2008年01月15日

ナポリを見たら死ぬ。。。かも

ansa_12003264_02490.jpg

日本でもかなり話題になっているようなナポリのゴミ問題。ナポリだけではなく、ナポリのあるカンパーニャ州全体の問題なんだけども、とにかくすごい。だってさ、ナポリだけで7000トンのゴミがあふれてるそうで。。。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
とりあえず緊急の打開策としてはイタリアの各州にお願いしてゴミを引き取ってもらって処理。そして1500トンがサルデーニャへまず行ったんだけど、船が接岸できないくらいの反対騒動で、警官はもとより軍が出る始末。ほかにもシチリアやバジリカータ、それにアブルッツォ州にもゴミを持って行きはじめてる。行き先を発表しないで、軍に警護させてゴミを運ばせるって、いったいなんなんでしょうね。。。トスカーナも引き受けるらしいけどね。ミラノのあるロンバルディア州はお金を払うという条件付で5000トンを引き受けるらしいけど、ナポリにだけにあるゴミにも追いつかないってわけですよ。マジで。。。

このゴミ問題、今回はクリスマス前から集荷がストップ。なんたって、もう処理する場所がないのよ。なんでかは後で説明するけど、とにかくもって行ってくれないゴミは増える一方。街のゴミ箱はあふれかえって何にも見えない、そうなるともうどこでも捨てちまえ!ってかんじになってしまって、道が通れないくらいゴミだらけ。おかげで異臭やネズミなどが大発生で、子供たちは学校にも通えてないの。10万人の子供たちが自宅待機状態。どういう国だよ、まったく。

これ、やっぱりカモッラ(マフィア)がからんでるからね。ちなみにマフィアにもいろいろありますけど、いずれにしても、イタリアで一番の優良企業はマフィアなんですの。そして彼らは麻薬や売春、武器やショバ代を稼ぐということ意外に、こういうエコビジネスにも浸透してるらしいのだ。ってことは、政治ともがっちりつるんでるってことで。カンパーニャ州にはゴミの焼却場が4つくらいあるらしいんだけど、すべて建設が途中でストップ。マフィアがうまいこと市民をたきつけているのか、カンパーニャ州民自体が焼却場の建設に反対しているんだとか。。。アホかね、君たち。。。そんなこと言ってる場合じゃないと思うんだけどね。しかも、どうにもならなくなって、道端にあふれるゴミに火をつけてたら、余計公害じゃない!!!そして今回はどうにもならなくて埋め立てを再開しようとしたピアヌーラ地区でもかなりの暴動が起こってる。すごいよ。バスとか燃やしてるし。まったくもって、それじゃあ解決にならないでしょ、と思うんだけど。怒りの矛先を向けるのが違うだろうに。でもマフィアに雇用されている人もたくさんいるんだろうな。。。


もちろんこの問題を解決するために、むちゃくちゃ大きな予算が政府からでているんだけど、どこに消えてしまったのかわからず。でもって、カンパーニャ州のピアヌーラということころに埋め立て場もあったんだけど、それもいっぱいになり、一日何千ユーロもかけてなんとドイツまで持っていっていたらしい。もちろん請負は運転手から何からすべてカモッラ系の会社。それに産業廃棄物系の会社も運営していて、イタリア全土の産廃を引き取り、不法投棄しまくってたりしているわけ。そしてそれにまったく手を打つことのできない政府。。。(ノ_-;)ハア…

まじで、EUからもかなりのクレームというか、まずもって、環境破壊などの影響の懸念から、農作物などの取引に多大な影響が出ている。だいたいイタリアはEUからかなりの助成金もらってるんだけど、それもどこにいってるのかさっぱりわからないのよね。イタリアのコメディアンで政治問題をぶったぎるベッペ・グリッロはこの前EUの議会に行って「イタリアに一円も渡すな!マフィアの懐に行くだけだ。俺にはそれを言う権利がある、なぜなら俺の税金の一部はEUにいっているわけで、それがマフィアを喜ばせるなんて許せない!」って演説してたけど、まさにそのとおり。


まだまだ先は長そうです。
今年の冬は寒くてよかったよ、ある意味。去年みたいにあったかかったらしゃれにならないから、ホント。
姉妹都市鹿児島市民としては残念だけど、とりあえず今はナポリには行かないほうがいいかもよ。





posted by yossy at 08:13| ローマ ☀| Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

名案!

売りに出されてたのにだれも手を出さなかったアリタリア。。。やっと買い手がついて、なぜかアリタリアがエールフランスを選んだところ


株急落!!!!



これって、だめってことじゃんよ。。。ガックリ

しかもこれを受けてパイロットとスッチーが大々的にスト(国をブロックするとか書いてあったわ。。。)うつみたいだしね。来月半ばに政府が決断するまで、この年末年始、まずいよ。(爆)


そしたらアブデル、なかなか冴えてて。


「移民がイタリアに入国するときにはアリタリアを使わないと入国できないって法律作っちゃえばいいじゃん。タダでがんがん儲かるぜ!」


ナーイス!(爆)
でも、そういうの、まじで冗談にならなさそうなのがイタリアだったりするものねぇ。(だって、あたしのときの特例滞在許可あげる法(サナトリア)ときは一人800ユーロ払って、雇用主を見つけたら誰にでも制限なしで滞在許可やるよ!ってなかんじだったしさ。)


ってなことで、年始年末のスト情報、気をつけたほうがいいよ。
スト情報とかはあたしもお世話になってる「H.I.Sイタリア支店♪カプチーノ天国♪」で。いや、お世話になってるのはフィレンツェ支店なんだけどねん。実はここでも日本行きのエアとれるのよ。なかなか便利でございます。(いや、工房の近くにあるから便利なのかな???)






posted by yossy at 18:24| ローマ | Comment(3) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

クリック三回で!?

そういえば、この前話した移民のための今年の特別滞在許可証をあげましょう枠のこと。無事にサーバーのダウンもなく(ま、15人ぶんを送るのに2時間かかったっていうはなしも聞いたけど、送れなかったって言う話は聞かなかったからね。)3回の送る日も無事終わり。そして17万人の枠に、なんと65万5000人の申し込みがあったそうで。ちなみにこれは季節労働などの期間限定の仕事を見つけた人には対応しません。その内訳としては


1.12月15日にクリックの東、東南アジア、アフリカ、南アメリカ、東欧諸国で企業、店に雇われて働く人たち。ここは40万4000人のクリック。枠は約4万7000人。しかも細かく国ごとに枠が決められてるの。

2.12月18日クリックの家政婦枠。約6万5000人。


3.12月21日クリックの上記以外の国の人たちで特に建設業など企業や会社で雇われることになる人たち、漁業、ヨーロッパで運転できる免許を持っている運送関係の運転手、もしくは企業のえらいさんなどその枠。約4万6000人。これは業種ごとに枠が決められている。それに加えて学生の滞在許可証から労働のための許可証に変えたい人とかもこの日だったみたいね。

っつか、この時点で17万人超えてる気がするんだけど。。。あれ?

まあ、でも、自動送信であろうはずの、無事にメールが送られましたっていう返信が届いてないとかあるみたいね。こわ!だって、それがなかったら、証明できないし。なぜかっていうと、この書式を送るのに内務省から特別なプログラムをダウンロードし、書式に記入して送信することになっていたんだけど、送信したあとには手元に何も残らない!!!記入した書式のコピーも残らなかったわけ。だから事前に印刷とかしてなかった人たちはきっと唖然だったわね。。。(爆)

でもって、アブデルとしょうもない計算してみたんだけどさ。この申し込みをするのにあたって、14.62ユーロの収入印紙を買ってその印紙についてる番号を書式の中に記入しなければならなかったわけ。今までは郵便とかだったから印紙を貼ることができたけど、今回はどうするんだろう?と思ったら、印紙自体に番号振るという作戦に出た政府。ってことはよ、3回のクリックデーで

9,576,199ユーロ

も懐に入れちゃったわけだ。ぎゃー、すごい。


これに味をしめたわけではないだろうけど、実はこの3回のクリックデーが終わったからって、間に合わなかったとがっくりくることはないのよ。実は雇い主が決まってちゃんと手続きをする気があるのなら、来年の5月31日までは手続きをすることができるらしいよ。ここに書いてあるけど。

しかも季節労働者についても8万人の枠が年明けそうそうでるみたいだしね。まあ、でも、これ、どうやって振り落としていくんだろう。。。ってかいつまで時間がかかるんでしょうね。だいたいこれがちゃんとくるまで企業は待っていられるんでしょうか。ちなみに2006年3月にでた今回と同じような特別枠は2007年後半になってやっと呼ばれる人が出てきたくらいだからねぇ。新しいシステムになって、右往左往して、挙句の果てに切れまくるイタリア人が目に見えるよう。。。(爆)


ってことで今回のFlussiはコンナ感じでとりあえず終了。





posted by yossy at 19:18| ローマ ☀| Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

Flussi 追加

stranieri in italiaって言うサイトがあるんだけど、ここにいろいろ今度のFlussiにことが書いてあります。学生のPermessoからLavoroのに変えたい人はどうすればいいのか、とかもね。

とりあえずうちらはプログラムDL完了。どうも今夜0時から登録だけはできるそうなので、仕事終わってから、またひと仕事の予感。。。
posted by yossy at 22:26| ローマ | Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Decreto Flussi 2007(も終わりなのにね)

Permesso di lavoro に書き換えたい方、Decreto Flussiがでました。しかもこの年末に2007ということで。(爆)ま、まだ2007年だから間違っていないんですけどね。


で、ですね。。。。。今回また手続きの方法が変わりましたの。


今回はなんとこの二年の郵便局での手続きがひどかったこと(そう、あたしもその被害者ですのよ。涙)を考慮したんでしょう。なーんーとー!


ネットで手続きできます!


つーか、ありえんだろ!ゴルァ!!!


この一見むちゃくちゃ画期的で簡単に手続きできそうなシステム。。。。そんなわけないよね、きっと。通常の手続きでもサーバーダウンするのが普通のイタリア、告知のある日時にいっせいにイタリア全国から応募クリックしたら、ダウンどころか、電話も止まってしまうんじゃないの?(笑)なんて思っちゃいますが。


いずれにしても、このサイトから手続きのためのあるプログラムをダウンロード&インストール。雇用主はMininterno Internoのサイトで、まず登録するとメール経由でユーザーIDとパスワードをもらうことができるわけ。その登録はどうも明日12月1日からできるらしい。で、そのあとどうするかというと、今のところ16日に登録ができるんだそうで。

簡単そうでしょ。

でも、とりあえずベルコーレのPCでDLしてインストールしようとしたら、JAVAが足りなくてインストールできず。アブデルは大慌てであたしに電話してきましたから。。。ネットが出来る環境だったとしても、そういうことをよく分かっていなかったら、できないわけよ。インターネット屋さんとかでは勝手にDLできないだろうしねぇ。


といことで、とりあえず下のサイトから、プログラムをDLできます。JAVAも必要。がんばってねー!


プログラムDLはこちら
JAVAはここからDL可能。







posted by yossy at 21:10| ローマ | Comment(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

内務省からSMS

昨日ベルコーレがごった返しているときに、携帯電話にメッセージが届いた。ひと息ついてから見てみると。。。。



イタリア内務省から、あたくしごときにじきじきに携帯メッセージ。


内容はというと


やーーーーーーっと滞在許可証の更新のために、写真の提出と指紋の押捺にこいというご案内。実は、あたし、滞在許可証延長申請中なんです。この件についてはいろいろ書きたかったんですけどね、あまりにも腹が立つというか、ばかばかしいんで、書くのもやだやだ!ってかんじでほったらかしにしてました。

さて、イタリアもやるもんだ、携帯メッセでお呼び出しなんて、凄いじゃんと思った、あーた、まちがってます。
だって、あたし、この延長申請、今年の2月1日にしたんですよね。でもって、あたしの滞在許可証自体は3月24日で切れてます。でも、とりあえず違法滞在じゃなくて(笑)この更新するの郵便局なんですけど、書類を送ったときにもらう受取証みたいので、とりあえずOKみたいなんですね。だけど、このシステムに変わったのが今年の頭で、あたし、ちょうどそのごちゃごちゃなってあっただろうさなかにやったわけよ。で、他の人が召還されてるのに、ほったらかし。いちおうあるサイトで追跡のようなかんじで、自分の番号と暗証番号入れると自分のものがどうなってるかわかるんだけど、書
類が足りないかなんかで、待ち状態になってて。じゃあ、それを解決するためにどこにどうすればっていうのは書いてないわけよ。書類自体は一括してローマに送ってるから、そこでの書類チェックで止まってたらフィレンツェの警察署にといあわせても意味なし、みたいな。で、困ることはないんで、そのままほったらかしにしてたら(インフォきくために朝から並ぶなんて、そんなあほなことはしたくないのよね。。。。)携帯メッセージがきたってわけ。


そのあたしの召還日。



2008年2月13日!



来年っす。二年分もらえなかったら、翌月にはまた申請しないといけないじゃないよ!!!!!はぁ。これだからよぉぉぉ。このために80ユーロも払わないといけなくなってるのに、こんなサービスじゃやってられないよ。あ、そか、サービスって言葉はイタリアにはなかったんだった。しかもクエストゥーラがらみじゃねぇ。。。ま、免許証サイズでマイクロチップのはいってる現代的な(爆)滞在許可証になるんだけどね。



ってことで、とりあえず滞在許可証はできるらしい。ホッ!








posted by yossy at 00:54| ローマ ☀| Comment(5) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

どーよ、この国。。。

イタリアのいいとこ探しをしているyossyですが。(そう、思い出すのはハウス名作劇場「ポリアンナ物語」!)


いいことないぜ、まったくよぉぉぉ。


今日もとんでもない話が!

この11月20日から滞在許可証の申請および更新が悪名高きクエストゥーラ(警察署)ではなくなるそうです。それはよかった、と思ったあなた。その先があるんですよ、もちろん。

この法案自体はどうも4月に通っていて、ほんとうだったら5月から施行されるはずだったらしいのだけど、なんだかんだと今になったらしい。そしてこれは昨年のFlussiからの流れを汲んでいて、用は移民へ滞在許可を出すことで政府にお金が入る仕組みをつくることになっているわけよ。簡単に流れを説明すると、

1.郵便局に無料の滞在許可証申請および更新のためのキットをとりに行く。

2.所定の用紙に記入し、必要書類をそろえて郵便局に持っていって、クエストゥーラ宛てに郵送する。そしてその際に書類にはらなければならない収入印紙14.62ユーロ(これはいつもかかっていた経費)の他に手数料30ユーロを払わなければならない!

3.できあがったらクエストゥーラから連絡が来る。。。ホントカイ?


詳しくはこちらから。もちろんイタリア語です。



財政難は移民でのりきれ!
あたしが労働許可証にかえることができたときの、いわゆるサナトリア(恩赦?)のときも一人800ユーロ払えばだれでも労働許可だすぜ!って勢いだったモンね。。。

朝5時おきで、5時半から12時まで警察前に列を作って立ってないといけないうえに、横入りや、横柄な警察官の態度をがまんしないといけないのなら30ユーロは安いのか?とにかくあたしは来年、最低二年は許可が出ることを祈るだけだな。


どーよ、こんな国?
posted by yossy at 06:51| ローマ ☀| Comment(10) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット不通(泣)

一昨日の夜からネット不通です。

ってか、いちおうネットにはアクセスしているんだけど、遅すぎてナビゲーションは出来ない、メールは受け取れない。。。(あ、でもブログのところにあるメールからのやつは受信可能。ホットメールはだめです。。。なぜだろう?)

原因は11月から新しいサービスに切り替わるので、その作業中だからだそうで。オペレーションのおねーさんはとても親切に調べてくれたので、2週間くらい不具合が出ることには変わらないけど、なんとなく気分よく電話をきることができたので満足してしまったんだな。イタリアだからな。。。で、しかも、知らなかったんだけどうちの契約はなんと今、128KBという超スローADSLらしいんだけど、それが自動的にいまの契約のままで2MBになるんだって。やっぱりもともと遅かったわけよね。。。


ということで、この日本出発前の大事な時期にネットができないです。ベルコーレでチェックしたりしてるけど、ブログはなかなかUPできないと思います、という告知でした。
posted by yossy at 01:15| ローマ ☀| Comment(2) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

郵便事情は悪いよ

などというタイトルですが、


知ってるがな。。。。(-_-メ)



という人は多いことでしょう。


最近とみに事情が悪くなってるみたいよ。日本へ送る分は全然問題なくて、ムシロ早くなってるんだけどね。だって中5日くらいでついたこともあったし。しかし日本からやってくる荷物、ちゃんと着くかどうかは



まさにギャンブル(ノ_-;)ハア…


とりあえずEMSだろうがなんだろうが関係なく、どういう基準でそうなるのかも不明だけど、ランダムにチョイスされて税関で止まる。そしてそれはそのまま放置。。。その荷物の中にあたしの荷物があるんですよ。<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!
7月7日発送の荷物は7月14日にローマの税関で止まったっきりなんざんす。(←日本の郵便局のEMS追跡サイトによる)


まあ、いろんな人に話を聞いたりネットで調べたりしたんだけども、普通のことなんですな。あたしもそんなことは普通のことと思っていましたが、いざ自分の身に降りかかると「ふざけんじゃねーよーパンチ」ってなっちゃいまして。だっていままで早ければ1週間できてたわけでさ。なにが問題なのかさーっぱりわからない。とりあえずイタリアの郵便局にもある追跡ページへ行ってみると、フリーダイヤルに電話しろ、ときた。で、フリーダイヤルに電話してみると、「税関で止まってますねー。申告書類が足りないのかもしれないですね。そういうの一式とPartita IVA(個人事業主の納税番号)と身分証明書を以下のとこへFAXしないと。。。」という。いや、これ、すべてあたし個人のものなんだけど。。。「あーそうなの?じゃ、その旨一筆書いて、やっぱりFAXしないとだめよー。」


さいですか。。。とFAXしたのが7月25日。その後やっぱり音沙汰無いので3回もそのフリーダイヤルにかけてみたが




「おじょーさん、時間はかかるものです。」
「今はまだ税関だから、また来週かけてね。」
「一ヶ月はかかるものだから、しょうがない、待つしかないよ。」




そして先日、郵便物を送りに行った工房近くの郵便局のねーちゃんへ相談。そしたら



「あんた、それ、電話口でどなったほうがいいわよ。そうよ、怒らないとダメよ。ふざけんなーってどならないと、あいつらわからないんだから。それで待って、それでもだめなら、こっから苦情だせば?」




怒ればなんとかなるんかいな。。。そのエネルギーがもったいないんだけど。そのあと郵便局で働いているベルコーレの常連の人に相談して、今朝連絡もらったんだけど、結果から言えば待つしかない。。。と。まず、税関のほうからお手紙がくるそうな。それで、それを待ってからFAXしないと意味が無いというわけ。FAXしろ!っていわれてFAXしたあたしの行動は無駄だったわけですね。。。でもって、彼女が郵便局から再三税関に電話したところ、



誰も出ない。。。



だから今は待つしかないのよ。。。と申し訳なさそうに言っていた。あなたのせいじゃないですけど、しかし電話に出ないってさ、どういうことよ。(←ありがちですけどね、イタリアでは。)きっとバカンスだし、人はいないし、その前はワールドカップがあって仕事どころじゃなかったし、暑いし、やってられないわーとかそういうことでしょう。。。ってことはそのお手紙とやらが来るのは9月になってからなんかな。(´Д`) =3 ハゥー ほんとに来るのかよ。まずそこから疑うよ。


ちなみに日本からの荷物、送り主も宛名もローマ字で書かないとだめだそうです。内容物の記載についてもすごく厳しいみたいで、勝手に送り返されちゃったりするんだって。船便はしらないけど、EMSだと届け先の連絡先を記載しないといけないのにこっちにはなーんの連絡もないのよね。詳しくはこちらから。しかしここにも書いてあるけどEMSは別に税関告知書の添付が必要とか、内容品の価格が45ユーロ(約6,053円)を超える場合は、関税等が課されますとか、いったいこんなにサービス悪いのに、手間と費用だけかかることしてるんでしょう、イタリア。。。関税ももっていかれるときもあれば、スルーのときもあるし。



ま、届けばいいんですよ、届けば。(←イタリアではこれで満足しないとね)





posted by yossy at 20:39| ローマ ☀| Comment(4) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

Dove va Italia。。。

選挙終わって、すっきり。。。。。。



しない!!!!!!





なぜならベルルごねてるから。(なんか語呂がいいな。)
いわく「左が不正に票を動かした。」
いわく「わたしは負けていない。」
いわく「選挙結果は変わらなければいけない。」
いわく「開票作業を初めからやり直さなければならない」
いわく「開票をやり直すための法令をだす!」



あんたが自分で勝てるようにしくんだ(改正した)選挙法で負けたんだから、これ以上ごねてもさ。。。子供じゃないんだからさ。。。今から開票作業をやり直すって、そりゃあ、もちろんむちゃくちゃ力いれて自分のところが勝つように仕向けるだろうにね。そんなこと誰でもわかること。様子見だったブレアもとうとうプロ−ディにおめでとうコールしたみたいだし。あとはベルルのお友達ブッシュがプロ−ディにおめでとうコールしたら、どうするんだろ。それでもごねるのかな。。。

前回はうまくいったのに(前回はほんのちょっとの差でベルルが勝ったらしい。)今回はだめだったんだね。潔く負けて国外逃亡したほうがいいと思うんだけどな。ほんと、このタイミングでマフィアの大ボスがつかまったりしてるわけだし。イタリア銀行がらみでもベルルの個人的な口座にお金が流れていたかもしれないみたいだし。

まだまだこの選挙先がながそうです。。。

posted by yossy at 08:26| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

へぇ。。。

昨夜実は午前2時までコリエレネットのライブ開票速報を見ていたのですよ。しかしそのときにもあともう少しのところまで開票していたのだけど、とうとう力尽きて寝てしまったの。あの時点で上院も下院もほんとに五分五分でいずれにしても政権をとったところで、これからそれをまとめていくのは至難の業ってかんじだったのですが。(ドイツのように大連立〜与党と野党での連立〜というはなしもでていますが、そんなこと、できるわけはないし。)


で、結果。

camera2006.jpg
下院
senato2006.jpg
上院

どっちが勝ったか分かる?
これで一応議席数で勝ったのはなんと左派Prodi(プロ−ディさん)なんだと。へぇぇぇ!だって上院は右のほうがパーセンテージは多いのにね。(すみません、イタリアの選挙改正法読んでいません。。。)

秋に日本に帰ったときちょうど日本も総選挙で、わっかりやすい自民党の圧勝を目にしているので、なんだか?な結果となりました。いずれにしてもこれで終わると思うな!というかんじですがねぇ。(ただ今日の新聞であるマフィアの大ボスがなぜか今日つかまったらしく、これってなんなんだろう?と勘ぐっている私。)

そしてもう一つ、開票の最後は外国から投票している人たちのものだったはずなんだけど、それが圧倒的に左派(Prodi)に投票していたのよね。次点はベルルのところだったんだけど、下院も上院も40%を超えてProdiへ。ベルルのところには20%くらいの投票率でした。ってことは、この5年間でイタリア人、とっとと国外亡命をしていたのか?うーーん。国内は州の数では左が圧勝だったけど、ミラノのあるロンバルディアや北部連合のあるベネチア地方などの工業・経済地帯では右が勝ち、中部共産地帯からナポリのあるカンパ−ニャ、カラブリアまでは右。ちょっと驚いたのはシシリアは右なのね。この選挙でもキーになるって言っていた。なんか第二次世界大戦の終わりにアメリカと取引したマフィアの手引きでアメリカ軍がシチリアに上陸したことを思い出した。

もう一つびっくりしたのがプーリアも右なんだよね。ほう。なんかあるんかな?いずれにしても、Prodiになったからって、何か変わる!!!という期待感は何にもないのが現実です。深夜になってベルルは黙っていたのだけど(これは賢明だった!)プロフェッサーProdiはちょっと演説したんだけど、これがまあ、語尾ははっきりしないわ、もぐもぐと何言っているのか主旨が分からないわ、この人。。。と頭をがつーんとやられた気分だったのでした。。。

*補足ですが左派連合の頭Prodiさんは欧州委員会を務めたロマーノ・プロデイのことです。
posted by yossy at 21:49| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はて

いったいどこへ向かっているのやら、イタリア。
今のところまったく五分五分です。ふーん、やっぱり、一筋縄ではいかんのですなぁ。現在(午後10時現在)下院 左派49,5% 右派50% 上院 左派50,2% 右派48,8%です。

詳しくはCorriere della seraに刻々と開票結果が出ています。こちらからご覧あれ。そして、こっちからはSkyとCorriere della Seraがやっている「Speciale Elezioni Politiche 2006」

あたしの周りではとりあえずみんなプロ−ディというかベルル再選反対組みなんだけど、でもこの結果からいえるのはかなりのイタちゃんがベルルのほうに入れてるってことなのよね。誰なんだろう。。。

あ、そういえば今日の新聞に最後のベルルのバカな話が載っていた。昨日自分も投票に行ったらしい彼。しかもお母様と一緒に。まあ、マザコンは多いけどね、イタリア。それはさておき。そのお母様の手を取って投票所に入ってきた彼、一言「マンマ、フォルツァイタリア(彼の政党)のところに×印をするんだよ!」と言ったそうな。

いわねーだろー!それは選挙違反というのではないのか???というか、そういうことはおうちで言ってくだちゃい!

で、係りの人に(その人は左派の人だった)怒られたんだけども、その人に向かって「マンマにもだめなのか!お前たちはほんとにイタリアのことを思っていない奴らだ!!!」だって。

いや、だめですから。。。そんな人が国の首相。。。

posted by yossy at 05:10| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

決戦は日曜日

このタイトルに反応しそうなのはshigeちゃんですが。。。(笑)

何かと言うと明日は選挙。いえ、もう今日ですね。今日はなんか忙しくて、予約なかったのに、気がついたらほとんど満員だったベルコーレでした。帰ってきたの今だし。。。(午前1時半でござんす。)

土曜日はまる一日選挙活動をしてはいけない日だったので、わりと静かでしたが新聞を初めとするメディアは(テレビは観ていないから分からないけど。)その前の日にベルルちゃんが言った

ゴミ税廃止
RAI(国営放送)の受信料廃止
70歳以上の公共交通機関、映画館無料


などについてわーわー騒いでいました。あ、あとナポリでまたCoglioni発言!
カルミネ@コムニスタ(左派)は「選挙があと3ヶ月遅くて、ほんとにゴミ税を廃止したらやつに投票しないといけなくなる!」といっていました。そりゃそーだよね。あんなひどいゴミ税を払っているベルコーレ。。。ほんとに廃止になるならベルルに入れるよ。まあ、そんなことにはならないけど。だって彼(ベルル)、5年前は直前に年金UPを確約して、それを守っていないってローマ出身のおばあちゃんに訴えられているんだもの!

ってか、選挙直前にそんなあてもなく口からペラペラ馬にニンジン差し出すように口約束がでてくるわよね〜。ただ問題はそれに対して左がきちんと政策を打ち出してこの政局を奪おうとしているかがいまいち分からないってこと。ベルルのバカさ加減がクローズアップされすぎというか、批判することが多すぎて、なのか、なんだか左派楽勝ってかんじもしないんだよね。しかもベルル、お友達のブッシュから薦められたのか、今回の選挙にコンピューター管理の開票システムを導入。うーん、黒すぎる。。。なぜかって?ココを読めばちょっと分かるかな?直接のはなしではないんだけどね。

いやー、どうなることなんでしょう。
しかしこれで何かが変わるのでしょうか。。。

posted by yossy at 08:49| ローマ | Comment(1) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

Ancora...

ベルル、今日も朝から飛ばしています。

「左に投票するやつはマゾだ!」(これがニュース。もちろんイタリア語。)

どうも今夜はメディアセットでFini、Casini(ともにベルルの連立組み)と一緒にまた討論するみたい。左は誰が出るのかしら???

インタビューの最後に出ていたのはトリノのあるピエモンテの知事さん。昨日ベルルが討論会の最後に突然「家に対する固定資産税を廃止する!」って言ったことに対してのコメント。
「おもしろいはなしだわ。だって私の財政を立て直すのに、彼のポケットマネーを出せ!っていっているのと同じことじゃないの。」

とりあえず右派はみんな突然振って沸いたこの税撤廃説に同調しているけど、こんな選挙前になんとも根拠のない話に飛びつく人っているんだろうか。。。いるんだろうな。まあ、実はこの税金、国にはほとんど入らないらしい。これ、地方財政にはものすごく大事なもの。国の首相であるベルルちゃんには痛くも痒くもないだろう、これをカットしたとしても。いいえ、これで彼はまた自分の家に対してむちゃくちゃ節税できるわけよね。しかしこれで現在財政逼迫で倒れそうな地方財政はなぎ倒されることになっちゃうわけよ。すでにカラブリアでは財政難から下水施設が止まってるってはなししたよね、確か。。。

ほんと目が離せない選挙戦です。

posted by yossy at 21:51| ローマ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

siamo coglioni

イタリア語が分かる方、ちょっと下品なタイトルですみません。なんて書いてあるかって?私たちは○○○だ、ってタイトルなのね。その○のなかにあたるCoglioneとは日常的にはバカ、アホ、能無し、などの意味。本当はタマのことなんだけどね。

なにゆえこんなタイトルかって、そりゃ、ベルルが言ってくれたんですもの。昨夜の首相候補のテレビ討論で、ですよ、公共の放送中に、一国の首相が言った言葉が「こんなたくさんの利益に反して、左の政党に投票する能無しはたくさんいないはずだ!」

言いますか、普通。。。言わないよねぇ。。。おもしろいけど。
これが記事。これが動画。イタリア語分かる人、まじで言ってますよ。

しかも会場から出るときに、そこに待っていた人たちの中から「この5年間いろんなことを言ってきたけど、お前のはいつもでまかせだ!これ以上信じられるか!」といわれたのに対して「えらいのは俺だ!それに比べてお前のその面は。。。」なーんておっしゃったそうな。
前回Cofindustria(日本の経団連みたいなもの)に顔を出したときもすごかったもんね。もう誰も彼を止められないっていうか、神がかってたものね。でもみんながみんな、彼のいうことを支持しているわけじゃないってことが露呈。そりゃそうだ。しかも犬猿の仲であるTOD'Sの社長デッラ・バッレに「恥を知れ(Vergognati!)」と言われたのにたいして、「俺はイタリアの首相だ!首相に対してはLei(尊敬語)を使え!!!」と応酬。あ、いちおうデッラ・バッレの話ものせとく。イタリア語だけど。

デッラ・バッレとは本当に仲悪いものね。サッカーにもかなり影響なんだわ、これ。まじで。ミランとフィオレンティーナのオーナー同士なわけでさ。しかもミランの副会長はなぜかイタリアサッカー連盟の会長さんでもあるわけよ。あり得ない国、イタリア。そして、彼がサッカー連盟会長になるのにかなり難色をしめしてもめたのがデッラ・バッレだったのだよ。そして、なぜかフィオレンティーナは審判に恵まれず、それからかなり長いこと負けつづけたという事実。。。マフィアだ。。。

選挙まであと5日。

posted by yossy at 07:40| ローマ | Comment(1) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

選挙にむけて

4月9日はイタリアの首相選挙のある日。これに向けて最後の選挙活動がマスメディアを中心に繰り広げられています。そのことについては次回ゆっくり書こうと思うんだけど、これにともなってすでに4月後半はイタリアでも結構なストが打たれる予定。5月1日はメーデーだしね。

ま、そんなことは当たり前のことなのですが、旅行の方、気をつけてね。どう気をつけるんだ!といわれても困るけど、ここにも気がついた範囲で情報載せときます。ただ全国一斉(飛行機、電車)なら分かるんだけど、地方別にはフィレンツェ以外はわからないのでそのへんはしょうがない、ってことで。

フランスもすごいことになってるね。。。ほんと、すさまじい。
実はイタリアも同じことが起こったんだよね。同じ法案っていうかさ。それでその法案を発案したボローニャの学者さんは殺されたわけよ。犯人は極左グループということになってるんだけど。それで、その事件が追い風になって、今回のフランスのような暴動は起きずに可決されちゃったわけです。そしていま、ベルルちゃんのいうことには

「こんなにたくさんの仕事があったことがイタリアにかつてあっただろうか?」

おっさん、ちがう、ちがう。たくさんの仕事っていうのに惑わされてはいけませんよ。だって、今まで一人でフルタイムで正規に雇われていた人の職を二人で、パートタイムで、しかも派遣契約にしているっていうだけなのよねー、このからくり。だから必然的に数は増えるわな。。。そして派遣だったり期限付きの雇用だからまったく保証がないわけよ。でもこの法案、経営者には大歓迎されたんだけどね。そりゃ、まあ、働かないのに権利だけは主張する向きが多かったのも事実だけど。

それはさておき。
ビックリする数字をご紹介。ベルルちゃん、2005年に通した減税の法案があるらしいんだけども、これで彼(または彼の会社)が節税した金額ね。

800,000,000ユーロ。円で言ったら114,400,000,000円。

そりゃさ、イタリアも財政赤字にもなるわよ。そしてベルルちゃんは世界で25番目の大金持ち

首相が自分のお金が増えるように国家の仕組みを変えちゃうって、ここはいったいどこでしょう?選挙の行方はいかに!?だよね。とりあえずベルルや選挙についてはここここをちょっとのぞいてみてちょうだい。)
あ、そういえば、日本のニュースにもU2のボノの写真を無断記載したベルルの選挙冊子に対してボノがやんわりと「俺を使うな!イタリアはあなたの政権になってから先進国上位30カ国のなかで発展途上国の援助が最低になってるんですよ!」なんていわれてたな。ベルルはボノの写真を掲載したページに、ボノが慈善活動を幅広くやっていることを踏まえて、ベルル政権が発展途上国への援助を惜しみなくしたことでボノから感謝された、って書いたらしい。Che faccia tosta!

まあだからって、左が勝ってもいまさら生活はすぐ良くなるわけはなく、我慢強くないイタリア人が、あっという間に左攻撃はじめるという図式も思い浮かぶわけで。。。だってさ、前回の選挙でベルルに票を入れた人は、彼がとても成功した企業家だから(第一期ベルル政権では大汚職で内閣が総倒れしたのにもかかわらず)彼が首相になったら自分たちも金持ちになれるんじゃないか?なんて考えたらしい。ほんとかどうか、そのへんはわからないけど。だって、今となっては、だれも「俺はベルルにいれた!」なんて言わないし。。。彼についてよかったのは、一部のお金持ちたちだけ。だって、相続税はなくなるし、雇用についての責任は軽減されるし、その他税金は払わなくて良くなるし。だから今イタリアは中流層がなくなって、お金持ちとその他大勢の貧乏人、って図式になっているんだよね。

長くなるんでこの辺で。工房いってきます。
posted by yossy at 22:09| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

イタリアって そのA

昨日は滞在許可証の延長願いにクエストゥーラ(警察署)へ。

もうね、イタリア住んだことがあって、滞在許可をとった人ならわかるでしょうけど、ここはほんと人権無視もいいところ。ここで何度ひどい目にあったことか。。。そのへんはここからどうぞ。

帰国してすぐの3月24日で滞在許可証がきれるので(私のは労働許可もかねている。)とにかく間違いのないようにきっちり書類をそろえるために、アブデルたちも巻き込んで一仕事。事前にクエストゥーラに情報収集にも行って、万全の体制で望んだのでした。(笑)大袈裟ではありません。ちょっとでも書類に不備があるとつき返されるので。まあ、以前みたいに係りの人によって言っている事がちがったりすることはあまりないようですが。ちゃんとリストくれるからね。必要書類の書かれた。これだけでもかーなーーーり進歩だと思う。

さて、残るは朝何時に行くか。ちなみに私、2年前の更新のときは朝5時過ぎにいきました。そしたらすでに50人くらいは並んでいたんだけどね。。。そして外で6時間以上も待たされて(もちろん立って)終わったのは正午だったわけよ。。。整理券みたいなのはないから、とにかく列に立って待っておかないといけないわけ。だって、後ろから横から割り込もうとする人ばかりなんだもの!!!そういえばローマでは何日も徹夜するってこともあるみたい。そして門前払いを食らう人もたくさんいるとか。。。とりあえず今回は6時を目指して出発。うちのコック、Rちゃんが行ったときにはそんなに人が多くなかったということだったのね。彼女、私が散々脅したものだから、朝4時くらいに行ったらしい。でもそのときは人も少なくて、9時くらいには終わったよっていってたから。

6時についてみると、私の前には20人ほどの人がいる。とりあえず最後の人をきいて、その人の後ろへ並ぶ。ここで持ってきたのが「ダビンチ・コード」。空港で買ってきたのよ、このときのために!!!しかし、まさか全部読み終わるとは思っていませんでした。結果から言うと、終わったのは11時半だったわけよ。。。11時までの5時間は外で立っていましたが、何か?
しかも今回もクエストゥーラが開く8時半くらいから、わらわらと人が横は入りをはじめる。いわく、「友達がいるから」。いわく、「兄弟がいるから」などなど。こっちは一人で並んでいるわけよ、それってどうなわけ?でも今回ちょっと救われたのは、そういう輩にちゃんと「列へ並べ!」って言う人たちがいたことね。まあ、人にはいっても自分は先に行っちゃった人もいたけどね。(苦笑)

とりあえず、書類は提出。受け取り券をもらって帰宅。受け取りは40日後の予定。こうご期待!
posted by yossy at 23:05| ローマ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリアって その@

春うらら、ってつぶやいてしまいそうなポカポカ陽気に気分もすっかり軽くなっている私ですが、話題はうってかわって、トホホなはなし。

先週末に日本から帰ってきたんですけどね。成田-パリ-ピサと飛行機で、ピサからフィレンツェまではバスという予定だったの。ピサには8時40分に着く予定だったから、余裕でバスないしは電車があるとふんでいたの。

しかし、一筋縄では行きませんのね。。。

チェックインして、手荷物検査場を通り、無事に登場口で待つこと2時間。いよいよ出発時刻だわ、と周りのイタリア人ともどもゲートに列を作ろうとしたそのとき、笑顔のエールフランスのねーちゃんが


「出発できません。」エッ? (;゚听)ノ マジ?


といいやがる。イタリアでストやってるから、着陸できないとかなんとか言ったらしい。つーかよぉ、そんなこと、なんでチェックインのときに言わないんだ!!!もうまわりは騒然。おねーちゃんはフランス語となまりの強い英語を駆使して「30分後にあらためて連絡します〜♪」と言っている。


ありえない。。。いや、ありえる、か。。。


とりあえずまわりにいた日本人の女の子たちとともに情報収集。もし今夜出発しなければ、振り替えてもらうか、でもストならどこの空港もだめだろうから、泊まりになるのか、そうならば、誰がその費用をだしてくれるのか???などを疑問は一杯だったけど、とにかく30分待つことに。その間にとあるイタリア人おじさんがイタリアに電話をはじめ、原因はストではなく

ミラノの管制塔が調子が悪く、パリからピサにつくまでのナビができないため、順番を待つしかない、というのが原因とわかった。その件についてはyuranoto さんの「ローマの平日@裏話」に書いてありました。ミラノの前の日はローマで同じことがあったんだとさ。

そんな。。。イタリアだから、ありえるけど。。。でもそうなったら、どうなるんだ?エールフランスは、自分のところのミスじゃないから、ホテル代だしてくれるんか?とまた疑問が増えただけ。あとはほんとに祈るだけ、になってしまった。しかし、必死の祈りが通じたのか、21時くらいに出発できることに。


やればできるじゃんか!


あと2時間くらい時間ができたので、一旦解散。私は荷物もあったので、登場ロービーで待つことにした。そしたらね、エールフランス、ちゃんとしてるわ。お客様のためにサンドイッチとお飲み物のサービスしてくれたのよ。イタリアじゃありえないわ〜♪ととりに列に並ぶ。。。。。。。

あっという間に列がなくなって、みんなサンドイッチに殺到!サンドイッチの入った箱がカウンターを行ったり来たり。しかもお客さん、みなさま、ネクタイにスーツをびしっと着たビジネスマン風の方ばかり。。。


ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


私の前に並んでいたイタリア人美女二人組みのそのときの会話。

A「信じられない、列に並ぶってこと知らないのかしら」
B「もう、ここはイタリアってことよ。。。ハァ」
A「この紳士のみなさまは、飢えて死んでしまう寸前なのね。。。怒」


これきいて、思わず、「そうね。。。」とつぶやいてしまった私。以前も紹介したけど、これみてくれたらわかります。ほんと、このとおりでした。こんなところでイタリアという国を垣間見ることができるなんて。最悪だ。。。

さてそんなことをしていたら、突然例のおねーちゃんがアナウンス。「準備できましたので、あと15分で機内へご案内しま〜す♪」そのとき時刻は19時15分。
うれしいんだけどさ、三々五々散っていった人たちはどうなるだ???ちゃんとアナウンス聞いている人っていったいどれくらいいるんだろうか?と不安に思いつつ、時間に搭乗はじめた私たち。しかし、結局最後の人が乗るまで離陸せず、20時過ぎに飛び立つこととなったのでした。ピサには22時くらいに着いて、ダッシュでバスに乗り込み、家に帰り着いたのは深夜0時をまわる頃。

まあ、とりあえずその日についただけでも大感謝、よね。。。
posted by yossy at 22:50| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

いったい。。。

さて、2月2日から3ヶ月だけ閉鎖されることになったフィレンツェ空港。
情報は錯綜中。。。。

旅行会社にいったけど、はっきりしたことわからないんだって。
「イタリアですから。。。。」といわれてしまいました。(ちなみに担当者は日本人)
まーねー。

昨日ベルコーレで読んだ新聞には驚愕の記事が!!!
フィレンツェの空港が閉鎖ということは、振替でピサやボローニャなどの空港に発着する便が増えるはずである。そしてそれでフィレンツェまでやってこないといけない人たちが山ほどいるはず。わたしもその一人になる予定。

なーのーに


「ピサは電車やバスが飛行機の時刻となかなか一致しないので、あまりオススメできないし、ボローニャは遠すぎる。他に利用できる空港もないし、どうしようもないのである。」

げっ!
じゃあ、ぜんぜん空港閉鎖にあわせての対応してないんじゃないよ。。。(大汗)

EVAさん、ほんとに、EVAさん体験が貴重な第一報になりそうな勢いです。
ちなみにピサからの最終電車はこれ

イタリアですから。。。(ノ_-;)ハア…
posted by yossy at 18:58| ローマ | Comment(5) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早起きは三文の得

今朝はなんと8時前に起きて(!?)Questuraにいってきました。
Questuraとは悪名高き警察署のことなんだけどね。もうすぐ労働許可が切れるのとうちのコックさんがたぶんもうすぐでるであろう労働許可の申請(年に一回しかできないのだ)のことでききたいことがあったので、一緒に行ったんですね。
さて、なぜそんなに朝早く起きるのか。


それは





インフォメーションが朝8時15分から9時半(もちろん夜ではないよん。)までしか開いていないから。。。。。。
しかも電話での対応なし。




とりあえず8時半前にQuesturaの前で待ち合わせ。
入り口の前には仁王立ちの悪人代官警察官が。。。。
30人ほどが並んでいて、それぞれ引き取りに来た、とかインフォメーションは、とかきいているのをかたっぱしから、「まだできてないから、でなおせ。」とか「ここではなくてもう一つの通用口のほうへ並べ!」とか言っている。怖い。。。。
しかし、いいかげん、もう慣れているもので、ニコっと笑顔で、「おはようございまーす、インフォメーション行きたいんですぅ。」というと、笑顔なし警察官は「15番窓口。」

いいんです。入れただけでも。そんなところなんです、ここは。
ワタクシ、二年前に更新にいったときは、しんしんと凍える朝6時前から並び(しかも既に50人以上ならんでたし。。。汗)入れたのは12時でした。その間外でずぅぅぅぅぅぅぅっと立ちっぱなしです。いちおう10時くらいに警察官がでてきて、パスポートを徴収するんだけど、そのあともずーーーっと並んどかないといけないのよ。(涙)この前テレビで見たけど、ローマなんか、何日も徹夜で並んで、それでも追い返されたりするらしい。いったいこの国はなんなんやねん!
(皆さん、いろいろ経験があるようで。ケース@ケースAケースBケースCケースD って果てしなくありそうだからこの辺でやめときます。)



とりあえず中に入ると、20人くらい並んでたかな。なかなか幸先良し。

しかしおもしろいのがインフォの警察官と質問に来た人たちのやり取り。

申請人:「労働許可の更新をしたいんだけど。」
警察官:「フィレンツェでは何をしているんだ。」
申請人:「仕事。」
警察官:「だから何の仕事だ?」

そして並んでいる人たちはこのやりとりをまったく聞いていないのか、何人もまったく同じやりとりをしていたよ。(汗)労働許可をもらうんだから、仕事しているにきまってるじゃん。。。

とにかく私らは無事にインフォもらえて、あとは資料をそろえるだけ。9時には終わったよ。すごい。こんなに最短なのは初めてだ!!!で、近くのバールで朝ごはん食べてから帰ってきました。
(あ、そこで読んだ今日のフィレンツェの新聞にはライブドアのことが書いてあったよ。詳しく読まなかったけど。どうも自殺をした人のことを中心に書いてあったみたいだった。イタリアでも話題になっちゃうんですね。スゴイ。)

ってことで、とっても天気も良いので家のお掃除と洗濯までしちゃっています。
いやー、今日はなんだか朝から気分◎だわ。(^○^)





posted by yossy at 18:49| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアで生きていくって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。