2011年05月01日

最後2晩はベルコーレで〆だったのさ

人参切りすぎると指がオレンジになるんですね!!!
そうなったのはあたくしです。。。(笑)みかんの皮をむきすぎたときと同じくらいオレンジになります。ま、20本近くみじん切りにしたら、ってことですけど。

どうしてかというと、それはこちらのブログをご覧くださいませ。仕込み隊員2号だったもんで(1号はもちろんサスライ氏。笑)人参を18本ほどみじん切りにする使命を負ったあたくし。そんな人参ばかりみじん切りにするなんて、生まれてこの方やったことありませんからね。。。気がついたら左手の指先がオレンジのカロチン色に染まっていましたよ。(爆)

さて、ベルコーレ、サイトもリニューアルしていい感じになってるんですよ♪新しいドルチェもなかなか美味しいようですしねー。でね、フィレンツェ最後の二日間はチキチキ☆ベルコーレに、工房のみんなとのCENAだったんですよ。それでフィレンツェの記事もとりあえず終わりってことなので、まずチキチキからいってみよー!(笑)

cikiciki@belcore06.JPG cikiciki@belcore09.JPG cikiciki@belcore10.JPG cikiciki@belcore12.JPG

まずチキチキ☆はほぼ日本人参加での開催。つーか、声かけたら皆OKっ!って感じで25人は超えそうな勢いだったので、それ以外のイタリア人の友達とかとは別に会うことにしたっていうか。。。(笑)いつものチキチキメンバーに加えて、新メンバーに(勝手にメンバー化!爆)子供ちゃんたちもの楽しい時間になりました。上の写真はクリックしたら大きくなりますよ♪
職人仲間でいつもワクワクな感動を共有できたり困ったときに助っ人になってくれたみんなや、MIXIや友達の紹介で知り合った方、ペルメッソが出なくって移民局で知り合ったり、鹿児島つながりだったり、とにかくあたしのフィレンツェ生活を特に終盤にしてとっても楽しくしてくれた皆様方が、勝手にワイワイやってくれるのを見るのはとっても嬉しい限りだったのよねー。今後もあたし抜きでガンガン楽しく盛り上がってくださいね。なんといってもさー、海外だし、やっぱり日本人の知り合いっていうか、友達はイザというときに心強かったりもするわけですからね。


cikiciki@belcore21.JPG cikiciki@belcore19.JPG

ちなみにこの日は3月13日だったんですけど、翌14日と翌々日の15日は彫金師Yujiくんとサスライ氏の誕生日が連続だったんですよ。なので、内緒でバースデーパーチーも企画!ベルコーレキッチン組みも言われないのに(笑)ちゃんとケーキを用意してくれました!流石やのぉぉぉ!!!

cikiciki@belcore20.JPG

ちなみに、更には二人の名前に「おめでとう」、それに「VECCHIO(年寄り)」って書いてありますけどね。この二人、実は生まれた年が同じの一日違いなんですよ!まったく予想もしていなかったサプライズに、Yujiくん、ケーキが目の前に来ても人事のように拍手とかしてました。(爆)


cikiciki@belcore23.JPG cikiciki@belcore24.JPG

そしてオーナー・アブデルとご飯を食べに来ていたピエロと。ピエロには6月のワールドカップで一緒に日本を応援したときに着させたサムライジャパンのTシャツを記念にプレゼント!いやー、ぜひいつかまた一緒に応援したいもんだねー。


cikiciki@belcore39.JPG

cikiciki@belcore48.JPG

と、こんな感じでがんばってくれたベルコーレメンバーがお片づけを終わっても、まだまだおしゃべりに花のさいたチキチキ☆メンバー。すみません、お客になったら長居してしまいました。。。楽しい時間をほんとにありがとう!たまにはこうやってベルコーレでチキチキやってくださいね☆
そして、翌日、ほんとにフィレンツェ最後の夜は、工房のメンバーとベルコーレで新しいメニュー堪能会だったのは、すでに書いたんですけども。お食事については上の下線のところをクリックして前の記事を読んでいただくとして、とりあえずちょっとこの日の感想を。いや、この感想もすでに書いたな。。。

IMG_1908.jpg IMG_1937.jpg

この人と知り合わなければ、もしかしてこんなに長くはならなかったかもしれないイタリア生活でしたからね。こうやって鹿児島の山形屋デパートや日本橋三越のイタリアフェア、そして銀座での個展なんかをやると、モザイクをするためにイタリアにいったんですか?なんて尋ねられますけど、実はぜんぜん知らなかったんですから。。。(汗)工房へそのころに通っていたユウコちゃん(一昨年と去年俊寛と合同展してます)がそのとき行っていた語学学校に自分のモザイクの作品を持ってきて見せてくれたことがきっかけだったのだから。そしてその後、彼女がその語学学校での飲み会!?にマエストロをつれてきて、彼がたまたまあたしの隣に座って、あたしが持っていた一眼レフ(そのころはアナログですがね)で自分を撮ってくれ!って頼んだのがきっかけでいろいろと話をして、モザイクの工房を見に行ったところから始まったんですよね。だいたいイタリア語もまだ全然で、言われたことがなんとなくわかってるか?くらいだったので、ぜひ見学に行ってみたい!って思ったの。だって、石とあの絵画が結びつかなかったから。。。そして趣味の程度で週に一度くらい通っていた工房に、一年が過ぎていったん日本へ戻ったあと、どうしてもイタリアへ戻りたくって戻ってきたのに、生きる糧のために続けようと思っていたモザイクの工房にはまったく通えずに、普通にオフィスやお店の店員をしてこんな大変な思いをしてペルメッソを取って、しかも給料は日本の半分くらいで保証も何にもないイタリアに、何のためにいるのか、むちゃくちゃ苦しくて。そうこうしているうちに、ちょうど出た大きなフルッシ(イタリアで何年かに一度出る移民に対して労働許可証をだすこと)に手続きしてくれていた当時働いていた会社が倒産したりして、どーするんだ!ってところまできてて。そこで逆にいろいろ考えて、まず何のためにイタリアにいたいのかってのをすごく考えて、やっぱり生活をするために稼ぐということから、まずモザイクを中心にすえる生活に切り替えることに頭を切り替えて、そしてそこで出会ったのがベルコーレ。この間イタリアに戻ってきてから三年が経過。。。その間いろいろあったけど、ほんとうに大喧嘩も多々あったけど(爆)結局マエストロに何でもかんでも話ができた(もちろん解決はしないんだけど。。。笑)のはすごく助かったもんね。


firenze_ultimo11.jpg

IMG_1939.jpg

今改めて見ると、マエストロ、ウルっときてるし!(笑)いやー、ほんとうに普通の工房でのいわゆるマエストロと弟子みたいな関係じゃない、変な関係でした。楽しかったし、何よりあそこにいたから、自分で何とかモザイクの道を見つけなければって思ったしね。(爆)うちのマエストロ、商売だけはほんとうに下手だからね。。。(汗)ちなみにマエストロとは一週間に一回くらいはスカイプしてます。あたしがいなくなって、どうも工房がやたら静かなようで。。。あはははは!


firenze_ultimo12.jpg

そしてベルコーレ。モザイクを自分の納得のいくところまでやろう!と決断しなければめぐり合わなかった場所でした。そしてここで自分なりに、そして初めてなりに、お客様へのサービスを学んだことが今、鹿児島で新しく始める道につながっているわけだもんね。人生先に何があるか分からないわけだから、いろいろちゃんとやっておくべきだと思います。何事も無駄にはならないものだわ。。。ここでもあたしがいた6年ちょっとでいろんなことがありました。もちろん大喧嘩も含めて。(爆)理不尽なことに悔しくて泣いたこともあったわよっ!でも、マエストロ同様家族みたいなもんで、やっぱり大事なあたしの一部なわけです。アブデルも、絶対的に信頼できる一人だから。まあ経営者としては?なことも多々ありますけどね。

IMGP4443.jpg

毎晩通ったおかげでなんだか全然最後だって感じがしなかった別れ際。普通にCIAO!またね!!!みたいなのりだったような。。。不思議なフィレンツェ最後の夜でした。感慨深くホテルに戻り、翌日にもう一度ゆっくりフィレンツェを見納めようね、なんて話していたんですけどね。。。

何があったかは、そのうちにまた。(笑)


posted by yossy at 23:28| ローマ | Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

フィレンツェ

昨夜は先日サスライ氏の故郷伊佐で農業をしている二反田君に誘われたワイン会へ行ってきました。この前畑を見学に行ったときに「ワイン会やるんでいらっしゃいませんか?」なーんて気軽なお誘いだったので、どんな趣旨かも分からずに、楽しそうや!って行ったら。。。なんとあたしらが主賓になってました。(滝汗)でもとにかく楽しく、美味しいお料理をいただいて、うんちくなしにワインをいただくという、とってもいい夜でしたよー。ちなみにワイン会が開かれたのは鹿児島のイタリアンレストランの老舗であるリストランテ松本さん。シェフも奥様もとっても素敵な方です♪ そして今回は東北大震災の被災地の1つ、宮城県山元町にある桔梗長兵衛商店の「わたり」というワインもいただきました。実はこのワイナリー、海岸線から2kmの場所にあり、津波に飲み込まれてしまったんです。。。点在しているブドウ畑が無事なら、いつか再開できるかもしれないという小さな希望はあるようですが、今のところはすべてが無くなってしまったそうです。その大惨事に巻き込まれたワイナリーをいたわるような優しい優しい可憐な味のワインでした。


さて、フィレンツェの町を最後の最後でちょこっとだけ堪能したあたくし。荷物をだしてからフィレンツェを出るまでの3日くらいをお世話になったのが、DUOMOとアカデミア美術館をつなぐ場所にあるレジデンス「PICCOLO」このレジデンスは少し長い滞在をされたい方に超おすすめ。オーナーはフィレンツェに長く住んでいらして、PICCOLOの前にもフィレンツェにあるいくつかのホテルを経営なさったことのあるサキコさん。あたしの知り合いがフィレンツェに2週間ほど滞在することになり、3人でのんびり過ごせる滞在先をリサーチ中にここを見つけ、お世話になったご縁で仲良くさせていただいているんです。レジデンスなので3日に一回ほどのお部屋のクリーニングになりますが、広々とした浴槽つきで、キッチンがあり、なによりテーブルやソファーがあってのんびりできるスペースがお部屋にあるので、外食ばかりになってしまう旅行中にお部屋でご飯をいただけるのが何よりも嬉しいんですよね♪ 近くにスーパーもできてるので、お水とかも無理なく買ってこれるし!そして町の中心地だからちょっと疲れたらすぐにお部屋に戻ってきて休憩できるの。これ結構大きなポイントなんですよ!!!


このレジデンスの近くにはロビリオというフィレンツェでは老舗のバールがあり、2日間そこでのんびりフィレンツェ最後のカプチーノをいただきました。イタリアを離れて何が一番残念かって、イタリアのコーヒーを飲めなくなること。コーヒーだけはどのヨーロッパの国と比べてもイタリアは話にならないくらいおいしいんですから。。。(笑)

firenze_ultimo08.JPG


そして今回これだけを堪能したジョットの鐘楼からのフィレンツェの眺め。DUOMOに上ろうかと前々から思っていただのだけど、1月に来ていたYUKKYたちに「上からDUOMOのクーポラをいれたショットがすごいよかった!」と言われていたのでそちらを採用。下から見るのと上から見るのだと印象がやっぱり違うクーポラ。上から見るとまるで雑誌の切抜きのようだわねー。

firenze_ultimo01.JPG firenze_ultimo03.JPG firenze_ultimo09.jpg firenze_ultimo13.jpg


そしてそこから眺めるフィレンツェ。これは大きくしないといろいろわからないので、それぞれの写真をクリックすると別窓で大きな写真を見られます。ちなみに一番目の写真の白い塔は、フィレンツェで(郊外を除く)一番高いマンションといわれてました。8階建てなんだけどね。そのすぐそばがあたしが住んでいたところです。

firenze_ultimo04.JPG firenze_ultimo02.JPG firenze_ultimo05.JPG firenze_ultimo06.JPG firenze_ultimo07.JPG firenze_ultima14.jpg


ほんとうに赤いレンガのおもちゃの世界のようなフィレンツェ。遠くから見ると(笑)素晴らしく美しい町並みだと思うのよね。きっと10年後に訪れてもきっと変わっていないであろう、変わっていないことを祈る町。いろいろと不便でも、それを文化遺産として守るために時間をとめる事をよしとする場所。500年という歴史の長さを一瞬と思える場所。いいか悪いか別として、だからこそ守っていけるものもあると身に沁みた11年でした。

そして昨日のワインのワイナリーは、Google Mapsで見るとまったく瓦礫とそれ以外に何もないのだけど(現在被災地である北関東、東北地方はGoogle Mapsで見ると、震災後の航空写真になっています)いつか、また、緑の美しい、そして青い海を望む大地に人々が戻り、生活を始められることを祈っています。

posted by yossy at 21:12| ローマ 🌁| Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

フィレンツェで東日本大震災へのチャリティーがあります

poster.jpg

今朝フィレンツェからのメールで、4月10日にフィレンツェで震災復興チャリティーイベントを開催するということを聞きました。詳しいことは以下の通りです。


アペリティーヴォ:
日本人シェフボランティアによる日本食アペリティーヴォ
日本人歌手ボランティアによるミニコンサート
入場・参加費は無料にして、アペリティーヴォを楽しんでいただく。
寄付について:
会場内に義援金箱を設置して、参加者に寄付を協力していただく。
義援金は、在イタリア日本国大使館に振込、日本赤十字社に送付されます。


Data:10 Aprile 2011 16:00〜20:00
Luogo:Hotel Kraft in Via Solferino 2, 50123 Firenze
http://www.krafthotel.it/
Ingresso : Libero
Offerta libera
Il contributo raccolto sara' donato alla Croce Rossa Giapponese tramite consolato giapponese a Milano.



フィレンツェだけではなく、たくさんのイタリアの都市、いえ全世界の様々な場所で義捐金を集めたりチャリティーがこの東日本大震災のために開かれていることを聞いています。ほんとうにほんとうにありがとう。そしてこのお金が一刻も早く被災され大変な状況にいらっしゃる方々に、この大地震を乗り越えあの場所で復興を、第一歩を踏み出すために苦悩の中から勇気を振り絞ろうとしていらっしゃる経営者の方々に、できるだけ早く届けられることを祈ります。実は本当に皆様のおかねで物資も義捐金もものすごく集まっているのに、そこからの分配がなかなか思うように行かず大変なようです。ボランティアで実際現地でがんばっていらっしゃる方などはとても歯がゆい思いをされているようです。。。あまりにも大きくてどこから手をつけていいのか分からないような状況でしょうが、とにかく今生きている方々の負担が少しでも少しでも軽くなれば。。そんな思いでのフィレンツェチャリティーイベントだと思います。

お時間がある方、イタリア人のお友達などもお誘いの上、ぜひぜひ足を運んでみてください。あ、そうそう、イタ人は放射線のマスコミ情報でかなり日本食が危ない!って思い込んでいる人が多いみたいですが、そんなことはない!ということもあわせてお伝えくださいね。だって、マグロは地中海やインド洋、サーモンは北極海、イタリアで日本の魚がどんなに食べたかったか。。。だいたいスーパーでも魚屋でもいちおうどこから来たか表示してあるのに、イタリアにある日本食やだけ日本から魚いれるとかありえんでしょーが。。。それにお米はコシヒカリ、ローマでも栽培しているし、だいたいにおいて日本からイタリアに輸入してそれが店頭に並ぶまでにどれくらい時間がかかるのか知ってるのかオマエラ。。。(((p`-ω-)p))こういうときだけ荷物が瞬時に届くわけねーだろー。ちなみにあたしらの引越し荷物は多分4月1日に出た模様。。。(爆)


ということで、フィレンツェにいらっしゃる皆様、よろしくお願いします!
posted by yossy at 11:35| ローマ | Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

CI VEDIAMO! VVTB!(ちょっと変更あり)

あと一時間半でローマです。

そう、いよいよ出発です。日本へ向けて。

出発は明日の14時半です。ドバイ経由のエミレーツ。日本はとても大変な事態になっていますが、帰国します。東京での予定は、今の状況を踏まえるとなかなか難しい状況ということで、いつかもう少したって落ち着いたときに皆さんとお会いしたいと思います。羽田まではいけなさそうなので、とりあえず成田付近のサスライ氏親戚のうちで一泊して、成田から博多へ行き、そっからは新幹線かなぁ。こんな形で開通したばかりの九州新幹線にのるとはおもわなかったけどもね。

この記事をUPしたあとに、急遽航空会社に関空着に変更可能かきいてみることにしました。(エミレーツのサイトには行き先変更はできないと書いてあったので)で、結局関空につく便に振り替えてもらえることになりました。明後日17日の夕方関空着、そのまま伊丹に移動して最終便で鹿児島に戻ります。福島の原発をはじめ余震が続く不安定な状況の関東での乗り継ぎでは、計画停電もあるし、まず重いスーツケースを抱えての移動はちょっと厳しいかということでこうなりました。

日本と一緒にがんばらないと、です。

でもサスライ氏がシンガポールから戻ってきて、モザイクは終わってないし(汗。無事に終わりましたけど。。。)荷物を出した後にすぐこの地震だったもんだから、ネットにはりつきで、なんだか感傷にひたる暇も、町を改めてゆっくりまわる暇もなかったよ。。。でもそのほうがよかったかも。
昨日最後にやったことは1月に観光に来たyukkyがすすめていた「ジョットの鐘楼」に登ること!実はイタリアにはじめてきた(旅行で)はるか昔、大学3年生のときに上ったことがあるはずなのに、ぜんぜん覚えていないんですよね。。。(汗)ってことで上からDUOMOのクーポラを堪能してきました!

duomo_firenze.jpg

上からみるフィレンツェ。自転車でくまなく走った場所ばかり。でもまだなんだかここから離れて別の場所で暮らすという実感はなく、なのにこみ上げてくる感情が大きくてさっさと下りちゃいましたけどね。(苦笑)


そのあと仲良しのみんなの工房をまわり、夜は工房のみんなとベルコーレで!一昨日から連日のベルコーレでのお食事でしたけど、昨日からなんと「新メニュー」だったので、これまた楽しみだったわけよ。

IMG_1926.JPG IMG_1927.JPG IMG_1929.JPG IMG_1932.JPG

新メニュー、おいしかったですよぉぉぉぉ!!!!!!!

いやー、春満載のお皿たちでしたよ。コンセプトは「初恋の味揺れるハート」らしいですよ。いいですねー。
あたしたちが食べたのは「リコッタチーズとえびのファゴッティーニ、ソラマメのクリーム」「サルシッチャの入ったラビオリ」そして帆立貝まではいった「カチュッコ@ベルコーレ風」に「マグロのたたき風、洋わさびソース」でございました♪新しいデザートは時間差でのリリースなので今回お味見できなかったけど、ほんと楽しみ!みなさま新しいスタッフのお料理楽しみにしていてくださいねっ!


そして一昨日、昨日とベルコーレに来てくれたみんな、町で偶然あって挨拶のできた人、電話をくれた方たち、会えなかった人たち、みんなほんとうにありがとう。10年という月日をこの町で過ごすなんてまったく思っていなかったです。あっという間でした。偶然知り合ったマエストロ、いろんなことがあったけど(爆)やっぱりあたしを支えてくれた大事な人ですからね。そして考えてもいなかった仕事としてのフィレンツェモザイク、それがあたしをここまで連れてきてくれました。そしてベルコーレ。もともと好きだったお料理の世界のなかで、たくさんのことを学んだし、そして今後それが役に立つとはあのとき誰が思ったか。。。(笑)


長かったバカンスでした。たくさんの人に支えられて、たくさんの人に大事にされて、たくさんのつらいことや、楽しいこと、感動したこと、そしてパートナーをみつけたこと。


みんなに感謝しています。ありがとう。また会おう。そしてまたこれからが楽しみに。

とりあえずブログはこのまま続けます。日本に帰ったら最後のチキチキもUPしますのでお楽しみにっ!
posted by yossy at 17:36| ローマ | Comment(5) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

雪に埋もれたフィレンツェ

bianca_firenze05.JPG

bianca_firenze10.JPG

イタリア中雪に埋もれた金曜日。さすが17日の金曜日(イタリアでは13日の金曜にではなく、17日の金曜日がよくない日っていわれてるのよ)。。。雪、綺麗!!!なんて言っていたのもつかのま、あっという間に高速道路から飛行機、電車、バスにいたるまで止まっています。いやいや、普通の道路も渋滞や、雪があまりにもひどくて車が動かせず、今日は何時間もかけて歩いて家路につく人たちも多いみたい。。。こんなに昼間からガンガン粉雪が降るのは、この10年はじめてのことじゃないかしら。確かに天気予報があたったといえば、あたったんだけど、まさかここまでとは。みんなそう思ってたみたいで、けっこうタカをくくってたんだよね、きっと。ラジオ・トスカーナでは刻々といろんな人たちが現在の状況を電話で報告しています。

さて、みんな大変なのだけど、やっぱり雪のフィレンツェはステキ(笑)なので、工房からリトアナと彼女の犬と一緒にDUOMOをまわって、一時間半もかけて写真を撮りながら帰ってきました。昼過ぎにちょっとだけベッキオ橋まで用事で行ったんだけど、それくらいから粉雪がものすごい勢いで降ってきてたわけ。あっという間に広場という広場は真っ白になり、止めてある車や自転車にもどんどん雪が積もっていたんだけど、あたしらが工房をでた18時半にはこんなことになっていました。まず、あたくしのマイ・チャリ!

bianca_firenze01.JPG

そして工房の周りはこんな感じで、かなりの雪にバイクが埋もれていました。その前を颯爽とスキーで走るおっさん!!!!みんなに向かってポーズとっていました。(爆)

bianca_firenze02.JPG bianca_firenze03.JPG


工房のほうからDUOMOの前までつくと、結構たくさん人がでてきてましたよ。しかし犬はほんとに雪で喜ぶのね。ビアンカ(犬)は狂ったように雪の中で跳ね回ってたし。あたしたちも凍てつく寒さの中、手袋していては写真は撮れない!(しかも今日はスキー用の手袋してたし。爆)ってことで、素手で撮影会。。。

bianca_firenze04.JPG bianca_firenze06.JPG bianca_firenze08.JPG bianca_firenze07.JPG bianca_firenze09.JPG


雪の積もったクリスマスツリーはこの前よりもものすごく輝いているかんじで、すっごく綺麗でしたよ。いやー、今年はツリーがあってよかった!!!(笑)

bianca_firenze12.JPG bianca_firenze13.JPG


DUOMO広場のあとは、サンロレンツォ教会の前へ。。。

bianca_firenze14.JPG

なんだか荒れ果てた北の大地の果てにある廃墟となった教会の様相。だってやっぱりファザードがないからさ、なんとなく、そんな雰囲気なんだものっ!

bianca_firenze16.JPG

でもちょっと横にずれると、メディチ家の礼拝堂のところに天使の顔が映し出されていて、その前にはクリスマスツリーが光っていて、雰囲気はあるんですよ。しかしツリーの横にある銅像がこんな風に雪で埋もれていてなんとなく笑ってしまいました。この方、メディチ家の方ですよね。どなたでしたっけ???

bianca_firenze15.JPG


VIALE(大通り)を通って家路へ。普段いつでも混んでいるここがすいているので、ああ、もう渋滞はいったん収束したのね、と思ったら、ここを渡って家の方に近づくにつれ、ここまで出られない車の渋滞とぶつかりましたよ。うちのへんは坂も多いからね。チェーンつけない横着ものばかりのようだったから、かなり大変なことになってるみたいでした。16時半に工房から追い出した(笑)マエストロ、家に帰り着いたかしら???

bianca_firenze17.JPG

bianca_firenze18.JPG

今日はこの冬初めて一日暖房をつけている我が家。でも寒い。。。(涙)今日はお風呂にはいるぞっ!!!!明日はどうも天気が持ち直すという予報だったんだけど、他の天気予報のサイトを見たら雪になってるっ!しかもアムステルダムも昨日の予報と違って雪!!!!!!いったい旅行にはいけるんでしょうかね。。。ちなみに今日はフィレンツェ空港は午後から閉鎖。足止めを食らったお客さんが多すぎて、空港職員近くのIKEAに椅子とか買いに行ったんだってさ。(爆)

posted by yossy at 06:42| ローマ ☁| Comment(11) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

今年はなかなか気合が入ってるかも!?

モザイクのオーダーが思いがけずてんこ盛りとなってしまって、密かにあわててる毎日。ま、いったんエンジンがかかれば、寝ることは忘れないけど、食べることはまぁ、どうでもよくなってしまうので、最近はたいそう貧相な食生活。あぁ、ベルコーレでまかないを食べてたころは、めちゃくちゃ幸せだったのね。。。(爆)とりあえず工房にインスタントラーメンでも持ち込もうかと思っているところ。なにせ昨夜は工房をでたのが22時。。。(O_o)WAO!!!

今日は祝日でいろいろと機械が動かせず、できるところまでやって21時には戻ってきました。しかしそんな夜遅くに自転車で町を走ると、この季節はなかなかよい!

natale_firenze02.jpg natale_firenze03.jpg

今年はやたらイルミネーションが多いフィレンツェ。あっちこっちの通りでネオンがつき始めるのもかなり早かったし、今までやってなかったような通りも参加中。そしてなによりも、今までになかった、ドゥオモの前とサンティッシマ・アヌンツィアータ広場にでっかいもみの木が立ってるんですよ!!!市長、大奮発!?!?この木の御代が税金としてどっかから徴収されないことを祈るが。。。(笑)ブルーの小さな光が綺麗なツリーに飾ってあるのは真っ赤なフィレンツェのゆりの紋章!!!ドゥオモのところにあるのも同じです。

natale_firenze05.jpg

サンティッシマ・アヌンツィアータ広場の端っこから振り返ると、ネオンの通りの向こうにはドゥオモのクーポラが見えて、とっても幻想的。今まで後ろ振りかえらずに、一生懸命小雨の中チャリこいでたから気がつかなかったよー。確かに何人もパシャパシャ写真とってたなぁ。でもツリーの木のネオンはたぶん今日からついたみたい。今日のLa RepubblicaのフィレンツェWEB版にフィレンツェのネオンの写真がUPしてあったよ。ミケランジェロ広場にもおなじツリーが置いてあるみたいで、ドゥオモをバックにすごく綺麗なので、ぜひみなさん見に行ってみてね♪


そしてこんな遅くまで何をしてるかって言うと。。。

giglio_ordine01.jpg

ペンダントにもなるフィレンツェユリの紋章ブローチと、オジナルのペンダントトップ。お客様に言われて二色使いのユリの紋章を作ってみてるんだけど、これが思ったよりもステキだったので、自分用にも作ってみようかと検討中。(笑)緑x黄色って、ユリの紋章とどうなのかしら?って感じだったんだけど、意外とこれがオシャレなかんじなのよ!そしてオリジナルのほうは、お客様のイメージをデザインしたものから。ちょっとまだ石を決めきれないところがあるので、あと何パターンか石を切って考えようかと思ってるところ。

日曜日までにあと5個は完成させなきゃっ!(大汗)なぜなら実は再来週はオランダ旅行が待っているのだ!しかし北ヨーロッパは大雪みたいで、パリは空港が閉鎖とか。行けるんかしら!?


posted by yossy at 07:05| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ビールも飲んじゃえ!

昨日のワインのテイスティング会、主催者の一人に電話して時間を確認したら「17時半って言う人もいるし、19時って言う人もいるし。。。ま、僕はセッティングあるから17時には行くけどね」となんともアバウトな発言。(爆)21時にリトアナの家でキノコ食べる会に招待されてたから、とりあえず19時くらいに行ってみると、人はウロウロと会場の前にいるけれど入れる様子はなし。30分くらい待って、やっぱり入れそうになかったので今回はやめにしておきました。なんせ20ユーロだったんでね。その20ユーロにはビュッフェの値段も入っていたんだけど、30分もいられなければ意味がないと判断したってわけ。


ってことで、行った方、ぜひレポートいただきたい!


さて、次の飲んだくれフェアはビールビールビールビール

Che Birra
23-26 Settembre dalle 12 alle 23
Piazza Santa Croce

です。やっぱりオクトーバーフェスタが近いからかしら?ドイツにいけないあなた、ぜひサンタ;クローチェで飲んだくれてくださいませ!(笑)ここに集まるのはイタリアの地ビールメーカーだそうですよ。しかしビールとくれば、やっぱりドイツソーセージが要るでしょう!って思うのはあたしだけでしょうかねぇ。。。
posted by yossy at 22:31| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

ワインを飲んだくれる季節ですね♪

いや、あたしは飲めないんで、関係ないのだけども。。。(笑)秋がドンドン進行中のイタリア。そろそろワイン用のブドウの収穫が行われ、トスカーナのいろんな場所で試飲会がひらかれる時期です。で、今度の火曜のお休みのところはどこに行こうかな?とトスカーナで開かれるイベントカレンダーを見ていたらこんなのを見つけました。

まずこの火曜日(9月21日)に、春と秋にある植物フェアで有名なリベルタ広場の近くにあるGiardino dell’Orticoltura di Firenzeで開かれるのはなんとBulichellaのワインの試飲会。しかも場所はこの初夏から開いているUn Tè con le Farfalle」。この庭にある1862に作られたイタリア最大といわれるガラスの温室(Tepidario del Roster)にたくさんの蝶を放し飼いにしていて、蝶と一緒にジノリのカップでお茶はいかがってコンセプトなのよ。この温室、実は長いこと立ち入り禁止だったの。修復はしていたようだけれども、ガラスはわれ、立ち入り禁止の柵の奥に放置されていて残念だったのだけど、フィレンツェ市が本腰を入れて修復、そしてこのコンセプトのカフェテリアを作ったってわけ。あたしも一度いってみたいんだけど、何せ入場料はそんなに安くないのでね。。。(苦笑)入るのに8ユーロ。そしてお茶は別料金でこれも8ユーロ位するんだとか。。。

なので21日はちょっといい機会かも、なんて思っています。今年ローマの有機ワインコンクールで金賞をとったシラーHIDEも登場。ラインナップはこんな感じ。

Hide Syrah Toscana IGT 2007
Col di Pietre Rosse IGT Toscana 2006
Rubino Val di Cornia DOC 2008
Aleatico Val di Cornia DOC 2009


個人的にはデザートワインAleaticoが楽しみなの。このワイン、ピサ大学と共同研究してるんですよー。皆様も優雅に蝶とワインの夕べをお楽しみになっては?


さて、ワイン飲んだくれたい方へ、もう一つの朗報はこれ!

WINETOWN FIRENZE 2010  
30 Settembre – 03 Ottobre


今月末に開かれるフィレンツェワインフェスティバルです。たくさんの試飲のほかに、いろんな場所で学術的な醸造の話や、ワインと芸術の展覧会、そしてイタリア中のトップシェフが競演するイベントなど目白押しの企画が盛りだくさん!

詳しくはこちらから。試飲をするには、フィレンツェの歴史地区に設けられるWine Market か Wine Pointsでワインカードを購入。これ5ポイントしかついていないの10ユーロ。グラスを購入するとさらに1ポイントひかれてしまいます。。。(爆)残った数少ないポイントで試飲をするんだけど、ま、そんなのじゃ大したものは飲めませんね、きっと。であとは携帯電話のようにリチャージするってわけ。それもそういうポイントでできるそうです。試飲する最低のポイントって一体何ポイントなんだろなー。(・∀・)ニヤニヤ


秋はイタリアもやっぱり食だわねー。

posted by yossy at 05:25| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

寒いんだけどジェラート祭り予告

フィレンツェ、というより、イタリア全土、冬に逆戻りです。(涙)予報だとカラッと晴れたお日様日和になるのは5月20日以降だとか。。。まじっすか!?衣替えしたばっかりなのに、ビニール袋にとりあえず詰めて洗濯まちのセーターを引っ張り出して着ていますよ。。。天気もよくないしねぇ。土砂降りではないけど、雨が断続的に続く5月。一昨年もこんな感じで、確か5月末にアフリカからシロッコが吹いていきなり40度近く気温が上がったんだったっけ。


というこんな小雨のぱらつく肌寒いフィレンツェですが、そんなことは予測だにしていなかったフィレンツェ市、今月末に「ジェラートフェスティバル」なるものを企画していますよっ!

header.jpg

Firenze Gelato Festival

5月28日から31日までの4日間。レプブリカ広場ではアイスクリーム企業の試食村ができ、サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場ではイタリア中からジェラート職人が集うことになるんだそうで。それ以外にもワークショップや歴史的な展示などなど、いろんな催し物もヴェッキオ宮殿を初めいろんなところで開催予定。


今のところ足りないのは晴れ太陽だけ晴れ。。。あ、試食はただじゃないそうです。(爆)サイトによると、駅前のツーリスト・インフォメーションセンターやサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場で25日から買えるらしいです。ATAFのバスの切符を提示すると一回試食券がもらえたり、4ユーロの5回試食券を買うと、フィレンツェ・パルケッジョが3割引になったりするらしいですわよ。


ということで、とにかくシロッコでも何でも、あと10度は気温が上がらないとまずいでしょ。。。日本は夏日らしいですね。うらやますぃ〜!


posted by yossy at 18:21| ローマ ☔| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

夜桜を愛でる

yozakura01.jpg yozakura02.jpg yozakura05.jpg yozakura04.jpg

一気に暖かくなったから、一斉に花が咲き始めたフィレンツェ。おかげで花粉症の人たちは(あたしらも含む)結構大変なのですが、うちの近くの二本の小さな桜の木は満開になりました。ちょうどStatutoの駅の高架下、昼間はパニーノを売る小さなトラックが止まっているところ。道路沿いだし、ちょっと風情はないのだけど、なんといっても桜が満開ということだけで嬉しいのです。ベルコーレからの帰り、自転車を止めてしばし夜桜を愛でてきました。深い深い限りなく黒に近い夜の空を向こうに薄桃色の桜がこぼれるように咲いています。街灯のオレンジに照らされて本来のピンクを撮ることができないけれど、それでもフラッシュはたかずに。


yozakura03.jpg

ほんとの色はこんな色。



これが公園だったら、ビール取りに帰ってこの木の下に寝転がって桜と月を眺めながら、なんですけどね。(笑)でもこの時期に桜が見られてほんと幸せ。日本人だわねー。


posted by yossy at 10:02| ローマ ☁| Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

車はやめたほうがいいね

こんにちわ。今週後半からぐっと青空続きになったフィレンツェです。うれしいねー。やっぱり青空がないと癒されないわ。(笑)しかし、おかげさまで鼻水が止まりません。。。鼻うがいはじめています。

さて。昨日の午後とある場所から家へちょっと戻る間に、フィレンツェがすごいことになっていました。ポルタ・プラートあたりの渋滞がひどくて、青になっても道がふさがって通れない。クラクション鳴らしまくり!歩行者は、横断歩道をふさいで動けない車の間を縫って道を渡る、というひどい状況。しかも、その渋滞緩和のためか、交通警察がでて交通整理してたんだけどさ。女性の警官が二人いて、一人は大通り方向、もう一人はそれに交差する道のところに立っていたわけよ。大通り方向は赤で、あたし達も信号変わるの待っていたんだけどね、その大通り奉公の警官、思いっきり自分のほうが赤になってから、赤だから停車した車に向かって「通っていいよ」の合図!それで動こうとした車と、右方向から来る交差する道から発信してくる車がぶつかるだろっ!!!ってところで、二人して警笛をぴーーーーっとならして手を振りながら叫ぶ!


「ごめん、ごめん、あたしが間違ったのよっ!!!!」


間違っていいんか、警察官よ。。。(汗)

そのあと大通りはずっと渋滞。右も左も進めません。どうしてかわからないイタリア人、ムリに車線変更を試みるけど、余計どうにもならなくなるだけ。信号が赤になろうが青になろうが、まったく進めない状況。いったい何があったのか、まったくわからないのだけど、わかるのは、たぶん全然この場所と違うところで何か渋滞を引き起こす原因が起こって、そのおかげでフィレンツェ中が大混乱ってことです。ほんと、よくあるんだけどね。町の反対側で起こった交通事故とかで、町中機能不能になるんだよ。。。ほとんど一方通行だから迂回できないしね。(汗)フォルテッツァのまわりはこうでしたよ。(↓)

aruharetagogo01.jpg

クラクション鳴らされて、何が起こってるんだ!?と聞かれましたけど、さあね、としか答えられず。そのうち道に出てくる人がいるんじゃないか、って思いましたよ。夏の高速の渋滞でよくあるよね。渋滞続いていると、そのうちみんな降りてきて、何があるのか見に行こうとするイタリア人。。。

aruharetagogo02.jpg

この渋滞、結局つながりにつながりまして、うちの近所の道まで数珠繋ぎ。しかしいったい何が原因だったのかは今も分からず。。。(爆)

おっと、夜ご飯らしいです。ではっ!


posted by yossy at 05:14| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

振り返れば

frenze_rosa01.jpg

今日は青空が垣間見えた一日。その前は土曜日で、ものすごぉぉぉく久しぶりに青空と太陽を見た。それくらい今年は天候が悪い。でも雨がこうやって降ると、ホコリが一気に流されていいのかもしれないけどね。雨が降らなければ降らないで夏に水不足を心配しないといけないし。まあ、北ヨーロッパでは悪天候で亡くなった方がでたり、被害が相当出ているようだから、そう悠長に言ってはいられないのだけど。。。

上の写真はサンタ・マリア・ノベッラ教会。何年もかけて修復しなおした広場は、石畳が整然と並び、ちょっとモダンなベンチがならんでいて、暮れゆく太陽の光がピンクに変わるのを眺める人たちの影が並んでいた。振り返ると、フィレンツェのユリの紋章の向こう側にもピンクの雲。

frenze_rosa02.jpg

工房から出るときに、いつの間にかこんなに明るくなってると驚きながら自転車を西に走らせる。ちょうどこの季節は、その時間が夕暮れ時。日本ではちょっと見たことがないのではないかと思う、柔らかで透明なローズクォーツのような空。


frenze_rosa03.jpg

そして今日はドゥオモとジョットの塔楼も茜色に染まっていました。今日から三月。とりあえず春は来ているみたいね。
posted by yossy at 08:03| ローマ ☔| Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

いったい今はいつ?

クリスマス前、マイナス20度まで下がったトスカーナ。フィレンツェはそんなに下がりはしなかったけど、市内でも雪が積もったし、久しぶりに寒い冬か!と思いきや、クリスマスの後は雨が続くものの、平均気温は10度を越したりと暖かくなったので、やっぱりこの方々は春になったと思っちゃったんですね。。。

kuruizaki.jpg

うちの近くでは桜が開花してます。(気象庁さん、どうしましょう!笑)そして今週末は大寒波が!!!!と新聞やテレビで散々警告をしていたのにもかかわらず、天気は悪いですがそんなに寒くはないです。よかった。しかしアルプスより北側はものすごい雪らしく、なんと各主要空港は閉鎖、みんな空港に足止めの上夜を過ごすことになったとか!!!


実はサスライシェフ、間一髪でした!(笑)一日前にフィレンツェからフランクフルト経由ででたサスライ氏、1日遅れてたらフランクフルトで夜明かしだったってわけ。彼のフライトも滑走路の雪かきのために40分ほど遅れたらしいですけど、とりあえずあとは何の問題もなく日本へ飛んだそうで。よかった、よかった。これで運を使い果たしたのでなければいいが。。。(爆)
しかも、この方を始め、1月9日はたくさんのイタリア在住日本人の方がアリタリアの格安チケットでローマから日本へ向けて出発だったみたいですけど、彼らもアリタリアだったから出発できたわけで。アリタリア様様だったわけですよ。アリタリアとっていいこともあるわけです。(爆)


サスライ氏はすでに日本でおでん食べたりして満喫中らしいですよ。


posted by yossy at 07:43| ローマ ☔| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

金色の光、銀色の雲

oro_luce.JPG argento_cielo.JPG


フィレンツェを歩くと素晴らしいのは空の顔。
雲の凹凸がまるで3Dのように浮かび上がり、その向こうをさーっと金色の光の矢が走る。カーテンのような光の幕が柔らかくドレープを描いてその隙間にピンク色の夕焼けの空が見える。そしてだんだん夜の帳が下りてくると、蒼い闇が反対側から静かに町を包み込む。


先月来ていたMisaちゃんも「日本でこんな風に空を見上げたことなかったけど、フィレンツェの空は特別かも」と言っていたなぁ。あたしもここの空は特別だと思う。

natale_giglio2009.JPG

今年はすでにクリスマスのイルミネーションも点灯。街頭やネオンサインがやたら少ないフィレンツェの町並みにはこんな質素なイルミネーションが静寂なクリスマスをステキに演出するわけなんですよね。(笑)去年もみの木がぽつり、ぽつりとあっただけで、とっても寂しかったカルツァイオーリ通り(目抜き通り)も今年は光のドレープのようなイルミネーションがセッティングされてました。しかし今年は10月からすでにデパートを始めクリスマスの飾りつけが始まっていたんだよね。こんなことはイタリアに来てから初めてじゃないかな。いつも、12月になって、おい、まだやらないの???みたいな感じだったから。やっぱり不況だから、少しでも売り上げUPを狙う作戦なのかしらねー。(爆)

posted by yossy at 10:15| ローマ | Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

Les Feuilles mortes

arrivato_auttunno01.JPG arrivato_auttunno02.JPG arrivato_auttunno04.JPG arrivato_auttunno03.JPG arrivato_auttunno05.JPG arrivato_auttunno06.JPG arrivato_auttunno07.JPG arrivato_auttunno08.JPG arrivato_auttunno09.JPG arrivato_auttunno11.JPG arrivato_auttunno12.JPG arrivato_auttunno13.JPG

通訳をしていた3週間、彼女たちが京都からついた日は、まだフィレンツェ汗ばむ陽気でしたが、そのあとぐっと気温が下がり雨模様の週に突入。日中も気温があがらなくて、10度を下回るような日々が続いたのですが、その後天気が回復。朝晩はぐっと冷えるけど、日中日差しがあたると、ポカポカ陽気でセーター一枚でいいくらいという日々でした。通勤に使う要塞の周りの並木道はこの寒暖の差ですっかり葉っぱが黄色く色づき、あっというまに落ち葉で道路に葉っぱの絨毯ができるくらいになったので、ちょっとずつ写真を撮ってみました。なぜか夜は黄色い葉っぱとのコントラストがよくわかります。でも昼間に撮るとまわりが黄色く色づいていても内側は緑色だったり。そして落ちた葉っぱはあっという間に茶色へと。毎日色がちょっとづつ変わっていく、その自然の色合いを身近で感じられるんですね。そしてそういうことをベースに色を選んでいくんだってことがわかった3週間。しっくりくる色のコンビネーションってことね。


arrivato_auttunno14.JPG arrivato_auttunno10.JPG

あ、ついでにもじもじくんも発見しました。(笑)



posted by yossy at 18:32| ローマ | Comment(1) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

ふと立ち止まると

pontevecchio_specchio.jpg

ある会合にむかって、橋を渡っているときに、ふと見やったベッキオ橋。まるで鏡に写っているみたい。間反対にまったく同じ世界が広がっているようで、手を伸ばしたら向こうの世界に落っこちてしまいそうな感覚におちいりそうでした。って、落ちたら汚いアルノ川なんですけどね。。。



アルノ川って、遠くから見ると凄く綺麗にみえるんだよね。(笑)




posted by yossy at 07:39| ローマ ☀| Comment(1) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

あたくしの下僕たち(笑)

夜な夜な、ベルコーレの帰りに何をしているかというとですね。。。



あまったパンを持って帰ってきて、




shibobe01.JPG

公園で鴨の餌付け!

たまたま通りかかったときに鴨がいるのを発見したんだけど、そのときは4、5羽くらいのもんだったのよね。それが時間によっては、池の周りの芝生のところを超えて、アスファルトの部分までヨタヨタ歩いてるの。それも10羽とはいわず!よくよく見ると噴水のある中洲のほうにはもっとたくさんいたっ!ってことで、手懐けてみることに。

shibobe04.JPG

けっこう近くまで寄ってきます。この日は、のりにのっておりまして、ワラワラやってくる、やってくる。

shibobe05.JPG

まだまだやってくる。。。ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

shibobe06.JPG

この鴨たち、暗いのに、びゅっとパンくずを投げ込んだ方角にダッシュで移動するの。おもろすぎるんだけど、鳥って夜目が見えないんじゃなかったっけ?鳥目ってうそなのかしら?こんなに手懐けて、別に秋メニューに鴨のスモークがあるからって、そのためじゃありませんよ。(笑)


shibobe07.JPG

しかしこんな近くで平気なら、捕まえられるかも。。。(しかもたまには、その辺で熟睡してるんだもの。一網打尽も夢じゃない!?)ちなみに秋メニューの鴨はなんと「葱鴨」@サスライシェフだそうですよ。(笑)

posted by yossy at 08:07| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ウフィッツィ再探検

実はチンクエテッレに行く前に、フィレンツェを1日観光したんです。この方の親戚の方が旅行にいらしていて、それにくっついての観光だったんですけど、フリーでの観光だったので、せっかくならばということで、Uffizi美術館を仲良しでガイドのメイちゃんに案内してもらいました。彼女はちゃんとイタリア公認のライセンスを持ったガイドさん。アーティストでもあり、ちゃんとここの美術学校を卒業していることもあり、そして歴史マニアなこともあり、細かいことをよく知ってる!だいたい、豆知識的なことがおもしろいじゃない???

ということで、午前中めいっぱい案内してもらったんです。Uffizi、最初は宗教画から始まるんだけど、そのへんも、ちゃんといろいろな意味とか知っていたら、のっぺらぼうのイコンの絵が、なかなか面白く感じてくるのよね。そして最近まで修復中だったラファエロのひわの聖母もやっと見ることができました。色がむちゃくちゃ透明感があって綺麗だったわー。


firenze01.jpg

Uffizi奥のカフェテリアの外から見たDUOMO。クーポラだけがちょこんと見えてかわいかったわ。

メイちゃんはただガイド業をこなすだけではなくて、面白い企画もしてるんです。HISイタリアとコラボのこの企画は、「ヴェッキオ宮殿ミステリーツアー」「フィレンツェ・サマー・ナイト・ホラー・ウォーキング」

レオナルド・ダ・ビンチの絵が下に隠されているのではないかといわれる、ベッキオ宮殿の500人の広間のヴァザーリの絵にの話から始まり、ヴァザーリが残したなぞのメッセージ「Cerca Trova」を探したり、映画ハンニバルにまつわるエピソードをたどるベッキオ宮殿ツアーと、フィレンツェの夜景を含め、歴史の闇の部分をたどることもできるわくわくドキドキのナイトツアー!あたしも一度は参加してみたい企画なのですが、興味のある方はぜひHISイタリアから申し込んでみてくださいね。ほんとうにいろーーーんな謎を教えてもらって別のフィレンツェを存分にお楽しみいただけるかも!


さて、あたしらは、午後のんびりしてから、キアヌ牛のTボーンステーキを食べさせてくれるレストランへ。ここはピザもおいしくてなかなか評判なんです。この方が先月この方たちと行っていて、なんかとってもおいしそうだったのと、せっかく日本からお客人なのでキアヌ牛がちゃんと食べられる(そうではないTボーンのほうが多いんですよ、実は。)ところで、ってことで行ってきました。

La Piazzetta
Piazza del Bandino, 43r, Firenze
055.680.0253
http://www.lapiazzetta.com/

firenze02.jpg

最初気がつかなかったんだけど、ここのカメリエーレ、アブデルがベルコーレの前の店で一緒に働いていて、何回かベルコーレにもふらっと現れたことのある人で、お会計のときにちょっとスコントしてくれました。(笑)アンティパストにいろんなものを味見させてくれるものをチョイス。生ハムやサラミ、トリュフ入りや土の下で熟成させたペコリーノチーズ、それにラード、ファッロのサラダを堪能した後にでてきた肉の塊!4人で1.3kgでしたが、食べちゃえるものですねー。(爆)デザートは飛ばして、おいしいジェラテリアまで車で行ってきました。うちの近くの御用達メディチはお休みだったので、その上のほうにあるラッテリアへ。ラッテリアというのは牛乳屋さんということだけど、今はジェラートとかドルチェとか売っていたりバールになってたりしています。夜11時ごろなのに子供づれの家族がぞろぞろやってくる、やってくる。。。夏のフィレンツェの楽しみっていったら、これくらいしかないものね。(爆)


ということで、明日からチンクエテッレ報告へ!


posted by yossy at 21:11| ローマ ☀| Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

おもろいのぉ

工房へ行く途中で見かけたおもろいのぉの人たち。。。


1.イヌの散歩の人
道端のこっちには細い紫のフレームがステキなイタリア男子。麻のハーフパンツに白いシャツ、なかなかステキじゃないですか。そして道の反対側には毛並みの綺麗なゴールデンレトリバー。その横をびゅーっとチャリで通り過ぎたら、カレが一言。

「ちょっとそこで待ちなさいよ!ママはあんたがしたウンチを綺麗にしないといけないだから!」


え、あなた、ママなのね。。。(汗)


2.えっ????の人
へーーーと思いつつ、その角を曲がろうとすると(ちょうどSS.Annunziataのところ)角の壁沿いに一人の男が張り付いている!えーーーー、こんな真昼間にタチションかよっ!と思って思わず凝視しちゃったんですけどね。あたし、ちょうどメガネなし+コンタクトもなし+サングラスだったので、ぼーっとしか見えてなかったんだけど、下のほうとか濡れていない。え、じゃあ、ナンデそんな張り付いてるの?って曲がってから、思わず振り返ってみたら、右手になんかピッチャーみたいなのをもってるじゃないのっ!しかもその中になんだかビール色の液体が!!!!!!!!!

え??????それにいれてるわけ????????(爆)


ま、いろんな人がいるってことだ。



posted by yossy at 18:37| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

ブルーレースカルセドニー

hantaigawa.jpg


夕暮れの反対側に見えるのはフィエゾレの丘。
その上にはブルーレースカルセドニーみたいな空。


フィレンツェにいると、毎日の空の色がフィレンツェモザイクで使う天然石の色を連想させます。今日は花曇から一変、青い空が広がっています。まだ肌寒いけどね。皆様風邪には十分お気をつけてね♪




posted by yossy at 19:27| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。