2013年02月22日

県下一周駅伝→ランニング桜島

お久しぶりっ!皆様お元気ですか?すっかり有言不実行(爆)のYOSSYです。。。ま、いつものことですね。(笑)アンチエイジングのあとも何かとイベントが多くって、先週から今週にかけてはなんと、とあるお宅で9時間にも及ぶカレー&焼肉パーティをしたり、15年近くほっておいた親知らずをとうとう抜くことになったり、そして最大のニュースはさすらいシェフ弟が県下一周駅伝の伊佐チームの選手に選ばれましてね。もうその面白い(笑)経歴で新聞に載っちゃったりしたんです!!!

yoshinori.jpg

新聞にも載りましたけど、現在トライアスロンなどを精力的にこなすサスライ弟ですが、実は彼36歳の新人ランナーだったのです。さすらいシェフのFBのコメントは『わが弟の姿を見て「いい顔してる」と本当に思いました。4年前までネットゲームとタバコ、そして寝酒のウイスキーと引きこもりのような生活をしていた彼の表情とはまったく違います。皆さんからの応援を肌でうけ、「襷」という絆の重みを背負いながら一心不乱に走る彼の顔は今までの人生の中で本当に最高のいい顔をしています。明日4日目も志布志までの7区を走ります。明日は応援しに行きます。がんばれ弟、がんばれ伊佐チーム、がんばれすべてのランナー達へ』でした。ほんとあたしが知り合ったときはすでにトライアスロンを始めたころで、毎朝5時くらいには起きて走ったり自転車乗ったり、会社が終わるとさらに泳ぎにいく姿しか知らないのでほんとに信じられないんだけどね〜。そのサスライ弟、2日目のアンカーと4日目の7区を疾走。ちょうど4日目は仕込みの日だったので、急遽休みと仕込みを入れ替えて大隈の志布志近くまで応援に行ってきました。結果伊佐チームは最下位で、サスライ弟もなかなかタイムは伸ばせませんでしたが、ほんとうに彼だけではなく、全ての選手の皆さんの渾身の走りを目の当たりにしてなんか感動した今回の県下一周駅伝でした。ただ旗を振って沿道で応援するのとはやっぱり感じるものがちがうね。。。とにかく皆さん、お疲れ様でした!!!

でね、実はこの日曜はさすらいシェフ&チプレッソ☆キッチンチームがランニング桜島に出場します!!!!パフパフパフー!!!!これもいろいろありまして、出るの出ないの、二転三転、半ば無理やりあの二人を出場させた感じもありますが(爆)こちらもどうなるか楽しみなところ。。。お暇な方、ぜひ応援にきてくださいねっ!あ、さすらいシェフはなんとサスライ父、サスライ弟とともにハーフに出場。今、コースチェックして、ハーフの長さに驚愕してましたけどナニカ。。。。(爆x100)とりあえず完走してくれればいいかな、ですかね。あ、子分ふたりは10kmです。課長は準備運動は仕事中もやっていますが、実は一度も練習していないぶっつけ本番らしいです。(滝汗)ま、若さゆえの過ちもあるがな、って感じ?(笑)では皆様結果をお楽しみにねっ!!!!
posted by yossy at 02:16| 鹿児島 | Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

怖すぎるぅぅぅ〜!!!!!!!!! Σ(°д°lll)

2月1日ですっ!!!!もうすぐ立春、春近し。。。ですが、鹿児島をはじめ九州そして日本がやばいことになってるんですよね。(滝汗)ってか、うち、テレビないから、これ、どれくらいの報道になってるのかしらないんだけども。。。

大気汚染粒子きょうから増加か 中国から越境?

上のリンクに飛んだらビビルぜ。。。ここのところ喉がイガイガ始めてて、うわっ、風邪??と思っていたんだけど、もしかしたらこの影響なのかも!?!?(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!インフルエンザもまだまだ流行ってるみたいだし、とにかく手洗いうがいだわね。。。(滝汗)しかし怖すぎる。。。
posted by yossy at 08:37| 鹿児島 ☁| Comment(1) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

BUON ANNO 2013...VI AUGURIAMO UN ANNO SUPER FELICE!!!!!!

年賀状2013.jpg

皆様、新春明けましておめでとうございます!!!!本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いやぁ、明けましたねぇ。。。(笑)今年も笑い満載の年末年始を終えることが出来ました。。。年末最後の営業はランチで思いがけないハプニング再会や、お世話になった方たちがひょいっと入ってきてくれたり、もうイスをバタバタ動かして(笑)席を作ったりという感じでしたが、それを見て「チプレッソらしいねぇ〜♪」と感想を言っていただいたり。なんだかめっちゃ嬉しかったです、その言葉!!!夜はギリギリになって風邪でキャンセルや人数変更があったのだけど、とっても仲良しの方たちが今年営業最後のディナーをチプレッソで食べられないかしら?と偶然にも連絡してきてくださって、結局満員御礼、しかもかなりバタバタな(汗)夜となりました!お待たせしてしまったお料理もあって申し訳なかったですが、皆さんと語らえてなんとも楽しいシアワセな夜になりました。そしてサスライ大ファミリーとの恒例桜島での大宴会御正月&家族対抗卓球大会も無事に終わり、YOSSYファミリーと新年のおせち料理食道楽の昨夜も満喫し、さらにさらにあたしは2日の夜に高校の卒業20年記念の大きな同窓会で久しぶりに深夜3時近くまで天文館をうろつき(爆)、なんと翌日には一人で伊佐まで2時間近く運転してサスライシェフを迎えに行くという偉業を成し遂げ。。。とっても充実した御正月休みを過ごしたのでした。チャンチャン!(笑)

昨年はチプレッソも一周年を無事迎えまして、たくさんの人に支えられ、2012年も無事に終わらせることが出来ました。二度のカボチャの彫刻や伊佐での手打ちパスタ&手作りソーセージランチやチプレッソ☆キャンプもほんとうに楽しくってHAPPYな時間を皆さんと過ごし、そこからたくさんのご縁がつながっていった素敵な一年でした♪何よりチプレッソで過ごす時間をシアワセに感じていただけたことが私たちにとって最高にシアワセなプレゼントでした。また今年もたくさんの楽しいことを考えております。そして今年はイタリアへ秋くらいに行くぞ!と決意しておりますので(笑)イタリアで会える方々、ぜひぜひ待っていてくださいね♪♪♪

皆さまにとって今年「も」たくさん笑い、パートナーや家族、友達、つながっている全ての人と気持ちがつながってあたたかくなるSUPER HAPPYな一年が待っていますように!

buon anno 2013.jpg

YOSSY&サスライシェフ
posted by yossy at 21:13| 鹿児島 | Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

昨日の南日本新聞朝刊にチプレッソランチ@十曽こどもの森が載ってます!!!

BUONGIORNO!!!!
鹿児島県内で、南日本新聞をお読みの方、昨日の新聞に下の記事にも書いた「チプレッソランチ@十曽こどもの森WITHザルツェンライン」が掲載されています!!!!
ジャン!!!!!!!!!写真をクリックすると大きくなります。

チプレッソ@十曽.jpg

こども達もお父さん、お母さんたちも(のほうが?)めっちゃ楽しんだ一日。こういう場所で、環境問題、食育、あまりかたくなに考えず、すーーっと頭と体にはいってくる、そして何より美味しくて楽しい時間をすごせたのが最高によかったですよね!
ということで、この記事にも最後書いてありますが、さっそく夏キャンプの日程決まりました!!!(爆)
っていうか、こどもの森、今年は大人気なんですね。8月の週末はこの日しか宿泊場所を確保できなかったの。。。(汗)ギリギリセーフでした!

8がつ18(土)、19(日)日、「一泊十曽こどもの森@チプレッソキャンプ みんなで伊佐米のカレー食べるぞ!」です!!!!(笑)定員は40名くらいだと思います。あと押さえられたのがロッジ3棟(大人8人くらい宿泊可能、一泊9000円)とバンガロー6棟(大人5,6人宿泊可能 3000円)となっているので、家族ミックスでの宿泊となると思います。参加費用、内容などは6月になってから告知、募集かけますので、それまでしばしお待ちくださいませ!!!!!

それと、このこどもの森にも設置してあるピザ窯を計画、製作に携わった窯じぃこと前畑君が、先日KTSの番組で取り上げられ、その思いを、そしてこどもの森の夢を語っています!こちらもぜひご覧ください!!!!




posted by yossy at 10:12| ローマ 🌁| Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

あとちょうど一週間。。。

あの日まで、ちょうどあと一週間。

あたしはまだイタリアにいて、日本へ帰るためのじゅんびに追われまくっていた。シェフはシンガポールに出張に長期の行っていた。

そしてあの日が来て、更に一年がたった。

今日実家で見ていたNHKの鶴瓶の家族に乾杯では大船渡市がでていた。大船渡にはフィレンツェの有志グループから先日、この4月に小学校に入学する全ての子供達にピノッキオの鉛筆が届いている。大船渡の方たちはほんとうに笑顔が素晴らしくって、またここから立ち上がろうと、海から甚大な被害を受けたけれども、海からこれまで恩恵を受けてきたんだから、海とともにもう一度人生を立ち上げようと話していた。瓦礫も少しずつ撤去され、何もなく、まだまだ復興のスタートにもたっているかどうかだけど、でもその大きなエネルギーを感じることが出来た。

ピノッキオ鉛筆についてはこちらのブログで。 「手をとりあって。tewo toriatte」


一方福島は未だ、もちろんながら大きな問題の渦中にいる。復興できるのか、というよりも、今のこの状況を食い止められるのかという、今でもかなり切羽詰った状況が続いていると思ってはいるのだが、そしてほんとうは福島だけではなく、もっともっといろいろなことがあるのだろうけど、この前も書いたようにもうあまりみんな気にはしていない(ように見える)。あたしもそれに漏れず。日々の生活の中で、神経過敏になっていたってしょうがないのかもしれないのだけど、毎日の生活があの日を境に劇的に何かが変わったわけではなく、体の調子が悪くなるわけでもなく、普通に毎日を暮らしていると思っている。今年の夏には消費電力のことを考えると、やはり原発は再稼動させなければならないと躍起に全世界へ向けてアピールする政府、東電は何兆円もの援助をあっけらかんと政府に頼み、電気料金はがつんと値上げときた。しょうがない、っていう風向きが流れているのか。世界的にも、なんとなくやっぱり原発は必要と新規のプロジェクトが決まったりしている。ヨーロッパだけが過敏なのかしら?そのヨーロッパにあの日いたあたしは、やっぱりとてもとてもそのあたりが気になる。

本当に原発がどれくらい必要なのか?

原発を廃炉にするということはどういうことなのか?

今現在どれだけの人が働いていてどれだけリスクがあるのか?

農作物のほんとうの被害、そして風評被害の実態とそれに立ち向かう人たちのことは?

そしてそれを救うことができるのか?


とりあえず今夜読んだブログ。「原発収束作業の現場からある運動家の報告」

奇しくもこのことについて、農家の婿どのも書いてた


当たり前なのかもしれないけれど、結局金がついてくるわけだ。金とムラ社会。

以前youtubeで見た、1995年にイギリスで放映(日本では放映されていません)されたという番組「隠された被爆労働〜日本の原発労働者」。原発労働者の被曝問題のドキュメンタリー。これは福井原発は、通常の運転のために大量の労働者の被曝労働を必要とし、そしてそれを支えてきたのが、原発はクリーンであると信じていた、他に知識のない下請け労働者の方たち。通常運転でもそうなのに、今現在福島ではそれよりもずっとずっと過酷な状況で、何千人、何万人の人たちがいろんな動機、思惑であの現場を収集するために働いている。そしてその狭間で金だけを設けている人たちもいるということだ。



そしてこちらが現在、福島第一で原発事故処理の労働者の方たちの状況。





あと何回3月11日を迎えたら、あの場所へみんなの笑顔が戻るのだろう。。。
posted by yossy at 00:35| ローマ | Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

なんというか、トマトには水あげないほうが美味しい実がつくのと同じ?(笑)

BUONDI’!相変わらずのお久しぶりです♪FBしてると、ついついそっちにいろいろと載せちゃうから、コネタしかない今日この頃にブログねたがなかなか見つからなくって。ま、ないことはないんですよ。サンレモで司会の女の子のものすごい場所のタトゥーや翌日それに張り合った別の子のヌードか?と思われるほどのレースのドレスとか。。。(爆)

3cipresso's.jpg appetizer verdure.jpg

ま、それはさておき、2月からダイちゃんがキッチンに入り、4人体制になったチプレッソ。お蔭様で片付けのスピードが断然UP、帰りが一時間は早くなりました。とりあえず目標は本日中に帰宅だったからね。で、サスライシェフはいそいそと深夜散歩を始めております。とりあえず半年走っていないからね。それよりも何よりも、いろんなことに手が掛けられるようになったサスライシェフ。アペタイザーもいつもよりもちょっと手の込んだものを始めました♪これは春のタンポポみたいな野菜のテリーヌ。やればできるっ!!!(笑)って感じで、これから少しずつお料理も更なるレベルUPグッド(上向き矢印)に期待ですね♪ あ、ちなみにダイちゃん、シェフよりも大きいです。課長とはかなりのデコボココンビ。そしてびっくりするとトトロの猫バスがびっくりしたときの顔になります。(笑)

さて。ここんところ、お客様からあたしの顔の色艶を褒められることが大変多く、あまりにもずぼらで、実は石鹸洗顔だけだし、化粧もほとんどしてないし、深夜にポテトチップもバリバリ食べるし、しかも体重は見た目よりもずいぶん重いし(爆)という状況で、「なんで?」って聞かれてもあたしが「なぜなんだろ〜♪なぜなんだろ〜♪(by 課長チョイスのBGMの歌詞より)ってかんじだったんです。しいて言えば、毎週行っている温泉?確かに入り口には「美人の湯」って書いてありますし(笑)、泉質も最高にいいのですが。あとは例のNatural Aqua Gel Cureでの角質除去

とお話しても「いあぁーーー、そんなことはないわよーーー。そんなことだけじゃ無理よーーー!何かあるはずよぉぉぉぉぉぉ!!!!」とかなりのお客様に言われ、いろいろ考えてたんですよ。そしたら、たぶんこれ?ってのに思い当たりました!\(^O^)/

白湯.jpgこの本、もらったんですけどね。しばらくほったらかしにしてたんですけど、寒くなってからは毎朝まずお湯を沸かして、30分くらいその白湯を飲みながら仕事に行くまでネットチェックしています。10分くらいは沸騰させないといけないみたいだけど、そのあたりは結構アバウトにやっていますが、確かに朝のお通じも非常にいいし、内臓がゆっくりあったまる感じ?

あとは整体かなぁ。この半年なんどかあるところに通って尾てい骨、恥骨ほか、いろいろと整えていただいてました。昨日は今までいっていたところと違うところに行ったのだけど、あたしがまだ問診表も書き終えていないのに、あたしがよく忘れ物をすることとか、よくつまずくとか、よく「あれとって、あれ」とかものの名前をど忘れするとか、乗り物に弱いとか、緑内障になりやすいとか、長時間の立ち仕事をしているとか当てられてしまいました。びっくり!霊媒師とかじゃないです。孫の結婚相手のこととかは聞かれてもわからないですっ!って断言していらっしゃいましたから。(爆)しかし人間の体はおもしろいわー。


ということで、気になる方、まず白湯から始めてみられては?
posted by yossy at 17:37| ローマ ☀| Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

離れているからこその思い

イタリアから戻ってきて、普通に日本の生活を始めて、FBでも日本語の書き込みが増え、毎日のルーティン(レストラン、家)のなかで、ちょっとずつ違和感を覚えていたこと。。。

それをalbero4さんが代弁してくれていた。
「関東直下型地震の発生率が「30年で98%」であろうと「4年で70%」であろうと、実際その数字自体にはあまり意味はない。
ただ、重要なのは、来る可能性は充分にある(ゼロではない)ということで、それが明日かもしれないし、今この瞬間かもしれないってこと。
そして、Tilt&大混乱に陥るはずの日本でどうやって大事な人の安否と居場所を確認するかが私にとっては大問題なのだ。
1万キロ離れた遠くに暮らしているからこそ。
万が一の時のために、大事な人たちとの携帯に頼らない連絡方法を確立しないと。
...」


そう。FBやMIXIの書き込みをみていて思うんだけど3.11の地震の日から今日までを見ていて、地震のこと、放射能のこと、本当に今何が起きているのかを報道する記事、チャリティで被災地に募金を募ったりオークションをしたりすることなどをUPしているのは、ほとんどあたしの知っている人の中をみるとイタリアにいる日本人ばかりなのだ。別に日本にいる日本人がそのことに知らん振りをしているとは思わない。たくさんの人が今でも何かの形でアクションを起こし、何かの形で支援をし、原発に反対し、そして我が子や家族のために何かできることはないかと感じているに違いない。でもね、なんというか、それを表立って公表していないようなきがする。というか、今となってはたくさんの人が日常の生活に戻り、もちろん戻らなければ、戻さなければこの経済状況の中、困難を切り開いて生きていかなければならないのだとは思うけれど、でもある一面、この状況を甘んじて受け入れるだけの、流されているような状況も生まれているような気がするのだ。それがあたしの違和感。「いいね!」とクリックすることはあっても、それについて何か意見を書いてあるのはほぼイタリアにいる日本人か、イタリアにいた日本人。イタリアにいることで政治や環境問題、生きることというのは全て自分の責任であるということ(移民であるからなおさら、死活問題だったから)が身に沁みているのかなーと思ったり。。。そして何より、何かあったときにすぐに駆けつけてあげられない距離だから、愛する人たちを離れた場所で失うことに対する恐れが常に心のどこかにあるからなんだと思う。


イタリアでも政治は混迷、混沌、どうにもならないところまできていたけど、そうなった原因の大きな要素だったベルルスコーニがいなくなり、ほんとうに痛みを伴う経済の建て直しをしなければ沈没してしまうということになって、イタリア国民は「自分達のつけを払うのは嫌だ!」ということで今現在全てのカテゴリーでストライキをしている。物流は止まり、交通手段も止まり、果ては弁護士までもがスト。。。(汗)確かに廃止になっていた(ベルルが自分のためにやった)家の固定資産税の復活やじりじりとあがっていく消費税(今、たしか22%)、65歳のはずが1年半以上支給が延期になっている年金などなど、かなり厳しい状況になっている。でもって、ほんとに日本の今の状況は似ているのだ。イタリアもベルル政権末期、低所得者層にばら撒きの月何十ユーロかの意味もない支給があった。でも何の役にも立たず、いつの間にか終わってしまった。今、まさに民主党は消費税を10%に上げるために低所得者層に1万円の支給とかいっている。。。一万円って月一万?年?それともいっかいこっきり?????いずれにせよ、それでどーせよと????

イタリアって何に対しても結局反対するし、政治に対してはほんとうに敏感。(だからといって政治はまったくうまくいっていないのは皆さんご承知のとおりですが。。。爆)地方政治の1つをとっても住民投票などが良く行われる。そしてそれについて日常的にみんなが議論をする。政治と宗教の話は食卓ではしてはいけないと言われるのは、その議論がヒートアップして収集がつかなくなるからだ。でも、そういう国に10年いて、あたしはそういうことが当たり前の日常を過ごしていたわけで、だからこそ、日本に帰国する直前だってあまりにも日本の福島原発の爆発や放射能についての報道の少なさにものすごい恐怖を感じていて、イタリアに残るか本気で考えた。今は人体に影響がない、でもあたしがたとえば子供を持ったとして、その子供達が大人になる頃にも同じことが言えるのか?海外からの報道を見る限り、いや、日本の報道をみてもその言葉尻の稚拙さにあきれてしまうくらい、ほんとうに危険な状況は続いていると思っている。

いまだってこんなびっくりすること言ってるえらいさんがいるからね。。。

「原発事故のあと、城南信用金庫がいち早く脱原発宣言をおこない、自社の使用電力を全面的にPPSへと切り換えた。自治体による東電からPPSへの乗り換えが、同金庫のような「思想」に裏打ちされたものかどうかはわからない。しかし、結果的には東電への電力依存を少なくすることにより、原発事故を起こした東電の責任を問うことになってはいると思う。

一方、同日付の京都新聞によると、滋賀県の嘉田由紀子知事が「段階的に原発をなくす『卒原発』に向けた発言を積極化している」そうだ。滋賀県には原発がないものの、隣の福井県の美浜原発と大飯原発の30km圏内には滋賀県の北部が含まれる。よって、関西電力との安全協定の権限内容に関しては、「琵琶湖を抱える滋賀県としては関西全体に対する責任があり、(原発の)立地自治体波を求めたい」としている。

また、「2012年度に再生エネルギー戦略を策定し、県独自に民間の再生エネルギー導入支援に乗りだすことも表明している」。これに対する滋賀経済団体連合会の会長のコメントが笑える。「大きな方向として原発依存体質を変える努力は必要だが、(大規模停電などで)電力が途絶えれば経済も止まる。関電は電力供給の使命を果たすため、安全体制が整えば堂々と原発を再稼働するべきだ」。このコメントは、ふたつの意味でおかしい。安全体制が整うということは、福島第1原発で起きた事故を想定し、それを完全に防ぐだけの技術が開発され、地震があろうが津波があろうが原発事故を起きなくさせるということだ。だが、現時点ではそんな体制が整っておらず、今後も整う見込みがないというのが実状なのではないか。

それより問題なのは、「電力が途絶えれば経済も止まる」などと、経済至上主義のごとき発言を堂々としていることだ。それは逆である。電力の供給源である原発が事故を起こせば、経済を支えるべき人々の生活が破壊され、経済が止まるのである。そのことは、すでに福島第1原発の事故で実証された。「電力が途絶え」ることを強調し、その手前にある電力の供給源としての原発が事故を起こす可能性に触れないこのコメントは、俗にいう詭弁というものであろう。




いろいろな情報が発信されず、自分で探さなければならず、そしてその信憑性も自分で確かめなければならない。先日は水道管が凍結、水漏れが発見されたけど、東電は「ただちには問題ない」と。直ちにで問題ないということは、いつかは問題になるということ。それはいつで、どれくらいなのか?今が問題じゃなければいいのか?放射能に色がついてたり、においがしたらそんなことをいってられるのか?知らなければいいことなのか?知っていたら何が出来るのか?知っていてもどうしようもないことなのか?毎日をやりすごせば必然的にそこから目が離れてしまうのも事実。結局そこから目をそむけてとりあえず生活すれば、なんとか毎日「普通に」生活できる状況になってきているのだと思う。そうしなければ、現実に立ち向かうのは、仕事のことや家族、子供のことを考えると恐ろしすぎることなのかもしれない。ただ、とても違和感を感じるのだ。その違和感を同じくパリにいる日本人「辻仁成」さんが書いている。

「愛情路線 2012年1月18日

「原発問題の昨今について、徒然に書くね」

ツイッターのタイムラインを見たあとに、新聞とかを読むと、明らかに時代というものの間に「乖離」が存在している、と感じる。

たとえば、日本人の多くが今回の事故を受けて「原発は怖い」と思っているのは明らかなんだけど、それを口に出せないばかりか、出してもなんか遠慮しているというのか、同時に、「脱原発」行動を積極的にしている人を、やや引いた目で見ているような傾向がある、ような気がする。

たとえば、最近気を付けて注視しているのが、山本太郎さん。震災後、彼が中心になって(と言ったら言い過ぎかな)何か「脱原発」のジャンヌダルク的役割を担って、行動力のある彼が一つの象徴のような感じで、先頭に立ってデモ行動とかとっている映像を、割と自分は希望的に見ていたのだけど、ここにきて、やや注意して見るようになった。

それは、本来、あれだけの事故があって、放射能がなかなか消えない現在、欧州のような国民的盛り上がりで行動がなされるべきはずなのに、むしろ、不可思議なことに、日本はその逆の方向へと向かいつつあるような感じを受ける。たとえば人々の山本太郎さんを見る目の変化が気になる。「脱原発」がある種のアレルギー現象を日本に持ち込み始めているような、そういう奇妙な、まだぼんやりとだけど、きな臭い匂いさえ感じるのだ。

ご本人も、自分は反日極左テロリストと呼ばれている、とツイートしていたけど、このことは笑っていられないというのか、そのイメージが「原発は怖いなあ」と思っている人々へも不思議な広がりを見せ始めていて、山本太郎=異端分子的なイメージで「脱原発」運動が単純にくくられはじめようとしている、もしくはそこを利用しようという動きがあるような、気がするのだ。これも、風化現象の一つなのか・・・。

年末、12月。渋谷ハチ公前で行われていた「原発の是非を問う都民投票」の署名会場に顔を出した。あまりに閑散とした雰囲気に愕然とした。人は数え切れないほどにいる。横断幕もあるし、マイクで呼びかけている人もいる。なのに、人々は無関心にというのか、振り返ることさえなく、次々素通りしていく。これは、危険だ、と感じた。署名運動やデモ行進に国民が慣れていないにしても、あまりにかけ離れている。ちょっと待てよ、と危機意識のベクトルがこれまでとは違う方へと動いた瞬間でもあった。

数日前のこと。映画監督の岩井俊二さんが、その都民投票に反対する理由を、もしもそこで負けてしまったら、脱原発が封印されてしまうのじゃないか、というようなことをツイートされていた。実際、この程度の盛り上がりでは勝てるわけがない。もし負けたら、そこで流れは一気に推進のムードへと傾きかねない。都民投票の重要性は認識しつつも、成熟していない雰囲気の中で、の投票がはたして有効なのか、疑問を感じる。(もちろん、本当は国民の声で、原発から離れられる世界が出来ればいいと個人的には思っているよ)すぐれたプロデューサーが不在で、だらだらと政府の思うつぼに流されている印象を感じる。

この間、茂木健一郎さんと人間塾の後、原発問題について話をしたが、彼の考えが、「分からない、苦しい」と迷いながらも、しかし科学の未来を閉ざさない方向も一方で必要なのじゃないか、クリアなエネルギーをどうやって確保するのか、というような発言であった。その時、何故か、自分は子供っぽく動揺してしまうのだ。

日本はあれだけの事故を経験し、広島、長崎の過去も経験しているのだから、当然、流れは国民総意で脱方向か、と思っていた。世論調査では当然、脱方向なのだが・・・。その認識の甘さをつかれた格好となった。ドイツ、スイス、イタリア、スペイン、は舵を脱原発に振ったのだし、当事国である日本も当然そちらに舵取りするだろうと思っていたのに、いっこうに日本丸は動いていない。むしろ、大きなうねり、流れにじりじり流されている感じ。それはきっと、この世界の政治的経済的な枠組みという流れによるものであろう。

それだけにとどまらず、脱原発運動がこのままでは異端運動に見なされていくような、なんだろう、不確かな胸騒ぎを覚える。昨日の山本さんのツイートに、みんなで楽しく参加しよう、という一文があった。その「楽しく」という単語が心に鈍く引っかかった。山本さん的には長期戦に備えて気長にやるために頑張ろう的な、また、多くの若い参加者を意識しての発言だったに違いない。けれども、その意図に反してこのささやかなお祭り参加型の呼び掛けが、或る種のアレルギーの芽を国民に植え付け始めているのだとしたら・・・。これは心配性人間の杞憂だろうか。

新聞やネットを見ているだけでは、日本がどこへ向かっているのか、本当の方向が見えないし、分からない。冷温停止宣言が12月に出て、年が明けて、何か日本はもう大丈夫、というような風潮が、世界的に広がりつつある。フランス人でさえも、日本は復興したとつぶやき始めている。日本人の多くは政府の宣言を白い目で見ているのは間違いないが、政府の宣言は国民の頭上を通り越して、世界中へ向けた原発推進プロパガンダとなりつつある。日本は原発事故を抑え込んだ、というような印象だけが、一人歩きを始めている。ここは気を付けないとならない。推進とか反とか脱というカテゴリーのマジックに騙されていては、よくないということに気がつく必要がある。けれども、分かりやすい行動指針として、脱とか反という言葉の直截的な役割があることも理解できる、いや、あったのだろう。どこかのタイミングで、範疇をもっと広げる必要性があるのかもしれない。

ちなみに、ガイガーカウンターで東京とパリを計測し続けているが、どちらもほぼ同じ放射線数値であった。SOEKS社製計測器を使いこなしていないからか、それともマルクールの事故などに関係があるのか、チェルノブイリの影響だろうか。単純に比較できないことも分かっているが、大切なことは個人的にであろうと研究し、注意し、耳を傾け、何よりも自分で考え、知ろうとすることだろうと思う。素人の行動だと揶揄されたとしても。

原発さえなければ、と思う。では、その穴をすべて化石燃料で埋めた場合、温暖化の問題などはどう解決するべきか。七〇億もの人間が風力や太陽光エネルギーだけで本当にやっていけるのか。そもそも、地球は人間が好きだろうか。人類にとって苦しく、重い問題である。けれども、この十字路で立ち止っている時間もない。そして今がもっとも危険な場面なのかもしれない。狡猾な勢力はつけいるすきを狙っている。 」(<
ins>愛情路線より


原発を同じく抱える鹿児島に住むあたしたちは、ほんとうにそのことをきちんと正面から考えないといけないのだ。あの日から一年が経ち、結局あの日を境に何も変わらない生活が出来ているあたしたち。。。すごく難しいことだと思う。

原発さよなら.jpg

日本・世界を震撼させた「福島原発事故」原発の「安全」は崩壊状態!
拡大する放射能汚染ノーモア「ヒバクシャ」!!
県民の声で、原発依存から早く転換しましょう!!!
(1)と き   2011年9月11日(日)10時〜11時15分
(2)ところ   鹿児島市中央公園
(3)主 催   さようなら原発1000万人アクション鹿児島県実行委員会
★祝島からのアピール/山戸貞夫(上関原発を建てさせない祝島島民の会代表)
★オープニング/一樹
★デモ行進≪11時15分〜12時≫

荒川譲(鹿児島大学名誉教授)、
川原ひろみ(グリーンコープ鹿児島生活協同組合理事長)
鳥原良子(川内原発建設反対連絡協議会代表)、
野呂正和(鹿児島県護憲平和フォーラム代表)
向原祥隆(南方新社代表)

◎問合わせ/鹿児島県護憲平和フォーラム099-252-8585



原子力はなくても、今までみたいに便利じゃなくなっても、心から謳歌できる人生を送れるほうがよっぽどマシだと思うから。。。

最後にこれ見てぜひなごんでください!原子力の力より絶対人間に必要なのは笑顔の力だわよっ!!!!!!!





posted by yossy at 18:48| ローマ | Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

年末のご挨拶っ!

ultimogiorno2011.jpg

お蔭様で、大掃除も終わりました。実は今朝はちょっとした事件がありましてね。かーなーり先に家を出たサスライ氏(推定朝7時にはすでにチプレッソ到着!驚)から怒りの電話が!!!!
なんと、うちの店の入り口付近で誰かが吐いた上に、それをどうにかしようとして隣のレストランのホースで水を店側へかけたらしい。おかげで店内にも汚物がはいってきているらしいという。。。
っていうか、道路じゃなくて、店のドアの真下に吐くってどういうこと??????しかもうちで出すゴミを入れる箱と撒き散らした水の状況からそれはサスライシェフが着く直前だったみたい。(ってことは朝7時)昨夜店から出たときはかなり酔っ払ってるらしい若者が店の前に鈴なりだったからな。(怒)これ、かなり問題。しかし吐いた形跡のある場所だけじゃなく、普段絶対掃除なんかしてないとある店の前まで綺麗に水かけてある。。。こんなことは、二週間前くらいに同じくうちの横で誰かが吐いた後を同じひとんちのホースでふきとばしあった以来。いう、状況でね。

大掃除の日でよかったよ。。。



ってことで、まずアルコールで玄関前から大掃除開始。キッチン組みは鍋を全部ぴっかぴかに!!!換気扇からクーラーから全部フィルターを外し、床の目地をデッキブラシで磨いて、4ヶ月の汚れを隅から隅まで落としたかんじ。お昼は頂き物のさつま揚げと御蕎麦で一足先に年越し気分を味わってから3時に家に戻ってきました。これから準備してサスライ家の待つ桜島へGO!


ということで、2011年、ほんとうにあたしの人生の中でも大きな変化の年でした。。。と今思い返せばそういう気分になるんだけど、日々を一生懸命というか、先に進むぜ!って感じで過ごしていたから(後がないというか。。。爆)あんまりそんな気分に今までなっていなかったのだけどね。(笑)まあ、イタリアにいたときにも、急に失業したり、働いていた会社が自主倒産しておかげで労働許可が下りなくって弁護士やらなにやら総動員したけど2年くらいイタリア国内からでられなかったり、ってもっと大変なことを経験したからでしょうか。これくらいじゃ、あんまり大変と思わないという、イタリア生活の思わぬ効力でね。あはははは!

でも、イタリアから引っ越して、ゼロからお店を見つけて、開業して、開店させて。。。ほんとに自分達の力だけではできないことでした。たくさんの人が支えてくれて、よいご縁を結んでくださったと思っています。ほんとうにありがとう!!!!!お蔭様で少しずつだと思うけどよいお店になっているのではないかなぁと感じております。

来年もあたしたちなりのイタリアの心地よさと鹿児島の美味しいものをがつんとお届けいたしますので、ぜひよろしくお願いいたします。ただし、来年は更にサスライシェフのモットー「無理はしない」でいきますので(笑)。お店の中でゆったりのんびり、リフレッシュとリラックス、美味しいものを味わって五感を磨く場所をと思っておりますので、ご予約が満席の場合などはご了承くださいませ。m(_ _)m 

あぁ、10年ぶりの日本での御正月!!!!満喫するのじゃ!皆様よい年の瀬をお迎えくださいね!!!!!!!


posted by yossy at 15:52| ローマ | Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

とりあえず

賄い.JPG

あまりにも放置しすぎて自分で驚き気味の今日この頃。。。なんというか、平日はユニコーンの「働く男」のごとく、まさに♪風呂にはーいーーって寝るだけ〜♪なあたしたち。(爆)そして休日は12月に入ってからは魚市場にいったり、メニューの変更とクリスマスメニューのための食材や必要なものを買いに回るといったかんじでね。一度思い立って、枕崎までかつおラーメンを食べに行きましたけども。そして岬の穴場スポットで二人してお日様の光を浴びながら爆睡したり。。。(笑)しかしあんなに天気のいい日の海辺にだーーーれもいないってのがなんとも日本的。

そんなこんなでボーっとしてるうちにメニューは二回変わり(汗)、ベルルスコーニは17年のしがみついた権力から転げ落ち、お友達のカダフィ大佐は惨殺され、キム・ジョンイルが死んで、なんとも世の中さらに不透明になりそうな感じなのに、日本の政府はあいも変わらず意味不明。野田首相にいたっては「発電所事故自体は収束に至ったと判断される」とか言っちゃうし。。。あんた、現場入った事ある?行っても邪魔なんだけど、なんなら官邸をそっくりそのまま福島第一に移設しちゃうか?と突っ込みたくなるアホさかげん。。。あんまりアホすぎるんだけど、イタリアのベルルのときみたいになんだか突き抜けるようなアホさがなくて、つまらないからブログねたにもする気にならず。。。(爆)


ということで、前回のメニューの写真もUPしてませんけど、よく考えたら今のメニューを紹介したほうがいいのよね、たぶん。。。クリスマスメニューもあるし、とりあえず年内にあと3回くらいは更新できることを期待して。あ、ちなみにチプレッソ、お蔭様でディナーは年内全て満席となっておりまする。で、年明けもボチボチ予約が入っています。年明けは新年会とかがあるんですね。けっこう団体の貸切もでておりますので、ご予約はお早目のほうがベターかと。


posted by yossy at 00:28| ローマ | Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

鹿児島のうまい素材集結中!

梅雨は明けたはずなのに、今朝は集中豪雨のような鹿児島でしたね。しかも雷の援護射撃にサスライ氏が非難していたので(笑)小雨になった午後から、21日のドルフィンポート「ポルトカーザ」の食事会の仕込み表を渡しに行ってきました。


portocasa.jpg

ドルフィンポートにつくころには日も差してきて、桜島の雄姿もバッチリ見ることが出来ました。が、それよりも何よりも驚きなのはポルトカーザのリニューアルっ!!!!
いえね、昨日も実は打ち合わせだったのでじっくり中まで見てきたんですけどね。カメラ忘れたんですよ。最近大事なときにカメラがないとか、中のSDカードが抜けてるとかが多いあたくし。。。(涙)今日はポルトカーザが貸切ということでお客様がまだ残っていらしたので、入り口の部分だけこっそり撮ってきました。(爆)ここでも分かるように、白と濃いグリーンを基調としたエレガントな内装にすっかり変わっているんですよ♪テーブルや椅子も全部変え、雰囲気が一気にグレードアップ!!!隣の隣にあるチャペルと同じ感じになり、桜島もこれでもかっ!って言うくらい見える素晴らしいロケーションなのでウェディングパーティにもいいですよね〜。なんとなく雰囲気からいったら、サスライシェフが2月に仕事で行ったシンガポールの「L'Operetta」に似ているかも。あそこも白を貴重にするエレガントの中にもどこかカジュアルさの残るレストランですからね。

operetta01.jpg


ほんと、21日が楽しみだわー。


今回はどうしても鹿児島の食材にこだわりたかったサスライシェフ。自分たちのお店の軸もそこにおきたいわけですから、ポルトカーザの皆さんにかなりしっかりリクエストををお願いして、鹿児島のおいしい食材を手配していただいています。今日はあるルートから入手していただいたカラーピーマンを試食しましたが、とってもおいしかったです!イタリアみたいなでっかいのじゃないけれど、ぷりっとした歯ごたえが最高なのよー。あ、そういえば、うちの畑にもカラーピーマン植えたはずなんですけど、緑のピーマンが1つドンっとなっています。あれはいつか色がつくもんなのでしょうか???

そして打ち合わせ中に頂いたのが「信州安曇野の美味しい水を使った紅茶」。知覧で作った特別な紅茶葉を、今、朝の連ドラで舞台になっている長野県の安曇野のお水をつかって紅茶にしたものをペットボトルにしてるんですけど、この仕掛けも今回お世話になる山形屋グループの方たちの発案らしく。まったくブラックで、すっきり上品な紅茶になっていて、これから暑くて熱中症になりがちな季節にはとってもいい感じですよね♪ ちなみに山形屋とか、ドルフィンポートでは自販機でも売っているそうですよ。

と、こんな感じで今回のイベントを通しても、おいしい素晴らしい食材と出会えそうです。来週は大隈のほうまで豚に会いに行きますし。そして、お店の準備のほうはというと、とりあえず物件を押さえたというのは皆様サスライシェフのブログでご存知だとは思いますが、いろんな見積もりを取り揃えて、先日鹿児島県の制度融資でお金を借りるために銀行へ書類を提出してきました。今まで勝手なことをやりまくってきたあたくしたちですから(爆)極力周りへ迷惑をかけないように、無担保・無保証ってやつでお願いしたので、これから信用保証協会の審査がありますが、とりあえず銀行の方からは持っていった書類についてはOKがでました。ほっ。。。しかし、裏を返すと、あたしたちのでパーフェクト(こんなに書類をそろえては来ないそうで。。。爆)なら、みんな結構簡単にお金借りられると思ってるのかしら?と少々疑問。大阪で地中海料理をやっている知り合いご夫婦は国金から融資をとるのに40ページ以上の資料をそろえて持っていったそうなんですけどね。ちなみにあたしたちの資料は半分くらいは雑誌や広告のコピーでしょうか。。。なんだか昔、大学の卒論をだすときに、やたら引用文とか、解説図を張り込んで嵩を増やしたことを思い出しちゃいましたよ。(笑)


ってなわけで、これからが本番!その前に明日は美容院なのだっ!
posted by yossy at 23:46| ローマ ☀| Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

とりあえず(笑)出張とかしてます

今夜のNHK全国放送で二度も九州の大雨、土砂災害で出た伊佐市はサスライシェフの故郷だったものだから、親戚中から電話の来たサスライ家。一週間の東京滞在を終え、昨日戻ってきてからずっとバケツをひっくり返したような大雨&雷が今日の午後まで続き、家の前の小さな川もかなり上まで水位が上がってきていましたが、とりあえずこちらは大丈夫です。朝起きたら、家の畑は水浸しになっていましたが。。。カボチャの花が咲き始めたのに、大雨に打たれて溶けたようにぐちゃっとなっていました。(涙)


さて、気がついたらなんだか3週間近く放置でして。(爆)ブログに書く話題は結構あったんだけど、いろいろと次々やることができてね。その間に。。。

IMG_2681.JPG

IMG_2679.JPG IMG_2680.JPG

あちこちの畑でグングン野菜やハーブが育ち、あちこちに配り歩いたり(爆)、人工授粉してみたり、

sakurajima_hai06.JPG sakurajima_hai01.JPG sakurajima_hai02.JPG sakurajima_hai03.JPG sakurajima_hai04.JPG sakurajima_hai05.JPG

そうこうしてたら、桜島が連日爆発を繰り返し、あっというまに畑も車も灰で真っ黒になったり。。。(涙)灰は結構くっつくので、水で流さないと取れないんです。車なんかこれでふき取ろうとしたら傷つきまくりですからね。農作物は、この灰がつくとそこが色が変わってしまって、売り物にならなくなるから大変なんだそうです。。。


trasloco_kagoshima01.JPG trasloco_kagoshima02.JPG

で、やぁぁぁーーーーっとイタリアからの荷物が博多から新しい家に入り、荷物の整理もぼちぼち完了!イタリア出発のときに、いろいろ調べて安かったイタリアの会社に頼んだんですが、その後なかなか着いたという連絡がないので、う、やっぱりまずかったか!?と心配していましたが、ちゃんと着きましたよ。ただし、ランダムであたるという博多の税関のX線検査とその後すべての荷物の開封検査にひっかかり(爆)なんと、2万円も支払う羽目に。。。ま、それでも全部で20万円だったんだから安いよね。41個合った荷物、イタリアでも何個かモザイクの申告をした分があけてあったけど、日本ではご丁寧にぜーーーーーんぶの箱が開けてありました。ま、盗難も破損もなかったので問題ないのですがね。


ってことで、先週は東京へ一週間、急な怒涛の出張へ。

tokyo_2011_01.JPG tokyo_2011_02.JPG tokyo_2011_03.JPG tokyo_2011_04.JPG

いろいろとお店のことが決まり始め、やらないといけないことが具体的に明確になっていた6月初め、東京には開業する前に行かないとと思っていたんだけど、よくよく考えたらこの後あんまり時間的な余裕がなくなるかも!?と急に思い立った東京行き。それまでいろいろなワインの輸入元や家具メーカー、テーブルクロス関係と打ち合わせをメールでしていたのだけど、会える時間があるときに打ち合わせをじかにやっておいたほうがいいだろう、とアポを入れ(お忙しいのに時間を作っていただいた皆さん、本当にありがとうございました)しかも、銀座であるプロセッコの試飲会に呼ばれることになり、予定していた日程を繰り上げてバタバタ出発!(爆)サスライシェフのおばさんの家を拠点に通勤に1時間半はかける似非東京人になってきました。あはははは。

この写真は唯一の観光した場所雷門(浅草寺は夕方遅くてすでに閉まっていたんだけどね。涙)と、銀座のある一角で見た蜜ばち。富良野からきたラベンダーの花壇にかなりきていました。銀座で蜂を飼っているもんね。だんだん蜂じたいが少なくなってきている日本、こういうところから自然への再生をはかれたらいいな、と思いながらシャッターをきりました。

しかし東京を右へ左へアポをこなすだけで結構大変。。。途中で道に迷わないように道順のすべての情報を手帳に書き込んで行きましたよ。(笑)その間に埼玉まで生ハムの工房に行ったり!でも皆さん、本当によくしてくださって。というか、やっぱり鹿児島からやってきたっていうと、ほんとうに遠いところから来たんだ!!!って感じなんですね。。。


tokyo_2011_05.JPG tokyo_2011_06.JPG

ワインも4社ほど打ち合わせできましたけど、日本ってほんとにたくさんの種類のイタリアワインが入ってきているんですよね。商社によっては、いいものがある!ってなると、ワイナリーごと抑えちゃうくらいで、イタリア国内では出回っていないものだってあるんです。今回は、ベルコーレで取り扱っていて個人的にクオリティーと値段があたしが納得のいっていたものをネットで探し、それを取り扱っている輸入元さんとお話してきました。どちらかというと、あまり高くなくて、気軽に飲めて、もちろんおいしくって、って言うワイン、あるんですから。イタリアでも思っていたけど、いろんな評価とか、いろいろな情報ってあるんだけど、でも、おいしいってお客様が何の情報もなくても飲めるのが一番だと思うんですよねぇ。イタリアだと土着の葡萄を使った、おもしろいワインもたくさんあるし、そういうのをどんどんご紹介できたらと思っているところ。もちろんBIOワインにも注目なので、たまに遊びに行っていたトスカーナ州スベレートにあるブリケッラ農園のものも入れたいと思っています。

ということで、明日鹿児島に帰ります。が、来週23日はサスライシェフが、ここ伊佐で猪肉ラグーの料理教室をするそうなので(活性化協議会のプログラムなので対象は伊佐の方限定みたいですが)
またこっちに戻る予定。

ではBUONA NOTTE☆
posted by yossy at 22:50| ローマ ☀| Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

引越し荷物、41箱、総重量630kg

cikiciki@taku01.jpg cikiciki@taku02.jpg cikiciki@taku04.jpg cikiciki@taku03.jpg


昨日は0時過ぎまで、スポンジシェフのうち(あたしの前住んでた家なんだけどね♪)でのミニ・チキチキ。「何食べましょうかねー」ってことで、うちにあった貴重な(笑)焼肉のたれを提供!肉を食べる会になりました。のんべえが二人いたので、あっという間にビール(500ml)が5缶消え、ワインを2L近く飲むという展開に。ちなみに6名、うち2名はほぼ飲めない体質でしたが、何か?(笑)しかし二人もコックがいると、なんというか、あたしら女子は食べるのみ。男子2人が専属シェフのように肉を焼いてはだしてくれて、おにぎりまで作ってくれるという、とってもいい会でした。(爆)

最後テーブルで時差ぼけとワインでつぶれそうになったサスライ氏を引きずるようにうちに帰り、今朝は7時半起床!そう、荷物を引き取りに引っ越し業者がきたわけなのですよっ!!!!

hikkoshi01.JPG

昨日、荷物の最終チェックをし、リストを印刷、他のドキュメントをそろえ、準備は万端!!!と思ったところで、実は先方から何時に引き取りに来るという連絡が来ていないことを、オフィスの閉まるであろう19時近くになって気がつき、慌てて電話!(爆)「あーー、そうだったわ。っていうか、何便で送るんだっけ!住所どこだっけ?」って、あーた、今までの大量のメールのやり取りはなんだったの?っていうイタリア対応のおねーさん。。。あぁ、やっぱり日本の引越し業者さんに頼んだほうがよかったのか。。。(汗)と慌てましたけど、今朝8時半には予定しているという引越し業者は、きちんと時間通りに来ましたよ!

やればできるんですよ、イタリアだって!!!!!


あ、ちなみに今回はいろんな引越し業者のかたに見積もり取ったりしたのですが、最終的にセスト・フィオレンティーノにある、輸出業者を使いました。イタリアの会社で、ちょっと不安もあったんですけど、レスがわりと早くて何よりも値段がむちゃくちゃ安かったのよね。そういう輸出業者は通常個人の荷物は扱わないところが多いのですが(実際あたしもいろいろあたったけど、返事が来たのはここだけだった)こういうところは、通常の物流のあまったコンテナの場所を確保して、個人の荷物を入れちゃうから安く上がるみたいなのです。実際の荷物の重量・容積がわからないと正確な金額は出ないけど、だいたい船で博多港までが600ユーロくらい、陸路で鹿児島までが800ユーロくらいになるとか。。。なぜゆえにイタリアから日本までの船の運賃のほうが安いのかは不明だけど、たぶん、他のものを入れているからなんだと思います。あと、こういう会社は普通の日本の引越し業者と違うので、私物や使ったものについての保険をかけるのはできないといわれたんですけど、それは別途、ミラノの三井住友海上保険で引越し荷物として保険をかけることができました。ほんとうにすばやい融通の利く対応をしていただいて、感謝でした。



hikkoshi03.JPG hikkoshi02.JPG

さて、引越しですが、呼び鈴が鳴らされたのでドアを開けると、かなり年配のおっさんが一人立ってました。(笑)こちらはすでに玄関先まで荷物を移動させ、しかも昨日深夜までの酒が抜けないスポンジシェフをたたき起こして(爆)お手伝いに来てもらったので、テンポよくどんどん荷物をトラックへ積んでいき、なんと9時前には引っ越し荷物引取り完了!!!!!!!


あとは、きちんと来週の月曜の朝までにすべての書類(通関)を確認、いくら払うのか最終的なインフォメーションをもらうのみ。火曜にはローマに行くんでね。。。(汗)荷物と一緒に渡した書類に太字マジックで、これからやってもらう最終的な詰めを特大で書いた紙を添付、メールもだしたんですがね。。。あたしたちの手を離れてしまったここからが、神にすべてを祈るのみという。。。

hikkoshi04.JPG


とりあえず部屋がかなり空になりつつあります。まだあと2箱ほどは郵便で送らないといけないのよね。。。(汗)


posted by yossy at 18:44| ローマ ☀| Comment(7) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

お願いとごめんね

やることがありすぎて、というか、サスライ氏が戻ってくるのをまっていたら、まったく間に合わないことがたくさんあることに今更ながら驚愕中のYOSSYです。(爆)今更ながら、モザイクをもう一枚どうしても仕上げたくて始めちゃいました。。。自分の首をおもいっきし締めています。引越し用のダンボールも足りないし、レジデンツァのことや、銀行関係、なにより引越しのリストの製作に、クリーニング屋やら、額屋にできているモザイクを持っていかないといけなかったりとか。。。(泣)しかも明後日は子宮ガン検診(パップテスト。フィレンツェではレジデンツァがあると、二年に一回とかの割合で無料で検診の通達が来るの)だったり。去年の四月にやった人間ドックでぜーんぶ調べてOKだったから、いいかな?とも思ったりするけど、やっぱりね、こういう検診は大事なので行くことにはしていますが。

で。まずお願いなのですが、3月13日のチキチキ@ベルコーレにいらっしゃる皆様。どーーーか手ぶらで来てくださいね。そこんとこよろしくお願いします!いかんせん、もう荷物は増やせないのよ。。。なので、会いに来てくれることに大感謝ということで、ぜひ何も持たずに(いや、レストランお支払いのための財布は持ってきてね。笑)来てくださいませ。

そいで、ごめんなさいってのは、YOSSYと会いたい!と言って頂いているAMICIの皆様。ちょっと時間が取れないかも。。。(涙)今週はとにかく工房に専念したい&それ以外に済ませないといけないことが山積みになっていて、あそこにも、ここにも、会いに行かなきゃ!と思っていたところにたぶんいけません。不義理になってしまってほんとうにごめん!!!13日にベルコーレに来てもらえたら嬉しいのだけど、そうもいかない方たちもいるしね。。。

それともうひとつごめんなさい、があって、日本であたしたちの帰りを楽しみにしていてくださる皆様へ。せっかくだからイタリア最後のお土産を買っていきたいところなのですが、これからのスケジュールを考えると、買い物ができる可能性があるのはたぶん一日しかないの。。。ということなので、もしかしたらあたしら手ぶらで買えるかも知れません。空港でいろいろと買って帰ればいいか、ってちょっと思っていたんだけど、よく考えたらエミレーツで帰るので、ものによっては(ワインとか)乗り継ぎの空港で没収される可能性のあるものもあるんだよね。ということで、その分、トークでカバーしますんで(笑)ご了承くださいませ。

最後に、コメントしてくださる皆様。大感謝しています。やっぱりコメントあるとワクワクしちゃうものねー。ですが、お返事ちょっとできません。いつもしていない、という声もあがりそうですが。。。(爆)今回はほんと出発の前までにはなんとか、と思っています。ということで、お返事はなしなのですが、コメントは大歓迎です。どーかよろしくお願いしますね♪


つーことで、明日も朝から大忙し。(汗)実家から持ってきてもらったインスタントそば・うどん・ラーメンが大活躍中。とりあえず、洗濯物干したらもう寝ます。。。

posted by yossy at 06:38| ローマ ☀| Comment(11) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

家情報

そういえば、うちが空きます。(笑)

いちおう3月14日まであたしらのコントラットがあって、引越しはいろいろあって3月10日くらいになりそうなのね。で、そのあと大家さんとの引渡しをやったりするので、どっちみち3月15日からのコントラットになりますが。

ちなみに800ユーロ(家賃700ユーロ、共益費100ユーロ)です。共益費が高いのは、コンドミニアムのことを外注委託でやっているから。年寄りが多いのでしょうがないらしい。で、ヘヤの内訳は寝室、サロット(寝室にもなる)、お風呂場(VASCAつき)、キッチン、収容スペースになる小さな部屋に、玄関にも本棚とかがおけます。あとベランダ。でもこれは寝室についているから、そこを通り抜けないと出られません。なのでカップル向けだろうなぁ。

水道光熱費はすべて借主の名義に変更、自分で払います。電話はありませんが、電話線はあるのでADSLはひけます。ちなみにあたしのADSLはすでに解約してあります。お湯はガスなんでちゃんとでますし、リスカルダメントはTERMO SINGOLOってやつ?一つ難点は、キッチンでお湯が出ない!あたしらはあまりキッチンつかってなかったから気にはならなかったけどね。なので、洗濯機もお湯がでません。というか、洗濯機が古いからってのもあるらしいけど。新しい洗濯機は洗濯機自体にお湯を沸かす機能があるそうで。。。

大家さんはとてもイイヒトで、むちゃくちゃちゃんとしています。家賃は銀行振り込みです。問題があったらすぐに対処してくれるけど、普段はほったらかしです。(笑)レジデンツァもとれます。なので、ちゃんとしたコントラットを作成。とりあえず一年更新です。その費用は折半。だいたい100ユーロくらいかかるかな?デポジットは家賃二か月分の1400ユーロ。でもそれを現金で大家さんに支払うのではなく、郵便局で自分名義のリブレットという定期預金通帳をつくりそれに入金して、通帳を大家さんに渡す仕組み。これで契約年数分の利息は微々たる物でもちゃんとつくし、大家さんはこちらの許可なくお金を下ろすことはできない、ってことでとっても安心なの。

最寄のバス停は4、8、20、28が止まります。エッセルンガ、コープ、郵便局、銀行、その他結構便利。PIAZZA LEOPORDOに近いです。ま、歩いてもCENTROまで20分ってところかしら?


ということで、興味のあるかた、ご連絡くださいませ。

posted by yossy at 02:42| ローマ | Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

帰国売りパート2 追加分

IMG_1304.JPG

いつまでもブンガブンガの記事だと、いったいどんなブログなんだ!と思われそうなので新たな記事をUPしたかったのだけど、先週は引越し荷物と格闘、各種の手続き、そして仲良しSERGIOの結婚式で通訳とウェディングランチ@ベルコーレと続いたので、引き続きもめているブンガブンガやら、エジプトのほぼ市民戦争のような状況をチェックするだけで終わってしまいました。。。そして三分の二ほどは片付いたわれらの荷物。思ったよりも多いね。。。軽く400kgは超えています。つーか、二年半前、どうやってこれ前の家から持ってきたんだっけ????(汗)

写真はウェディングケーキ。60人分のミルフィーユに大変派手な飾りつき。(笑)コンセプトはフェラーリよりも派手に!!!新郎、結婚式の行われたベッキオ宮殿に花嫁乗せてフェラーリで自宅(フィレンツェから高速で20分!)乗り付けるって聞いたサスライ氏がつけました。でもフェラーリは黒だったから全然目立たなかったんだけどね。(爆)あたしとしては真っ赤なフェラーリで行って欲しかったわ。。。


さて。ここで☆帰国売り☆に追加があります!(既に前のリストに売れたものの消去、およびちょっと修正があったものはしてあります。前の前の記事です♪)


パソコン用外付けDVD/CDドライブLG SUPER MULTI 35ユーロ 
サスライ氏がパソコン内臓DVDドライブが壊れたので購入したものの、結局外付けだとベッドの上でDVD見られないので(笑)あたくしのPCをいつも使っていたためほぼ未使用。持って帰りたいのはやまやまらしいけど、電源を取らないといけないので断念なのだそうで。購入したのは一年半前です。

あと、サスライ氏の描きかけの女性の後姿、もちろん裸体(笑)の油絵が下絵状態で残っていましてね。どういうのかはこちらからご覧いただくとして、これを引き取って終わらせて飾ってくれる方いませんかね。。。ま、最悪、ご自分の好きなように上から描きなおしていただいても結構だそうです。


さ、そろそろパッキングリストを作らなければ。。。
posted by yossy at 22:56| ローマ ☀| Comment(2) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

なかなかやるよのぅ。。。

まぁ、いろいろと出てきているブンガ・ブンガ・パーティ。

話せば長くなるのだが、ベルルハーレムってすごいのね。売春婦から、モデル、テレビで半裸で踊るオネーちゃんたちが続々と。日本の草食男子よ、イタリアは70過ぎても現役でっせ。(爆)そしてそのなかのかなりの女性たち、その後なんと彼の政党から立候補、地方政治から大臣までやってるという。。。ま、今までみんな黙ってたのは同じ穴のムジナばかりだったからでしょうがね。今回のミスは、例のルビーちゃんが窃盗で捕まったのを保釈しろと、首相特権を使ってミラノの警察署に電話しちゃったこと。しかもそのときベルルはパリ。ルビーがつかまったことを知った彼女のお友達ブラジル人が、なぜかベルルの個人の携帯番号を知っていて、そこに電話→あせったベルルが公務用直通電話を使ってミラノ警察へ電話ってことだったんだそうで。さらに「彼女はエジプト大統領、ムバラクの孫だ」とか言ったりして。おっさん、まず国籍ちがいまっせ。(爆)しかも、お金を渡したのはこのかわいそうな移民の女の子を助けたいという彼の広い心がそうさせた、とか。。。あのですね、かわいそうで生活に困っている移民の女の子は、自分の誕生日にフェラーリに乗ってやってきたりしませんって。。。

ruby01.jpg

件のルビーちゃん、Ruby Rubacuori(ハート泥棒☆ルビーとでもいいましょうかね。汗)という名でディスコで大活躍だったわけ。彼女はモロッコ人だけど両親とシチリアに住んでて、でも、こんな生活いやっ!あたしは金持ち、有名人になるのと家を逃亡、なんども捕まえられ、更生施設のようなところに入れられては逃げるってのを繰り返しているうちに、イタリア芸能界の暗躍者、レレ・モーラというおっさんと仲良くなり、そっからベルルの家に出入りするようになったんですがね。ま、これで24歳って言われても、信じるでしょうね。あ、でも、彼女が未成年なんてシラナカッタッっていうのは嘘ってすでに実証済み、しかも自分で。だって未成年って知らなかったのなら、自分の下部、ミラノ州の政治家であるニコールちゃん保を護者として引き取りによこすなんてことはしなくていいわけでしょっ!


ruby04.jpg ruby02.jpg

ま、いろいろ否定していますが、警察の盗聴(ま、この盗聴システムもすごいというか。。。じゃ、あたしらの毎日の電話やSMSもすべて実は管理されているのねって話なんだけど。汗)によって、彼女が事実(!?)をあちこちに言いふらしたのが新聞に出てきてます。まあ、ヤッタ(はしたないっ!!!!)という言葉はでてきていないですけど、16歳のときからベルルのところに出入りしているのよっ!と自慢しているのは確かみたいね。

ruby03.jpg

ま、今回未成年ってのがネックになっているようですけど、実は今日のすごいニュースで、PDL(ベルルの政党)はMaggiorenne(成人)になる年齢を現行の18歳から引き下げることを検討始めたとか。。。(驚)まじですか。。。そのうち、どんどんそれが引き下がっちゃったら、ベルルを批判していたバチカンも神父さんの子どもへのレイプとかが問題になっているわけだから、ベルル支持に回っちゃったりして。。。(大汗)つーか、そんなにベルルが大事なのね、みなさん。これでも彼を守ろうとするイタリア政権、というか、これで何の動きも起こらない(いや、紙面とかでは野党からの批判とかでてるけど、それだけだし。。。いつもこれで変わらないもんね。。。)


さて今回ルビーちゃんだけがクローズアップされていますけどね。実は彼の所有する広大なミラノ2という高級住宅街の高級マンションに、今回の事件の盗聴に名前が出てきたギャルたちがわんさか住んでいたんだそうで。同じマンションにそんな同じ件で事情聴取受ける人が一緒に住んでるって、あたしでも「みんな愛人か」ってわかるわ。。。


ragazzebungabunga01.jpg

ragazzebungabunga02.jpg

そして下の一番右の彼女、これが元テレビのお知り丸出しダンサーで、そのあとなぜかベルルの個人歯科医(?)になったニコールちゃん。こんなまじめな感じですがね。。。(ちなみにもう一人の男性は下のほうで話題にするベルルの仲間。TG4というニュースのエライさん、エミリオ・フェーデ)

nicole02.jpg

この人が、今はミラノのあるロンバルド州でConsiglio Regionale(州政府の役人)やってるニコールちゃん。で、ベルルに言われて、件のルビーちゃんをしょっぴかれた警察から夜中に連れ出した張本人。引き取ったというか。ベルルの言うとおり、ルビーがムバラクの孫だったら、元ショーガールのニコールちゃんがいくらいちおう政治の世界に首を突っ込んでるとはいえ、初心者なのに引取りに来るわけないじゃんか。www

nicole01.jpg nicole03.jpg

ちなみに、ブンガ・ブンガパーティに出席したものの、食事のあとに繰り広げられたそりゃぁ目も当てられない、かなりあられもない状況に「吐き気」を催して、会場から逃げたとされる女の子が言うには、ニコールちゃんもベルルのお手つきだった(ま、そりゃそうですよね。そうじゃなきゃ、ショーガールからあっという間に役人へなったりしないって。。。みんな知ってたくせにっ!笑)こんなこと、あんなことやってた、って警察で暴露したらしく。

こんなのがでても、誰もやめないのがイタリア。レンホウさんが国会で写真集用の撮影したから問題になったなんて、ここではそんなのまーったく問題にならないと思うわー。ちなみに前もちょっと紹介しましたけど、ベルルのお気に入り男女機会均等省大臣のマーラ・カルファーニャ嬢ももとショーガール。ヌードカレンダーも出しています。この人、昨年末にナポリのあるカンパーニャ州のサレルノ市で、ゴミ焼却炉をつくる計画に(ま、計画はかなり昔からあるんですけどね。予算だけとっていつまで経ってもできないんです。笑)関して、なぜか野党PDであるサレルノ市長で、ごみ焼却を作るプロジェクトからおろされた人をカンパーニャ州知事に推薦したとかで、自分の政党PDLのカンパーニャ州議員から総スカン、かのムッソリーニの孫、エアロスミスのスティーブン・タイラーと同じくらい口のでかい(笑)アレッサンドラ・ムッソリーニなんかにむちゃくちゃひどいこと言われたそうで、「あたし、やめる!!!あの人の言い方には悪意があるわ、あの人、カンパーニャでは売春婦(カンパーニャの方言をつかって)ってよばれてるのよっ!!!」と新聞にぶちまけ、大騒動になったんですよね。でも、やめる、やめると大騒ぎしたわりには、やめると宣言した日のちょっと前にベルルのところにいって、あっさり前言撤回。(爆)いったい彼女の身には何があったんでしょうね。。。


carfagna01.jpg carfagna02.jpg

carfagna03.jpg carfagna04.jpg

髪を切ったせいかもしれないですけど、まったく別人のようです。女性はね、髪を切るとなんだか清楚に知的に見えちゃうのでしょうかね。あたしもショートカットにしようかしら。(爆)

と、どーでもいいベルルハーレムの一部ですが、それ以外にもPDLの女性議員はある意味とっても華やか。ヌードカレンダーとかすぐできそうなかんじ。どんな選考があるんだろう、PDL。。。
あ、イタリアではヌードカレンダーができるっていうのは、ある意味ステイタスですのよ。

deputatepdl01.jpg deputatepdl03.jpg

左の金髪のおねーちゃんは、観光省大臣なんですけど、トンチンカンな発言ばかり。「動物虐待に反対するわ。(伝統であるとされた)闘牛を廃止したカタルーニャのように、イタリアも、イタリアのイメージをダウンさせるような動物を使ったお祭りはすぐ廃止するべき!シエナのパリオとか。。。」と発言。シエナ市長に「アホかっ!大臣はまずパリオとはなんたるか分かっていない。」と呆れ顔で反論され、すぐに「パリオのような歴史的、伝統的な行事を残すことはイタリアの文化遺産」と舌の根も乾かずうちに、発言をしたんだよね。こんなんが観光大臣。。。(汗)イタリアって観光立国なんだよね、確か。。。そのトップです、この人。

そして対する野党最大勢力PDというと。。。

deputatepd01.jpg deputatepd02.jpg deputatepd03.jpg

こう、なんというか、マンマ的?でも、ここんとこベルルとの勢力争いに負けているPD(そうなのよね。与党と野党の争いというよりも、最近の焦点は右派のなかでの分裂が問題になっていて、左党PDの話題は盛り上がらないのよね。。。)に対し「ベルルに勝つためには、モデル並みの女性議員を!!!」なんてブログに書いていた人もいたわね。そんなのが勝つ要因になるのか!?と思うけど、テレビのチャンネルを回せばどの曲も半裸のオネーちゃんがストリップショーばりの踊りを披露しちゃうイタリアだからねぇ。それもありなのかも。。。


実は昨日アフガニスタンでまたイタリア人の兵士が死亡、今日はローマで葬儀があり、国葬としてイタリア大統領、上院、下院議長などが参列したんですけど、ベルルはいなかったのよ。この大騒ぎの中、でていったら大変なことになるとして、代わりに官房長官に当たる人が代理でいったんだけど。同じことが去年9月にも起こったんです。そしてそのときもベルル当人は来ないで、代理の官房長官が来た。ベルル体調不良とかいわれてたはずなんだけど、なんと葬儀の前の晩、ベルルの家には24人のギャル(爆)がやってきて、朝までGOGO!だったそうで。。。つーか、その前々日に遺体がローマの空港に着いたときも、ベルルは件のニコールちゃんと電話で、翌日の女の子たちについて話していたというからね。去年、ベルルが離婚したとき奥さんが「あの人、病気よ。。。」って言ってたのはあながち間違っていないかも。

とにかく、これで軍部からも批判があがるでしょう。ギャルとのドンちゃん騒ぎの中で警察官のコスプレしてのプレーがあったという話しが出て、警察からはかなりの批判が噴出してるところなんですが。しかもこの人、4時半まで遊んでて、葬儀には出ないのに、その翌日の夜は自分のお友達実業家たちと会食、そのあと、前の晩の乱痴気騒ぎに参加できなかった、ベルルの「婚約者」(この婚約者という言葉。。。この件が明るみになったときにテレビで会見をしたベルル。「僕は離婚してから、ちゃんと「婚約者」がいて、だからそういうお金を払って性的な関係を持つ必要はないんだ!」と宣言しちゃったから、誰がその婚約者?と言われていたんですけどね。これもどうも盗聴からそうらしい、ということになっています。)といわれている昨年のミス・トリノだった女の子(26歳)のために、その仲間の実業家たちと会食後に。。。って、確かにこんな毎日を過ごしてたら、70歳を超えてなくてもかなりきついだろっ!こういうことずっとしていたんだよね、この人。ちなみに婚約者・ロベルタちゃんはこの人。↓

roberta_bonasia01.jpg


そしてここには、ベルルの犬に忠ら誠を誓ったTG4のエミリオ・フェーデの名前もちらほら。フェーデって、結婚指輪とか、忠誠って意味なんだけど、ほんとに彼はベルル大好き。(爆)TG4というニュース番組(もちろんベルルのチャンネル)の一番えらいさんなんだけど、今回の件で自分の名前やらベルルが侮辱されているとかでたいそうご立腹。そりゃあ、自分の番組内でほえる、ほえる。。。しかし、そんなことやればやるほど惨めな感じなのだよ。ま、このひと、いわゆるアンカーなんだけども(direttore)放送していない間、すごいのよ。パルラッチョ(放送禁止用語)オンパレード、変な顔から途中ででていったり、スッタフを怒鳴り散らしたり。でもそれを放送してしまうチャンネルも、チャンネルだし、それを爆笑で見ちゃうイタリアもイタリア、というかね。。。ほんと、Travaglioが今回話していたけど、夜な夜なOver70のベルル&フレンズの前でポルノショーする若いギャル20数名の図って、なんというか、哀愁を帯びてる、というか、逆にかわいそうみたいな。。。ま、このじーさんたちは、死ぬまでこうってことだよね。そして今回もきっと何もなかったように終わっていくのかしら。

なんだかほんとはすごく重要なことなんだけど、むちゃくちゃどーでもいい話になってるわ、この話題。。。(汗)実はタイムリーにも、このベルルの話にむちゃくちゃ近いストーリーの映画がイタリアでもうすぐ公開なんだって。でもこれ、事実は小説よりも奇なり。ベルルの話のほうが映画なみ。でもこの映画見てると、あぁ、これがイタ人の頭の中なのか。。。と思ったり。(爆)しかしソープオペラのようなこの話、この中に出てくるギャルたちとカモッラのにおいのする連中との関係もとりだたされていたり、実は結構いろいろと一網打尽になる可能性も含んでいたりして。あぁ、イタリアにいる間にやってくれたらおもしろいのにっ!!!

Qualunquemente (Onda Calabra)

つーか、政治ネタなのに、なぜかサスライ氏のブログのようになっちゃいましたよ。。。(笑)
posted by yossy at 02:32| ローマ 🌁| Comment(9) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

チキチキ☆帰国売り パート2 早いもん勝ちでっせ!

旅行記よりもおもしろい(笑)ベルルの買春疑惑を追っていますがね。荷造りもはじめたのでなかなかUPできず。しかし、日本のニュースでは「そういう性的関係はない」なんてことになっていますけどね。本人たちも否定していますけどね。でも、いろいろでてきてますからね。盗聴とか、いろいろ。これがホントならかーなーりーすごいです。しかしこういう疑惑があっても、疑惑だけじゃ絶対にやめないのよね。ま、そんなことでやめるならとっくにやめてるけどね、ベルル。。。

さて。荷造りはじめたら泥棒に荒らされたよりもひどい事になっている我が家。ドアの前には一箱20kgにつめた荷物が積んであるので、泥棒は入れませんが、あたしらも外に出れないじゃないかっ!!!!(爆)そんなとこで、とりあえず帰国売りパート2をご紹介!ものによっては引渡し3月になるものもありますが、興味のある方、早い者勝ちなんでぜひご連絡ください♪


アイロン 二台 各10ユーロ (一つは引渡し3月の一週目)

スキーウェア女性用S 二回使用のみ 上下セットで30ユーロ (どちらかというとスノボー用)

CDラジカセ 10ユーロ (引渡し3月の一週目)

ドライヤー 10ユーロ 2台

WIND INTERNET PCスロットカード 半年使用(SIMカードを入れるタイプ)50ユーロ(原価169ユーロ)
※USBキーと同じ働きのものです。モバイルには最適!SIMカードつき

旅行用変圧器 二台 各10ユーロ (MAX50W 連続使用30分以上は40W以下のみの使用)

パソコン用ウーファーつきスピーカー 15ユーロ

ダンベル(10kg)2個 20ユーロ

鉄アレイ(4kg)2個  10ユーロ

本・雑誌 いろいろ詰め合わせ  差し上げます



とりあえず以上です♪ ご連絡お待ちしています♪♪♪

ドロミティ渓谷ではなんとマイナス50度近くまで気温が下がったようで。。。みなさま、お風邪など召しませんように。(←あたしが一番気をつけろだがなっ!ゴホっ)

posted by yossy at 19:52| ローマ 🌁| Comment(4) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

AUGURISSIMI A TUTTI!!!!!!

capodanno2011.jpg

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!

いやー、年が明けましたね、って全然年が明けたような気がしないフィレンツェです。(笑)イタリア生活が10年経っても、なんというか紅白見て、年越しそば食べて、御節にお雑煮食べて、テレビやラジオから「チャン、チャララララン♪♪♪」って聞こえてこないと正月っぽくないんだもの。。。(笑)ああ、来年からはまったりお正月が味わえるわーーー。(嬉)


さて、雪や風で大荒れの日本列島のようですが、こちらは穏やかなお正月になりました。昨日はわりあいすっきり晴れて、お日様も顔を出したしね。しかしあたしは体調悪し。(涙)毎年恒例のアブデルがクリスマスの後に風邪をひいて熱を出し、それをもらって新年を迎えるというルーティーンに、今年は30日と大晦日だけが仕事だったにもかかわらずはまってしまって、昨日のランチに仕事に行ったものの、そのあとは戻ってきてずっと寝てたという。。。電話が鳴っておきたら、すでに0時半、サスライ氏のカエルコールだった、みたいな。(爆)とりあえずそれが功を奏して、現在すっかりよくなった気分ですがね。

というかんじで、なんだか年が明けた気分ゼロですが、そうこうしているうちにイタリア生活もあと2ヶ月ちょっとになってしまいました。いやぁ、まったく実感なし。。。引越し荷物も準備始めないとだし、なにより帰りのチケットも取らないといけないんですけどね。

つーことで、日本へのお引越しは3月の中旬になる予定。あたしのモザイクの最終的な予定と、サスライ氏のシンガポール出張などがあり、一緒についていくつもりだったけど、やっぱりこっちで最後までモザイクやりたい(というか、おかげさまでオーダーが重なり!)ということで、一度戻ってきてもらってから一緒にイタリアを離れることになりました。あともうちょっと、やりたいことはぜーんぶやっておかなきゃねっ!(笑)しかし、そんなに心残りでもないのはなぜ。。。(爆)ま、やりたいことは大体、好き勝手にやってきた満足度高しのおかげってことかな。

で、次のプランは、二人の故郷鹿児島でレストランをひっそり(笑)始める予定にしております。(あ、ブログではお話していませんでしたが、去年の4月にサスライ氏と結婚しております。笑 ローマの日本大使館で籍だけいれただけすけどね。内緒にしていたわけではありませんが、これといってなにも企画しない予定なので、へんにお祝いをいただいても申し訳ないということで、ご報告なしにしておりました。不義理でごめんなさい。)といっても、まだ計画段階で、具体的には場所などが決まったわけではなく、戻ってからの話ですけどね。まあ、この不況下ですし、いろいろ大変でしょうけど、でもイタリアでも滞在許可証のことやらなにやらで、日本では考えられないかなり大変なことによくもわるくも慣れた二人(爆)ですので、大丈夫!と確信しています。というかね、日本の皆さんからは「もったいないわー、イタリアにいたほうがいいわよー、日本は不況だから。。。」ってたくさんメールいただきましたけどね。

「イタリアは(というかトスカーナおよびフィレンツェは)日本をはるかに凌ぐほどの大不況なんですよっ!!!!!!(爆)」
あたしも、とりあえず6年間滞在許可証などのためから始まったとはいえ、レストランで働いていたことがこんなところで役に立つとは。。。いやぁ、やっておくものですよ、何でも。芸は身を助く、ですよ。(笑)


と、こんな感じの新年。エジプトのマエストロは無事に飛行機恐怖症を乗り越え、ピラミッド前で新年を迎えたようです。やればできるというか、この大感激のマエストロの顔。。。泣いてるよ。。。これで彼も65歳を迎えるにあたって新たな境地を開いたのではないでしょうか。いいですね、いくつになってもチャレンジですよ。うん、うん。

Immag0015.jpg Immag0027.jpg


それから地球の歩き方トスカーナ版にベルコーレ掲載されたそうです。

chikyunoarukikata2011.jpg

これ、今年の夏メニューだったスズキのお料理の写真ですね。投稿していただいたかた、ありがとうございました♪♪♪いやー、載っちゃうものなのねぇ。。。これってきっと裏ではみんなお金払っているのかしら?なんて思ってたけど、そうじゃないのね。あ、サスライシェフあとのベルコーレのことをご心配されている皆様、その件は解決いたしました♪ 今までのベルコーレをそのまま安心して引き継げる形をとります。今のベルコーレチームにもう一人頼もしい(!?)一人をプラスしての新たな出発になります。ま、こうなると、サスライ氏がいたときとほぼ変わらないクオリティーのものをお出しすることができると、サスライ氏の太鼓判つきなので、ご安心くださいねっ!


ということで、今年も皆様にとっても、あたしたちにとってもまたまた飛躍のスーパーラッキーな年になりますように!!!


posted by yossy at 20:09| ローマ ☀| Comment(6) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

パソコン解決&冬到来!

おかげさまで、ミラクルのような連係プレーで無事に欲しかったパソコンが昨夜手元に届きました。お手数かけたみなさん、ほんとにありがとう♪
WIN7が出たばかりだけど、なんとなく自分の使っているプログラムとかが7で動くかわからないから、XPダウングレードバージョンってのを買いました。なんだけど、なぜかPHOTOSHOPがインストールできないのよね。。。インストールしても途中で止まってしまって、どうにもならず。そういえば、と思い出したのが、壊れちゃった前のPCでも一度なにか調子悪くなって再インストールしたときに、そういう現象が起こったような。でもどうやってかわからないけど、なぜかインストールできたんですけど。。。でもなぜ?ってのをちゃんとメモらないからね、あたし。。。今回はギブアップかも。

ということで今日は一日PCと格闘が続いています。セットアップはすぐすんだけど、必要なプログラムをインストールしたり、バックアップしてもらったデータを入れなおしたり。。。って、もっていったときは気がつかなかった足りないデータ(あたしがお願いし忘れた)ってでてくるものね。フォントとか、お気に入りとか。IEとかOutlook Expressとか使っていないから、これこれこのデータを保存してくださいってちゃんとお願いしないといけないのだけど、あのときはとにかくメール!!!!ってかんじだったからねぇ。とりあえずまた月曜日にデータ取り出しお願いに行かなきゃだわっ!

あ、今回お世話になったのは、フィレンツェで日本人の方がやっているPCショップ。ベルコーレ組(なんや、それ)はかなりの割合でお世話になってます。アブデルのも今まではイタ人の知り合いに頼んでいたんだけど、結構適当で、頼んでいないのに勝手にプログラム変えたり(確かに玄人ならそのほうが使い勝手はいいかもしれないが)元にデータ戻せって言っても、無理!とかいっちゃったりで、かなりキレテタのよね。アブデルのイタ人信用置けない度UP。。。(爆)
ってなことで、このお店、カライア橋をわたって、Via dei Serragliに入る手前を右に行くとあるんです。データの取り出しはそんなにたくさんじゃなかったからですが、16ユーロでした。お値段も明瞭会計ですから安心だしね。「OK,Ci penso IO!」っていって、後でとりに行ったらなんだかごっそり請求したりするもんね、イタ人。。。(汗)

MeridianaNet
Borgo S.Frediano 5r
tel 055.2645507


さて、雨が降らない二日間だなーと思っていたら外はむちゃくちゃ寒いです。大寒波で、ミラノとか雪が降ったらしいし。明日はフィレンツェ・マラソン。天気がよかったらいいのにね。

こんな寒い夜、テレビもないあたくしはYouTubeをつけっぱなし。今はまっているのは「Marco Travaglio」。歌手でも俳優でもありません。ジャーナリスト。イタリアはベルル政権になってかなりひどく危険度が増してますが、マスメディアの偏向報道がひどいのね。知らなければぜんぜん気がつかないけれど、実はかろうじて信用できるであろうニュース報道をするのは先日ベルルが存在しないとしたRAI3のTG3とLa7のみ。半裸の女の子たちがフリフリ踊っているのを口をあけて見てる間に、いろんな情報は選択されて都合のいいように(しかもそれがわからないように)流されている。新聞もしかりなんだけど、ここのところ、ベルルの勢力が衰えてきているからか(もしかしたら内閣不信任選挙あるかもだし)RAI2、RAI3では立て続けに政権批判をする新番組や復活番組がでてきていましてね。その中のひとつが「Anno Zero」。この番組はちょっと前に番組司会を勤めるMichele Santoroが数々の番組や個人に向けての批判などが続き降板、言論の自由などについての論争がおこっていたんだけど、いつの間にか最近番組もSantoroとともに復活。そこで10分ほどのコーナーを持っているのがこのMarco Travaglio氏。この人のいうことはものすごくわかりやすく、そしてイタリア語もとっても聞きやすい。穏やかに淡々と話していますが、内容はものすごく鋭くて、招待されて名指しを受けて批判されている政治家が一言も言えず、ってかんじで。(爆)内容は政治的なことなので難しいかもしれませんが、イタリア語のヒヤリングにもいいと思いますから、ぜひご覧あれ。







それともうひとつ今年の秋からの話題の番組は「Viene via con me」。RAI3の番組で、司会がナポリ出身のジャーナリストで、カモッラの実態をあばく「ゴモッラ」を書いて、マフィアから脅迫を受けて警察に保護されていたRoberto Savianoと、Rai3のもうひとつのおもしろいトークショー「Che tempo che fa」のFabio Fazio。第一回目に「ライフ・イズ・ビューティフル」のRoberto Benigniがきてましたね。そのときもこの番組にでるのにBenigniがものすごい出演料を取ると新聞やマスコミでたたかれてたっけ。。。その辺のくだりも全部彼自身が面白おかしく話しています。でも、Benigniは早口でわかりにくいのよねぇ。(汗)









こっちがベルコーレにも一度きたことのあるLuciana Littizzettoのでる「Che Tempo che Fa」。これも結構皮肉が聞いていて面白いのよね。(笑)





posted by yossy at 00:00| ローマ ☀| Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

またまたフラワーレポーターの緊急告知!(笑)

またまた緊急のお話ですが、ラジオジャーナリストの絵美ちゃんからオファーを頂いて明後日11月2日(火曜日)の日本時間16時からラジオのJFNで放送される「flowers」かわいいフラワーレポーターかわいいとして出演することになりました♪


テーマはトスカーナの秋、といったら食欲でしょう!(笑)ワイン用のぶどう狩りやポルチーニの時期はちょっと終わっちゃったけど、今はオリーブ狩りやトリュフ祭りなどが目白押しのトスカーナですからねー。

時間は前回と違って16時の予定。みなさまお聞きのがしのないようにね!!!キー局などはこちらからチェックできます。

オンエア終了後に更新されますブログでラジオの詳細やWEBラジオで放送の内容を聞くことが出来ると思いますよ。


ちなみに絵美ちゃんはWEB版「ダカーポ」にも寄稿しているおもしろいキャリアウーマン(ってちょっと死語かしら。。。笑)バービーちゃんみたいに可愛くて、でも電話越しだとなんだかしゃきしゃきの少年のような素敵な子です。彼女がこの春に立ち上げた「ハンサム・ワールドワイド」というプロジェクトは世界で活躍する日本人女性を応援するってもの。あたしも協力応援してもらっています!!!

『ハンサムワールドワイド』


生放送なんで、風邪完治させとかなきゃっ!!!!(爆)
posted by yossy at 10:10| ローマ | Comment(0) | 深夜のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。