2008年10月14日

紹介されました♪

お友達の紹介で知り合ったフィレンツェ在住のライターの方に、先日工房で取材を受けたんです。彼女のお友達の運営している、「イタリア車専門情報サイト500Cavalli.com」というところに記事がでました。

車と職人?って思いましたけど、イタリア車も職人仕事みたいなことで作られているのかしら、なんて思いながらの取材でした。手がかかるっぽいしね、イタリア車。

さて、記事ですが、こちらからご覧になれます。
私の仕事はなかなか説明が難しいし、それがなければよくわからないという結構こういう記事にするのが難しいものだと思うのですが、簡潔に、わかりやすく説明して頂きました。どうもありがとう!

この職人を紹介するページ。これから徐々にイタリアで活躍する日本人職人さんたちの今をお届けするそうです。なんかすごく楽しみだよね。みんながんばってるんだぁ!って、あたしも気合が入ります。


写真はちょっと寝ぼけてるみたいですけどね。(笑)



posted by yossy at 21:04| ローマ ☀| Comment(0) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

今年はこんなふうです

cartorina2008kansei.jpg

いよいよ10月っす!
鹿児島山形屋イタリア展、あと二週間にせまってきました。(しかしまだ作成中のもの多すぎのあたくし。。。泣)

ことしはこんなかんじでカードをつくってみました。爽やかな夏の風が吹き抜けそうなイメージで。この葉書も会場にありますので、欲しい方はぜひ足をお運びくださいませ。(←いや、葉書だけじゃなくて、作品もぜひ!笑)


10月は幸先よさげ。いいねー、この感覚。

posted by yossy at 16:53| ローマ ☀| Comment(4) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

あー

toscana_paesaggio.JPG


ピクニック行きたい!
芝生の上で一日昼寝したい。。。。。

これ、今週のあたしの夢。(笑)
posted by yossy at 19:01| ローマ | Comment(0) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

純粋さと無償の愛

kunzite.JPG

工房で一緒のリトアナ、去年はゴビ砂漠アドベンチャーのヴァカンスでしたが、今年はグランドキャニオンドライブの旅をしてきまして。ほんとに体を休めるということを知らない彼女とパートナーのパオロ。(笑)で、前回はラピスラズリのネックレスをおみやげにくれたんですが、今回はこんな石をもってきてくれました。

紫色のやわらかい透明感がほっとする石。ただ、インディアンのおばあちゃまから買ったらしく、石の名前はわからなかったそうで、いろいろ調べてみました。

これ、たぶんクンツァイトと呼ばれる石です。
でもって、この石「純粋さと無償の愛を象徴するライラック・ピンクの宝石」らしいです。うーん、石ってほんとに必要なときに手元にやってくるものなのかもね。(笑)

以下、コピペ。(天然石・パワーストーン意味辞典さまより)

クンツァイトは、見返りを求めない無償の愛を教えてくれる石。

自分への愛を教えてくれるのがローズクォーツだとすれば、他人へ愛情を注ぐことの大切さを気づかせてくれるのが、クンツァイトです。

広く思いやりの心を養ってくれますので、人への批判的な気持ちを抑制し、コミュニケーションを豊かにしてくれるでしょう。
過去の恋愛で傷ついた経験があると、どうしても次の一歩を踏み出せず、未来をネガティブにとらえがちです。
クンツァイトは、その傷ついたネガティブな感情や愛への不信感をなだめ、心を前向きに導いてくれるでしょう。
また、無意識なトラウマによる不安や恐れをやわらげ、心からの純粋な愛を表現できるようにしてくれるのです。
新しい愛に踏み出す勇気をもたらし、純粋な気持ちを呼び覚まし幸せな道しるべを示してくれるでしょう。
さらに、アクセサリーとして身につけたりすることで肉体と精神、感情のバランスを保ち安定させてくれます。
忙しい生活をおくっている人や蓄積したストレスに負けそうな人にお勧めのパワーストーンです。
またクンツァイトは、穏やかな癒しのパワーばかりだけではなくインスピレーションやクリエイティブな力を高めてくれるといわれています。
表面を走るタテ方向の条線トルマリンやアクアマリンなどにも見られる特徴ですが、これらは、ハイオクターブなエネルギーの流れを表しています。
また、やわらかなエネルギーで、人間性を高め、成熟した大人の女性らしさを引き出してくれるといわれています。



目指すはオトナのオンナ!!!(おいっ、そこ!笑わない!!!)

posted by yossy at 21:41| ローマ | Comment(4) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

秋色の石

秋真っ盛りのフィレンツェです。ほんとびっくりよ。
だって、今月はじめはまだ日中35度くらいだったのに、この10日で15度くらい下がっていますし。日中22度、朝晩は15度以下ですね。なのでみなさん、風邪にはお気をつけて♪

で、ですね。
石を漁っておりましたら、こんな秋色の石を発見。

colore_autunno.JPG

いいかんじでしょ!色合いが秋ど真ん中!(笑)ちょっとレオパード柄みたいなのもあったりして。これだけでもステキなペンダントになりそうでしょ!こういうのを見つけると、ウキウキしちゃいますね〜。
しかし一個ずつしかない石なので、早い者勝ちです。オーダーされたい方は、早めにご一報を!ウキャ!!!


posted by yossy at 20:33| ローマ | Comment(3) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

オーダー!

meiko.JPG

ある方からフィレンツェのゴールデンコンビといわれてるあたしと、相棒メイちゃん。メイちゃんはフィレンツェで和紙を使ったアートを展開してるんですね。詳しくはこちらから。
和紙を使って後ろから当てたライトの光を通して幻想的な世界を作り上げる彼女の作品は、あたしも大好きなのですよ。


でもコンビとしては、通訳のお仕事なの。(笑)

で、その彼女が工房に遊びに来たときに、例の青い石「クォンタム クワトロ シリカ」を見つけまして。「yossy〜、あたしもこれでペンダント欲しい!」ってお願いがあったのです。せっかくアートしてるので、自分でデザインしなよ!ってことで、デザインと石のチョイスを工房へ来てもらって自分でしてもらいました。ほんとは三日月のような部分をクォンタム クワトロ シリカでしたかったんだけど、ものすごく脆い石で、とてもあんな鋭角な部分はできないので、その部分の石を中央の丸の部分と交換して。あたしとは違う感覚の色使い。こういうのを見るととても新鮮。色のチョイスって、その人のパーソナルを移しこんでる気がするんだよね。


宇宙を凝縮したような、夏の海の思い出のような作品になりました。ちなみにっちゃいほうはピアスです。







posted by yossy at 19:33| ローマ ☀| Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

バラとパールと帯留め

10月15日からの鹿児島山形屋イタリア展のための準備をしています。それと平行して、ネットでいただいたオーダーのペンダントや、友達からのピアスとペンダントセットのお願い、それに大事な大事な12月の銀座の個展の用意もしているのですけどね。


この前ここにのせた小さなバラのペンダントが、ちょっと好評だったもので、鹿児島用に3種類つくりました。いや、厳密には3つね。今回は全部一個ずつ、色違いはあっても、全く同じものはないの。だからピンってきたら、そのときが運命のときってことで、お買い求めくださいませ。後ではもうないかも、なのです。(笑)もちろんあとで、オーダーってこともありだけど。

でね、今回はプチゴージャスに、こんなかんじで。

rosa_piccola_perla.jpg

同じ色のパールをシルバーのワイヤーをつかって添えてみました。どう?こういう風にパールや、一粒ダイヤなんかを一緒につけると、すごくかわいく、しかもエレガントになるのね。


そしてもうひとつ、チョーカーにもなる帯留め。

obidome_4stagione.JPG

帯留めだけど、チョーカーにも、ペンダントにもできるようにしたの。それぞれの色は四季をイメージして。わかりやすいと思うんだけどね。この前うちにきた友達もちゃんとビンゴしてましたし。(笑)ひとつでもかなり存在感あるからね。こういうビビッドな帯留めを紬とかで着たら粋だなぁ。あ、もう夏じゃないから時期じゃないのかしら?


そのほか、いつものペンダントも、そして今回はピアスもあります。楽しみにしててね♪








posted by yossy at 08:48| ローマ | Comment(3) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

Black&White

bird_mark.JPG

上の鳥、今年の春ごろ作ったこれの背景白バージョン。背景は一回りくらい小さめでちょっと詳細も違うんだけど、ほぼ同じもの。バックが変わると印象もがらりと変わるものね。バックが黒だとやっぱり重厚でクラシック感が高まるし。でも、白だと場所を選ばずに気軽に楽しめる感じがするし。この白はオニキスで、この縞々が斜めに入ってるのがポイントなのよね。

元来花や鳥の場合、背景が黒が多いMosaico Fiorentino。でも、そうじゃないのもあっていいと思うし。あたしはそっちのほうが好きなんです。だってみんなと一緒はいやなんだもの。。。天邪鬼とでもなんとでも、お好きにお呼びくださいませ♪







posted by yossy at 07:52| ローマ ☀| Comment(4) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

粋な着こなしへ

先日一緒にVilla Patriarcaへ行ったY子さんが、ディナーでつけてくれた私の作った帯留め。白い椿が映えるようにと、紺色の着物仕立ての浴衣を着てくれました。

obidomekatuyouhou.JPG

これ、実は帯締めに通してあるわけではありません。彼女がナポリの友人からプレゼントされたという、カポディモンテ焼きのチョーカーの紐を使ってるんです。実はそのチョーカーのほうは、この紐にくっついていたため、それは帯の下へ。太陽のような形の焼き物のペンダントが帯びの下から少しだけ見えていて、それも粋でした。

この帯留め、普段はワイヤーチェーンをつけて、パールやダイアモンドの小ぶりのペンダントなどとあわせると、ものすごくエレガント。使い方に拘らず、楽しんでもらえるのは、すごくHappy。こういう遊びができるって言うのはステキなことだわーと感心しちゃいました。

posted by yossy at 18:31| ローマ | Comment(3) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

落っことしたかけらは

ginzayou.JPG

先日ピースが小さすぎて、爪を削りながらも指先で支えることができずに、何回も落っことして作ったピースでできたのはこちら。(笑)いや、全部落っことしたわけじゃないですよ、もちろん。小さい中心のピースだけだからね。
このバラちゃんたちは、絵にはなりません。なんになるかはご想像通りです。でも今回はあるコラボをもちかけてて、これがなんだかすごく面白いものになりそうなの。フィレンツェのもうひとつの伝統技術とのコラージュって、ものすごくドキドキする。まだ、あたしの頭の中だけの構想で、今日アポとったばかりだから、9月にならないとわからないけど。

銀座に出展予定なので、ご覧になりたい方、12月まで待っててね♪
posted by yossy at 06:39| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

10月は

yamakatayaitaliaten2008.jpg


また鹿児島に行くになりました♪
場所はいつもの山形屋イタリア展。今年は10月15日から20日の予定だそうです。あたしは前々日入り、翌日には帰国予定なんですけど。。。

なので夜は家にいる予定にしています。なんせ家が大好きなもので。スミマセン。。。

ということで合言葉は“会いたい方は山形屋!”(笑)
posted by yossy at 20:31| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

暑いっすね

kingyo.JPG

毎日暑いっすね。。。
フィレンツェ、毎日38度超えです。あ、でも40度超えてないからましなのか?しかし湿気が多いね、今年。なんかそんな気がする。汗かなりかくし。。。夕方降りそうで絶対降らないもんね。
あんまり暑すぎて、体温が下がらない感じ。

日本も暑いらしいですね。なんだか毎日スコールが降るトロピカル気候になってるとか。地球、大丈夫なのか?

ちょっと涼しさを求めて金魚ちゃんを作ってみました。実はこれ、二年ほど前からオーダーをいただいているある方へ、気に入っていただけるかな?と思って作って物なんですけどね。麻のぱりっとした作務衣の上着につけてもらう予定。どうやって留め金にするか考えないと。


あ、でも、そのころは秋よね。。。(苦笑)





posted by yossy at 00:46| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

暑中お見舞い申し上げます

shochuomimai.JPG


暑中お見舞い申し上げます。

暑いみたいですね、日本。フィレンツェは昨日からかなり蒸し暑さが戻ってきた感じです。これで夜は涼しくなるので、今年の夏は寝苦しい夜はなさげですけど。よかったわ。。。

それはさておき、おとといはあたしの母校の夏の恒例行事「錦江湾横断遠泳」がありました。水温が高めで朝早めのスタートになったようだけど、みんながんばって、かなり予定の時間より早く4km強を泳ぎきったそうです。お疲れ様!
今年は映画「チェスト」もあったことだし、MBC放送も追っかけ取材していたみたいなんで、かなり注目されてたみたいだね。とにかく、夏のというか、小学校時代のというか、人生の中でも大事にできることだから、ずっと続けていってほしいと思う。大変だけどね。子供も、親も、学校も。だけど、そのなかで学べることってほかではないくらい大きいと思うからね。あたしも体力あったらもう一回やってみてもいいかな、って思うもの。(←ま、それは無理なんだけどね。でも実は4回も泳いでますの。笑)



ああ、あたしも海行きたいわ。




写真は桜島。もちろん石で。
posted by yossy at 16:38| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

花のフィレンツェ

イメージは花のフィレンツェ。

fiorifirenze.JPG

ちなみにフィレンツェを代表するドゥオモはサンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の大聖堂)という名前なのですよ。そしてフィレンツェという名前の由来もそこにあるわけです。紀元前59年に、女神フローラの名前から「フィオレンツィア」と命名されたの。


銀座の個展のために試行錯誤中のモザイクたち。
大ぶりのものをたくさん作る予定。ちょっと今までとテイストの違うかんじで。冒険してみてもいいんじゃないの!っていうギャラリーのママさんのアドバイスで。あ、でも、小さな愛しいペンダントたちも持って行きますので楽しみにしててね。メンズ使用もありなので、粋な♂たちもぜひご招待してくださいませ。

アイデアが実現していく過程って、わくわくだよね。不安で不安でたまらなくても、それでも前に進んでるから。先に進むって不安なわけだよ。村上龍の「KYOKO」にこんなセリフあったよね。


***********************************************

“未来は今、もうすでに貴方の手の中にある。”
私はずっとどこかへ向かう途上にいた。
どこかへ行く途中なのだ。
昔はそれで疲れたり焦ったりしたが、もう大丈夫。
途上にあるときだけ未来があるのがわかったから。

ゴールに着いたと認めた瞬間に未来は消えてしまう。
途上にいて、しかもそれを楽しんでいる時
わたしは未来を手にすることができる。

わたしはこれからもずっと、どこかへ行く途上にいるだろう。
途上にいるのは落ち着かなくて不安定だが、
たぶん何とかなると思う。

「KYOKO」村上龍





posted by yossy at 16:29| ローマ ☀| Comment(6) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

viaggio interno

meditazione.jpg


このまえ書いた「クォンタム クワトロ シリカ」。ちょっとボロッと崩れてしまったかけらがわりと大きかったので、それと、大好きなインカローズを使って、おひつじ座マークで作ってみました。(←また、自分用?笑)

このインカローズ、ピンク色の透明感ある石肌の上に、なぜかクリムトの絵を思い出す丸い模様が一面にあって。おもしろいよね、石って。どれをとっても同じものはないわけだから。それなのに自然がつくった模様って言うのは、なんて心に響くんだろう。。。

歪んだハートを形作ってみました。でも真珠貝でやさしく包んでみたりして。デザインなしで、いきなり石をつなげてみたんだけど、こういう形になったのにもなにか意味があるのかなぁ。



クォンタムとインカローズに内なる旅へ連れて行ってもらいましょうか?



posted by yossy at 20:37| ローマ ☀| Comment(3) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

カスタムメイド

ciaki.jpg

本日発送したカスタムメイドのペンダントたち。

お客様のイメージを私が形にしたほんとに世界で一個だけのものができました。フィレンツェが、イタリアが大好きで、そのイメージを明確に伝えていただいたので、石のチョイスをはじめ、楽しく作業ができました。そうやってイメージを膨らませていくのはとっても面白い作業なのです。フィレンツェのイメージっていうのも、人それぞれ違うわけで。同じものをみても、違う匂いや、違う色、違う景色になるっていうのは、あたしにとっても新しい発見になるんです。


Cさま、ありがとうございました!
posted by yossy at 19:48| ローマ | Comment(3) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

Princess Rose

princessrose.JPG


かわいらしく
華やかに
でもどこか
芯の通ったやわらかさだけではない何か。

ある人を思い浮かべて作ったバラ。

すごく似合っていました。

posted by yossy at 08:00| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

クォンタム クワトロ シリカ

quattrosirica.jpg


このペンダントのターコイズブルーの石。工房にも少ししかなくて、しかもとってもやわらかくて使いにくいのだけど、あたしの大好きな水色なので、大事に大事に使っているこの石。クリソコラ(珪孔雀石)だと思っていたのだけど、いろいろと調べていたら

クォンタム クワトロ シリカ

なんという、なんとも学術的に難しい名前の石ということがわかりました。クリソコーラ・ダイオプティズ・マラカイト・シャッタカイト・
クリスタル等が混ざり合ってできているそうで、採掘量もとても少なくて、ものすごく貴重な石だそう。。。入手困難とか書いてあるし!ヒーラーや瞑想家には必須の石なんだって!

**************************************************

この石の「クォンタム クワトロ シリカ」という名前は通称(流通名)です。「クォンタム=量子」「クワトロ=4」「シリカ=二酸化ケイ素」、つまり4種類の鉱石の集合体であることを意味しています。クォンタム クワトロ シリカには、主にクリソコラ・マラカイト・クォーツ、その他にシャッタカイト・ダイオプテーゼなどが含まれています。鉱物的にはジェムシリカ(クォーツが自然に染みこんで硬化したクリソコラ)に近い感じだと思いますが、最近ではヒーラーの間で大変人気が高まっており、こうした特別な流通名が付けられました。自然が生み出したこの素晴らしい混合石は、それぞれの鉱物の色あいや美しさが混ざり合って、とても個性的な表情を見せてくれます。このようにいくつかの鉱物が混在しているパワーストーンには、それぞれの石の相互作用によって高い効果を発揮する物が多く、クォンタム クワトロ シリカにはすべてのチャクラを調節するパワーがあるといわれています。繁栄・幸運を象徴し、美的感覚やイマジネーションを刺激するクリソコラ、高いヒーリングパワーがあるとされるマラカイト、霊的な感性を強め、邪悪なものから強い保護力で身を護るシャッタカイト、自己を見つめ、あらゆるものの真実を見極めることができるよう導いてくれるダイオプテーゼ、そしてそれらを繋ぎ、まとめ、共振させるクォーツの働きが相互作用し、とても強い波動を感じることができるでしょう。南アフリカのナミビアで産出される、大変希少なパワーストーンです。

(パワーストーンアクセサリーショップ Natural Styleさんから抜粋)
****************************************************



うわ、大事に使おう。。。

いま無性にこの石に惹かれるの。こんなことも書いてありました。

***********************************************

エンジェルストーンとも言われるこの石。過去のトラウマを消し飛ばし、感情と切り離してくれる、貴重な力を持っています。
心を鎮めて、落ち着くことが出来るだけでなく、すべてのチャクラを調整すると言われています。


うーん。今のあたしに必要かな。
こうやって、必要なときに必要な石と出会うというのは不思議なことだけど、偶然ではないような気がしています。



posted by yossy at 20:25| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

お知らせ〜まだまだ早いけど。。。

ええ、大事なお知らせでございます。

大事すぎるけど、まだまだ先の話なので、みなさま携帯電話、手帳、カレンダーにいますぐ書き込んでくださいませ。じゃないと忘れちゃうから。。。(汗)


12月の17日から22日(予定)まで銀座にあるギャラリー「おかりや」さんで個展することになりましたの!!!!


今回帰国したのもその話のためがメインだったんですよね。知り合いの現代漆作家の方から紹介いただいて、小さいスペースを貸していただけることになったんです。素敵なイタリア人のようなマダムのされているところで、なんだかおもしろいものを作るアイデアをたくさんいただきました。なので、ちょっと変わったLa Fanciullaをご期待あれ!クリスマス前だし、プレゼント買わずに待っておいてちょうだいね。(爆)



ってことで、ちゃんと書き込んだ???







posted by yossy at 20:10| ローマ | Comment(4) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

闘牛

corrida.JPG

今日は朝から出発の準備。あ、言ってなかったですけど28日から8日まで日本です。ちょっといろいろやることあって、東京、福岡、熊本に鹿児島なんていう正味8日間にしては、まるでイタリアにいらっしゃる団体旅行の方々なみの行動力でがんばる予定!バタバタするとは思いますが、お会いする予定の皆様よろしく!


でね、今朝はとりあえずモザイクを持って帰る予定で整理していたのだけど、そうしたら昔に作った闘牛のモザイクを発見。これ、2000年の夏にマドリッドに一人で行って、闘牛を初めて生で見て、血が騒ぐというか、スペインの太陽の光の影の濃い部分を垣間見たというか、それが衝撃的でモザイクにしてみたもの。

残酷だけど、それでも生きるということの刹那を感じさせ、魂に何かを訴えかけるものだったんだよね、あたしにとっては。。。


もう一回みたいなと思う。次回はマドリッドかしら?

posted by yossy at 08:24| ローマ | Comment(2) | La Fanciulla | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。