2009年04月05日

やりますのぉぉ

ベルルの奇行はとどまるところを知らず。。。


【ストラスブール=林路郎】独仏国境で4日行われた北大西洋条約機構(NATO)創設60年記念行事で、イタリアのベルルスコーニ首相が携帯電話での長話に没頭し、加盟28か国首脳による国境越えと戦死兵の慰霊行事をすっぽかすハプニングがあった。

 行事は、独仏国境のライン川にかかる橋を独ケールから仏ストラスブールへ全首脳が徒歩で渡り、戦後の平和に思いをはせる趣向。だが、首相は出発地点に到着する前から専用車内で携帯電話にくぎ付け。他の首脳が到着した後も川岸で話し続けた。メルケル独首相がしびれをきらし、“置いてけぼり”を決断、ベルルスコーニ首相は橋上での記念撮影や仏側での慰霊行事に間に合わなかった。

 首相周辺は「NATO次期事務総長の有力候補に挙がっている(デンマークの)ラスムセン首相への反対を取り下げるよう、トルコのエルドアン首相を説得していた」と釈明。AFP通信は、パフォーマンスとも受け取れる珍事について、「いつもおふざけを正当化し、悪びれない」と伊首相を皮肉った。

4月4日20時54分配信 読売新聞


だそうで。。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ

今日の新聞では「メディアは本当のことをいっていない!メリケルはわたしがラスムセンを説得するために電話をしていたことを知っていたし、女王様とだってまったく問題がなく、彼女は(自分に対して)とても感じがよかった。メディアがいっているように、(自分の)圧力で女王に前日の件について「特に問題があったわけではない」と言わせたわけではないのに、メディアは(自分のことを)悪くしか言わない!」とご立腹。特定のそういう彼を非難するメディアに対しては断固とした態度をとる!といっていたんですけど、じゃあその断固とした態度とはどういうことか?ときいたジャーナリストに、

「ま、もし私がテレビをこれから一切見ないと宣言したら、わたしに追従する人がイタリアにひとりもいないと思うのかね」

だそうで。つーか、まず君がそれじゃこまるでしょ。メディア王さん。。。(爆)












posted by yossy at 08:35| ローマ | Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

イタリアベルル化計画

イタリア展やらベルコーレのことやらで、時事問題からすーーーーっかり遠ざかっていますが。。。ほんとは書きたいことが山ほどあるのよね。ペルメッソのことやら移民問題、はたまたフィレンツェ市長選挙やら不況について。

でもとりあえずイタリア展終わってから。。。なんていってたらきっと、一生書かないだろうなぁ。だって毎日毎日次から次にいろんなことが起こるんだもの。そのほとんどが、「あぁイタリアだよ。。。ε-(ーдー)ハァ」ってことなんだけどもね。(笑)

とにかく右は政党がまとまって、いままで右派連合だったのがほぼ巨大な一つの政党になっちゃって、その党首はベルルなのですよ。野党である左はというと、サルデーニャの地方選挙ですっかり負けちゃったから左派連合の頭だったベルトローニはさっさとやめちゃって、次の人はいったい誰?くらいの存在感のないフランチェスキーニ。党首になって一番初めに掲げた案はすぐボツになったし。(苦笑)イタリアって経済状況からなにから悪くなったら、国を動かす右はやめずに野党の党首がやめるのねっっていうイラストがでたりしてましたよ。ハァ

そしてベルルちゃん、この経済危機を打開しようと地方政権と共同で、住居建築についての新しい法案を出そうとしています。それは、お金さえ出せば、勝手にどんどん建物を建てていいというようなもの。イタリアはその景観や古い建物を守るために、建築についてはとても厳しい規制があるんです。だから新しく家を建てるのも、改築するのも、市に許可をもらわないといけなくてとても大変なの。でもこの法案が通ると、そういうことをしないでもよくなって、彼が言うには建築業界が潤うと。。。っていうか、あーたのサルデーニャの別荘をディズニーランドにしたいだけじゃないの?って思うのはあたしだけ?(彼のサルデーニャの別荘は建てるときから工事現場を目隠しして、できあがってみたら、超違法の建築物やらがあることがわかって、問題になったんだよね。あれ、それからどうなったんだっけ???)でもそれ以外にも、実はこの不況なのか、それともそういう時勢の流れなのか、教会やら駅舎などが売りに出ているらしいです、イタリア。。。ま、いちはやく、フィレンツェではロベルト・カバッリがカルミネ教会に隣接する、すでに教会としては機能していない(Sconsacrata)礼拝堂を買い取ってバー兼レストランにしちゃってるんだけどね。先日、深夜二時以降にアルコールを売っていて(フィレンツェは現在、夜23時以降のアルコールの販売に規制があります)3日間営業停止くらってたけどね。


ってなわけで、ほんと話は尽きないのだけど、とりあえず寝ます。。。あ、その前にロンドンで行われてるG20でベルルがエリザベス女王様に怒られた一幕を。新聞だと「ベルル叫んで女王に「ダレヨ!?」と言われるって書いてあるんだけど。これがビデオ。ちょっと聞き取りにくいけど、バッキンガム宮殿で女王様を交えてG20のメンバーで写真を撮った直後、みんな拍手をして立ち上がった瞬間、ベルルがでっかい声で「ミスターオバマーッ!」と叫んだわけよ。そしたらそれにびっくりした女王様が振り返って「アナタイッタイダレ?」と。画面は見にくいんだけど、明らかに女王様の冷ややかな目線が。。。(爆)そして「ナゼ、ソンナニオオゴエデ、サケバナケレバナラナイノッ!」と怒られてました。みんな笑ってたけどさ。これって日本だったら進退問題よね。。。


というイタリアです。
おやすみっ!






posted by yossy at 09:17| ローマ | Comment(3) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

簡易時事ニュース アリタリア編

最近イタリアニュース書いていませんね。
書くこと、ほんとはいっぱいあるんだけどさ。。。書き始めると書くこと多すぎて、やめてるの。(笑)毎日はぁ?なニュースがたくさんあるからね。とりあえず、ちょっとだけどんなことがあるか簡単にご説明。


1.Merci Silvio
アリタリアが新しい出発をして2週間が経過。新しい門出の日もストやって、第一便は確かAirOneだったんじゃなかったっけ?(爆)そのあとも断続的にストやキャンセル便が続いていますが、ここんとこ、そういう話きかないね。このままいつものように「のどもと過ぎれば」で忘れられちゃうのかな。。。タイトルの「ありがとう、シルビオ(仏語)」っていうのは、アリタリアがエアフラとの提携をして新しい出発を決めたときにでたフランスの新聞の見出し。エアフラとKLMでアリタリアの25%の株を保有することになるんだけど、結局実質の経営は彼らがやることになるんじゃなかったっけ?(このチームに負けたルフトは見かけだけじゃなくて8割くらいの株の保有を要求したんだよね。さすがドイツ人、見かけじゃなくてちゃんと中身も要求。イタリアはそれに反対して、ルフトと組んでマルペンサをハブにしたかったレーガ・ノルドの猛攻もあえなく負けちゃったんだよね。)

でね、なんでありがとうかっていうと。。。

アリタリアの経営危機が発覚した前プローディ内閣のときに、アリタリアを売りに出したの覚えてる?あのときにエアフラが交渉のテーブルに着いたんだけど、そのときにイタリア側が出したアリタリアの値段は15億ユーロ。しかもそれは20%くらいの株の保有に対しての値段だったはずだよね。ただし実質の経営権がそちらに渡るという話だったと思うんだけど。でも、その高値と社員のストなどで交渉は難航に難航を重ね、挙句の果てにそれを選挙活動に利用したいベルルが「国のシンボルである航空会社を外国に売るなんてもってのほか!俺が立て直す!」って公約して、結局プローディは選挙に負け、アリタリアも売り手がなくなったのよね。そのときベルルは「“Io dico che se esistono in Italia degli imprenditori con un minimo di orgoglio si devono fare avanti con un’offerta ed un progetto industriale per evitare una fine così ingloriosa della nostra Compagnia di bandiera”. 」(もし、イタリアに最低限のイタリア人としての誇りを持っている実業家がいたとしたら、国のシンボルである航空会社のこんなひどい結末を救うために計画と資金を持って名乗りあげるべきだ!!!)っていってますが。(苦笑)

ひとたび勝利を手に入れたベルルがとりあえずCAIという自分のお友達実業家グループに二束三文でアリタリアを渡したのは記憶に新しいところ。それで秋から年末にかけては断続的なアリタリアのスト、もしかしたら本当につぶれちゃうかも!みたいなことになっていたんだけど、
最終的にはエアフラと話をまとめちゃったわけですよ。ベルルの私利私欲国で勝手に決めちゃったわけ。
ストし続けたアリタリアの社員には、これ飲まなかったら潰すぞ!って脅して。。。(爆)で、そのエアフラの今回払った金額ですが、3億円!年末ジャンボ宝くじと同じくらいたくさんの額ですけど、2006年の売値からしたらなんと大安売りの5分の一の価格ですから!!!そりゃありがとうとも言われるでしょ。ほんときっとたくさん見返りももらったことでしょうよ。。。(ノ_-;)ハア…

しかもこれだけに終わらないのよ。なんと新しいアリタリア、全ての負債を分割した旧アリタリアに残してあるから(そうなんです、新しい会社を立ち上げるに当たって、分割していいところだけで会社にしたんです。。。)借金のない優良企業!旧アリタリアはどうなったのかって?借金まみれで、その保証人になっているのはイタリア国民なわけですよ。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


これでアリタリア自体はエアフラ&KLMの仲間になって年間2400万人の利用者を見込める会社になるそうです。よかったね。(爆)
でもエアフラ、最後に言っています。「いずれにしてもショーペロばかりして働かないアリタリアの社員を交渉するのは至難の業なんだが。。。」
それに対してイタリアの新聞は「こんなに安い買い物したんだから、文句言うな!」だそうで。
フランスの会社になるけどイタリアとしてのアイデンティティを持ち続けるにはどうしたらいいか?という記事もどこかで見たけど、それに対する答えは「飛行機が必ず遅れること、ストをすることを続けるだけでいい」って書いてありました。。。ま、そだね。でも、今回はもしかしたらそんなことしたら、全員おうちに帰されるかもね。(爆)



ほら、長くなったでしょ。。。C= (-。- ) フゥー








posted by yossy at 19:08| ローマ | Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

オークション!?

ええ、アリタリア、


オークションにかけられております。



ま、Yahoo!でもe-bayでもありませんが。あ、楽天でもありませんです。(笑)


9月30日までにちゃんとした、現実的な救済案をもって手を上げる人がいなかったら、なんと!!!!


自主的に航空会社のライセンスを一時的ですが返上というか、停止することにするようです。



ええええええ!!!!!!((((;゜Д゜)))



誰か買ってよ!!!!

posted by yossy at 20:17| ローマ | Comment(3) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

だーれが拾うか?

お騒がせアリタリア、連日連夜の労働組合と政府、それに倒産した会社を受け入れるために作った新会社CAIの交渉、


決裂!


ってことで、CAIは交渉のテーブルからさよならしました。

っつーことは、まじでジ・エンド?((((;゜Д゜)))

パイロット&労働組合はこれで良かったといっています。犠牲者をだして会社を救うなら共倒れがまし!ってことですね。それはどういう理論なんでしょうかねぇ。俺だけ痛いのはいやだからな!ってことよね。でもこれで本当にまじでアリタリア存続しなかったら、あーたのとこの社員だけじゃなくて、ほかにもバタバタ連鎖倒産しちゃうところもあるでしょうに、そっちはどうでもいいんですよね。自分だけじゃなければ!ってかんじ。ほんとコドモのケンカよりもひどくないか?

ベルルは猛烈に腹を立てているらしいですね。倒産させて二束三文で買う計画ではなかったのかな?(笑)

この状況に対してコメントを求められたほかのヨーロッパ系航空会社。ルフトハンザは「俺たちもともと関係ないし。なんでコメントしないといけないの?」。ブリティッシュは「アリタリアなんか興味ないから。最小限の権利だっていらないし。俺らのプロジェクト外の話」。そして以前交渉していたエアフラ&KLMはだんまりを決め込んでいるそうで。

ま、コメントしようがないっていうか、こんな労働組合がむちゃをするところなんか、いらねーよ!ってところだろうよね。リスクを犯して(ま、のちの利益を見込んでだけど)買ってやるっていうのに、条件だしまくって上から目線のアリタリアだもんなぁ。じゃ、別にいらねーよ!自分でがんばりな!ってところですかね。ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…



さて、今日からアリタリア、飛ぶんですかね?すでに政府およびアリタリア側から資金が底を尽きているってコメントがでてますが。。。やっぱり10月オーストリアにしておいて良かったかも!?





posted by yossy at 19:02| ローマ | Comment(4) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

ま、そうだろうね

すっかりアリタリア経営危機リサーチ職人と課しているあたくしですが。(笑)昨日の記事書いてから、いったいアリタリアにはパイロット何人居るんだろう?なんて思っちゃってさ。一応飛行時間なんて平均一人当たりのことがかいてあるけど、そんなのは建前にきまってるので。エアフラが買う、買わないって話をしていたときに、エアフラ&KLMはアリタリアよりずいぶん少ない人数で(もちろんパイロットだけではないと思うけどね)同じだけの便飛ばしてるっていってたしさ。

だってさ、だいたいイタリア人って勤務時間にドロンとかしちゃうもんなのよ。ぜんぜん話は違うけど、前にあった調査でフィレンツェの役所の職員は年間なんと1か月分くらいの時間、職務時間以内に職についていないってことが新聞に載ってたし。お茶したり、散歩行ったり、買い物行ったり、子供の迎えやら、愛人に会うやら、ってかんじですかねぇ。(爆)

でね、パイロットの数は見つからなかった代わりに、こんなのみつけました。2chの過去ログですけど。で、まったく同じようなことが書いてあるのよ。破綻だ!破綻!→スト→交渉決裂→ぬるま湯のようなその場しのぎの救済案可決、って流れで。でもって、これ、2004年の話です。(爆)この時点で救済案と4年の更正期間をベルル政府が公認してるんだけど、ま、まったく機能していなかったわけで。どうも何かの選挙があったらしく、ご機嫌伺い票を失いたくなかったベルルはそのときのCEOがだした5000人員削減案を蹴ったみたいですね。そしてCEOは去り、ベルル用意の別の人がやってきて。。。で、その後どうなったかというのが、現在のアリタリアの姿でして。なのにベルル、今回はリストラに「うん」っていわなかったら「全員首だ!」なんていってますけどね。

そうやって永遠にこれを繰り返すことのできるアリタリアって、リーマンよりすごいのかもよ。






posted by yossy at 20:43| ローマ | Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのとおり!

前の記事にコメントしていただきましたMikiさんの情報で、アリタリアパイロットのお給料についてよーく調べてみましたら、


あたくし、うそついてました。ごめん!


ってかね、うそというわけじゃなくて、勘違いね。あたしが新聞でみたパイロットの給料情報というのは、今回倒産したアリタリアを請け負うことになる新会社が、条件としてだしているパイロットの新しい給料体系でした。でね、今までのお給料というのは;

月60時間飛行の10年勤続のパイロットで10,250ユーロ!今のレートだと若干下がるけど月150万ってことですね。ああ、そうか、こっちのほうがしっくりくるわね。でもさ、やっぱり高給取りか!と思いそうだけど、このデータはアリタリアが発表した2005年のものらしいですが、税金引き前(Lordo)のものなんですね。だから税金引かれたら半分くらいになっちゃうのかなぁ。。。だからそれを考えるとむちゃくちゃ高給取りって感じもしないんだけども。ま、どれくらい仕事してるかにもよるからねぇ。いずれにしても、パイロットとしては普通かもしれないけど、月1000ユーロくらいしかもらえない普通のイタリア人から比べたら高給取りには間違いないけどね。

ちなみにほかのヨーロッパ系航空会社は年間(2005年)アリタリアが一人当たり580時間飛んだのに対して、エアフラは628時間、イベリアが644時間、そしてルフトハンザは674時間となっています。でもこの飛行時間でどれくらい給料もらってるんだろうね。ちなみに日系は年間900時間に制限されているそうですけど、月の平均飛行時間は、55時間程度らしいです。

そしてその給料についてですけど、2006年のデータでアリタリアのパイロットが,年俸で平均121,000ユーロ(税込み)だったのに対して、エアフラが170,000ユーロ、イベリアは147,000ユーロ、そしてルフトは153,000ユーロだそうです。これはAEA(ヨーロッパ航空会社協会)の調べによるものです。ここのブログ(イタリア語)にいろいろとデータが書いてありました。

あとはアリタリア、特典がいろいろあったみたいで。交渉事項のなかに、休みのことの書いてあるんだけど、バカンスは最高30日まで(っていったいどれだけとってたんだ?)とか、一ヶ月11日とれていた休みの日が、8日に短縮とか、あと、出勤するのには自分の車や交通公共機関を使えとか。。。ま、普通の会社だったら当たり前のような気もすることが盛り込まれていましてね。(爆)

ま、いずれにしても、パイロットも高給取りなのかもしれませんがね、アリタリアの本当の癌はそこじゃないと思うのよね。それはきっと星の数ほど入るであろう、意味のない幹部層。だから確かにちりも積もればで、小さな無駄を省くことは大事だけど、一方で湯水のように人のお金を使いまくる人たちおよびその家族だっているわけで。。。

たとえば前のベルル内閣のときに指名されて、2005年から2007年にアリタリアの改革のために社長に抜擢されたGiancarlo Cimoliなんか、給料2,700,000ユーロもらってたのよ。Stipendioって書いてあるから、年俸じゃなくて給料よね。でもって、そのあと政権が変わり、プローディになって、改革がうまくいっていないことを理由に契約の更新を無効にされていますね。って、ベルルとつるんでうまいこと金巻き上げたなってかんじ。彼、そのまえにはイタリア国鉄の改革のために、こっちはプローディ政権に1996年に選ばれて再建のリーダーとして働き始めるんですけどね、こちらは2004年にアリタリアに行くためにやめるんですけど、そのときに6,700,000ユーロ退職金としてもらっています。じゃ、それだけもらうに値する働きをしたかっていうと、Wikipediaによれば、彼の改革によってイタリアの鉄道はまったくの赤字に陥ったうえに、サービスの低下に見舞われたそうです。。。


こういう人がいるからね、っていうか、こういうのは居続けるからね。。。だからどんな改革したって無駄なんだよね。(爆)









posted by yossy at 10:07| ローマ | Comment(3) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

脱力

アリタリア、労働者側との最終交渉、決裂しちゃいましたね。

だからといって、衝撃が走るというより、またかよ。。。ってかんじですけど。でも今回に限っては、すでに破産してるわけですからねぇ。ごねてもしょうがないんだけど。。。ごねたら、ほんとにオワリかもよ、キミタチ、って思うんだけどね。これでほんとに倒産しちゃって、みんな路頭に迷うことになるほうが大変なことだと思うんだけど、ここは共産国かと思われるほど労働者の権限の強いイタリア。自分だけ倒れるのはいやなのね。。。でもさ、だいたい、私有の会社なのに、なぜ税金がんがんつぎこんで、働かない高賃金のコネだけありのイタリア人をのさばらせるのか。って、この人たちはきっとみんな政治やらいろんなところとつながってるからねぇ。ま、国の経営と同じってことだ。

で、これを受けての我らが首相、ベルルのコメント。

「Mi sono preoccupato....(私は心配だ。。。)」


それだけかよ!(ノ_-;)ハア…

選挙の前、あんなに大口たたいたことは、ま、きれいさっぱり脳内削除されてるだろうからね。(爆)ここ、笑うところではないけど、笑ってしまうのがイタリアだから?まあ、毎日毎日、最後の交渉、最後の交渉っていってるからね。未来永劫それでなんとかなっちゃうんじゃないか?って錯覚させるのがイタリアンマジック。

ってか、あたし、日本に帰るチケット、オーストリア航空にしてて正解だったのかも!?



posted by yossy at 19:56| ローマ ☀| Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

もしもイタリアで

Yahooのニュースでこんなのを見ましたが。

首相が失職…テレビ出演で報酬、憲法裁が違憲判決

政局混迷のタイ、反政府団体が首相府を2週間にわたり占拠する異常事態が起こってるそうですけども。


もしもイタリアでこのようなことが発覚したら?


なーんにも起こらないです。(爆)


みんなやってますから。

いえ、うちのトップは、そうやって、そして法律を変えに変えて、前回の任期の時には5年でたしか3倍くらい資産を増やして、世界のお金持ち25位になっちゃいましたしね。プププ。。。


でもって、不平不満をいいながらもタイみたいなことには絶対ならずに、ますます混迷を極めるイタリア。ま、表面上は、知的なG8の国を装っていますけどね。(笑)っていうか、意味のない週末ストやら、楽しくわいわいのデモを何百回もするのなら、まじめに一度キレてみたら?と思うんだけど。でもそんなことは絶対しないのよね、イタリア国民。。。


今日はEUからイタリアへダメだし。経済成長率が予想の0.5%増から0.1%増へ減退。このままでいくとヨーロッパ経済圏から後退するぞ!とかいわれてるし。経済後退について、前の政権のときにベルル、この件についても噛み付きましたがね。実は政権交代した前と後では、後のほうが経済成長率下がってまして。。。(爆)それについては、ま、ノーコメントで。彼自身の経済成長率は上がってると思うしねー。(笑)
しかもこれでインフレはこれから年末にかけて3.7%もあがるそうで。4月にすでに3%のインフレっていう発表だったのよね。。。あああ!

経済成長率マイナスとかけてインフレが断続的に3%以上ととくと?


そんなことは考えずに今日もがんばろー!!!


















posted by yossy at 20:15| ローマ | Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

今日のトップ記事

イタリアの新聞、全国紙「Corriere della Sera」、 「La Repubblica」と、トスカーナを中心にした地方紙「La Nazione」のネット版トップ記事、アリタリアのことが書いてあったのはLa Repubblicaだけでございました。

関心ないのね、あんまり。。。(苦笑)

またかよ、とか思ってるだけなのね、きっと。

ベルちゃんが「労働組合は新会社の要求を断れるはずがない!」と脅してますがね。ちみは、エールフランスがこの前リストラ要求をしたことに対して労働組合が大反対、幾度もの話し合いの結果、エアフラが交渉のテーブルを降りたとき「イタリアには自分をはじめ幾人もの実業家がアリタリアを救う準備がある!」なんていってましたよね。その解決策はエアフラと同じって、あんた、意味わからないんだけど。。。自分のときは要求をのめってか?まあ、3歩歩いたら物事を忘れる国の人ですからしょうがない。。。(苦笑)

対してCgil(イタリア最大の労組同盟)のリーダーはインタビューで、まだこの5000人のカットを認められない、なぜならほかの条件などについてはまったく聞いていないからだ、といっています。とりあえず5000人カットを飲めっていわれて、そりゃ飲めないわな。。。だって、カットされるのはきっと本当に必要な人たち。政府や実業家とかかわる本当に能無し高給取りいらない人たちはきっと残る。そしてその結果は、8月の末のように世界中で起こった10日間で8件の航空事故を引き起こすようなことになるのではないのかしら?昔読んだ「沈まぬ太陽」を思い出してぞっとした。そのリーダーの人「政府も新会社もはっきり条件をいわない。オフレコで経済省の大臣がちょこちょこ話をしてくるが、それはもう1年以上も前のことで、そのことについてはエアフラとの話し合いの前から(だから前政権から)きいている。今回の新会社はさまざまな実業家、企業の集合体でその利権を追求することがまず最優先になるはずだ。それには気をつけなければならない。本当にアリタリアを再生するつもりなら、条件付でやる、やらないなんていうのはありえない。われわれはこのアリタリアの再生について賭けをするような実業家はいらない。」と申しております。


いずこの国も、と思うけど、イタリアって国がさぎみたいなものだものなぁ。ベルコーレには水道代の請求が来たのですけどね、ひとつは本当にメーターの計測がついてるもの。もうひとつは前のものと期間が重なっていて計測がなく、水は一滴も使ってない(0mqって書いてある)のにもかかわらず400ユーロの請求。カルミネいわく「お金が足りなくなったから、適当に水をたくさん使うだろうところに請求書を送りつけて、払ったらOK、払わなかったら、ま、しょうがないって思ってるんだ!(怒)」そうね、そういうことあるよね。テレコムだって、まったく契約した覚えのないオプションとか勝手につけちゃうし。ちゃんと隅々まで請求書読まないと大変なことになるもの。だからここでは不合理極まりないけど、いつまでたっても銀行からの自動引き落としをみんないやがるのよ。銀行も勝手にいろんな手数料と称して口座からお金を引き落としちゃうし、まじで。


ということで、残り二つの新聞のトップ記事は「3000人のナポリサポーターが先日のローマVSナポリのサッカーの試合の際、ローマ行きの列車を占拠、ほかの乗客を降ろして大暴れ。列車をボロボロにしたあげく、その列車はそのままローマへ出発、そしてローマに降りたサポーターはローマでもスタジアムに入るために暴れたらしいですね。。。何人かは逮捕されたみたいだけど、残りのナポレターノたち、帰りの電車でも、落書きしたり、カーテン引きちぎったり。。。

もう言葉もありません。。。

とりあえず鉄道会社に対しての損害だけでも50万ユーロ以上(8,300万円くらい)だそうで。だれが払うの?しかも、つかまって拘置されていたサポーター5名は今日すでに釈放されたそうで。(苦笑)それに対して左派リーダー、ベルトローニはベルル政権を批判。ま、これ妥当。だって、前の政権のときに、スタジアムで警官とサポーターの衝突で人がなくなったりしたとき、ベルルは前政権をぼろくそいったもんねぇ。で、ベルル政党はこの件に関して「政府に文句を言うのなんて笑止千万。釈放したのは検察なんだから、そっちに問題があるだろ!」だそうで。ベルルと検察、裁判所をはじめとする司法は犬猿の仲だからね。というか、ベルルは今回政権を握ったとたん司法を切り崩しにかかってて、自分が絶対捕まらないようにしてるしさ。だからそんなこといわれても、なんだか子供の水掛け論みたいで、もう笑うしかないってかんじ。
しかしスタジアムで暴れるアホなサポーターにも、もううんざり。サッカー好きが高じてじゃなくて、ただ暴れたいだけ。意味はまったくないわけ。日ごろの鬱憤をそんなところで晴らすしかないって、ほんとにあきれる。

ま、とりあえずViola-Juveでこんな恥ずかしいことがおこらなくてよかった。

あ、で、もうひとつのトップ記事は29歳のイタリア男子がトスカーナにあるモンテクリスト島(そう、かのモンテクリスト伯のいた島ですの!)とジリオ島の間を30時間かけて泳ぎきったというものでした。ちなみに55kmの距離だったそうです。すげーーーー!












posted by yossy at 20:13| ローマ ☀| Comment(4) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

飛行機ネタ

最近全くイタリアネタにふれていませんでしたね。
ほんとはいろいろあるんだけどさ。
ベルネタとか。(爆)
司法は悪だ!共産主義者の集まりだ!なんていっていたうちはまだましだったのね、といわんばかりに、やつは、ナポリのごみ問題を解決するよりも、このインフレと景気の悪さがEU一になりそうな状況もさておいて、“共和国大統領、首相、上下院議長に対する刑事裁判を中断するものである”なんていう法律をとおしちゃったんだもんね。。。(ノ_-;)ハア…
これは職につくまえの事由についても適応されるらしいし。ってことで、あいつは未来永劫独裁者。つーか、それに署名しちゃうナポリターノ、お前もかよ。。。


そんなことはさておき。
ヴァカンス時期なんで、飛行機ネタを二つ。
ひとつは昨日ヴェローナの空港でSpanairのIbiza e Formentera行きの飛行機がなんと

24時間の遅れ

で140人が足止めをくらったそうで。つーか、それはキャンセルにならないのかい、お前さん。。。しかも故障が原因だそうで。ほんとうは土曜日の18時半に飛ぶはずが、翌日の17時半に飛んだそうな。っていうか、代替機はないってわけだ。コワッ!そのアナウンスがあったのは土曜夜の21時半、乗客は朝の4時半まで空港に待ちぼうけ、その後ホテルに移動されたそうですが、子連れのお客さんもたくさんいただろうに、4時半まで空港にいさせるってのがすごいよね。で、その7時間後の11時半にみんな空港に戻ったものの、15時半にしか出発できないってことで待ちに待った挙句、出発したのは17時半。出発できただけでよかったってこと?


もうひとつはおなじみライアンエア

ここ、夏のプロモーションの広告にこんなの使っています。

cday-IT.gif

何が書いてあるかって?

"Il ministro Bossi ai passeggeri italiani
Il governo… supporta le alte tariffe Alitalia, supporta i frequenti scioperi Alitalia, se ne frega dei passeggeri italiani"
(大臣ボッシより、イタリア人旅行客へ。政府はアリタリアの高い料金を支持する。アリタリアの頻繁に行うストを支持する。イタリア人旅行客のことなんてどうでもよい!)

で、画面が変わって
ライアンエアで10ユーロで飛ぼう!

ってなるわけ。

なかなか的を得ておりますな。真実だもの。でも、これがかなり問題になっていて。まあ、なりますよね。こういうことをしちゃうってのもすごいけど。普通ならものすごい賠償問題になるよね。実際政府から公式にライアンに謝罪するように文書が出てるし。でもこの広告その後も使ってるのよ。問題こじれないのかしら?

でも、実際のところほんとの問題はちがうところにあるんだよね。。。。この写真のおっさん、レーガ・ノルドっていう政党の党首でイタリアを分断したい張本人。この政党が今回むちゃくちゃ票をのばしたので、ベルちゃんが勝ったってのもあって、むちゃくちゃ強気なわけよ。しかも極右(だよね)。この広告はこの前このおっさんが行った演説を下敷きにしてあるのですよ。それは、党の大会で、中指をたてつつ「われわれ(北イタリア)がこれ以上ローマの奴隷などであるべきだはない。国歌はイタリアはローマの奴隷だといっている。これでもくらえ。中道の悪党集団と戦い続けなければならない。俺たちは1500万人が自由のために戦う用意ができているんだ!(これが原文)」って演説ぶったわけよ。でもって、各方面から非難ごうごう、政府とイタリア人に対して謝罪するべきだって言われてるのにもかかわらず、翌日には「俺はこの国歌は好きだったことは一度もない。普通の大衆の歌じゃないか!」なんていってるし。
あ、ここで一応国歌って言ってるんだけど、実はこの歌、日本の君が代と同じく、国歌として認められてるってだけで、ちゃんと国歌として定められてるわけではないの。だから、これがあまり好きではないっていうイタリア人は多いのよね。軍歌だし。この記事についての日本語訳は「イタリアに好奇心」のpanterinoさんの記事をみてくださいませ。

まあ、このおっさんならやりかねない話なんだけど、これに触発(?)されたライアンのこの広告にレーガはどんな対応したかって言うと、これがびっくりなのよ。

「イタリアという国を侮辱する広告だ、すぐ誤れ!」

どの口で言っておられる?ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

あ、忘れてた。なんで、ボッシがこういう発言になったかっていうとね、彼の愛息子ちゃんが、Maturita`といわれる高校卒業試験を二回目にしてまたしても落ちてしまったのが発端なんだよね。ハァ。。。
このバカ息子、おとーちゃんにその腹いせに「南イタリア出身の教師が俺のことをおっことした!」とかなんとか言ったんじゃないのか?彼が提出した論文は連邦制題材にしたCattaneoという人についてのものだったらしいんだけど。このCattaneoという人は1800年代に生きた連邦制度の支持者らしいですね。まだちゃんと調べてないので、彼の思想がどれほどレーガとかぶるくらい過激だったのかはわからないけれど。


いずれにしても、まじで本末転倒というか、そういうこと真顔で言えるイタリア人政治家たちにこの国はだめにされちゃってきてるんだなぁ、と感慨深い夏の昼下がりです。。。















posted by yossy at 20:53| ローマ | Comment(3) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

月曜日の憂鬱

ショーペロ・マンデイでございます。(笑)

週明けストなんて、あんた、休みたいんでしょ。。。ってことで。しかも、フィレンツェ、今日から駅の周りの交通事情ががらっとかわります。路面電車の線路を引き込むためなんですけどね。これだって、すでに二年前に完成していないといけないはずなんですけど、完成予定がなぜか来年以降になってるし。地下鉄じゃないですよ、路面電車。

で、見つけたのがこの記事。訳さないので、イタリア語わかる人だけしか読めないと思うんですけど。スマン。

La giornata tipo in un Paese che fa schifo

単刀直入に言えば、この国は最低だというイタリア人ジャーナリストの意見なわけよ。突然税金を払っていないという督促状が来て、それが間違っていることを証明するために銀行に行っても、なぜかコンピューターは壊れてる、直すのに3,4日かかり、行っても、書類が足りない、などどいわれ、かわりに会計士を行かせると(もちろん会計士のお給料は彼が払うわけですね)なぜかうまくいき、そのあと、しかし、税務署に提出しないといけない書類はさらに5日くらい待たされ、届けをしないといけない日にはストですべての交通機関が止まるという。。。

コントではありませんので、あしからず。


これがあたしらの生きている毎日でございますの。


ベルルが洞爺湖サミットで「日本はすばらしい、日曜日も働いている。イタリアはとても遅れている。」なんて言っていたようですが(ソースはアブデル。どっかで読んだんだって。)あーた、日本どころか、スペインにも遅れてるから。日本より遅れてるって、おこがましいもありゃしないわ。。。(爆)


ちなみにうちは、2月に契約したTELECOMのADSL、なぜかドメインの移行が前のプロバイダーであるInfostradaのせいで(なぜかすぐに移行してくれないのよね。。。)今になって移行することになったのだけど、いきなりメールの受信とWEBが見られなくなって、それで気がついたわけよ。(怒)しかし、もっとたちが悪いのは、TELECOM、FTPやPOPのデータをはじめの契約のなかに入れていないから、メール受信はできないわ、サイトはダウンするわ。。。先週から電話掛けまくっているんだけど、明日、明日で、現在もまだ問題はそのまま。毎回電話して、毎回同じ説明を、ぜんぜんそういうことを知らないTELECOMのおねーちゃんに説明するのは疲れてしまいますよ。ちょっとは勉強しとけ!バーロー!!!だ!「あんたね、払わないどころか、訴訟起こすわよ、あんたの名前いいなさい!」くらい言うと、いちおう至急のしるしくらいはしてくれたりするけど、ま、まったく意味を成さないので。


ってことで、朝からこういう労力で疲れちゃうのよね。。。



posted by yossy at 20:22| ローマ ☀| Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

どうでもいいんだけど

下の記事のベルルスコーニ、マシンガン撃っているっていうより



ゲッツ!by ダンディ坂野



ってかんじじゃない?



どうでもいいよね。。。。
posted by yossy at 02:09| ローマ ☀| Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

やっちゃいましたね

berlusconi_putin_fucilata.jpg

やっちゃいましたね、ベルル。就任早々、やらかしかちゃいました。。。って、上の写真なんだけどね。
ロシアのプーチン首相が着てるんですよ、イタリア。それで、共同会見中にロシアの女性記者がプーチンと元体操選手で30歳年下の彼女がもうすぐ結婚するんじゃないかっていううわさについて質問したところ、言葉に詰まったプーチンにかわって、ベルルがマシンガンでその貴社を撃つまねをしたんだと。で、会場は凍りついたそうで。そのあとプーチンが、「わたしはロシアの女性のことが好きだ。すばらしい素質と美しさを持っている。それと競争できるのはイタリア女性だけだ」なんてウイットのある談話をしたので、まあ、落ち着いたようなかんじだけどさ。ロシアの状況、プーチンの批判をしていた女性ジャーナリストが何者かに殺され、それが政府が差し向けた暗殺者の仕業ではないかということがあったのはほんの2年位前。そのほかにも暗殺された人たちは、プーチンにやられたのではないかといううわさが耐えないなかで、冗談でもこんなこと、公式の会見の場所でやるかね。。。(汗)


まじで、イタリア人、こいつを国の顔にしたこと、後悔しないのかよ。。。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ






posted by yossy at 07:56| ローマ ☀| Comment(4) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

あっさり

Buongiorno!

すっかり選挙終わっちゃいましたね。。。いや、あっけなくですね。
まじでこの結果にはびっくりっす。こんなにベルルが、いやLegaが票を伸ばすとは思ってなかったわ。すごいよ、州レベルでも18州のうち12は右になっちゃったからね。ローマ市長もルテッリが勝ってるけど、ベルルが勝った今、5%差をひっくり返そうと右は画策中だし。

ってことでベルルこの5年はきっちり安泰で資産増やし政権を続けられそうで。すでにICI(家にかかる税金)やら、自動車税を減税ではなく、なくす!っていってますけど、じゃあ、国はどっから収入を得るんだ?ですね。Alitaliaもイタリア国内で何とかするそうですけど、まあ、手っ取り早いのが資本家の彼の場合、破産させて二束三文で買う?だったりしてなんて。。。コワッ

一番の問題はLegaかなぁ。Bossi、やる気満々だし。移民にはむちゃくちゃ厳しくなるんだろうな。いいんですよ、厳しくてもね。でもここの国、きちんと申告、申請している人たちに厳しくて、結局不法滞在者は減らないんだもの。厳しい移民政策で不法滞在のマフィアがらみの移民や虐待されてる売春婦とかが減ればいいんだけど、そっちは友達だからね、減らないのよね。いずれにしてもこれまでのすべての司法がらみの努力は水の泡。この2年でしょっぴかれた方々は喜んでおいでしょうなぁ。。。だって「脱税は罪じゃない!」といっちゃう首相ですよ。「判事殺しで3つの終身刑に処せられている人を英雄だ!」ということを肯定しちゃうような人ですからねぇ。


あたしとしては、右でもいいんだけどさ。
でもさ、人の品格とか品位とかそういうことをかんがみて、ベルルやボッシに票を入れるイタリア人の気がしれんのだよ。政策を見ろ!っていわれるかもしれないけど、彼らは左を共産主義だとこきおろし、なんのあてもないのに税金をなくす、ってまさにばら撒き政治なんだけど、それを信じちゃうって言うか、やっぱり長期展望や、なぜ今の現状がここにあるのかを分析判断できないだけだと思うんだよね。ま、とりあえず今は底なんで、あたしら庶民にとっての経済が再スタートしてくれることを祈って。(←やつらにはスタートするわけだからさ。爆)




posted by yossy at 17:33| ローマ 🌁| Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

変えられるか?

昨日とはうってかわって、太陽の光がちょっとまぶしい日曜日の朝。前の同居人の子がパリから買ってきてくれたフォーションのアップルティーを入れてのんびりしてます。あと一時間くらいで工房行くけどね。いや、根がはる前に出かけなければ!(←ADSLの弊害ね。笑)


さて、今日明日は選挙の日。そう、イタリア政権が倒れてから2ヶ月ですかね。いよいよ!の日なんだけど、なんだか盛り上がりに欠けるのよね、あたしのなかで。どうも16人くらい首相に立候補しているんだけど、まあ多数派として中道右派ベルル対中道左派ベルトローニってかんじなわけ。ベルトローニはプローディのあとを引き継ぐんですけどね。彼はローマの市長を長く務め、その政治手腕には定評もあり、なんですが、イタリア人、かなり政治に不信もってますからね。前のときはベルルを政権から追い落とすということで、プローディしか選択肢がなかったりしたし、その後も連立の弊害と、あっさり司法省の大臣が自分のみを守るために寝返って、終わりとなった前政権。結局この10年近くの膿を出すためにあけるだけあけたけど、もう末期だったいうか、そういうことだったわけだけど、そういうことを今すぐ物事がうまくいかないから、一見前よりも悪くなってるからということで、あっというまに不満がひろがちゃったのよね。それをうまく利用したベルル。っていうか、イタリア人って長期的展望っていうか、今がダメなのは今までの(しかもかなり長い間の)つけがまわってるっていうのがわからないのかな?と思うときがある。そりゃつけは、あんたが払うのは違うかもしれないけど、変わらないといけないのだったら、変えるつもりなら、誰かが代償を払わないといけない。そのあとだもの、良くなれるのは。その希望があるのなら、その代償を払うのかもしれないけど、これまでの歴史からはそれが感じられないからしょうがないのかもしれないけど。。。これに馴らされちゃったのか、イタリア人って変えるのをすごく嫌う。日常の習慣、食べるもの、付き合う人。自分から何かを変えようっていうのはあんまりないような気がするんだなぁ。。。


昨日、ベルトローニの演説をきいた。(ここ。イタリア語です。)

何を言ってるかって?
普通のことです。当たり前のことです。。。
あんまり普通すぎて、やっぱりイタリアって。。。って改めて思っちゃいました。(爆)法律を、憲法を守るとか、民主主義とは責任や決断を先送りにするのではなく、責任をそれぞれが果たすこと、反対候補の演説文をやぶったりしないとか(苦笑)、3つの終身刑を受けたマフィアのボスを英雄だと持ち上げたりするなんてありえないとか、こういう状態に慣れてはいけない、変わらないとあきらめてはいけない、などなど。。。。それに対して、右は分裂状態。ベルルは大多数はですが、そのほかの右の政党からかなりの攻撃を受けてます。でも、そんな状態でも出先調査ではなぜか一番人気。なぜでしょね?最後のテレビでの直接対決みたいな番組でも、なぜかベルルのときは90秒しかコマーシャルがなかったのに、ベルトローニとときは4分もあったとか。ちなみにそれぞれの持ち時間は一定で、そのなかでCMがはいるんだけど、その時間も持ち時間に含まれるらしく。あ〜あ、こんな国よ。ちなみにそれは国営放送でやってたはずよね、確か。。。


いずれにしても選挙スペシャルエディションはそれぞれ下でわかります。各自チェックのこと。(笑)

Corriere della Sera
La Repubblica
La Nazione


あ、ベルトローニの政権はJovanottiの歌がテーマ曲になっています。Mi Fido di Te(お前を信じる)っていう歌で、あたしも大好きな曲のひとつ。このフレーズがいい。ベルトローニも演説のなかで言っていたけども。高いがけの上にたっても、落っこちることを怖がってはいない、そこから飛びたつ勇気をもっているってことだよね。そしてお前を信じる、なぜなら何かを失うことを恐れていないからって。


forse fa male eppure mi va
di stare collegato
di vivere di un fiato
di stendermi sopra al burrone
di guardare giu`
la vertigine non e`
paura di cadere
ma voglia di volare

mi fido di te {x4}
io mi fido di te
ehi mi fido di te
cosa sei disposto a perdere


うーん、やっぱりこれって「泣こかい、飛ぼかい」に通じるから好きなのかもなぁ。



posted by yossy at 19:48| ローマ ☀| Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

来週はまた選挙

イタリア、来週また選挙です。
思い出すのは前回二年前の選挙。むちゃくちゃあつく実況中継なんかしていましたけど。。。


今年はすでに飽きてます。。。(笑)


ほんと次から次へ問題ばかりなんだもの。。。モッツァレラにブルネッロ、それにアリタリアでしょ。選挙もあるんだか、ないんだか、だし。ブログ友のローマのMIKAさんが、そのへんのところも書いてくれていますが、ほんとにあいた口がふさがらないことばかりで、毎日毎日そんなだから、おっつかないのよ。。。


で、BCNのCOSMOからメール。回りに回ってきたメールみたい。(笑)イタリア語なんで、イタリア語が分かる人はわらってください。たぶんこれはイタリアに住んでるからこそわかることなので、あえて訳しません。ごめんよ。



Leggi attentamente...

Nel nostro partito politico manteniamo le promesse.
Solo gli imbecilli possono credere che
non lotteremo contro la corruzione.
Perché se c'e qualcosa di sicuro per noi è che
l'onestà e la trasparenza sono fondamentali
per raggiungere i nostri ideali.
Dimostreremo che è una grande stupidità credere che
la mafia continuerà a far parte del nostro governo come in passato.
Assicuriamo senza dubbio che
la giustizia sociale sarà il fine principale del nostro mandato.
Nonostante questo, c'è gente stupida che ancora pensa che
si possa continuare a governare con i trucchi della vecchia politica.
Quando assumeremo il potere, faremo il possibile affinché
finiscano le situazioni di privilegio.
Non permetteremo in nessun modo che
i nostri bambini muoiano di fame.
Compiremo i nostri propositi nonostante
le risorse economiche siano esaurite.
Eserciteremo il potere fino a che
Si capisca da ora che
Siamo il partito di FORZA ITALIA, la nuova politica

Ora prova a rileggere il tutto al contrario, leggi dal basso verso l'alto riga per riga...




posted by yossy at 04:41| ローマ | Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

ま、すべてうまくいくことはないわな。。。

家はうまくいったんで、とにかくHappyなんですけどね。

昨日、実は念願の滞在許可証の引き取り呼び出しの日だったのよ。待ちに待った(1年と13日!!!!)この日のアポイントは12時15分。あたしの携帯電話に内務省からきたSMS(ショートメッセージ)書いてあったの。

な〜の〜に〜

あたしの仲良しさんたちで、この12月に同じように引き取りに行った人たちはみんな「Yossy、そのアポ、全然関係ないから。。。早く行って、番号引かないとその日のうちにもらえないよ。。。」と言う!半年くらいにもらった人たちはアポ時間にいくだけでOKだったらしいけど、そんなものはあっという間に消え去ったらしい。。。┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
ま、ありがちですので、そのへんは驚きもしませんがね。そんなことでショックを受けていたら、ここでは生きていけませんので。ウン、ウン。

てことで、朝9時に行ってきましたよ。そしたらやっぱり人だかり!!!入り口にいた警官にどういうことか聞くと、やっぱり番号ひくことになってて。しかも番号引く機械が壊れてて、ぴらっと番号の書いた紙をくれた。。。マジカヨ。。。 
で、番号の出ているパネルみても、あたしのカテゴリーBは表示もないし。それにこの人だかりなんで、友達呼んで、朝ごはんをBarまでしにいきましたよ。30分ほどで戻ってくると、カテゴリーBでてましたけど、あたしの前にはなんと


70人!!! !?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

ってかさ、終わるのかよ。。。の状態。とにかくとりあえず座るところもあるので、読書に励もうとしてみたものの、一時間に20人さばけるかくらいのスピードだし、暖房なんかないからだんだん足元から凍えてくるし。。。ということで、スーパーにこの前焼き増しにだした写真を取に行ってみたりとかして時間をつぶす。そうこうしてたらもう12時過ぎちゃったんだけど、これくらいから、なぜかサクサク処理するようになって、とりあえず12時40分にあたしの番。小走りで呼ばれたカウンターに行ってみると、かなりむかついているらしい警官が一言。


「今日は電子機器に問題があるので、もう一度来てくれ。」


ハァ??? ムカ・・・(-_-メ)

しかしこういうものなのですよ、この国は。
じゃあ、初めから今日は受付で、次回の予約して終わりにしとけよ!っていうつっこみはなしでお願いします。ここで腹を立てては疲れるだけなのよ。。。
しかもすべてが次回のはずなのに、なぜかものすごくあたしの書類をチェックする警官。これにはなにか意味があるのか???奥にひっこんだり、でてきたりするやつに、「いつくればいいわけよ!」って聞くと、「3月3日の朝8時」といいやがる。なのでたたみかけて「その日の朝にきたら、また番号札引けとかいわないでよね。ちゃんと8時にアポとってるって一言書いておいてよね!!!」と念を押してみた。とりあえず書いてはくれたけど、それが有効かどうかは


こうご期待!!!!














posted by yossy at 20:27| ローマ ☀| Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

ナポリゴミ問題はどこへいく???

ナポリのゴミ問題が吹っ飛んじゃうくらいの問題がいろいろでてきちゃっているイタリアです。それについては次に書く予定ですけど。

とりあえずイタリア、このナポリ問題で、環境への汚染、健康への悪影響およびEUの一国として、経済的社会的文化的な責任を果たしていないということで


一日700,000ユーロの罰金が課される可能性あり!


って、誰が払うんだ???(イタリアのどこにそんなお金があるんでしょう?マフィア以外に。。。。)
posted by yossy at 00:28| ローマ | Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

イタリアらしいわ。。。

今朝はわりと早起きして近くの保健所へ、ホームドクターの登録をしに行った。ちゃんと労働用の滞在許可証も持っているし、雇用だって無期限のものだから、もっとはやくにちゃんとしておいたらよかったんだけど、元気なときってやらないもんなのよね。で、去年の年始に具合悪くなったあと、すぐに滞在許可の更新で、さらにそのままになっていたんだけど、やっぱり今回具合悪くなったこともあり、とりあえず行ってみることにしたってわけ。なんか腰が重かったのは、滞在許可が更新中だから「ダメ」っていわれる確率もあるっぽかったからさ。ちゃんと更新期限は守ってるのにもかかわらず更新自体に一年以上もかかってるのはあたしのせいじゃない。でも大体こういう時ってみんな「あたしのせいじゃないから」っていうしさ。イタリアだね。。。

とにかく行って見ました。結果から言ったら、とりあえず半年はもらえました。よかった、よかった。

でもさ、行ったらまずインフォメーションで、その裏にある待合所で番号引けっていわれたわけよ。それで、引きにいったはいいけど、表示番号がでてない!ってか、二つもあるのに両方とも壊れてるし。待合なんて、50人も入ればいっぱいのちっちゃいところなのに、二つも設置してあること事態無駄だけど、それが両方とも壊れてて。。。でも、とりあえずみんな番号ひいて、それぞれ声掛け合って順番確認してるし。(苦笑)先々週もそうだったわ!って隣のおばちゃんは憤慨してたけど。しかも7つある部屋は2つしか機能していない上に、以前は申請の種類でちがっていたのに、今は全部いっしょくたで、みんな待つしかない、見たいな状況らしく、もうみんな口々に「Una Vergogna!!!(恥ずべきことだ)」って。(゚-゚;)ウーン


イタリアだからねぇ。。。とりあえず一時間で終わったことだけでもすごいことだし。よかった、よかった。


イタリアで生活すると、とりあえず忍耐だけはつくよね。(爆)



posted by yossy at 19:11| ローマ ☀| Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。