかとも思うけどねー。のんびり日曜を過ごした後はまったりベルコーレで。ワインもがっちり飲めますし(笑)、ぜひご予約の上おいでくださいませー。

ちなみに秋メニューのほうはトスカーナの秋から冬にかけての食材をふんだんに!鹿やイノシシのジビエにポルチーニ、トリュフクリームがラインナップ。実はすでに一度食べてきちゃいました。ちょうど仲良しのイタリア料理研究家シニョーラKAYOの生徒さんがフィレンツェにいらっしゃって、ディナーをご一緒したんです。ということであたしが選んだのはこちら。

triglia_ricotta_verdure.jpg cervo_verdure.jpg

前菜の「ひめじ」とメインの「鹿」。魚はいつもほんとうに身が軽くておいしいんですけど、今回もGOOD!色鮮やかな野菜のモザイクが綺麗な一品でしたよ。メインの鹿は、シェフの鹿何度かベルコーレ以外でおいしく頂いているんですけど、今回はちょっとレバーっぽくてアタシ的にはもう少し改良の余地アリかなぁ、とシェフと話し合いをさせてもらいました。(笑)トスカーナの軽めのシラーと一緒に頂いたらあんまり気にはならなかったし、肉好きイタリア人的にはおいしいそうなのでこれでもいいのかもしれませんが、もうちょっとこのクセが減ったらいいかな、と。。。赤身の鹿肉ってしめ方で結構肉の味が変わるんです。血抜きや熟成ををわざとしなくて、このレバーのような味が好きという人もいるんですけどね。。。あとはまだ狩りが始まったばかりであまり鹿の肉が出回っていないことから、たぶんまだ熟成が足りないんですね。次に鹿を買いに行ったらやっぱり売っていなくて、しょうがないのでイノシシの肉を買ってきました。しっかりマリネして、ペコリーノチーズを挿してあります。一日以上マリネした半生くらいの肉を味見したけど、これはそのまま軽い焼肉で食べちゃいたいくらいおいしかったので、こうご期待♪♪♪
posted by yossy at 21:06| ローマ ☀| Comment(3) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

8月の営業時間とお休み発表!

いやー、7月終わりましたね。7月は大変でしたよ。なにせ、工房で指を二回も火傷、そのうち一回は直火だったし、忙しくてちょっと水に漬けたくらいでほっておいたもんで風船のように火傷が膨らんで水ががっちりたまってしまい、それでもそのままだったら大丈夫って仕事してたんだけど、PITTIでの通訳の仕事の後、ベルコーレに直行しないといけなかったのに、あたしの自転車の上から別の自転車ががっちりとめてある!!!(怒)それをどうにか押したり持ち上げたり(笑)して自分の自転車を引き抜いてふと見ると水泡が割れてるし。。。で、薬局に直行したら、すごいですね、ゼリー付のバンソウコくれましたよ。これが3枚しか入っていなくて8ユーロもしたんだけど、こういう傷にはものすごく効く!痛みも和らぐし、なにより皮がはやく被る!!!!これ、お勧めですよ、みなさん。二回目は今日だったんだけど、今日は前回の教訓から、火傷したところには氷!!!と火傷マスター・サスライ氏から言われていたので、工房の冷凍庫をあけると、ギアッチョーロという夏に食べるシャーベットを固めたみたいなアイスクリームが二つ!ちなみにどちらもスイカ味でしたけど(笑)それを患部にあてて溶けてべとべとになるまで冷やしたものの、それくらいじゃあっという間に使えなくなるので、ジェラートやにでも氷を調達に行こうかと思ったんだけど、ふと、お向かいさんに知ってる方が住んでいることを思い出し、そこで氷をいただいてずーーーっと冷やしていたらなんとか水ぶくれにはならずにすみました。助かりました、Tさんご夫妻、ほんとにありがとうございました。

で、yossy苦難の7月の続きとしては、サスライ氏とチャリで共倒れ。(爆)坂だったので立ちこぎしようとしたあたしと、後ろからあたしをいつものように押してくれようとしたサスライ氏のハンドル同士がぶつかって、あたしが下敷き、サスライ氏は自転車と自転車に挟まって流血、みたいな。あははは。車が来なかったから笑い話ですんだのだけどねぇ。ただ、3日くらいたってからぎょっとするくらいの「つぐろじん」ができました。「つぐろじん」って鹿児島弁で「あざ」のことなんですけど、キッチンでサスライ氏が「つぐろじんが。。。」って言ったら、R子先生に「なにじん?」って聞き返されてました。あははははは!で、最後は転んだ翌日に行ったペトリオーロの温泉でアブにさされたのよっ!これがかなり大きなアブで、刺されたときは血がでたんだけど、そんなに痛みもなくて、かゆくもなかったのに、何日か経つうちにだんだん赤くはれて熱を帯びてくるではありませんかっ!!!しかもかゆい!うちにあるキンカンくらいじゃ効かず、結局薬局に行ったら今更だけど、とだされたコルチゾーネ。。。やっと後が消えかけていますけど、結局赤く腫れた部分は直径8cmくらいになったよ。(驚)


ということで、前置きが長くなりましたけど、そんな7月が終わり、バカンス本番の8月になりましたっ!!!!!!!ということで、ベルコーレの営業時間も8月は変更になりますのでご了承くださいませ。


8月2日から9月1日まで夜のみの営業になります。
(19:00から23:00)

8月16日から22日まではバカンス休業させていただきます。


yossyはサスライ氏のリクエストでバカンスに、スペインへ!しかも8月16日午前6時半のピサ発の飛行機なので、なんと午前3時半のバスでピサへ移動。。。10時にはBCNにつくんですけど、たぶん初日はそのままビーチで寝る!です。(笑)そのあとはグラナダ・フラメンコとマドリッド・闘牛の旅。すでに荷造りも始めて笑われていますが、何か。(爆)

それではみなさま楽しい8月をお過ごしくださいませ♪
フィレンツェに残ってる皆様、暑くてどうしようもないときはベルコーレで一杯どーぞ。(笑)冷房完備ですので♪♪♪
posted by yossy at 07:16| ローマ ☀| Comment(6) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

暑い夏にはヒンヤリドルチェで

急に日差しが三倍増し位になったフィレンツェです。暑すぎ。。。日向はきっと軽く40度超えているはず。(汗)夕方5時半に家をでたら、まるで昼下がりのような太陽の攻撃にあってしまいましたよ。。。みなさん、熱射病に気をつけて。

さて、すっかりご無沙汰でしたね♪先週はアブデルが家族の用事で今日までモロッコに行ってるんで、すっかりまかされ状態でして。ま、いてもまかされていることが多いが。。。(爆)でもって、昼間はPITTI FILATIで今年も佐藤繊維さんの通訳で朝からフォルテッツァという、けっこう過酷なスケジュール。今年もヴィトンからシャネル、マーク・ジェイコブズにイヴサンローランなど、各大手メゾンがこぞってやってきましたよ。しかもこういうときに限って、10人程度のグループがポンポン入ったりしたうえに、先週は工房で焼けどしたので右手の親指は使えないし、なんて、かんじでね。いつもにもまして、家に帰るための自転車を後ろから押してもらっていましたよ。(笑)あ、もちろんあたしは自転車に乗っています。あははは。


ということで、そんな暑い暑い暑い夏のデザートのご紹介。

moussedicioccolato.JPG pesca_merba.JPG parfe_caffe.JPG

まず「チョコレートのムース、洋ナシとピスタチオ」夏なのにチョコです。(笑)だって、前回暑くなるかなと思って、リストからチョコレート外したら、ずーーっと寒かったイタリア。お客様にチョコレート味は?って何度も聞かれたもので、こっちからチョコレートいれて!とリクエスト。暑い夏でもペロリといけるようにふんわりと冷たいムースにしてくれました。グッド・ジョブ!(笑)形と色が白い皿の上でとても幾何学的。それがなんだか涼しさを演出しているようなかんじです。そして、今回yossy一押しの「ピーチ・メルバ(冷たい桃の自家製コンポート)とバニラジェラート」ピーチ・メルバっていうのはここをご参照ください。あたし実はそんなに黄桃には惹かれないんですけどね。これはおいしいのよ、ほんとに。自家製シロップの桃だからかなぁ。冷たくて、ベタ甘じゃなくて、歯ごたえもそこそこ残ってる黄桃とこれまた自家製のバニラジェラート。もうおなか一杯かもっ、のときでも入っちゃうドルチェ。そして最後は
「コーヒーのパルフェ(セミフレッド)、サンブーカのソース」これはジェラートと同じような感じなので、夏の食後にはもってこい。ソースにはサンブーカを。サンブーカって「エルダーベリー(にわとこの実)とリコリス(甘草)をスピリッツに浸漬、蒸留したイタリアの特産酒」。甘い香りの豊かなアニスの味わいいで、なぜかわからないけど焙煎したコーヒー豆を3粒浮かべて飲むのよ。なぜ3粒?っていうのは誰も知らないんだけど。。。とにかくコーヒーとの相性がいいわけ。これお水と混ぜると白濁します。

これに毎度おなじみの定番、クリーム・ブリュレ、オレンジソースのチーズケーキにライスプディングというラインナップ。


ってことで、今夜アブデル帰国。ほっ。。。

posted by yossy at 22:23| ローマ | Comment(4) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

再びごちそうさま♪

gazpacho.jpg lingua.jpg tagliolini.jpg pescamerba.jpg

またまた夏メニュー試食のためにベルコーレへ。今回は前々からランチの約束をしていた、いつも笑顔のステキなmiyamaeaちゃんと、靴職人のSちゃんと。いつもパワフルで常に前に前に進んでるmiyamaeaちゃん。この秋また、個展するんですよ。今度はフィレンツェで。あー、楽しみ♪Sちゃんも着々とこの地で根を張るための準備中。偉大なるマエストロの元いい仕事をしているもんね。やっぱりこういう、大きくではなくても、前に進むエネルギーのある人と会うのはとても楽しい。よしっ!って気分がぐんって前に進むからね。

ということで、今回のyossyチョイスは「牛タン」と「スカンピのタリオリーニ」。お食事の前には大好きなガスパチョ。この暑さだったらどんぶり一杯でも食べられちゃいますね。(笑)牛タンはスライスしてサラダ巻き。40度に届きそうなフィレンツェにはあっさりしていてピッタリ。タリオリーニはがっつんとスカンピがのってました♪♪♪そしてデザートはまだUPしていないけど、今回も期待大!狙っていた「ピーチ・メルバ」を食べたんですけど、フレッシュの桃とシロップ漬けにした桃を撹拌したやつをつめたーくして、上に自家製バニラアイスをのせてありますの。ひんやり、さっぱり、とプラリネのカリカリの食感が今回のドルチェではあたしの一押しですね。実は黄桃ってそんなに大好物じゃないのだけど、これだったら毎日食べたいかも。。。(爆)


そして一昨日はご招待の方だけの「夏が来たぜ、魚メニュー」のディナー。思いつきみたいなアブデルの企画でしたけど、翌日同じメニューを食べさせろと常連組みが戻ってくるくらいおいしかったんだってさ。

pescimarinati.jpg taglioliniriccimare.jpg spiedinipesce.jpg coccocioccolato.jpg

前菜は魚の柑橘とりんご酢マリネとマンゴー&パパイヤ。メニューにいれるべきでしょ!とお客さんにご推薦いただきました。(笑)プリモはピエロがお代わり&翌日も食べにきたウニのタリオリーニ。メインは春メニューでも大人気だった魚介の串刺し。特製アンチョビ入りオリーブオイルが最高にいいんです。ベルコーレにたまに来るカップルがいて、彼らこれまでお肉しか食べたの見たことなかったんですけど、ソースの一滴もなくなるくらい、しっかり食べてましたよ。。。(爆)確かにあたしも彼らが魚!?と思ったから、予約の電話受けたとき「明日魚なんだけど」って何度も聞いたんだけど、たまには魚も食べてみようって今回チャレンジ的なディナー参加だったそうで。魚がこんなにおいしいとは!(笑)ってえらく感激してたわ。そうなんですよ、魚もおいしいんです!!!(爆)そして〆にみんなが感激したのはチョコレートの器に入れたココナッツムースとフルーツ。夏の王道ココナッツとチョコレートなんてイタリア人が大好きな組み合わせなんだけど、まずなにより見た目がカラフルでキュート。見た目って大事よ。あはははは。これはおかげさまでちょっとだけ味見させていただけました。言ってみるもんね〜♪


来週はなんだかバタバタの予感。ブログもちょっとお休みだと思います。ではオヤスミ。。。zzz
posted by yossy at 07:02| ローマ | Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

夏だね!のセコンド

昨日は休日返上のベルコーレ出勤だったんですけど、その前に日本VSパラグアイの大一番。工房をそこそこに抜け出して、サスライシェフ&ベルコーレ組にピエロ団長を従えてサンタ・マリア・ノベッラ教会近くのアイリッシュパブへ。。。

結果は負けでしたけど、でも、あたしは良い試合だったと思うわけですよ。日本、ずっと走ってたし、そして何より、延長になる前の選手の顔に「まだやれるぜ!」って気力がみなぎってて輝いていて。オトコはこーじゃなきゃ!って久しぶりにいいオトコタチの顔を見ましたよ。どうも各国メディアでは「このワールドカップ中のもっとも退屈な試合の一つ」なんてこといってたと書いてありましたけど、そんなことはどーでもよい。つーか、この試合がもっとも退屈な試合だったら、グループリーグ半分以上は退屈だったとしかいえないんじゃないか???常勝国みたいなのは、上から目線だからね。。。イタリアなんて「ほんとうはパラグアイじゃなくてイタリアが日本と対戦するこの試合のピッチに立っていたはず!」なんて新聞に書いてあって、ただの負け惜しみじゃないか!!!(爆)走れない、パスがつながらない、シュートが入らないイタリアにそんなこといわれても。。。ですけどね。

しかし大盛り上がりだったピエロ&アブデル日本応援団。この二人日本が負けたのにものすごくがっかりして、ピエロなんか自棄酒飲んで(笑)ベルコーレが終わるころに酔っ払って来ましたよ。。。

ということで、昨日は仕事に入る前にしっかり疲れたんですけどね。こういう日に限って満員御礼で。。。今日はほぼ昼まで寝てました。あはははは。これから工房へ行ってまいります、とその前にこの夏のスタミナセコンドをご紹介!

branzino_insalata.jpg anguilla_pappa.jpg maiale_senape.jpg anatra_aranciamacis.jpg agnello_cotoletta.jpg

「軽く焼いたスズキとサラダ、ライムのゼリー寄せ」そろそろ蒸し暑い(厚い)熱気の立ち込めるフィレンツェですが、こういうあっさり系は助かりますよね。軽く焼いただけのあっさりスズキとライムのゼリーがさっぱりしてて、何にも食べたくないようなときでもおいしくいただけます!次はアタクシのお勧め「鰻のロースト、パッパ・アル・ポモドーロとフレッシュバジル」鰻、おいしいですよ。フワフワの鰻とパッパアルポモドーロ、このおいしさは食べなければもったいない!次回は鰻をさばくときにキッチン見学しようかと思っています。そして今回はスタミナの夏!ということでお肉メニューが充実!!!まず「クリスピーポークチョップ、ポテトチップとマスタードソース」去年の夏も大好評だったポークチョップ、今回はポテチとマスタードソースという、なんともビールにあうというか、アメリカンな(笑)一品。カリッカリの外皮とジューシーーーーなお肉に、みんな手で骨までしゃぶる!(爆)イタ人も手で食べてますので、みなさんがっちり手で食べましょう!そしてこれもシェフのお得意「鴨胸肉、オレンジとナツメグのソース、野菜のソテー添え」鴨、やっぱりお勧めですねぇ。ブタもカモも皮がパリッっとしているのが最高にいいわけですよ。そして皮の内側の脂身がうまい!フランス人も大絶賛のカモでございますのよ♪そして最後は「パン粉とハーブをつけてあげたラムのカツレツ、ポテトとレーズンのサラダ」ミラノ風に仕上げたラムのカツレツ。サクサク仕上げなんですけど、このポテトサラダがむちゃくちゃおいしいんですよ!これ食べたほぼ毎晩ベルコーレにやってくるタクシー屋のマッシミリアーノは「シェフとケッコンしたい!」そうです。。。(爆)

このほか定番、牛のタリアータやビステッカも。牛肉のタルタルを食べたい方もリクエストしていただいたらいつでもお出しできますよ♪

ということで、サムライブルー、まじでかっこよかったよ。あたしも彼らを見習うべく!と決意を新たに。。。とりあえず昼ごはん!CIAO!



posted by yossy at 21:15| ローマ | Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

夏が来たかもっ!!!のプリモ

ベルコーレから深夜家に帰る途中の川辺でカエルが大合唱始めてました。いやー、夏ですねっ!!!今週、来週の火曜日は諸事情で休みがなくなったので(泣)かわりにもらったお休みの日曜日にはがっちり海に行く予定!!!


pomoripieno_mais.jpg ravioli_fruttimare.jpg tagliolini_scampi.jpg risotto_coniglio.jpg garganelli_bresaola.jpg

さて、写真やっと撮り終えました。さくっといきましょう!まず今シーズンのベジプリモは「お米を詰めたトマトのサラダ、とうもろこしのクリームとエキストラバージンオリーブオイル」クリームというよりも、冷製コーンポタージュ。夏バテ、歩きつかれた方にはナイスな一品。黄色と赤がなんともかわいいんですよねー。そして先日vinobiancoさんに絶賛されていた「サフランを練りこんだ少しスパイシーなシーフードのラビオリ」なんだか水ギョーザのような(笑)ラビオリのなかにはプリプリのムール貝がそのまま入ってます!!!すこーし加えてあるスパイシーさがきゅっと味を引き締めて、スープまでペロリの一皿。そしてダントツに一番人気の「タリオリーニパスタとトマトでマリネしたスカンピを柑橘の香りで」イタ人もエビ好きおおいですねー。手打ちの細めんタリオリーニは、普通のパスタよりもスルっとはいるしね。最後にオレンジの皮をちょっと削ってあるので、テーブルについたときにフワっと香りがたちこめるのですよ。ちなみにイタリアではエビ系とオレンジってよくある組み合わせなんです。レモンじゃなくて、オレンジね。さて、お肉プリモ一品目は「ウサギ肉と洋梨のリゾット、パルメザンチーズとフレッシュタイム」少しドルチェな洋ナシをパルメザンチーズの塩気とあわせた優しいテイスト。ウサギのお肉も適度な歯ごたえと柔らかさで食べやすいです。トスカーナに来たらやっぱりジビエというか、こういうお肉一度は食べてみたいですよね♪そして最後「ガルガネッリパスタ、ナスと馬肉のブレザオラ」ペンネを閉じていない、ってかんじのガルガネッリ。エミリア・ロマーニャ州のショートパスタです。これを作るための道具がわざわざあるんですよ。そしてあわせたのはブレザオラ。夏とかよく、ブレザオラとルッコラ、パルメザンチーズなんて食べるんですけど、このブレザオラ、生ハムの一種ですが良く見るのは牛でつくったやつ。でも馬肉で作っているのもあるのですよ。馬肉のほうが鉄分とか高いみたいね。どっちがオリジナルかいろいろ調べたんだけど特には言及しているのを見つけられませんでした。この製法で作ったマグロのブレザオラとかあるよね。ちなみにブレザオラ、北イタリアロンバルディア州のValtellinaってところで作るんだけど、今となってはブラジルやアルゼンチンから肉を輸入して作ってるみたいね。でもValtellinaで作っていればIGP(保護指定地域表示あるいは地理的表示保護の略)がもらえるんだって。




さて、皆さん何はさておき、明日のSAMURAIBULE応援がんばりましょーーー!!!

posted by yossy at 18:07| ローマ | Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

夏(はまだ来ないけど。。。爆)のアンティ

fioredizucca.jpg linguainsalata.jpg asticciolaquaglia.jpg pesceconkataifi.jpg tartaraditonno.jpg

夏メニュー発進して一週間。どんどん夏が遠ざかっているようなフィレンツェ。。。一応あさってくらいからはまた気温が上がってくる予定らしいのですが、土日とか、大雨で寒いし、ほんとに晩秋のような気候のイタリアです。マエストロなんか土砂降りの中、土曜日は石拾い、日曜はなんとリトアナたちとピストイアの山の上までポルチーニ茸をとりに行って、滑り落ちそうになりながら斜面を探索、6個拾ってきたそうです。(爆)しかしあまりの寒さとびしょぬれ具合に、家に帰って、靴も服も着たままシャワー浴びたそうで。。。(汗)

そんなことはさておき(笑)、まずアンティパストからご紹介いたしましょう。左上から「モッツァレッラチーズをつめたズッキーニの花のフライ、バルサミコソースとハワイの岩塩」赤と黒のハワイの岩塩をちょっと添えたズッキーニの花のフライはとりあえずこの一週間でダントツのオーダー率!これ食べると夏を感じるんですかねぇ、イタリア人。。。揚げたてサクサク、とりあえずビールにあう感じね。次は「牛タンのスライス、白ゴマのソースとミックスサラダ」トスカーナは牛タンをゆでたりして食べるんですよ。イタリアンパセリのソースとかで。あと夏には、細かく切った茹でタンのサラダとか。サンタンブロージョの中のトラットリアのメニューであたしはこのタンサラダが一押しなくらい!しかしこういう変わったのが結構苦手なアブデル。。。(爆)「えー、タンなんか、お客さん食べると思うか???」と疑がわしく。「変えたほうがいいんじゃない?」なんてぶつぶつ。。。でも、英語圏の人たちも結構食べてますよ、これ。あっさりサラダとゴマソースなので、なんとなく豚シャブサラダをイメージしてしまいますね。あはははは。お肉アンティ二品目は「うずらの串焼き、ヴィンサントのソースと赤たまねぎのピュレ」これは、なんというか、イメージが焼き鳥???(爆)ヴィンサントの甘めソースがテリをだしてるし。。。うずらもやわらかーく仕上がってます。日本だとうずらの卵は食べるけど、お肉のほうはなかなか目にしませんよね。トスカーナらしいものを!と思ってらっしゃる方にはぜひお勧めです!そしてお魚はまず「本日のお魚のフィレとカタイフィ、白いんげんと赤ワインソース添え」カタイフィのパリパリと、ふっくら仕上がりのお魚、そしてシャキシャキのインゲンマメとの食感が面白い感じ。これもオーダー率高し!そして最後が「新鮮マグロのタルタル、エシャロット、ケーパーとイタリアンパセリのソース」これは文句なく一番人気の双璧の一つでしょう。。。イタ人マグロ好きですね。マグロあるよっていうと、だいたいの人がオーダーします。(笑)色もポップで夏っぽいし!あたし的には横についてるケイパーの実がすきです。ケイパーって普通はつぼみを食べるのよ、皆さんご存知でした?で、実の方はつぼみよりも優しい味なのよ♪


ってなわけで、なんだか日本の夏といえば!?のラインナップになっていそうな今年の夏のベルコーレ事情です。。。
posted by yossy at 20:43| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

土用丑の日先取りっ!

unaghi.jpg

皆さんおひさ〜♪
フィレンツェはめっきり寒くなりまして。。。(爆)日曜の朝、なぜか隣近所の大喧嘩で目が覚めました。たぶんそこのおうちは、家中地震がきた後のようになってると推測。怒鳴り声、悲鳴、そして何かが倒れる物音など、かなりヤバめでしたよ。。。しかもたぶんそのケンカがあった建物であろうところから、朝ごはん終わってゴミを出しに行ったら花嫁さんが今から結婚式!ってところで出てきたし。なんだかなぁ。。。(汗)さてさて、本日朝から雨、気温もすっかり4月並み?サスライ氏はウールセーター引っ掛けて出勤してました。。。先々週は日本のとあるデパートのイタリア展バイヤーチームのアテンドで、トスカーナ横断試食の旅と二日間にわたるおよそ全100社との試食・試飲バトルの通訳、今週はフィレンツェメンズウィークのPITTI UOMOで、1月と同じくとあるブースの通訳と昼間は出ずっぱり。ベルコーレは、ワールドカップが始まって、うちはテレビないから4年前の教訓から(笑)暇かな?と期待(しちゃいかんっ!!!爆)してたら、やっぱりPITTI中は大忙し、ということで、家に帰ってもパソコンすらつけずに寝てました。。。シャワー浴びるのがやっとだったわけよ。しかもその間、日本戦は観戦しないといけないしさ。しかし昨日は残念だったっ!!!後半立ち上がり、よろっとしてるな、って思った瞬間ゴール決められてるし。巨大な体格のたぶん旅行者オランダ人軍団と在伊日本人チームしかいない薄暗いアイリッシュパブで観戦したんですけどね。穴倉だから、日本が勝ってたら蜂の巣にされるんじゃないか、ってちょっと怖かったわよ〜。(汗)とりあえずまだグループ突破の望みのあるデンマークとの直接対決、次回はフィレンツェ市の祝日24日の夜に試合なんですが。みんなサッカー観戦して花火みるんだろうなぁ。ベルコーレ休みにはなりませんね。。。

ってなことで、今日はこれから工房寄って、16時からイタリア戦!!!その前に文字通り山のようにたまった洗濯物と格闘なんだけど。


さて。


前置きが長くなりましたが、ベルコーレ、無事に夏メニュー発進しております!さっそく夏メニューに変わった翌日に仲良しで一ヶ月イタリア滞在中のvinobiancoさんとベルコーレでランチしてきましたっ!あたしがどうしても食べたかったのは鰻!!!!関東風(笑)にしあげた鰻の蒲焼とトスカーナの伝統料理パッパ・アル・ポモドーロの変化球のコンビでござんす。

いやぁ、うまいっす!!!

サスライ氏、鰻やにもなれるかも。。。(笑)しかし難点がありましてね。うちのアブちゃん、鰻を買ってくるのがいやだそうで。。。あたしにも「アレは変えたほうがいい。」って呪文のように唱えてましたよ。あははは。魚屋さんに買いに行ったら、魚屋のおばちゃんが水槽にいる鰻を「あたしはこんなのは触れないのよぉぉぉぉぉ!!!」と叫んで、別のところにいたおにーちゃんをつれてきて、袋に2,3匹入れてくれて買ったはいいけど、今度はそれが動いてるわけですよ。だから袋を体からできるだけ離してつまむようにキッチンまで持ってきたんだって。。。で、シェフがシンクにほおりだした鰻を見てさらに沈黙。(爆)とどめは、日本風にがんと頭に釘を打ってさばいてるのを見て、鰻が腕に絡みつく様子にキッチンから逃げちゃったそうです。あたしたちは生きているものの命をいただいているんですよ、アブデルさん。。。っていうか、あなたヒツジをさばくのとか平気なわけでしょ?なぜ鰻はダメなの???とりあえず、この鰻、食べた人たちには大好評ということで夏中ありますので、お楽しみに♪♪♪
メニューの写真はボチボチ撮影中なので、今週末にはUPしますね。去年の夏大好評だったポークチョップが形を変えて再登場していたりしますからねぇ。次回は何を食べるか、ランチご一緒できる方募集中!(笑)それからドルチェも今週末くらいから変わりますよっ!


ではFORZA AZZURRI!!!!


posted by yossy at 19:11| ローマ ☀| Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

ワールドカップ初日!焼肉と土用丑の日?

ワールドカップ今日始まるって皆さんご存知でした???(爆)

なんだかまったくワールドカップの気配のないフィレンツェです。。。家にテレビもないし、ここんとこ、一日中通訳の仕事やらなにやらで出払っていて、家に戻ってもネットする気力すらなく。(汗)町に出ても、特になにもないしね。フィレンツェのどこかにはたぶん巨大スクリーンが出てるとは思うんで、来週の火曜日、ブラジル−北朝鮮は見に行ってみようかな、と目論見中。

さて、ベルコーレ、このワールドカップ中、たぶん暇だね、と予想中。(笑)だってうち、テレビないし。普段サッカー興味ない人や旅行者でも、特にイタリアが勝っちゃったりすると、熱気に押されて観戦したくなるもの。2006年は、準決勝と決勝なんか、確か試合開始の21時には店閉めたもんね。来週はPITTI UOMOもあるんですけど、きっと中に巨大スクリーンがあるんじゃないかなぁ。昼からはバイヤーも仕事そっちのけの予感。(爆)


menu_estivo2010.jpg

と、そんなこんなのフィレンツェですが、すっかり晴れ晴れ晴れになりました。焼け付く太陽光線が肌に容赦なくちくちく刺さる!!!ってなことで、ベルコーレも明日から夏メニュー!!!!夏といえば?って聞かれたので「鰻と焼肉!」なんて答えたら、今回のメニューに採用されていました。アンティパストで牛タン、メインで鰻です。なんだか蒲焼風のタレが用意されてたよ。白いご飯持参しようかしら。。。(笑)そしてお肉は去年大好評だったポークチョップが再登場!ビールに最高のこの一品、今回はポテトとマスタードソースらしいですよ。このベタな感じがサスライ官能シェフの手にかかるとどーなるのかっ!!!!皆様こうご期待っ!


あたしは来週またPITTIの通訳につき、しばらくブログUPはオヤスミします。

posted by yossy at 21:34| ローマ | Comment(4) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

間に合ったっ!!春爛漫のドルチェ

朝から雷のとどろくフィレンツェ。あたし、昼に出発ですが。。。(汗)外は土砂降りです。しかも気温がグッと下がって10度以下。寒いんですけど。日本はいったいどうなんでしょう、そしてあたしが戻ってくるころにはこっちは初夏になってたりして。。。

さて昨日はすっかりいろいろ朝からあって、家を7時過ぎにはでたあたくし。そのままノンストップ工房→ベルコーレで、戻りは深夜0時だったためブログUPすっかり忘れてたよ。とりあえずこれだけはUPしていかないと!!!の使命がありますんで、朝いちUPします!(笑)

cremebrulee_frutta.jpg fragole_caramellate.jpg clafoutis_ca.jpg tortino_ricotta.jpg

お待たせしました。春爛漫ドルチェです。ドルチェが一番かわいい春満喫してるかなぁ。うふふふふ。それではまず、定番なんですけど、ちょっと装いの違う「クリームブリュレとフレッシュフルーツ」。これとオレンジソースのチーズケーキ、お米とミルクのモロッコプリンは絶対外せないベルコーレ御三家、なんですよ。(笑)他の二つはいつも同じなので写真は省略させていただきますけどもね。(爆)今回はさっぱり色とりどりのフレッシュフルーツを添えています。そしてこれが大人気、今回のうちのツートップ(爆)「フレッシュなイチゴの飴がけとソース、バルサミコの自家製ジェラート」なんとなく懐かしいイチゴミルクの味!とプチプチする食感(イチゴとキャラメルとナッツ)が最高のドルチェ。リピート率多いですねぇ。色もピンク色がとってもかわいいんです!そしてこれがシェフの一押し、ツートップの片割れ(爆)「にんじんのクラフティとセロリのシャーベット」にんじんケーキは大好きなので大賛成だったんですけど、セロリはちょっといいのか?って思ったんですよね、これ。。。しかーーーーーーし、このセロリのシャーベットが目からウロコにおいしいっっっ!!!お客さんが「宇宙的においしい!」と大絶賛したドルチェです。ペパーミントグリーンとオレンジが春ってかんじでしょ。そして最後は伏兵というか、実はこれが一番人気なんじゃないかと最近疑っている(笑)「イタリアンメレンゲをまぶした柑橘風味のリコッタチーズの焼きケーキ」柔らかいふわふわのケーキはリコッタチーズのケーキ。ほんのりオレンジやレモンの香りが口に広がります。そしてサクサクのイタリアンメレンゲがケーキにくっつけてあるんだけど、このメレンゲが大好きなんです、あたし。キッチンに皿をさげに行く度につまみ食いしたくなる。。。(笑)見た目にもとってもキュートです。


おお。出発前に終わったよっ!これから最後の荷物のチェック。13時にマエストロが迎えに来てくれます。13日は午後から三越で搬入、そして14日からいよいよ「日本橋三越イタリアフェア」です!!!10時から18時までが実演時間ですので、その時間にぜひ遊びにきてね♪万が一ブースにいない場合は、バールデルソーレか(爆)ブースにいる方に電話してもらってくださいませ。

では行って来るぞよっ!!!!

posted by yossy at 17:16| ローマ 🌁| Comment(3) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。