2010年04月09日

春爛漫のセコンド

pesce_vapore.jpg spiedini_pesce.jpg astice_trippa.jpg agnello_hanagosho.jpg piccione_carciofi.jpg tagliata.jpg

あと二日で準備終わらせられるのでしょうか、と家にいるyossyです。(笑)日本から荷物が届くらしいのでね。あと荷造りもしてるところ。忘れ物大王ですからね。今回こそ万全を期して!

ということで、急ピッチに春のセコンドご紹介といきましょう!!!!!まず「本日のお魚の蒸し焼き、ソラマメとトマトのマリネ」お魚は仕入れによってですが、だいたいスズキかタイになっています。ショウロンポウ蒸すやつで、一つずつ大事に香草と蒸したてのお魚を今が旬のソラマメのスープと。ソラマメとトマトをマリネしたものを添えてあって、お魚の上のボッタルガの黄色とで春らしい彩の一皿。彩りって大事よ。目から春を感じるだけで、なんだか嬉しくなっちゃうものね。次はこれも大人気(笑)「エビ、ホタテ、イカの串焼きグリル、サラダ添え」何なんでしょうって言うくらいこればっかりでたイースター。復活祭はヒツジだからねって、思っていたらこればっかりでるもんで、その夜は魚がスッカラカンになってしまい、翌日はもちろん魚市場開いていないのでかなりあせったベルコーレキッチンでした。(爆)シンプルこの上ないのですが、こういうシンプルなのが好きなんですよね、イタリア人。そしてこれが、今回の一押し、サスライシェフのニヤリ顔つき(笑)「ミント風味のオマールエビのソテー、スイートガーリックのソースとピノ・ビアンコ(白ワイン)でソテーしたトリッパ」なぜそうなのかは、こちらを読んでいただければ分かります。黒いお皿に赤いオマールと、白いソースがとっても絵画的。トリッパもむちゃくちゃおいしいです。フィレンツェ名物だけど、ちょっとモツ系は苦手なのよねっておっしゃるあなた!これ食べたら目からウロコですよっ!!!そしてお肉はまず、「花椒をまぶしたラムチョップ、野菜のマリネ」花椒って、山椒の親戚なんですね。知らなかったわ。ラムは相変わらずやわらかーーーーい仕上げになっております。中は火が通っているけれど、赤い絶妙の火加減。意外とよく焼いたヒツジしか食べたことのないイタ人なんですが、これ一回食べると、病み付きになるみたいですね。イタ人って、気に入ると毎回同じもの食べるんだよね。。。なので、もうメニューはそのシーズンいらん!みたいな。(爆)お次は「鳩のローストとパンペパートソース、フレッシュタイムとアーティチョークのソテー」パンペパート、2月のコラボディナーのときに鴨のソースで大好評だったやつね。これと春のアーティチョークをカリっと揚げてのせてあります。鶏肉というより鴨っぽいよね、これ。ハトを一羽ずつ処理していくんだけど、意外と気に入ったのが、ハトの足。キモチワルーっと思うでしょ、でもじーっと見ているとなんだかすごく可愛く思えてきちゃって。変人だな、あたし。。。(笑)そして最後は毎度おなじみ「タリアータステーキ」。フィレンツェといえばビステッカですけど、タリアータはそのロースの部分をステーキにしたもの。焼いただけなんですけどね、ニクーーーーーって感じですけど、おいしいんです。エッセルンガの肉でもあんなにウマーーーーっ!って焼きますからね、うちのサスライ氏。(笑)そりゃ、生肉でもおいしい肉焼けば、それはそれは絶品でございますよ。


ふぅぅぅ、残りはドルチェね。。。
あたしも昼ごはん食べようかなぁ、とりあえず。CIAO!


posted by yossy at 17:40| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

春爛漫のプリモ

こんにちわ。モジャモジャです。(笑)

mojamoja1.png

おしりがプリっと可愛いでしょ。(爆)


そんなことはさておき。日本に出発前に春メニューUPがんばりますよっ!!!

spatzli.jpg lasagnetta_tonno.jpg chitarra_razza.jpg risotto_asparagi_animelle.jpg maltagliati_galetto.jpg mezzachianti.jpg

まずはベジメニューから。「春野菜スープのニョッキ」ニョッキといっても、スパツリという、ちっちゃなちっちゃなニョッキ風のものが、たっくさんの春野菜の中に入っているスープです。旅行中とかのちょっと疲れた胃にバッチリですね。そしてあたしの一押し(笑)「リパレーゼ風マグロのラザーニャ、レタスとアンチョビソース」下にひいたレタスのシャキシャキしの食感が大好きなんですよ。新鮮なマグロで作ったソースのラザーニャは軽めの仕上げだし、イタリア人も大好き。イタ人が大好きといえば以外だったお次の「キタッラスパゲティー、エイのひれ、フェンネルにトーストしたパン粉をちらして」エイのひれ???って思ったんですよ、メニュー聞いたとき。(笑)お客さんひかないか?って。(爆)そんなことは杞憂でございました。先日フランスからいらした方は、フランスでは普通に食べるっておっしゃっていましたけど、イタリアでは魚屋さんで見たことなかったのですが、売っているんですねぇ、実はけっこう普通に。。。見落としていましたよ。フェンネルとパン粉という組み合わせは、シチリア料理としてけっこうポピュラーなかんじで、普通はイワシとかと松の実、乾し葡萄いれたのがあるんだけど、今回のベルコーレバージョンは魚のだしのしっかり効いた、でもあっさり上品な白身のエイのひれ。たぶん一番でている一品だわね。お次はお肉系の「リードボーとアスパラガスのリゾット」春といえばアスパラですねー、というくらいアスパラ大好きなんですよ、あたし。(笑)だからメニューに入れてもらったわけでは決してないのですが、これ、リードボーのふわっと柔らかい食感と、歯ごたえのあるごろッツと入ったアスパラがとってもいいコントラスト!春だーっ!ってかんじ。(爆)そして最後が「全粒粉のマルタリアーティ、チキンのラグーとちりめんキャベツ」。キャベツも今がおいしい時期ですね。これもこくはあるけどあっさり系。全粒粉だから小麦の味がしっかりの自家製マルタリアーティとチキンのラグーはお子ちゃまたちにも大人気!!

そして最後のは今回アブデルがえらく気に入っていれたキャンティーのハーフボトル。ハーフって、小さなサイズの瓶じゃない、普通?でもこれ、普通の瓶のハーフなんです。(笑)こう普通の瓶を半分にざくっと切ってます、みたいな。。。お持ち帰りにして、ペーパーウェイトとして使ってもOK!とこのワインの営業の人は力説していましたよ。確かにねー。下半分ではグラスが作れますよね。そのアイデアは、すでにチブレオがやっている「テアトロ・デル・サーレ」のショップで使われています。ちょうどその残り半分でグラスにしてるの。グラスだから、中に入れるものが見えたほうがいいからか、透明のガラスで作ってありますけどね。


ってことで、仕事じゃーーーー!

posted by yossy at 17:35| ローマ | Comment(5) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

春爛漫のアンティパスト

一週間春爛漫が過ぎたら、また寒くなったフィレンツェ。来週からの東京はどうなんでしょうかね。友達も、今夜ベルコーレにいらしたお客様も寒くなったり暖かくなったり大変なのよ、とおっしゃっていたけども。でも、あたし、まだヒートテックもセーターも、マフラーも手袋も毛糸の帽子も手放していないんですけど。(笑)


ってなことで、皆様お待たせいたしました!!!!!かわいい春のアンティパストかわいいでございます。

uovaincamicia.jpg cocktail_gamberi.jpg calamaretti_grigliate.jpg confit_coniglio.jpg tonno_di_chianti.jpg primavera_belcore.jpg

いつものように右上から「ポーチ・ド・エッグとトリュフ風味の野菜のカポナータ」これ、大絶賛の一品です。春らしくアスパラガスにポーチドエッグとカポナータ(ラタトゥユみたいなものですね)を添えてあります。そして卵の上には黒トリュフも!!!!次回ベルコーレ試食by Yossyはこれに決まりっ!!!(爆)ちなみにイタリア語でポーチ・ド・エッグはUOVO IN CAMICIA(シャツを着た卵)っていいます。白身の白い膜がシャツみたいってことね。言い得て妙!そしてお次は「小エビのカクテルとオーロラソース、カムットのサラダ」このカムット、この前も書いたけどカムット小麦は現在のデュラム小麦の原種で品種改良などで何も手を加られていない昔ながらの小麦らしくて、6000年以上前からエジプトで栽培されていたんだって。ファッロ(スペルと小麦)に似たプチプチな食感が大好き!!!エビ好きのあたしなので、エビは文句なくウマー!もう一つの魚介アンティパストは「コリアンダー風味のイカのグリル、グリンピースとハムのソテーを添えて」シンプルなんだけどね、むちゃくちゃ出ています。(笑)昨日のパスクワ(復活祭)も、パスクワってヒツジ食べるんでしょ?って思っていましたけど、満席以上のベルコーレ、三分の一の人はこれを頼んだんじゃないでしょうかね。。。おかげで今日はイカがなくて、これなしでした。市場が開いていないでしょうがないんです。。。付け合せは旬のグリーンピース。グリンピース、おいしいですねぇ。あぁ、グリンピースご飯食べたいっつ!(←ちょっと違うか。爆)さて、お肉のアンティパスト一品目は「ウサギのもも肉のコンフィ、クリスピーポテト」温野菜が一杯詰まったウサギのもも肉を焼き目だけつけた後に香草オイルと一緒に真空にして、そのあとじっくりオーブンで焼いてあるんですのよっ!!!俊足スプリントのようなウサギの足ですが、これがまぁ、柔らかくなること。。。あぁ、おなかがすいてきたわ。(笑)で、最後のアンティパストはその名も「キャンティのマグロ(ポークフィレ)とアーティチョークのカップケーキ」マグロと言いますが、豚のフィレ肉なんです。キャンティとはワインで有名なフィレンツェとシエナの間にある場所。もちろんそうだから、マグロなんか獲れないわけですよ。なので、豚のフィレをマグロのフィレに見立てて、絶妙な温度で焼いてあるんです。だから中が薄くピンク色で一瞬見た目がマグロ、というか、食べてもなんとなくマグロっぽい!?付け合せのアーティチョークの甘くないケーキもほっこりしたやさしい味で、ペロリっ!といってしまいますよ。そして最後はベルコーレ。昨日からCoprimacchia(テーブルクロス)が黄色に変わりました!Tovaglia(テーブルクロスのしたの布)も色味の違う黄色、Tovagliolo(テーブルナプキン)も黄色なので、なんだか金運も向いてきそうな(爆)ちょっとウキウキな色が、この時期にはピッタリ!


ってなわけで、ベルコーレはすっかり春爛漫ですよー。
posted by yossy at 08:15| ローマ | Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

今日はこれ食べてきたのだ

本日は春メニュートライ第二段!(爆)ちょうどFacebookでにもこの前同じような書き込みをしたら、常連のクリスティーナが「あたし、昼にご飯食べに行こうかと思ってるんだけど、yossyいる?」というメッセージが。誰と来るのか聞いたら、どうも一人らしい。おお、じゃあ、あたしがお供しますわよん♪と約束したのが今日のランチ。小さくてほそーい彼女は食も細いので(いつもはお姉さん夫婦とくるんだけど、そっちは大きいので、引きずられてけっこう食べてはいるんだけども。笑)まずアンティパストを半分こ。


crema_finocchio_baccala.jpg

おっとその前に本日のアペタイザーは、フィノッキオ(フェンネル)のクリームにバッカラ(干し鱈)をのせて。


tonno_chianti.jpg

彼女の選んだ前菜を二人でわけました。これ「Tonno di chianti(キャンティのマグロ)」っていいます。なぜって?マグロなんて獲れない内陸のキャンティでは、ポークフィレを微妙な火の入れ具合で、マグロに見立てて食べたんだとか!ほんのりピンク色が春っぽいですね。そしてつけあわせはカルチョーフィの小さな甘くないカップケーキ春のカルチョーフィもこれまたおいしいんですよねー。


そして小食の彼女は春野菜のスープに小さなニョッキの入ったベジタリアンメニューを。あたしは、これを食べるためにここに来たのさ!!!っていう一品を!


astice_trippa_menta.jpg

ジャン!!!!!ミント風味のオマールエビのソテー、スイートガーリックのソースとピノ・ビアンコ(白ワイン)でソテーしたトリッパでございます。これね、あたしがシェフのことを知った、一昨年の春に放映されたサスライシェフの一時間ドキュメンタリー番組で、前の職場のパトリアルカに、そのときには隣町のリゾートホテルの総料理長をして、その前にはサスライシェフのシェフだったサルバトーレを呼んでおもてなししたときに出てきていた一品だったんですよっ!

bouno.jpg


黒いお皿にオレンジ色のオマールと白いソースがとっても印象的で。そして何より、サルバトーレがいい一品だと納得した顔でそれを食べていて、その横で満面の笑みのサスライシェフの顔がすごくよかったんだなー。ってことで、師匠がうまいっ!っていった皿はどんなにおいしいのか!?って試したくなるのが人情ってもんじゃぁないですか!(笑)オマールのプリプリ具合はもとより、一緒にお皿にのっているトリッパ(牛の胃袋)がハテナだったんですけど、合いますね、この組み合わせっ!なんというか、一粒で二度おいしい、みたいな。。。(笑)ちなみに白いソースはとってもデリケートなにんにくのソースです。そしてこの二つのまったく性質の食材をつなげているのがピノ・ビアンコ(白ワイン)とミントなんだって。(←これ、本人が力説しています。)


tortino_ricotta_agrumi.jpg

そして今日のデザートはイタリアンメレンゲをまぶした柑橘風味のリコッタチーズの焼きケーキ。これ、見た目もキュートなんですけど、味はとってもリッチ。イタリアンメレンゲのさくさくと、しっとりしたリコッタチーズのケーキはふんわりほのかに柑橘の味がして、絶品!もう一つお変わりできそうな勢いでした。(笑)


お食事が終わった後も、えらく弾んだ話の内容はなぜかキリスト教。そして日本人の宗教観や習慣、イタリアの現状など、笑いを混ぜつつもなかなか興味深いトピックが尽きずに、気がついたら工房へ戻る時間でございました。いや、やっぱり工房へは時間通りに戻らないとね。何せもう10日で日本へ出発なので。。。(汗)


ということで、無事に全てのお皿の写真を撮り終えました。今週末は復活祭で忙しいので来週明け、日本に発つ前までには全部の写真をUPしますんでお楽しみに!そしてそれが待てない!!!!って方は、ベルコーレに来てご自分でお写真をお撮り下さいませ!(爆)

posted by yossy at 08:46| ローマ | Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

春メニュースタート!!!!

かわいいかわいいメニュースタートしたベルコーレ!!!!!!


早速食べてきましたっ!!!!!!(爆)イヒヒヒヒヒ!

やっぱりね、お客様に「おいしんですよぉぉぉぉx!」って宣言するためには、自分で食べなきゃねぇ。(笑)ちょうどシエナからカルチェット選手のバン君が来ていたのと、こちらに10日ほど滞在して大理石でお地蔵さんを彫っていたふくろうおじさんと息子さんと会う予定だったので、みんなまとめて!にさせてもらいました。

ちょうど仲良しAkieちゃんも別テーブルに。みんなとあえてとってもうれしいランチタイム♪♪♪

ということで、あたしの食べた新メニューラインナップ!

gamberi_kamut.jpg
小エビのカクテルとオーロラソース、カムットのサラダ
カムットって、ファッロ(スペルト小麦)と食感の似た小。デュラム小麦の原種で品種改良などで何も手を加られていない昔ながらの小麦らしいです。 カムットは6000年以上前からエジプトにて作られたんだってよ。プチプチ感がファッロに似ていてナイス!オーロラソースでちょっと懐かしい感じの味。なんせ、海老好きですので、たまりませんっ!!!ちなみに横目でチラ見したAkieちゃんのテーブルでもこれ見ました。(笑)


lasagnetta_tonno.jpg
リパレーゼ風マグロのラザーニャ、レタスとアンチョビソース
これ、見た目で選びました。(笑)下にひいたレタスのシャキシャキ具合がえらいおいしそうでっ!サスライシェフのニヤリ感も期待できそうな感じだったのでね。おいしかったー!手(チョキ)思わず、お客さんに一押ししてしまっています。(爆)


fragole_caramellate.jpg
フレッシュなイチゴの飴がけとソース、バルサミコの自家製ジェラート
これ、今のところ一押しドルチェ!!!!!!!シンプルなドルチェなんですけど、食後には最高。このいちごピュレソースのプチプチ感がたまりません。あぁ、幸せ。。。これもこの4日間でよく出ますねー。


初めてお会いしたふくろうおじさんと息子さん。滞在10日でなんとお地蔵様二体とふくろう一体を彫られたそう。ピッティ宮殿の前で制作活動をされていたそうで、一心にのみをふっていらっしゃったそうですよー。そしてバン君もリーグ戦が終わり、セリエB現在二位。プレイオフの結果次第では昇格です。いろんなことがあって、煮詰まったり、言葉の壁にぶち当たったりを乗り越え、今はコンスタントに試合にもでてるし、ゴールも決めていて、それなりにイタリアを自分の中で消化している若きプレイヤー。初対面のメンバーだったけど、えらく話が盛り上がり、楽しい楽しいひと時でした。みんなありがとう!


ということで、春メニューの写真UPももうじきです。楽しみでしょー!ウヒヒヒヒ!!!春だからか、色もとってもカラフルで、ウキウキしてしまいます。これで花粉症がなければもっとウキウキなんですけどねぇ。。。(汗)


次回はお肉をメインに食べに行こうかしら。。。(爆)どなたかランチご一緒しません?

posted by yossy at 22:00| ローマ | Comment(5) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

カルタとり!?

menu`primaverina01.JPG

家に帰ったら巨大カルタ大会が催されておりました。春のメニューのイラストがずらり、並んでおりました。春ですからねー、来週の終わりくらいからメニューに変わります!(ので、今のメニューで心残りのある方、今が最後のチャンスですよっ!!!あたしもあと一回はウサギのテリーヌとカモ食べなきゃっ!)


menu`primaverina02.JPG

キッチンにも新しいメニューが貼られました。なんだか春らしく色とりどり!どんなのができるのか、とっても楽しみ。しかも今回、セコンドで、ぜーーったい食べたかったアレが出るんです。何かっていうのは、来週以降のお楽しみってことで。


IMG_6392.jpg

いつになく超真剣なサスライシェフ。新しいメニューのための試作をしているところです。こんな真剣な顔のショットはなかなか貴重。(爆)

とてもこんなことを普段している人とは思えないでしょ。。。(↓)

IMG_6357.jpg

本人いわく、ツタンカーメンだそうです。。。(汗)


posted by yossy at 08:52| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

SERATA GIAPPONESE BIS!!!!

日本食はそんなにブームなんですかねぇ。やたら日本食のお店できているフィレンツェ。ま、最近出来たフィレンツェの日本食レストラン経営者および従業員はほぼ中国人ですが。。。

この前の日本食@ベルコーレ、やたらよかったようで、次はいつするんだ、とみんなうるさいっす。(笑)もしかして、この不況の時期に儲かるためには看板変えたほうがいいんでしょうかねぇ。。。(爆)っていうか、こっちだと、なんかやっぱり日本食って感じよね。日本で食べるのは和食。わかるかな、この言葉の違い、けっこう違うと思うのよ。

さて、ということで、次の日曜(1月24日)にまたSERATA GIAPPONESEすることになりました。


Menù

BUTA NO KAKUNI
(Umido di maiale con verdure e uovo)

SUSHI
Gamberi, Polpo, Calamari e Tonno

CIAN CIAN YAKI DI SALMONE & ROMBO
(Salmone, rombo e Verdure con Miso Tipico Hokkaido)

TORTA AL Tè VERDE


ROSE' ROYAL ( MONTRESOR : Uve Pinot Nero )
SCHULTHAUSER ( ST. MCHAEL-EPPAN : Pinot Bianco )

Prenotazione entro venerdi sera 22/01/2010
tutto incluso 40,00 €



つーことで、あたしはいませんが、おいしいものたらふく食べたい方、ぜひご予約くださいませ。大将が全力投球でお待ちしております!
posted by yossy at 04:52| ローマ | Comment(0) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

明けちゃいましたねぇ

フィレンツェの元旦の朝は土砂降りでございました。バケツをひっくり返したようなという表現がぴったりで、ベルコーレに行くのに車を出してもらったんですけど、出発した瞬間、すっかりやんじゃいましたけどね。(笑)でも、降ったり止んだりの一日のようです。

さて、昨日は大晦日。前日までは、意外と暇だったりして。。。(汗)というくらいの予約状況だったのですが、昨日の朝からガンガン電話が鳴りっぱなし、結局19時からも21時からもほぼ満席の二回転営業でございました。終わったのは午前2時半。(ちなみに今日は10時半から掃除に行きましたけどね。爆)

ということで、なかなか楽しかったCENONE。前半、後半が入れ替わるときに、かなりてんてこ舞いでしたけど、みなさんゆっくりお待ちいただきまして。0時の乾杯も、ラジオのボリュームを最大にして、みんなでシャンパンを抜きました。もちろんキッチン組みも出てきて、お客さんと一緒にワイワイ!こういう知らない人同士が乾杯したりてまわったりするの、イタリアらしくて楽しくていいなぁっていつも思います。

sansilvestro2010_07.jpg

いやー、楽しかった!そのあとは小さな花火とかに火をつけたり、煙がもうもうとしてましたけどね。(爆)

sansilvestro2010_11.jpg


さて、お料理は、ピエロが「Aggiungo altre 3 palle!(あと三つ“玉”を追加しておいて!」(←ピエロはいつもくる友達なのですが、シェフのお料理にいつも「Palle(玉、複数)」をくれるんです。これ、ミシュランの星に対抗してなんですけど、イタリアでPalleっていうと、単に玉ってだけではなく。。。あ、日本とも同じか。爆 ちなみにそのpalleはすでに50個は超えてます。。。)と、全部コース食べた後さらに、メインのロブスターと牛ヒレをおかわりしちゃうくらいおいしかったようで。(笑)


sansilvestro2010_01.jpg sansilvestro2010_02.jpg sansilvestro2010_03.jpg sansilvestro2010_05.JPG sansilvestro2010_04.jpg sansilvestro2010_06.jpg sansilvestro2010_09.jpg

左上からアンティパストが「カレイのフェンネルシード添え、黒キャベツとレンズマメのスープ」「チキンコンフィとダッチェスポテト、イタリアンパセリのオイル添え」。プリモは「じゃがいもとにんじんのニョッキ、アンコウとボッタルガ」「スモークしたヒヨコマメの自家製タリアテッレ、ポークラグーとオリーブ」。メインのお魚は「ローズマリーでソテーしたロブスター、ワイルドライス添え」。お口直しに「スグロッピーノ」をお出しして、メインのお肉は「コロンナータ産のラードを巻いた牛フィレとフォアグラ、トリュフソース」いわゆるロッシーニ風。ドルチェは「シュトゥルーデルのコルヌコピアとシナモンの自家製ジェラート」でございました。


まあ、みんなたくさん食べて、たくさん飲んだ夜でしたねぇ。普段は飲まないあたしも、やっぱりこの日は乾杯しないとね!ってことで、シャンパングラスもって、お客さんのところをウロウロしていたら、みんなに「今夜は飲むのかッ!」って驚かれちゃいました。(爆)

sansilvestro2010_08.jpg

まあ、飲んだ後は少々赤い顔でサービス。(笑)それもまたよし、のイタリア。ビバ!

帰りは、雨の中をチャリで家に向かったのだけど、駅周辺は、コンサートが終わった余韻というか、新年を迎えてフィーバーした残骸と言うか、それよりも、爆弾攻撃を受けたのではないか!と見まがうばかりに、ゴミとシャンパンの空き瓶の割れたのが散乱。足の踏み場もあるわけなく、自転車に乗って進んでいったら確実にパンク!ってことで、押しながらゆっくりすすんでいったのだけど、ありえないくらいむちゃくちゃでひどかったわー。先に帰った人の話では、倒れている人や救急車も何台かきていたとか。この上に倒れてたら血まみれ決定。。。でもこのすごいのは、今朝はその破片が一つ残らず綺麗に掃除してあったこと。お掃除チーム、本気でしたね。。。(爆)


ということで、今年もよろしく。ちなみにあたしは今年“年オンナ”。ガオッ!

posted by yossy at 23:38| ローマ ☀| Comment(8) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

特権っていいわぁ(笑)

年末のメニューも完成、キッチンには予定表も貼られました。クリスマスを挟んで(しかも今年は27日が日曜だし)大晦日まで、仕込みの嵐のようなベルコーレ。今回は、サスライ氏にアブデルが太っ腹(笑)で食材使っていいぞ!と。。。いうことで、お言葉に甘えていいものそろえさせてもらうそうなのですが。。。

そうなると、やっぱり試食でしょうっ!イエイ!手(チョキ)
今回はフォアグラのソテーをのせた牛フィレのステーキにコロンナータ産のラードを巻いたものをご用意しました!ウヒョ!!!このフィレには、しかも黒トリュフものっています。ぜーたくしすぎだろっ!!!(笑)いわゆる「ロッシーニ風」ってやつですね。ロッシーニは「セビリアの理髪師」「ウイリアム・テル」などのイタリアを代表する19世紀初頭のオペラ作曲家。美食家としても知られ、あまりにも料理が好きだったので料理名をつけたピアノの楽曲もあるほどなんだとか。ベルコーレの今のメニューにある「サーモンとアンコウのトゥルヌド」のトゥルヌド(tournedos)も実はロッシーニが考案したものでなんですよ!ベルコーレではお魚でやっていますが、本来は牛肉みたいですね。詳しくはこちらをご覧ください。ちなみにそのロッシーニ、パリで亡くなっていますが、お墓は本人の希望でフィレンツェのサンタ・クローチェ教会に埋葬されています。一時滞在したことはありますが、出身地でもないのにね。なんでなんでしょう。。。

foiegras01.JPG foirgras06.JPG

コロンナータ産のラードというのは、ピサの北部、大理石の産地カッラーラに近いコロンナータ村で作っているラードで、熟成させるのに、その大理石の箱の中を使うんです。そうするといやみのない、溶けるような真っ白なラードができるってわけ。最近ここのブログにもそのことが書いてありましたよ。


まず試食の代表者は、やはりオーナーですね。(笑)

foiegras02.JPG foiegras05.JPG foiegras04.JPG foiegras03.JPG

一人で写真に撮られるのがあまり好きではないので、なんだか笑いをこらえつつ。。。の横顔がイグアナチックなアブデル。(笑)ラードの絶妙な塩加減と、前の日からこの試食のためだけ作っていたデミグラスソース、上の自家製赤玉ねぎのモスタルダがなんともいえなく絡み合って。。。。


とにかくおいしゅうございました。なぜか最後の最後までナイフとフォークを離さずにいたのは、あたしですが、何か?(笑)魚のメインはオマール海老だそうです。こちらの試食会もぜひ開催、期待してますよ、シェフ!(爆)かわいい大晦日のCENONEのメニューかわいいこちらからご覧いただけます。シャンパンでみんなで乾杯しましょーねー!


追記)クリスマスは通常メニューですが、先日パラパラめくっていた雑誌で「ブッシュ・ド・ノエル」を見つけたあたくし。
フランス料理のスイーツですが、そんなことはどーでもよいっ、とシェフの背中越しについて回って「これ、食べたい、これ食べたい」と念じたら、どうも作ってくれそうです。(笑)あ、もちろんお客様ようにですよ。なので、皆様お楽しみに♪

posted by yossy at 22:16| ローマ | Comment(4) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

そりゃあ、もう。。。

おいしゅうございましたわ。何がって?

そりゃ、お寿司ですよ、お寿司!!!!


今回はまず、ちゃんと賄いであたくしたちで試食させていただきました。(笑)毎日、食べたい、食べたいって後ろからついていって呪文を唱える言ってるとちゃんと作ってもらえます。(爆)

serata_giapponese01.JPG serata_giapponese02.JPG serata_giapponese03.JPG serata_giapponese04.JPG

お寿司があるのに、リゾットも。(笑)いちおうアブデル生魚が苦手な人もいますからね。肉食派にも喜んでもらえるように、がっちり煮込みもご用意。まず、あたしたちがしっかりおいしいもの食べてからサービス!ってのが、まかないシェフサスライシェフのモットーです。(爆)しかしこの夜は、和食だけで予約にはすでに30人以上。しかも、みんな来るのが同じ時間なのはいつものことで、この時間は嵐の前の静けさ。。。


とりあえずおいしい賄い食べ終わり、仕事スタート。

serata_giapponese05.JPG serata_giapponese05.JPG

気合の入るアルセン。チマチマと何を作ってるかっていうと、てんぷら用の大根おろしに生姜をのせてました。(笑)いっぽう大将はというと。。。

serata_giapponese08.JPG serata_giapponese07.JPG

必死に巻物やっていました。それをチラミのサスライ親方!(笑)


serata_giapponese09.JPG serata_giapponese10.JPG serata_giapponese11.JPG serata_giapponese12.JPG

その眼力もものともせず、ひたすら巻く男。(笑)あたし、裏巻きって作るところ初めて見たんだけど、くるってできちゃうのね。。。(のりへいちゃん、あなたはすごい!)巻いて、切る、巻いて、切る。予約人数分くらい巻き終わったところで、一斉にお客さんも入ってきました。

serata_giapponese13.JPG serata_giapponese15.JPG

師匠と弟子(どっちが!?)の共演!野菜と海老、ホタテの天麩羅です。盛り付けまで、大将、気合が入ってますねぇ。今回は常連であたしのFB仲間のクリスティーナから「和食未経験なのっ!生魚食べたことないし、不安一杯なんだけど、でもトライしたいのよね。。。」っていうメッセージをもらっていて、それを聞いた大将、そりゃぁ気合が入るってわけですよ。だって、これって日本の文化の一部を知ってもらう大事なチャンス、これで好きになってくれたらうれしいじゃない?しかしダメだった場合、一生これでお寿司食べないことにもなりかねないので責任重大だったりもするんだがね。。。(笑)

そしてこのあと、今度は握りの準備へ取り掛かる大将。このあと大将、あまりの忙しさにここに釘付けでございました。それなのに普通のお客も(友達とか)この日に限ってガンガン入ってくるし。。。(汗)まあ、貸切ではないので、普通のお客様も普通に入ってくるのは当たり前なのだけどね。みんな他の人たちが和食食べてるので「あれはいったいなんだ?どうしてあんなの食べられるんだっ!!!」と質問の嵐。いやー、和食食べたい人、多いのねー。和食食べてるお客さんからもたくさんのご質問。まず今回は割り箸も用意したので、箸の持ち方講座から!(笑)お寿司の次はアサリのお味噌汁とカジキマグロの照り焼き。この照り焼きが、とにかくふんわり柔らかくてと、これまた大絶賛。魚だけは箸からフォークとナイフに持ち替えていたイタリア人に、箸でお魚を食べるにはどういうふうにするか教えたら、これまた感激!(爆)そして付け合せの野菜のグリルにちょっとだけかけた秘伝の焼肉のたれが大好評。イタリア人、焼肉のタレ好きです。きっとお土産にはこれとゴマドレッシングがいいのではないかとおもいます。まじで。

そして〆。今回のデザートは水羊羹とフルーツ牛乳羹。豆を甘く煮たもので作ったものって説明するときっとひくだろうな、って思ったので、だまって出したら、みんな食べてました。(笑)あとで何だったの?ってきかれて「豆!」っていうと、みんな驚いていましたけどね。やっぱり先入観ですよ、まず、食べてみましょう、これ大事!


今回のお品書きはこんなかんじでした。

serata_giapponese16.JPG serata_giapponese19.JPG serata_giapponese20.JPG serata_giapponese23.JPG serata_giapponese21.JPG


かんじんのクリスティーナはというと、細くてちっちゃくて、いつも食の細い彼女なのですが、ほぼ完食!お寿司の生魚も全部たべてました。「いやー、感激したわっ!自分でも信じられないわっ!!!」と興奮しておりました。キッチンがあまりにも忙しくて、直接そのことを大将たちに伝えられなかったのが残念っだんだけどね。でも、ツワモノもおりまして、女性がふたりほど、キッチンへ入って「あなたたち、サイコーよっ!!!ほんっとにおいしかったわ!!!!!次はいつ?」と次回の催促をして帰りましたけどね。(笑)残念ながら、前回のようにチューキスマークはなかったようですが。。。まだ、修行がたらんのぉ、大将。(爆)
ってなことで、大将がベルコーレでの修行が終わる3月までにもう一度、今度はBacioキスマークキスマークキスマークゲット!を狙っていこうと思います。よろしくっ!(やっぱりこの場合、ホールでお寿司握ってもらうのが一番かしら。。。)


<おまけ>

serata_giapponese22.JPG

ちょっとだけ残ったお寿司をサービス終了後キッチンでまた頂きました。この日、皿洗いにアルセンの従兄弟が来ていたんだけど、彼もお寿司なんか初めて。はじめは恐る恐るだったけど、一口食べてみてうまかったらしく、そのあと、暇さえあればサーモンだけガツガツたべてました。(笑)

いずれにしても今回は大変幸せでございました。
posted by yossy at 06:18| ローマ ☁| Comment(3) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

クリスマス仕様&大晦日ディナー@Belcore

今年は不況だからか、10月からすでにクリスマス商戦が始まっていたフィレンツェ。11月の終わりから、道にはイルミネーションが点り、そしてレップブリカ広場にもクリスマスツリーがでてました。ってなわけで、ベルコーレもクリスマス仕様に!

natale_allestimento05.jpg natale_allestimento02.jpg natale_allestimento03.jpg natale_allestimento04.jpg

スタイリッシュなおしゃれ系でも、パーティ系でもなく、どちらかと言うと、おうちでする飾りつけみたいな感じですがね。(笑)窓辺のささやかな(爆)豆電球の電飾も、暗いフィレンツェではとっても風情があるのですよ。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)なんというか心に沁みいるかんじね。

ベルコーレ、クリスマスクリスマスは昼も夜も開いております。毎年のごとく、とくにメニューは設けずに、アラカルト+クリスマスっぽいメニューでやります。イタリアのクリスマスは家族と過ごすのでお店も閉まってしまい、街中も結構シーンとしちゃうので(厳粛な感じで好きですけど)ちょっとさびしかったりもしますので、一緒に楽しくクリスマスお祝いしよう!!!って具合でお気軽においでくださいね♪

そして今年の締めくくりと来年の幸せを祈る大晦日のCENONEですが、こんな風になりました!

cenone201002.jpg

密談中のアブデルとサスライシェフ。今年は、初めてのサスライシェフ仕様CENONE@ベルコーレです。ミシュランにも載ったことだし(笑)不況なんか吹っ飛ばせ!と豪華絢爛系になっております。食材もうちでは初めてなものもあり。(笑)とりあえず絵は完成しております。しかし毎年怒涛の年越しディナー。すでにヨーロッパ各地、そして海を渡ったアメリカからも問い合わせがきてるんで、今年はいつにもまして戦場になる予感。。。(恐)まぁ、まだ予約はないですけどね。(爆)

cenone201003.jpg

CENONEは21時から。もちろん年越しもみんなで一緒に!!!そして今年は乾杯用のシャンパンもついてのお値段になっています。あと、もしも広場でワイワイイタリアの年越しを経験したいので、早くご飯食べたい方には18時半から20時半にミニコースにワインをつけてご提供します。詳しくはこちらまで。今年は、実は若返ったフィレンツェ市が予算をどこからか工面して、主要な広場でJAZZやロック、そしてクラシックの無料コンサートを企画しています。それにくわえて、イタリア国鉄とのコラボ(なのかな?)で、サンタ・マリア・ノベッラの駅前広場でLucio Dalla、Irene GrandiにNegritaが21時半から順次1時間くらいずつライブするんだって。終わったら電車でボローニャに移動とかいう、なんともゲリラライブ。電車が遅れることがあったら(遅れるのが当たり前だから)どうなるんだろう?むかーーーし見ていたベストテンで、中山美穂とかが新幹線の乗り換え時間にホームで歌って、途中でさよならーーーってことになってみたいになるのかな。(笑)今回、会場まで徒歩1分ですが、抜けられないよね。せめて音聞きたいけど、ドアあけっぱなしだとお客さんから怒られるよね。。。ああ。。。と意気消沈していたら「yossy、この人たちのファンだったの?」とサスライ氏。いえ、そういうわけじゃないけどさ。(爆)でもなんか行きたいじゃんね。


cenone201001.jpg

ということで、年越し、うちらと乾杯したい方!この人たちと飲んだくれたい方(笑)ぜひご予約お待ちしております。(この日ばかりは要予約です!)

<おまけ>
ベストテンの話とかしたけど、わからないっていう世代も結構いるのよね。先日アルセンのこの顔を見て

homooda.jpg

「保毛尾田だ!(とんねるずのみなさんのおかげでタカさんがやっていた保毛尾田保毛男のことですよ。覚えてます、皆さん。。。)」って言ったらシンちゃんが「ダレデスカ?」と。「ゼンゼンワカラナイッス」って言っていました。ああ、これがジェネレーションギャップ。日本の企業とかで働いていたらもっと普通のことなのかもしれないけど、なんだかここに来てびっくり。


年とってるってことですかねぇ。。。(爆)



posted by yossy at 22:56| ローマ | Comment(7) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日Serata Giapponese

今夜は和食@ベルコーレ。満員御礼、ちょっと定員オーバーです。ああ、夜の賄い、お寿司を出せとは言いません。でもお刺身とか、アサリのお味噌汁とか、それくらいはあってもいいんじゃないかと。。。(笑)それにしても初シェフのシンちゃん、むちゃくちゃ気合はいっています。今朝は手下のサスライシェフは、レストランを開ける為に30分はやめのご出勤。(爆)昨日もちゃんとアブデルと魚を仕入れに行っていました。

seratagiapponese02.jpg seratagiapponese05.jpg

しかしアブデル、シンちゃんがちゃんと人数分考えていってるのに「大丈夫???やっぱりもう一匹ずつ買ったほうがいいんじゃない?」といつもの心配性。これだからいつもああ、お金が足りない、とかいうことになるんです。。。(爆)

seratagiapponese01.jpg

さて。昨日は賄いもそこそこに、まずデザート用の水羊羹にとりかかるシンちゃん。水羊羹って作れるのね。。。昔仲良しのイタ人で、羊羹大好きな人がいたのだけど、「羊羹の作り方教えてくれ」って聞かれて「いや、羊羹は家では作らないんだよ、買うもの!」と断言したことがあったっけ。。。いやー、この場を借りて訂正。どうも作れます。(笑)

その間この人は自分達用の賄いデザート作成中。(爆)

seratagiapponese03.jpg

そんなことはいいとして。(笑)昨日は結構ばたばたと忙しいディナータイム。アルセンがいなかったので、二人で戦場のような3時間を終わらせたあと、シンちゃんはまたもくもくと仕込み。そしてその間、手下サスライ氏は黙々とお掃除。(爆)

seratagiapponese04.jpg

いやぁ、この人、サスライシェフと傾向が似ていますね。(笑)仕事が、なんというか、綺麗というか遊びがあると言うか。ちょっとした細工が心憎いと言うか。明日の盛り付けが楽しみです。ちなみに彼、カボチャ、もとい、ジャガイモの彫刻にはまっていまして。毎晩夜な夜なジャガイモ彫ってるんだって。しかも小鳥とか、メルヘン・ファンタジーな世界が炸裂!残念ながらジャガイモってすぐ黒くなっちゃうから、今夜飾れるかはわかりませんが、あったらうれしいなぁ。

seratagiapponese06.jpg

もうひとつのフルーツ牛乳羹は(やっぱり小豆はイタ人の好みが激しくわかれるので。普段たくさん豆を食べるだけに、逆に豆が甘いってのが苦手なんですよね。)クリスマスツリーみたいなキラキラな感じで。

seratagiapponese07.jpg

サスライ氏、マイケルとなる指示を出してる図を撮ってくれ!と要請。でもシンちゃんが笑ってるからねぇ。笑いの絶えない、いや、笑いすぎのベルコーレキッチン組み。もういいよ、っていってるのに、さらに続けるし。。。

seratagiapponese08.jpg seratagiapponese09.jpg

せっかくなので載せときます。(笑)

ああ、どうせなら法被とかほしかったわ。。。。
posted by yossy at 22:12| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ご期待にお答えしてCENA GIAPPONESE!

実はうち、ホープがおりまして。この方です。

shin01.JPG

和食の料理人を経てイタリアに来て7ヶ月目、10月末から春までうちで見習いのシンちゃん。サスライシェフ率いるサーカス団ベルコーレ料理人チーム兼カボチャチームにも参加。(笑)

で、以前からアブデルがサスライシェフに「SERATA GIAPPONESEしてくれ!」ってお願いしてた(のに知らん振りしていた。爆)ので、今回はホープにお願いすることに!!!!そしたら、シェフを真似てかどうかは知りませんが、あっという間にイラスト入りのメニューを考えてくれまして。素晴らしい師弟関係!(笑)でもそこで「いやー、やっぱ和食はお品書きでしょー」とサスライ氏のダメだし。つーか、それはキミが「鉄人」見すぎなんでしょ!!!

ってことで、お品書きも作ってくれました。しかもさっそくきゅうりの飾り切りまで。。。まったくもって恐れ入ります。

cena_giapponese01.jpg

しかもこのときデザートが考え付かなくて、翌日オヤスミだったシンちゃんに「明後日までの宿題ね♪」と言っていたんですけど、翌日仕事に行ったらサスライシェフがこれをもってきてくれましてね。

cena_giapponese02.JPG

休みなのに、新しく全部(絵も!!!)書き直して、持ってきてくれていたそうです。さすがホープ!!!ちがうねー!!!!字もなかなか達筆だし、何よりもこのやる気が素晴らしい!ということで皆様、12月5日(土)にベルコーレで“和食とシャンパン三昧の夕べ”を開催します。メニューはこちら

Menu`

TEMPURA MISTA di Gamberi, Capessante e verdure

Nighiri-sushi (Tonno, Salmone, Sogliola...ecc), California Roll, Temari -sushi

Teriyaki (salsa di agro dolce con soia) di Pesce Spada

Buddino di latte alla Giapponese con Frutta Fresca


Vini

Crèmant de Bourgogne Pierre Ponnelle Brut Rosè
Champagne Laherte Frères Brut
Piere Sauvignon 2007 Vie di Romans
Zibibbo ALAGNA

50EURO

Prenotazione ENTRO il Venerdi 4 Dicembre


chef01.JPG chef02.jpg

当日は左が親方、右が手下になりますので。(笑)
posted by yossy at 09:21| ローマ | Comment(3) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

ABBIAMO COMPLETATO LE OPERE!

昨日25日発表になったイタリア版ミシュラン。発表のニュースはネットでチェックしていたんだけど、星つきレストランの情報しかなし。当然ですね。(笑)いろいろ読んでいたら、トスカーナ、どんより曇り空のようって。三ツ星はフィレンツェのピンキオーリのみ。二つ星にレストランがひとつ昇格で、計3店。去年まで二つ星だったはずのテンダ・ロッサも一つ星。一つ星は昨年までサスライシェフが腕を振るっていたイ・サロッティを含む17店。そして、一つ星を失ったレストラン一軒、2010年は星をもらえるはずと予想されていた5店の星は見送られ、そしてトスカーナの名店ガンベロ・ロッソ(二つ星)をはじめ、これまたサスライシェフが引き抜かれる予定だったモンタルチーノのカステッロ・バンフィなどこの不況にあおられて、5店が閉店という現実。ガンベロ・ロッソはどうも理由が違うらしいけど。うわさではシェフの浮気がばれて共同経営者の奥さんに追い出されたとか。。。(爆)実は去年の12月くらいには閉まっていたらしい。(驚)

そんなことはさておき。

本日発売ということで、工房をちょっと早めにでて本屋さんへ直行!!!積んでありました、真っ赤なMICHELIN。。。袋が開けてあるのを手にとってみたら


あったーーーーーー!!!!!!!!

Michelin2010_02.jpg

おかげさまでベルコーレのミシュラン掲載でございます。もちろん、うちじゃ星は無理がありますので(まず基本の設備のところでダメでしょう。あとサービスの人間も少なすぎの40席に対して二人だし。爆)それは期待しないとして、初めての掲載でフォークとナイフのコンフォートマークが二つ。評価も「理想的」なメニューと内容ということで◎!


ってことで今日はお祝いしました!

Michelin2010_01.jpg

アブデルからヴェネトのワインIl Rosso dell'Abazia(Serafini & vidotto)の1997年を。なにせ開店前の賄いの時間に飲むのでシャンパンじゃさすがによっぱらってまずいだろう、ってことで。(爆)このワイン、2006年のものはガンベロ・ロッソの2010年度トレビッキエーレ受賞ワインです。

ちょうど遊びに来たレプブリカ広場のジュベロッセで働くカーネルサンダース陽気なローマ人、ロモロもおこぼれに預かり(爆)楽しい賄いの時間になりました。思いっきりサービス中顔が赤かったのはあたしですが、なにか。。。(笑)

いろいろありましたが、今年は雑誌というか、そういう掲載ものに恵まれていたベルコーレ。ミシュランだけではなく、ガンベロ・ロッソもエスプレッソも軒並み評価UPだったしね。まあ評価が上がると言うことは、お客様も増え(てもらわないと困る。。。爆)、そのぶん期待値もがっちり上がるから、来年からが本当に勝負なわけだけれどもね。でも、お料理がおいしいということは当然のことながら、ほっとする、一人でも、毎日でも立ち寄りたくなる、心にも体にも優しいレストランでありたいな、そしてやっぱり今とかわらないということがいいのかなと思いつつ、祝杯のビールを飲んでるところです。(笑)


posted by yossy at 11:08| ローマ | Comment(5) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

Special dayに!

お料理のことがほとんど出てこないこの人↓のブログですが。。。

tiramisu_festa01.JPG


12月半ばまでスタッフ一人バカンス中につき、休みなしで働いております。ほんと、ご苦労様です。。。そんなサスライシェフにここのところ、日本から新婚旅行でベルコーレにお食事にいらっしゃる方へスペシャルサプライズのミニケーキのリクエストがありまして、お二人のためにお食事の後でも楽しんでいただけるミニティラミスを用意してもらっています。

tiramisu_festa02.JPG tiramisu_festa04.JPG


お皿の上にシンプルにチョコレートでメッセージつき。ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)コースのあとの、かなりおなか一杯の状態でのデザートとしてのドルチェですのでね。シンプルにいかせていただきます。(笑)

tiramisu_festa03.JPG


お誕生日とか、ありがとうとか、愛してるとか(笑)、結婚しようとか(爆)いろいろサプライズさせたい方、事前のリクエストが必要ですが(やっぱり1週間は余裕がほしいかな)こういうこともできますんで、ぜひご利用くださいませ。



posted by yossy at 21:36| ローマ | Comment(4) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

Gambero blu?

今日で京都からの派遣職人さんの3週間にわたるトスカーナでの研修も終わり。実質のプロジェクト自体は昨日で終了、今日はご挨拶と、午後からStazione Leopordaで開かれている修復の展示会に行くことになっていたので、相棒メイちゃんにお願いして、家にいます。というのも、やっぱりが出た。(笑)いやー、IL VENERDIの恩恵はまだまだ続き、特に週末は3日連続満員プラスの週が3回も続くと、疲れががっちり翌週に持ち越され、しかも派遣先のデザイナーのおじさんは風邪ひきまくりで、しっかり移ったようでして。。。今日はおとなしく家で寝ておくように命令されております。さっき昼ごはんに納豆ご飯食べて、後藤散のんで(あ、後藤散って九州でしか売ってないみたいね。。。ちなみに風邪薬です。)寝る体制です。今夜もすでに20人は予約はいってたので、満員街道まっしぐらのようですし。。。(汗)


さて、一昨日、例年より一ヶ月くらい早く、イタリアのレストラン格付けガイドとしては多分一番有名なガンベロ・ロッソがでました。

gamberorosso01.JPG gamberorosso02.jpg

でも今年はなぜか青いガンベロ・ロッソ。。。(ロッソは赤なので、いつもは赤いかんじなのよ)編集チームが一新したからなのかなぁ。で、うち、今年もおかげさまで入っておりました。アブデル、おとといこちらで会った友達で、先日発売のエスプレッソに寄稿したりしている人から「ガンベロのプレゼン今日なんだけど、ベルコーレのってたかなぁ?」みたいなこといわれて、ちょっとあせっていたみたいで(爆)、昨日の発売日、夜、あたしのチャリをかりて、サービス中にもかかわらず、本屋までダッシュしてきました。

ベルコーレ、今年は1点UP↑の74点、あがったのはもちろんキッチン。おめでとう。しかも今回はシェフの名前も間違っていなかったし。やー、これでやっと晴れてちゃんと全国区。(爆)

gamberorosso03.jpg


しかし間違っているところはありまして。うちの予算、ワイン抜きで70ユーロなんてでてました。(爆)調査員の人、どれだけ飲んだり食べたりしたんだね???コースが45ユーロなので、それ食べて、さらにTボーンステーキ食べなきゃ、その値段にはならねーよっ!!!なんですがねぇ。ほんと、こういうチェック、やらないのかな。。。エスプレッソも平均予算は50ユーロ、なのにコースは35ユーロって、思いっきり逆に書いてあったし。ちなみに平均予算というのは、たぶんアンティパストかプリモどちらかにセコンド、そしてデザートくらいが入るかんじだと思われるんですよ、通常。

なので、皆様、今一度お知らせしますが、ベルコーレの平均予算は35から40ユーロ(ワイン別)でコースだと45ユーロですので、ご心配なく。(笑)現在金曜から日曜までの3日間は予約入れてもらったほうが安心です。週の半ばについては、飛び込みでも大丈夫です。


posted by yossy at 22:58| ローマ | Comment(3) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

IL VENERDI' E L'ESPRESSO

お休み中なのですが、ビッグニュースなので、UPです!


実は今年もイタリアのレストラン格付けガイドが出る季節になってきたのですが、昨日発表された、この手のガイドブックで一番はやい「L’ESPRESSO」にBELCORE、13点で掲載されました!\(≧∇≦)/

シェフが変わったときって、こういう格付けガイドブックには載らないことが多い(載っても点数なし)のですが、ちゃんと評価してもらえました!よかったぁ。。。ただ、値段が、デグスタチオーネのコースと通常平均いくらかかるっていうのが逆でしたけどね。。。まったく誰かちゃんと校正チェックしないんでしょうか。あれ読んで、うわっ、高いかもっ!!!なんて思わないでね。値段は据え置いておりますので!(笑)


ILVENERDI.jpg

そして、今朝は全国紙レプッブリカに毎週金曜日についてくるIL VENERDI`という雑誌にも掲載されてました。YE━゚.+:。(≧ω≦)ノ゚.+:。 ━S!!(クリックすると大きくなります。イタリア語です。)
この前話したとおり、このことは知っていたんだけど、いかんせん、イタリア。(笑)というよりも、この掲載の件については、編集長のおじさんが、タダ単に食べに来ただけだったのに、チョー満足だったので、じゃ載せるよ!っていう、口約束みたいなもんだったから本当に記事が掲載されるまではどうなんだろう???だったわけですよ。朝一番で買いに行ったら(←シェフが。笑)ちゃんと写真つきで載っていました。しかも今回は、あたしの名前も載ってまして。。。(笑)お店の紹介もとてもいい評価で書かれていてこちらもほっとしましたよ。インターナショナルな人材で、クオリティーの高いトスカーナ料理&芸術的なクリエイティブイタリアンをだす、サービスも丁寧で正確、だそうで。。。



評価に負けないようにがんばりますんで、暖かく見守ってくださいね。(笑)よろしくっ!!!



posted by yossy at 18:54| ローマ ☀| Comment(4) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

食欲をそそるアンティパスト

雨が降って一気に秋らしくなったわーなどと言っておりましたが、アレは間違いでした。暑い!!!!!昼間は半そで、いや、もしかしたらノースリーブでもいいくらいかも。なんなのでしょうね。あれっきりまた雨は降らないし。ポルチーニはいつになったら採りにいけるんでしょうか。。。


さて。やっとこさアンティパストへ遡る事ができました。オメデト!

quiche.JPG baccala.jpg bigne.jpg passatelli.JPG coniglio_terrine.JPG

まずベジタリアンメニューで野菜のキッシュ、トスカーナ産フレッシュペコリーノチーズソースから。温野菜のぎゅっと詰まったキッシュです。ランチに最高ね、これ。次はちょっとつまむのに最高のマジョラムと干しタラのムース、ポテトチップ添え。ポテチはその場で揚げています。(笑)以前も干しだらムースあって、大人気だったのですが(特に乳幼児に人気だった。。。笑)パワーアップしてますよ。先日は、お任せっ!といわれてこれを出したんだけど、本人、実は干しダラ大嫌い。でも何が何かわからずに(つーか、出したときに説明したんですけどね。人の話は聞かないイタリア人。これがよかったわけよ。爆)食べたら、おいしっ!!!!おかわりしたい!!!イッタイこれは何?ってはなしになって、種明かししたら「ええええっ!!!!驚」ってなったわけですよ。こういう人多いね。(笑)昨日も絶対他のところではレバーのパテ食べないけど、うちのだったらお椀一杯食べてもいいわっ!っていう人いたし。いいことです。好き嫌いの無くなる店、ベルコーレ。(笑)さてお次は、シタビラメのフリット、きのこのソテーとトマトソース。これもその場で揚げているので、さくさくっと、ぜんぜん脂っこくありません。ちょっと辛いトマトソースに今が旬の茸のソテーをあわせてあります。白ワインが進みますねー。(笑)お肉のアンティパスト一品目は牛肉のパッサテッリ、赤たまねぎのモスタルダとコロンナータ産のラード。いったいこのパッサテッリってなんでしょう?って思ったのだけど、エミリア・ロマーニャ州、ウンブリア州の一部で、お祝いのときにつくるお料理だそうです。牛肉にろんなハーブやチーズを混ぜ込んだものをにゅるにゅるっと搾り出してお湯にくぐらせたもの。これに自家製赤たまねぎのモスタルダが合います。個人的にはラッキョウの味がするんですけど、このモスタルダ。。。(笑)そしてこれ、最強のウサギのテリーヌと野菜のクスクス、フェンネルのソース。やわらかーーーーい、ウサギのテリーヌです。ウサギってこんなにやわらかくなるの?と目からうろこらしいです。これを食べた例の農場のスタッフは例のバンケットでぜひぜひこれを!と御所望されていました。あのときは、ブッフェだったので、形を少々変えてお出しして、そちらも大人気だったそうですよ!


メインが来るまでの時間を存分に楽しんでくださいませっ!!!アンティパストだけ食べるのも、ありです。(笑)



posted by yossy at 20:23| ローマ | Comment(3) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

秋のプリミとちょっとお知らせ

ちょっと前は雨ばかりで、セーター引っ張り出さないといけないかな、と思うくらい肌寒かったフィレンツェ。でも先週半ばは、昼間は夏の陽気で汗ばむくらいで、シルバーウウィークに日本からいらしたお客様はみんな驚いていらっしゃいました。天気がいいのはよいことなんだけどもさ。でも、おかげであたしの周りは風邪気味が多し!かくいうあたしも病弱なので(笑)、ご多分に漏れずのどがちょっと痛いような。今、うがいして薬のんで寝たらいいかも!と、午前中はおとなしく家で過ごさせていただきます。(←最近はこうやっていつも家にいるような。。。爆)


さて。プリモの写真が出揃いましたっ!

zuppa_ceci.JPG risotto_capessante.JPG tortelli_zucca.JPG cannoli.jpg tagliatelle_castagne.JPG

いつものように左上から、パイ生地を崩したとたんにふわぁぁぁぁっといい香りの立ち上るパイ包みのひよこ豆とポルチーニ茸のスープ。そろそろポルチーニの季節です。ちょうどこの雨がふった後に暖かい日が続いているので、きっと今週末くらいはポルチーニ狩りもいいかも!具沢山で、ランチだったらこれ一つでもいいくらいかもなぁ。そしてホタテとクルミのリゾット、コリアンダー風味。これ、結構でてますねぇ。ホタテとくるみの食感のコントラストと、このコリアンダーの風味がさっぱりの一品。お次は甲イカとエビを詰めたカカオ風味のトルテッリ、かぼちゃのクリームカボチャのポタージュのようなのに浮かべてあるこのトルテッリ。このカボチャがおいしいわけですよ。(笑)それだけくれっ!ってかんじで。仕込が常に追いつかないほどオーダーの多い一品です。お肉の一つ目は雛鶏のラグーのカンノーリ、豆のソース。これ、見た目がすごい!(笑)なんかヒラヒラがついてるんです。ライスペーパーを切って、揚げてあるんだけど、盛り付けるときにこれがなかなか立たない。。。(爆)すぐ折れるし。忙しいときは、あたしも盛り付け手伝うんだけど、これけっこう大変なんです。。。(汗)中身は雛鳥のラグー。昨日賄いで、ちょっと食べさせてもらったんだけど、おいしかったっ!!!!ふた皿ぶんも食べてしまいました。。。そして最後は栗のタリアテッレ、オレンジ風味のウズラのソース。いわゆるトスカーナの秋の味覚「カスタニャッチョ」という栗の粉を使った甘くないお菓子のパスタ版です。栗の粉で作ったタリアテッレに、松の実、乾しブドウ、ローズマリーとクルミ、そしてウズラのローストを添えています。昨日は仲良しのジュエリーデザイナー二人組みKiyoちゃんとkiyoraちゃんがお友達と来てくれましたけど、このパスタ、なかなかはまったみたいでした。まあ、彼らがはまったといえばやっぱり「鴨ネギ」で、追加オーダーまでしてもらいました。(笑)


そういえば、先日のランチにGIANNI MURAというイタリア全国紙La Repubblicaのジャーナリストが来たみたい。

Gianni-Antonio.jpg
(この向かって左側の人)

山のように体のでっかいおっさんで、一人で予約していらして、アンティパストからチーズにデザートまで(しかもプリモはふた皿)お召し上がりになり、ワインもしっかり一本あけたんだけどさ。実は違う名前で予約してあって、その予約の名前に見覚えがあったアブデルが話かけたら「いや、実は。。。」みたいな話で、自己紹介したみたいなのね。すっごく有名な人らしいけど、アブデルは知らなかったから(笑)話をあわせてたら、うちのレストランのこと根ほり葉ほりきかれたらしく。政治評論家だけど、食に関してもいろいろと記事を書いているようですね。あたしの名前まできかれたそうですが。。。(爆)お料理もレストランもいたくお気に入りのご様子だったようでよーござんした。2,3批評されたみたいですけど、おっさんMuraさんいわく「気に入らないレストランは、ご飯を食べたら、さっさと金払って、黙ってでてくんだ!」だそうで、ご批評いただけたのはなにか心に留めてくださったからということだそうです。でね、後日連絡があり、おっさんRepubblica紙のカメラマンがうちを撮影に来ました!!!ランチだったので、あたしはいませんが。(爆)

で、この写真、Repubblicaが毎週金曜日にだしているIl Venerdiという雑誌にのるっぽいです。10月9日発売のやつの予定ですが。まあ、予定なので、載ってるのをみないと、ちょっと信じられないけどね。(笑)しかもどういう記事になるのかも不明だし。。。(爆)200枚くらい写真撮っていたらしいですけど、載るのは一枚だけらしいですよ。


10月9日に載ってたら、記事UPしますんで。(´ェ`*)ウププ


<おまけ>
キッチンにカメラをおいていたら性懲りもなく、こんな写真が撮られてました。。。

grulli.jpg


posted by yossy at 17:54| ローマ | Comment(4) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

初秋のセコンドからどーぞ!

メニューが初秋の装いに変わってからもう一ヶ月たとうとしております。その間、かぼちゃやら、写真撮ろう!と思った日に限って忙しかったり、時間はいっぱいある日にはカメラを持っていなかったりと、なかなか新しいメニューの写真を撮り終えられなくてね。まあ、あたまから写真を撮ることがすっかり抜けていたことのほうが多いか。。。(爆)ということで、まだとり終えていないのすよ。あ、いつものことなので、皆様あまり驚いていないようですね。。。。(大苦笑)なので、また順序は逆からいかせてもらいます。アシカラズ。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>


では食欲の秋にふさわしいセコンドのご紹介っ!


tournedos.JPG dentice_earlgray.JPG filetto_maiale.jpg cinghiare.jpg anatra_affumicata.JPG

左上から、お魚メニューふたつ。なんだか見た目にポップなあんこうとサーモン、キャベツとポテトのブルステンゴ。ブルステンゴってアブルッツォのお料理で、キャベツのポテトサラダみたいなものなんだって。そして次はマダイのローストとほうれん草のソテー、アールグレイのソース。この意外なアールグレイと魚のうまみのぎゅっと詰まったソースがおいしいじゃないのっ!と大好評。そしてお肉メニューは、まずペコリーノチーズを詰めたポークフィレ、ビエトラとベリーのソース。シェフの得意なフィレにビエトラという葉っぱものの野菜をまいて、さらに網状の豚の脂肪でまいて、ってやつ。フィレのあっさりだけどやわらかな歯ごたえに、これで深みとまろやかさをくわえて、色鮮やかな野菜の付けあわせとベリーのソースがキュート!ちょっとおとぎ話っぽいイメージ。次は秋から冬にかけてのトスカーナの定番キャンティワインで煮込んだイノシシのシチュー、ポレンタのフリット。これからはイノシシの季節ですもんね。狩ももう解禁になっていますし。しかしこれ、イノシシもおいしんですけどね、付け合せたポレンタがむちゃくちゃうまいっ!!!!!いったい何が入ってるんだ?とお客様から聞かれますけど、ポレンタ(とうもろこしの粉)と水だそうです。カリッとあげたポレンタはとうもろこしの味が香ばしくて最高なのですよ。ちなみにポレンタも、普通のポレンタの粉です。(笑)で、最後は待ってました!鴨のスモーク、ネギとバルサミコソース添え。これ、鴨葱なんです。でも日本人にしか通じません。。。(爆)ちなみにキッチンでスモークしています。かみ締めると最後にふわっと広がるスモークの香り!!!この葱のソースがおいしいそうです。この前来てくれて鴨を食べた靴屋のショウコちゃんに「ぜひ葱のソースで食べてくださいっ!!!!!」と力説されてしまいました。シェフ、ぜひ、ソースつきで一口ください。(爆)


いやぁ、おいしいものがあると食欲の秋っていいよね。これをどうやって食べるか(あたしが)いろいろ策を練らなければっ!またしてもyossyとランチに一緒に行きたいわっ!っていうかた募集中!?(笑)ご連絡あれ!

posted by yossy at 17:41| ローマ | Comment(2) | 本日のベルコーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。