2007年09月29日

寒いよ

あと二日で日本でございます。

でーも、明日も朝から工房だし。
額屋は今年も明日にならないとできあがらないし。
ベルコーレは明日もきっと満員だし。。。。。


ああ、ほんとに日本にいくんか?ってかんじ。

とりあえずフィレンツェ寒いよ。日本はまだ30度を越す日が続いているみたいね。こっちはすでに夜は毛布だしたし、みんな皮ジャンとか、セーターきて出歩き始めてるのだよ。なんなんだ、この差は!!!

いったい何を持っていったらいいのやら。ブーツはとりあえずやめることにしたんだけどね。一応仕事で帰るわけだからさ。(笑)


とりあえず玄米茶でも飲んでから寝ようとするかなー。
オヤスミナサイ!


あ、ちなみにPC新しくしました。うふふ。こっちにくる知り合いの方に持ってきてもらったので、実はすでに新しいの使ってるの。結局LENOVO3000 C200ってのにしました。なんだか画面もおっきいし、さくさく動いてくれるからうれしい限り。DVDも思いっきりみれるわー!(前のはパワー足りなくて読み込めないのがあったからね。)








posted by yossy at 09:04| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

ワインの秋

耳寄りインフォ。

あたしは行かないんだけどもね、ワインの秋ということで、この28,29,30日にピッティ広場(Piazza Pitti)、サント・スピリト広場(Piazza S.Spirito)、パッセラ広場(Piazza della Passera)で、フローレンス・ワイン・イベントというのが開催されます。
フィレンツェ市がメインになって開催するイベントみたいね。でもトスカーナのワインだけじゃなくて、イタリア全土からワインがくるみたい。とりあえず44社くるって書いてあったよ。10ユーロで16のテイスティングができるんだって。そのなかにはブルネッロやバローロもあり。

ああ、行きたいかも。。。。(そんなことしてられないんだけどね。実は出発の朝までモザイクしそうな予感。。。。)
posted by yossy at 05:56| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

Fierucolaの青空市場

Fierucola01.JPG Fierucola07.JPG

自転車で今朝工房へ向かったら、SS.Annunziata広場で恒例の青空市場が開かれてました。久しぶりの市場だわ。夏のあいだはなかったしね。S.Sprito広場でもあるんだけど、わざわざいかないといけないから、こっちであるのを楽しみにしてるわけ。今回はフィエルコラ(聖母マリアの誕生)にちなんだものだったので、いつもなら第一週目の週末が今週末に移動したんだって。

Fierucola03.JPG Fierucola08.JPG

ここはフィレンツェ近郊の農家の人たちが自分とこで作った野菜やチーズ、ワイン、オリーブオイルに、天然自然石鹸、アロマオイル、蜂蜜などなどを売ってるの。この季節は特に、ジャムとか、葡萄のジュースとか、おいしいものがたくさん!あとは陶器や、木で作ったおもちゃ、昔ながらの生活必需品なども売ってて楽しいんだな〜♪
こういう市場って素朴でなんだか子供連れとかお年寄りとかが多いのかなと思いきや、けっこう若い子やら、パンクなひと、ブランドバックをぶら下げてピンヒールはいてるおねえさんなどなど、ほんとにいろんな人が来てておもしろいんだよね。


Fierucola05.JPG Fierucola06.JPG

今回はこんなものも売ってました。果物のなる木ね。前のテーブルには各種葡萄、いちじく、なし、もも、などがおいてありました。ああ、こんなのがぎっしりある庭がほしい。。。。


Fierucola09.JPG Fierucola10.JPG

こちらはあたしが毎度お世話になってる石鹸スタンド。数ある石鹸スタンドから厳選してみました。(笑)あたしはほぼノーメイクなんで、顔洗うのも石鹸で洗ってるんだけど、ここのはほんとにすっきり綺麗に汚れが落ちる!(ような気がする。。。。)でもって、バラやレモン、アーモンド、それに海草などなど、たくさん種類があってお肌の状態でいろいろ使い分けたりもできるわけ。昔フィレンツェの街中でも売ってたんだけど、今はもうこの市場ででしか手に入らないみたいなので、毎回大人買いなの。うふふ。


Fierucola12.JPG Fierucola04.JPG

その他は、上のスタンドで自家製香辛料と無農薬トリュフオリーブオイル購入。スパイスやハーブを売ってるスタンドも結構多いよね。自分のところでブレンドして、パスタ用、魚、肉、など用途別にわけてあったりして、すごくおもしろい。しかもこれかけるだけで、結構あたしって料理ウマイ?って錯覚にも陥れる!(爆)こういうのちょっとあると便利なのよね。軽いし、お土産にもいいかも!?
下のスタンドで友達に絶対買ってくれ!とたのまれていたフスマの枕。フスマの枕ってなんか日本の枕っぽいんだよね。あたしのうちでこれを目撃した友達@イタリア人は、どうしてもこれが欲しかったみたいで。もうすこしであたしのを持ってきそうだったからね。。。。ここのスタンドのおばちゃんはいつも、横で毛糸をつむいでいます。あとはラベンダーをいれた目の枕とかも売ってるのね。これは生地も絹だからとっても肌触り良しなの!


Fierucola13.JPG

<おまけ>こんな帽子の似あうにーちゃんがいた!

posted by yossy at 06:40| ローマ | Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

秋の到来(マジで!)

一昨日くらいから気温がぐっと下がったフィレンツェ。
なんとその前と一気に10度も違うからさ。。。(~_~;)

やりすぎやねん!なぜもっと緩やかに変化を楽しませてくれないのでしょうねぇ。地球の環境の問題なんでしょうけど。


ってことで、空が透明で高く高く広がる季節が到来。空気が凛として、背筋が伸びるいい季節だわ〜。


イタリアを訪れる皆様、朝晩かなり冷えますよ。昼間はまあ、半そででもいいかな、ってかんじだけど。あたしはフリースだしちゃいましたし。でも週末また気温上がるって話もあるし。ま、でも、もう秋はきちゃったね。
posted by yossy at 18:03| ローマ | Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

耳よりインフォ

耳よりっていうか、ベルコーレのお客さんとか、友達がこっちにくるときによく聞かれること。

ホテルしらない?
いい皮屋さんしらない?
皮のバックとか靴ってどこがいいと思う?
おすすめのレストランは?
ecc。。。。。


いやね、よくわからないんですよ、実は。(笑)レストランって、毎日ベルコーレいるしさ。(爆)バックと靴はセールでしか買わないし。。。ほんと役に立たないあたし。。。



でもね、とりあえず、ホテルというか、泊まる所と、オーダーメイドでジャケット作ってくれるレザー屋さんをご紹介。Yossyの知り合いというときっといいことあると思うのねん♪


ホテルはここ。
Relais Florence

ホテルというか、B&Bみたいなものだけど。オーナーはベルコーレにつけで食べに来る(笑)海坊主のようなピエロとよくできた奥さんのマルセッラ。サンタ・マリア・ノベッラに近い(ってことはベルコーレにも無茶近い)ところにいくつかアパートを持っていて、そこを貸しています。なのでホテルって言うより、アパートを借りるっぽいかな。ただしキッチンはないけどね。日本語は今のところ通じないので英語、フラ語、スペイン語、イタリア語で。日本語は数の数え方と月の読み方を教えているところなので、予約が日本語ができるようになるにはしばしお待ちを。。。。(爆)
あ、美術館とかの予約とかもしてくれるよ。


でもって、レザーのお店はここ。
RAFFAELLO

チェントロのドゥオモからシニョリーア広場をに抜けるカルツァイオーリ通りの中ほどから右に折れるんだけど。アメックスの近くだな。ここのオーナーはアンジェロ。お店の天井にはベルコーレでも個展をしたフィレンツェで活躍の日本人画伯Haruさんの描いた天使のフレスコ画があります。フィレンツェってレザー屋さんたくさんあって、ほんとどこにいったらいいんだか?って思うけど、やっぱり知り合いのところが一番安心。縫製もしっかりしているし、値段も良心的だもの。一番なのはオーダーでも翌日または翌々日仕上げで、ホテルまでとどけてくれること。

ここはサイトがないのでお店のカードをUP。これ印刷してもってってくださいませ。あたしの名前入れといたからきっちりディスカウントしてくれるでしょ。(笑)

angelo_pelletteria01.JPG
angelo_pelletteria02.JPG

実はあたしも、日本で買った偽レザーのジャケットが破れてきちゃって、このモデルで(このモデルがむちゃくちゃかわいいのね)アンジェロにオーダーでジャケット作ってもらおうかな、って考えてるところなの。

ということで、なにか耳よりインフォ欲しい方、リクエストしてちょ。



posted by yossy at 18:23| ローマ | Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

Incantato

昨日は一日中朝から出ずっぱり。
だけど一日の終わりにこんなステキな空が待っていました。ここ2日くらい天気も悪かったし、風も冷たくて、イタリア人いわく「春の始まった日(春分から春が始まるんだって)とは思えない!!!」だったんだけど、夕方チェントロまで戻ってきてふと空を仰ぐと真っ青な空が目に飛び込んできました。

shunbun2007_01.jpg shunbun2007_02.jpg shunbun2007_03.jpg shunbun2007_04.jpg


刻々と変わっていく空の色が夕焼けに照らされて金糸銀糸の織り込まれた絹織物のようでした。ほんとに魔法のかかったようで。公園の木々が黒いシルエットに染まって、影絵のようで、自然ってなんてすごいんだろうと足が動かなくなってしまった小一時間。うふふふ。生きててよかった。

今日はいい天気です。


shunbun2007_05.jpg
posted by yossy at 18:34| ローマ ☁| Comment(4) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

夕暮れ時にて

朝から前のおうちへきています。ここにすんでるペルー人の子のパソコンの問題を解決に来たんだけど、ついでにADSLも貸してもらったりして。。。。(笑)


serata_27_2_07.jpg


昨日の夕方、ものすごく空の色がきれいだったんだよ。春になりかけの、まだ少し寒いこの頃は夕方の空がとても綺麗。頭の上には蒼色が輝いて、遠くに太陽の落ちるときの刻々と変わっていく空の色が見えて。


凛とした空気に心があらわれる一瞬。
posted by yossy at 18:10| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

Natale 2006

デジカメ氏があたしの願いを聞き届けてくれたのか、ご機嫌をなおしてくれたので今年のフィンレンツェのクリスマスの様子をお届けいたします。(笑)

だいたいちょうど工房から出る頃が、とっぷりと暮れた夜にイルミンーションが映える時間。なので工房のほうからベルコーレへいく道すがらのものを撮りました。

luce_natalizie01.JPG

この簾みたいなの、去年はメイン通りのだったような気がするんだけど。。。それにしてもこのフィオレンティーナの旗とのコントラストがナイス!


luce_natalizie02.JPG

このこころ細いようなイルミンーションも、周りが暗いからこそとっても美しく映えるんですね。余計なものがないって、なんだか心にストンと美しさが入ってくるような気がします。


luce_natalizie03.JPG

これが今年のフィレンツェの目抜き通りのイルミネーション。
光のカーテンを重ねたようになっていて、なんだかとっても豪華絢爛。
なんだか統一感があるのは、余計なイルミネーションがないことと、街灯の色と同じだからなんじゃないかな。


luce_natalizie04.JPG

この光の先にあるレプブリカ広場にはやっと大きなクリスマスツリーが立ちました。今年は予算ないのか。。。なんて心配していましたけど、まあ、遅れただけってことなのね。


luce_natalizie05.JPG

これは一昨日とったんだけど、この日、ものすごく人がでていました。連休前なのに、自主的にお休みした人たちなのかしら?なんて思っていたら、学校がストで、子供たちは一日早いお休みをもらっていたらしく。。。その日にストをするっていう意味が。。。あるんでしょうね。(笑)


クリスマスが近くなるにつれて、ショーウィンドウや、お店の軒先もデコレーションでかわいくなっていますけれど、フィレンツェの街中、驚くほど静かです。ほんとうにシーンとしていて、人の行き交う音や、話し声しかしない。それが、あの心細いようなシンプルなイルミネーションとマッチしているんですね。厳粛な感じを生み出してるというか。

ベルコーレのとなりの帽子クリエーター・アントニオと最近話したこと。彼は大阪梅田にある阪急百貨店のイタリア展出展のため日本にいってきたばかり。日本のいいとこ、不思議なこと、イタリアとの比較について、いろいろと話した。そのなかで「日本は街がうるさい」ということで二人の意見が一致した。イルミネーション、看板、呼び込みの声、パチンコやの音楽、それ以外にもいたるところに目と耳からの情報があふれている。そしてこれは人が心を休める暇がないということじゃないか、ということで落ち着いた。

ものがありあまる日本、ものが日本よりはだんぜん少ないイタリア。
それがいい部分もあり、そうでもない部分もあり。どちらがいいということは言えない。これはこの前集まったMOさんたちとも話していたことなのだけど。でも、このクリスマスのイルミネーションを見ていると、ものがあることが、ものが充満していることが必ずしも美しさにつながっていくわけではない、と実感する。とはいっても、イタリアでも大量消費文化の影がかなり濃くなっているのだけどね。
posted by yossy at 22:05| ローマ | Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

雨の翌日

akinosora01.JPG

昨日はなんと20度もあったフィレンツェ。

12月ですよ。北半球の12月というのはいちおう冬に当たります。


今日も曇空ながら、生暖かい空気が流れています。天候はあんまり安定していないので、ネコの目のようにくるくると天気が変わりますけど。一昨日の夜は大雨だったし。昼間は青空が見えていたのにね。そして昨日は一転青い空に羊雲がうかんでいました。


我がデジカメ氏の機嫌が良かったので、歩いて工房へ行きがてらの青い空を撮ってみました。うちの近くには小さな川が流れていて、土手は草っぱらみたいになっています。小さな土手なんだけど。そこを子供を二人連れて犬の散歩をするお母さんが、水溜りでおおはしゃぎの犬に「やめなさ〜い!!!」と大声をあげていました。子供たちは大喜びだったけどね。

そこにかかる小さな橋の向こうにあるロシア正教会。

akinosora02.JPG

タマネギのかたちをした鮮やかな色の尖塔が、まるでおもちゃの家みたい。





posted by yossy at 22:44| ローマ ☀| Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

Chocolando in Piazza

新聞読んでたらこんな記事発見!

Chocolando in Piazza

チョコレート祭りがあるんだって。っていうか、いまやってるみたいなの。もちろん場所はフィレンツェ、ベルコーレからも程近い、エクセルシオールホテルのあるオンニサンティ広場。
この週末はチョコ三昧できるわよー。
手作りチョコレート職人のスタンドが30もでるらしい!!!

場所 Piazza Ognissanti
金曜(今日)16時から20時(もう終わるね。。。)
土曜   朝10時から深夜24時まで!
日曜   朝10時から夜20時まで
posted by yossy at 03:47| ローマ ☀| Comment(3) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏の涼しい夕暮れに

nuvole_di_firenze01.JPG

熱いを連発していた先週までとうってかわって、この3日くらいフィレンツェは最高気温が30度を越さない日が続いています。なんて幸せ!夜なんか涼しいというより肌寒いかんじ。そりゃあ、先週まで夜でも30度は軽くあったわけだから当たり前か。。。


涼しい風が吹いて、カラッとお天気は良くて。
でも、なんだかもう夏が終わった気配。。。はやっ!でも、こんな気候が続いてくれたほうが町に残ってるあたしとしては嬉しいんだけどね。たぶんもう海には行かないだろうし。(なんせ皮がむけちゃって大変なんです。。。)

そんな涼しい夕暮れに、友達とお茶してきました。少し風が冷たかったのでユニクロで買った激安の白の麻綿の長袖シャツを着て。肌が真っ黒になったので、白いシャツがものすごく似合ったりして。(笑)自転車でCentroに向かう途中、あまりにも雲が美しくて写真をとりました。

nuvole_di_firenze02.JPG

ドゥオモのクーポラの向こうに見える折り重なる雲たち。夕暮れ時の太陽に後ろから照らされて少し金色になった雲と、ラベンダー色の雲が折り重なってとてもきれい。イタリアの青空はとても好きだけど、フィレンツェは雲が綺麗。雨があがって、どんよりした雲はラベンダー色だったり、白い雲が青い空にぷかぷかういていたり、折り重なるような薄いグレーの雲はモザイクで使うオニチェにそっくりだったり。

フィレンツェに来たら、空を眺めること。
雲のフォルムの美しさにため息が出るから。

posted by yossy at 07:37| ローマ ☁| Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ハート

albero_di_cuore.jpg


うちの近所の教会の横に立っている木。

なにげにハート。


なんかうれしくなる。
posted by yossy at 20:45| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

コルシーニ庭園の職人展 職人仕事編

コルシーニ庭園シリーズ最後は職人のお仕事。ってかほんとはこれがメインだよね。

まず、ちょっとそれとはちがうけど、こちらから。

Giardino Corsini09.JPG

かわいいでしょー。CHIANTI CASHMERE(キャンティ・カシミア)という会社のカシミヤを取るためのやぎちゃん。赤ちゃんが二匹お母さんの陰に隠れていました。

Giardino Corsini12.JPG

そしてここはカシミアの織物だけではなく、なんとその乳でつくった石鹸やシャンプーを売っているのです。ここのやぎたちはすべて自然の中で育っていて、やぎの乳というのは太古の昔から肌にやさしく、またとても栄養が豊富なのです。まったくの天然、まぜものなしの製品なのだそう。私はお試しに石鹸を買いました。シャンプーとかはやっぱりちょっと値段が高いので、今回は見送りましたが、石鹸の具合次第で買いに行こうかなと思ってるところ。キャンティなのでちょっと遠いのだけどね。



続きを読む
posted by yossy at 08:22| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

コルシーニ庭園の職人展 会場の中編

今日は会場の感じを。お庭とかぶるとこもあるんだけど、その辺はご理解を。


Giardino Corsini15.JPG

Giardino Corsini34.JPG

Giardino Corsini35.JPG

会場は、庭園だけではなく、その昔はきっと馬小屋だったんじゃないかな、というところや、納屋のようなところもつかっています。ジュエリーとか、カメオ、モザイク、それに絵画などは中でした。


Giardino Corsini49.JPG

お庭のほうはテントを張って、こんなかんじでした。

続きを読む
posted by yossy at 07:26| ローマ | Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

コルシーニ庭園の職人展 お花編

写真がたくさんあるので、今日はお花編。

この前もちょっと話したけど、ここ、意外と敷地面積が広く、たくさんの緑があります。そしてちょうど新緑の季節、新しい緑と色とりどりの花が咲いていました。


Giardino Corsini37.JPG

こんな感じで庭園が始まります。いわゆるヨーロッパというかフランスの対象性のあるきちんと管理された庭園というより、それと自然が融合した形がイタリアの庭園形式のようなきがします。

続きを読む
posted by yossy at 06:58| ローマ ☀| Comment(5) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

Giardino Corsini

Giardino Corsini(コルシーニ家の庭園)で明日まで開催中の職人展に行ってきました。友達といったのだけど、知ってる人が展示していたり、そのまた知り合いにあったりしてなかなか楽しかったです。今日は庭園の感じだけ。


Giardino Corsini33.JPG

Giardino Corsini16.JPG

Giardino Corsini13.JPG


お天気がとても良くて。ほんとに緑の豊かな庭園です。一年に3日間しか公開しないなんてもったいない。。。でも堪能できました。結構人きてたな。どちらかというととても身なりのよい年配のカップルや、その家族、など落ち着いた雰囲気でした。こうやって良いものを子供の頃から見ていくのね、なんて思っちゃった。

詳細は明日セリエA最終節を見ながら書こうかな。
そのあともう一度行こうかな、とも思ってるんだけど。。。


posted by yossy at 08:54| ローマ | Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

Toscana Esclusiva

忘れないうちに日曜日のToscana Esclusivaのことを書かないと。

説明抜きに行ったところだけ紹介します。


続きを読む
posted by yossy at 03:14| ローマ | Comment(1) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

Let's GROOVE!

groooove.jpg


日曜日に行ったTOSCANA ESCLUSIVA。お昼過ぎからいくつかのお屋敷やお庭に遊びに行ってきました。そして一番初めにきいたミニコンサート。サックスだけのカルテットでした。これがまた私の好みど真ん中で。

このグルーブ感、わかるかしら?


TOSCANA ESCLUSIVAについてはこんどゆっくり。
posted by yossy at 08:44| ローマ ☀| Comment(0) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

La Mente di Leonardo

行って来ました。

いやー、けっこう見応えあったのでよかったかも。
しかし問題が一つ。ウッフィッツィ美術館に、一般の観光客と一緒の長蛇の列に並び、他の展示品を見たくないにもかかわらず、美術館全部のチケットを買わないといけないこと!!!ちなみに9,5ユーロ。

これはいただけないです。一応かかりの人に聞いたんだけど、「並んでね〜」の一言でした。チケット売り場でも「レオナルド展だけでいいんだけど!」と言ってみたものの、だめでした。。。この前の特別展は入り口も別だったし、値段もその展覧会だけのものだったらしいのに!きっと観光客を抱きこむつもりだな。。。

で、結構濃かった中身ですが。
とりあえず私たち、せっかく入ったのでざーっと普通の展示物も鑑賞。そしたら、ダ・ビンチの受胎告知のある部屋に、普段バチカンにある「聖ヒエロニムス」が置いてありました。そして受胎告知の素晴らしい遠近法を堪能し、足元のお花の細かいことに感動して、そのあとはほんとに駆け足で「レオナルド展」の場所へ。メインの会場はいったん出口の方へ階段を下りていくと、途中で横に通路があって、そこを入っていきます。初めのほうは、レオナルドのものというより、彼が参考にしたり批評したりしたその当時の文献がずっと展示されていました。その後、彼の素描や、それを元にした模型などが展示されていたんですけど、これがまた、思ったよりもかなりの数でびっくり。初めのほうでじっくり見すぎて、最後はかなり疲れてしまいました。(苦笑)

でもダ・ビンチ、改めてすごい人です。頭の中は24時間一秒も休まずに考えていたんじゃないかなと思うくらい。そしてその視点のおもしろさと、奇抜さ、それに原点(自然の論理)に忠実であるということの驚き!ただ展示してあるだけではなくて、今回は様々なところにそれを映像にして、解説つきで流していたので、ダ・ビンチ初心者でもかなり楽しめると思った。というか、初心者向けなのかな。ただしイタリア語か英語ができないと楽しみは半減するかな。。。

解剖するというのが、それを元に筋肉の仕組みや骨格を学び、絵画や彫刻に生かすということだけに終わらず、ほんとうに人間というものを分解・分析していって、自然の法則を導き出すということだったり、川が支流を作って流れていくことと血管をとおって血が流れていくことを比較したり、木の枝が伸びていくことのなかに普遍の法則を見つけたり、巨大な馬の銅像を作るために、それを作るための機械やメカニズム、そして馬を細かく細かく観察し素描していったり、人の視覚というのはどのように機能して、どのように物を見ているのかということを踏まえて遠近法を使ったり。いや、ほんと書ききれないくらい。これだけじゃないのよ。

そしてその中でも面白かったのが、最後の最後にあったダビンチのノートの暗号解き。彼の字は鏡文字で鏡で写したときに普通の文字になる、いわゆるアルファベットが普通と逆に書いてあるので有名だけど、それだけではなくて象形文字みたいに言葉を絵で表現しているわけよ。うーん、言葉にするとわかりにくいな。。。でね、それを一つずつ取り出して、分解し、どうやって読むのかということをスクリーンで見せてくれるの。これが一番楽しかった。にやにやしながらこういうことを考えていたレオナルドを想像しながら見ていたんだ。

彼のデッサンのなかに、モザイクで使えそうなものもあったし!とりあえず「ダ・ビンチコード」とはまったく関係ない展示でしたけど(そりゃ、そうだ。。。)並んだ甲斐はあったと思う。まあこれ以降行かれる方は予約したほうがいいと思うけどね。


posted by yossy at 08:39| ローマ ☀| Comment(2) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

日曜日に行く歴史散歩と音楽

明日5月7日、日曜日にこんなものがフィレンツェとトスカーナであります。

TOSCANA ESCLUSIVA

"FIRENZE, LUCCA, PISA, SIENA - CORTILI E GIARDINI APERTI"
XIa Edizione
Domenica 7 Maggio 2006

"PREMIO MUSICALE ASSOCIAZIONE DIMORE STORICHE ITALIANE SEZIONE TOSCANA"
In collaborazione con il Conservatorio LUIGI CHERUBINI
Domenica 7 Maggio 2006


要はね、トスカーナのプライベートで貴族とかが所有している歴史的にも重要なお庭とかお屋敷が一般公開されるんです。たった一日だけなんだけどね。
たぶん無料なんじゃないかな。しかもいくつかのお屋敷ではミニコンサートも開かれるの。ステキじゃない!?

ということで、明日は美術鑑賞、明後日は歴史散歩といってみますか。

どこが開いているのかとかはここのサイトから見ることができます。ちょっとわかりにくいけど、右下に日曜のことが書いてあるかこみがあるので、そこをクリックするとページが変わります。それでそこにあるLocandinaまたはComunicato stampa e Programmaをクリックして、PDFファイルをダウンロードすると当日のプログラムや、どこのお屋敷やお庭が公開されているのかがわかります。

とりあえずフィレンツェのCentroだけでも22箇所公開されて、そしてそのうちの6箇所でコンサートがあります。本当は18時半からあるPalazzo Corsini でのJAZZコンサートに行きたかったのだけど、仕事ですから。。。残念!

来週はGiardino Corsiniの職人展だし。楽しみな週末だな♪


posted by yossy at 08:32| ローマ ☁| Comment(1) | 自転車で行くフィレンツェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。